chantoshite

今回の記事は、

男性と同居したことのある女性なら、

誰しも思うことではないでしょうか。

 

・脱いだ服を放置したまま片付けてくれない

・脱いだ服を裏返しにしたまま直してくれない

・物を元にあった場所に片付けてくれない

・使わない部屋の電気を消してくれない

・お風呂に入った後、換気扇を付けてくれない

・用をたした後、トイレの便座を下げてくれない

・顔を洗った後の洗面所が

  水でびちゃびちゃなのに拭いてくれない

・食べた後の食器を水につけてくれない

 etc・・・

 

以上、

女性が同居している男性に改善してほしい

事柄をまとめてみましたが、

「もっと他にもいっぱいある!」という女性もいることでしょう。

 

 

「お風呂に入った後は、タイルに付いた水滴を拭いてほしい」とか、

「おしっこする時は、座ってしてほしい」とかね。

 

 

「ここはこうしてほしい」と何回も何回も言っているのに、

彼氏や旦那さんが一向に改善してくれない。

 

少しキツく言って

改善されたかと思いきや、また元通り。

 

そしてとうとう我慢の限界がきて

「なんでできないの!?バカなの!?」なんて怒ってしまう。

 

ありますよね。

 

血のつながった者同士でも

一緒に住んでいたらイライラすることがあるのに、

それが他人ともなると尚更です。

 

 

一緒に生活をしていく上で、

アナタが男性に改善してほしいことを

何回も何回も注意しているのに、

直らないのは何故でしょうか?

 

 

男がバカだから?

 

アナタのことを愛してないから?

 

アナタへのあてつけ?

 

どれも違います。

 

 

確かに学習能力が無いという点では

バカなのかもしれませんが、それだけではないんです。

 

その理由は3つ。

 

まず1つ目はこちら。

 

 

1・生活習慣を簡単に変えられない。

 

たとえば今まで何年も、

帰宅するやいなや着ていた服を

脱ぎっぱなしにしていた男性は、

「脱ぎっぱなしにしないで!」と言ったところで、

そう簡単に自分の生活習慣は変えられません。

 

もしかしたら彼の親も、

同居していた頃に散々

注意していたかもしれない。

 

ですが親が言って治らなかったことを、

他人であるアナタが彼に口うるさく言ったところで、

改善されないのは目に見えています。

 

 

2・改善するメリットが見当たらない。

 

たとえばアナタの恋人が、

掃除も片付けも出来ないとします。

 

自分の生活スタイルで今まで困ったことがないのに、

「ここは○○してほしい」と急に言われても、

そうするメリットが男性には感じられません。

 

「別に迷惑かけてないからいいじゃん。」

とさえ思ってしまうのです。

 

 

「掃除するのも、片付けるのも私なのに!

  誰のおかげで毎日キレイな部屋で過ごせると思ってんの!?

  キーーーーー!!!」

って思いますよね?

 

ほんとごもっともなんですが、

「掃除してくれとも、

片付けてとも頼んでないだろ。

今まで散らかってても平気だったし、

お前がキレイな部屋にしたいだけじゃね?」

と口に出さなくても思うのが男。

 

そのくせ、

付き合う女性が掃除も片付けも出来ない人間であれば、

「女なんだから、掃除ぐらいちゃんとしろよな・・・。」とさえ思ってしまう。

 

ほんと男ってめんどくさい。

 

そして最後。

 

 

3・そもそも守りたい約束ではない。

 

女性に勝手に決められたことに対し、

一度は了承したものの、

それが出来ないと責め立てられる。

 

この時、男性はこう思っています。

 

 

「ムリヤリ約束させられたようなもんなのに、

なんでそんなに怒ってんの?」

 

 

「じゃあ、その時イヤだって

断れば良かったじゃん!!」

て思って当然です。

 

ですが、そこで正面きって即答で断る

ルフィみたいな男なんてそうそういませんから。

 

断ればケンカ必須。

 

自ら進まなくていい、

いばら道を歩く男性はいません。

 

 

ちなみに、

女性が男性に怒る段階としては、

こんな感じじゃないでしょうか。

 

1「ねえ、これは○○してくれる?」

2「ねえ、前も言ったんだけどさ、

○○しといてよ。

分かった?」

3「ねえ、なんで○○してないの?

してって言ったよね?」

4「なんで言われたことも出来ないの!?

何回も同じこと言わせないで!!」

 

 

人によっては2と3をすっ飛ばして、

いきなり4にいく女性もいるでしょう。

 

しかし最後までいってしまうと、

それは「お願い」の域ではなく

「命令」や「強制」になります。

 

 

言わずもがな、

人間は命令や強制には従いたくない生き物。

 

 

 「じゃあどうすれば治るのよ!?

  男の肩ばっかり持ちやがって

  藤本めっ!!」

 

 

いや、なんかすいません・・・。

 

確かに今回は男性の肩を

持ちがちな展開ですよね。

 

でもある程度は改善できると思うんです。

 

まず、彼にしてほしいところがあるなら、

一番相手に伝わる言い方はこうだと思います。

 

 

「なぜそれをされると嫌なのか」を、

落ち着いたトーンで伝えること。

 

 

理由とアナタの心情を落ち着いて説明することで、

男性自身も納得しやすくなります。

 




 

そして希にですが、

彼自身が悔い改めて自分の習慣を

改善する場合もあるんです。

 

主に、

・脱ぎっぱなし

・散らかしっぱなし

など、今まで染み付いた生活習慣ですね。

 

食事中にくちゃくちゃ音をたてて

食べるのがみっともないように、

「片付けぐらい自分で出来るようにならないとな・・・。」

と男性に羞恥心が芽生えれば、

その悪習はいずれ治るでしょう。

 

 

ですが、

アナタ自身に生活ルールが多い場合は注意が必要。

 

 

そもそも、女性が生活ルールについて

口うるさく男性に言うのは、このどちらかです。

 

・男性が超ズボラ。

・女性の生活ルールが細か過ぎる。

 

一緒に生活していく上で、

最低限アナタが彼に守ってほしいルールがあるように、

男性にも今まで染み付いてきた

生活習慣というものが人それぞれあるのです。

 

アナタが決めた生活ルールを、

彼に守ってもらうのが

「愛」だと思ってませんか?

 

でもね、一旦した約束でも

自分のこだわりが無いことって

男はすぐ忘れちゃうんです。

 

なので、アナタが当たり前と思っている生活ルールは、

もしかしたら彼にとって全く馴染みの無いモノかもしれない。

 

その時は諦めて、自分でするように心がけましょう。

 

相手が出来なかった時にストレスを抱えこむよりも、

自分でした方がストレスはたまらないから。

 

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「惑わされてませんか?勘違いだらけの『ありのままに』。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ