chigau2

 

「抱いた後ガッカリされる女性」

の記事を先に書いてしまったので

順序が逆になりましたが、

そういった女性は抱く前から

ガッカリフラグが立っているような

気がします。

 

昔は抱く前にちょっと相手にガッカリしても、

身体を重ねてみるまでは分からないと

僕は思っていました。

 

しかし終わった後も、

前回の記事でお話したような行動を

女性に取られたりして、

ガッカリ感は余計増すばかり。

 

もちろん、

僕も相手を必死で口説いてる訳ですから、

女性も心を許してくれたんだと思います。

 

今回も前回の記事同様、読者の方からすると

「女を何だと思ってるんだ!」

とお思いかもしれません。

 

ですが、

経験したこともないのに

本で読んだ知識だけで、

お話しても説得力はありません。

 

それに、元遊び人という視点から

お伝え出来ることは沢山あると思います。

 

このブログはあくまでも、

「だまされない女のつくり方」。

 

決して女性をバカにしている

訳ではありませんし、

当時のことを思い出しながら

書いている部分もあるので、

どうしても不愉快に思う方も

いらっしゃるかもしれません。

 

ですが、僕の作ったコンテンツで

男に騙されない女性が増えるなら、

喜んで批判も受けたいと思います。

 

不愉快なら読むな、なんて言いません。

 

むしろ不愉快でも男に

騙されたくないのであれば、

読んでください。

 

今回の記事は、

「ベッドの誘いの断り方」で書いた内容と

重複する箇所もありますが、

更に掘り下げてお話したいと思います。

 

それでは順に説明させていただきますね。

 

 

1・酔ったふりをする。

 

「あ~酔っちゃったぁ。」

とか

「足元ふらついて帰れないかもぉ。」

とか言われてこの子可愛いなぁ。

 

なんて絶対思わない。

 

僕がそう言われて最初に思っていたことは 、

「なんなんコイツ?」

 

女性経験が少ない男性ならいざ知らず、

ある程度の経験がある男性なら

女性が酔ったふりしても確実にバレます。

 

そしてその瞬間、押しよせるガッカリ感。

 

モテテクが昭和過ぎて逆に引く。

 

「こんなザコい技で

俺が落とせると思ってたのかコイツ・・・。」

と軽い自己嫌悪にもなりました。

 

「お酒が弱い女の子の方がモテる」

という情報が派生してのモテテクですが、

こんな小手先テクニックで

引っかかるような男でいいのかと思ってしまいます。

 

ちなみに僕はお酒飲める子の方が好きなので、

お酒弱い子を見ても、

「コイツ酒弱えなぁ。」としか思いません。

 

 

2・「付き合うまでしないよ。」

 

「何かを得るためには同等の代価が必要」

と、かのエドワード・エルリックも言ってましたが、

こういうことを言う女性に限って

等価交換になってなかったです。

 

自分の価値を上げるために身体を許さない方法は

有効ではあるんですが、

「もっと言い方あるだろ・・・」

っていつも思ってました。

 

それに本人はそのつもりなくても、

すっごい上から言われてる感じがするんですね。

 

確かにベッドに誘ったのはこっちだけど、

「私と付き合うならいいよ。」

という言い方は交換条件でしかないので、

ガッカリ感を覚えずにはいられませんでした。

 

ちなみに男性は女性から交換条件を出されると

萎える人が多いです。

 

 

3・「まだ早いよ。」

 

これは女性のキャラによるかもしれません。

 

言って許される人と、そうじゃない人。

 

「私は言っても許される人かも!」

なんて思わない。

 

それは相手が決めることであり、

基本的にこの台詞を言っていいのは

処女だけです。

 

許されない人に対して思うのは、

「そんな歳じゃねーだろ。」

と、

「じゃあいつならいいんだよ。」

これだけです。

 

ちなみに許される人は、

意外にも男性の扱いが上手い

女性だったりします。

 

 

4・「なに?結局はカラダ目当てなの?」

 

 

これ言われると一瞬で、

「あーめんどくせー。」

ってなります。

 

ガッカリすると同時に、相手の女性に対して

「カラダ目当てって自分で言うほど

価値あんの?」

って疑問まで出てきます。

 

結果、頑張って口説くのも面倒になって

バイバイしたこともありました。

 

しかし、どうでもいい男を撃退するには

うってつけの台詞かもしれません。

 

てことは、

この台詞を言われた僕はその女性にとって

どうでもいい男だった訳です。

 

あーそうですか。

 

 

5・「とりあえず1回ヤッとく?」

 

おっさんか。

 

 

以上が元遊び人の視点から見た、

抱く前にガッカリされる女性の言動でした。

 

 

それでは今回のまとめです。

 

1・酔ったふりをする

2・付き合うまでしない

3・まだ早い

4・カラダ目当てと思われる

5・まずは身体の相性を確かめようとする

 

ちなみにこの5つのパターンはある共通点があります。

 

 

アナタは気付きましたか?

 

 

実は全て、男性を試すような言動なんです。

 

 

そして男は恋愛絡みで女性に試されるのを

非常に嫌います。

 

 

「1」「2」「5」は正に試してますよね。

 

「3」に関しては、

「私はそんな軽い女じゃないし、

私のこと大切に思うなら

我慢できるでしょ?」

と言われてるように感じます。

 

「4」は、

「貴方、私のこと

そんな安い女だと思ってんの?

男ってみんなそうね、

そうじゃないなら我慢しなさいよ。」

と言われてるように感じます。

 

どちらにせよ、

言われた側は試練を与えられてるように

感じてしまいます。

 

ちなみに「5」に関しては、

「女性からベッドに誘われて

喜ばない男性はほぼ居ないはずだから、

効果的なんじゃ・・・。」

と思う方もいるでしょう。

 

ですが、付き合う対象には見れません。

 

「この女、いつもこんな風に男を

誘ってるのかな?」

ってセックスの後に考えてしまうから。

 

「アナタとしたい。」

ってストレートに言われるのと、

「とりあえずヤってみてから決めようよ。」

って言われるのでは、

受け取り方が全然違いますからね。

 

言い方1つで男性が女性に抱く印象は

ガラッと変わります。

 

 

女性を抱く前に

試されるようなことを

言われて燃えるのは、

「ザコい男」「ヤリチン」だけですよ。

 

覚えておきましょう。

 



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ