fashion

過去に、通販で買ったシャツが

あまりにもピチピチ過ぎて、

エスパー伊東のようになってしまった

ことがある藤本です。

 

こんばんは。

 

「男に騙されやすい女性のカバン・その5つの特徴」

では、「カバンはその人の性格や思考の癖を現す。」

というお話をしました。

 

もちろん、性格や思考の癖が出るのは

カバンだけではありません。

 

「服装の乱れは心の乱れ」

という言葉があるように、

騙されやすい女性のファッションは

やはりそれなりの理由があります。

 

本人はオシャレなつもりでいても、

どこか詰めが甘かったり間違っている。

 

そして女性を騙すプロにもなると、

絶対にそういった部分は見逃しません。

 

という訳で今回の記事では、

「女性を騙すプロが見ている5つのポイント」

について、お話させていただきます。

 

 

ちなみに女性を騙すプロとは主に、

・性風俗産業のスカウトマン

・売れてるホスト

・悪徳エステの勧誘

・職業がヒモ

の人たちです。

 

ではまず1つ目。

 

 

1・服のサイズが合ってない

 

見出し通り、

体型に対して明らかに服のサイズが

合っていない女性のことです。

 

中途半端にブカブカだったり、

ピチピチ過ぎたり。

 

サイズの合ってない服を着ている女性は、

3パターンに分かれます。

 

 

α・店員にゴリ押しされて買ってしまった

β・どうしてもその服が欲しかった

γ・自分の体型がコロコロ変わる

 

 

「α」の場合。

 

服屋の店員さんって、

基本はグイグイきますよね。

 

服屋ってそういうもんだと思って、

ほとんどの女性は上手くかわすことが

出来ると思います。

 

ですが中にはかわしきれない女性も

いるんですよね。

 

熟練された販売員になると、

そのスキをつついてどんどん広げてきます。

 

かわしきれない女性は最終的に、

店側が売りたかった商品を買ってしまう羽目になる。

 

そもそも、

いくら販売員の接客が上手かったとしても、

なんで合ってないサイズの服を買うのか?

 

 

その理由は

「断れないから」

 

人に何かをしてもらったら、

何かお返しをしないと

いけないと思うことを、

「返報性の原理」と言います。

 

断れない女性はこう考えるんです。

 

 

販売員に親切にしてもらった。

試着までしてしまった。

自分のために時間を使わせてしまった。

 ↓

このまま帰るのも悪いし何か買わなきゃ。

 

と、なります。

 

「断れない女性」は言うまでもなく、

「流されやすい」ので、

「騙されやすい」です。

 

 

「β」の場合。

 

すごく欲しいデザインだけど、

自分に合うサイズの在庫が無い。

 

でも欲しいから、

多少サイズが合わなくても買う。

 

この行動は、

「我慢ができない」「無頓着」

を意味します。

 

「我慢ができない」は言い換えれば、

「理性がきかない」ということ。

 

「理性がきかない」ということは

自分の欲望に忠実になるので、

「甘い言葉や誘惑に弱い」

ということになります。

 

「無頓着」は、

「帰ってからもし気に入らなくなっても、

また別の服買えばいいや。」

という考えが根底にあるので、

金銭的にだらしがないということになりますね。

 

 

「γ」の場合。



体型がコロコロ変わるということは、

「自己管理ができない」ことを意味します。

 

さらに加えて、

「メンタルが弱い」

 

 

正攻法でダイエットが続かない

楽して怪しい方法で痩せようとする

激やせして満足する

リバウンド

以降、繰り返し。

 

 

たまに、

「私生活で上手くいかなくて

物が食べれなくなり痩せてしまう」

という過程も中に入っていたりします。

 

ちなみに「メンタルが弱い」女性は、

女性を騙すプロにとっては絶好のターゲットです。

 

これについては別の機会にお話しますね。

 

 

それでは「α」「β」「γ」で出した、

性格分析をまとめます。

 

 

α・販売員から強く勧められたから

「断れない」

 

β・合うサイズが無いのに、

どうしてもその服を欲しかった

「我慢ができない」

「無頓着」

 

γ・体型がコロコロ変わる

「自己管理ができない」

「メンタルが弱い」

 

 

この分析を、

極端だと思う人もいるでしょう。

 

確かに、ここまではよくある話です。

 

女性である以上、どれか一度は誰もが

経験していることじゃないでしょうか。

 

家に帰ってから

プチファッションショーをしてみて、

「やってもーた!失敗してもーたー!

キーーー!!」となることが。

 

 

ですが本当の問題は、

サイズの合わない服を着るところにあります。

 

「もったいないから」「せっかくだし」

といった理由でサイズの合わない服を着るのは、

「決断力の無さ」

を意味しているんです。

 

人間は本当にいらない余計な物なら捨てます。

 

それを、

「いつか着るかもしれない」

「1回だけ着てみようかな」

と思って本当に着てしまうのは、決断力が無いから。

 

 

そして女性を騙すプロは、

サイズの合ってない服を着ている女性を見逃しません。

 

合わないサイズの服を着る理由なんて、

さきほどお話した「α」「β」「γ」の

3つのうちのどれかです。

 

どの理由に転んでも

サイズの合わない服を着ている以上、

「決断力の無さ」がセットで

付いてきますから、騙すプロからすれば、

「あ、カモ見っけ。」と思われてしまう訳です。

 

 

とにかく、サイズの合わない服は

部屋着にするか捨てる。

 

部屋着にできない服なら、

つべこべ言わずに捨てる。

 

捨てれなければ、

誰かにあげるかヤフオクで売る。

 

 

「ブカブカなら捨てるけど、

ちょっとピチピチなだけだし

痩せたらまた着るかもしれないじゃん。」

とかなんとか言う人が出てきそうですが、

 

どうせ痩せる気ないでしょ?

 

 

痩せて着たい服がちゃんとある人は、

痩せたら着る「かも」とは言わないですよ。

 

痩せてあの服をもう一度「着る」って断言しますから。

 

でも痩せたいからと言って、

過激なダイエットするのは止めましょう。

 

必ずリバウンドはしますから、

体型がコロコロ変わる原因になりますよ。

 

 

✩続きはコチラ✩

アナタの着こなし大丈夫?騙すプロが見逃さない5つのポイント・中編

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ