BBA

女性として生を受けた以上、

外面に気を配るのは当然だと

考えている女性は多いはずです。

 

僕もその通りだと思います。

 

自分磨きって、20代の頃は

若さでなんとかなってきたことが、

30代になり歳を重ねるにつれ、

手を抜いただけ如実に顔や身体に

現れますよね。

 

 

しかし、

そんなことを感じさせないぐらい、

身体の隅々まで手入れの行き届いた

30代女性を見ていると、

男性である僕ですらある種の

感動を覚えます。

 

 

ファッションやコスメに気を遣い、

ダイエットも日常のものとして

取り組んでらっしゃるんでしょうね。

 

 

しかし。

 

 

もうアラフォーに

足を突っ込んでしまった頃。

 

 

年齢不相応なぐらいの美貌を

持っているのにも関わらず、

中には未婚で彼氏さえいない女性が

いらっしゃいます。

 

なぜ彼女たちはいまだに

独りなのでしょうか?

 

その理由は3つあります。

 

 

1・ストイックになり過ぎている。

 

僕も含めてですが、

30代になると気を抜いた分

顔や体型にボロが出てきます。

 

なので30過ぎてから、

自分の外見を維持するためには

結構な努力を必要とします。

 

 

ですが、

自分磨きにストイックになり過ぎると、

出会いは遠のくばかり。

 

 

たとえば、

友人からの食事の誘いも

「太るから」という理由で断り、

コンパの誘いも、

「お酒飲んだらむくむから」

という理由で断ります。

 

「今日コンパでさ、1人女子が足りないんだ!

急で申し訳ないんだけど、来れない?」

という誘いを、

「あ、ごめん。

今日ジム行くから無理だわ。」

とあっさり断ったりします。

 

 

断った本人は、

出会いなんかその気になれば

いつでもあるし、

今は大丈夫なんて思ってますが、

 

 

30過ぎてからの時間は

ほんとに大切です。

 

 

アスリートじゃないんだから、

素人の女性がそこまで

自分を追い込む必要なんて

ありません。

 

 

30代であれば、

そこまでストイックにならなければ

ならないほど劣化の速度は早くないですし、

もしそう思っているのなら

それはある種の脅迫観念です。

 

体質もあるかもしれませんが、

そういった女性のほとんどが、

自分磨きの方法を間違えています。

 

そして、

脇目もふらず自分磨きに没頭し、

ストイックに続けた結果。

 

 

2・価値観が20代の時のまま止まる。

 

本来、価値観というのは

年齢を重ねるごとに変化していくものです。

 

その時でしか得られない体験によって、

価値観が少しずつ上書きされていくもの

ですよね。

 

 

それが自分磨きにハマってしまったもんだから、

するはずだった外界でのほとんどの体験を、

自分でシャットアウトしてしまう。

 

 

外のイベント(飲み会など)の楽しさよりも、

ファッション、コスメ、ダイエットに

心血を注ぐ方が快感になっちゃうんです。

 

そして、

価値観が止まるということは

こういう考えを産みます。

 

 

3・自分はまだまだイケる。

 

30代前半ならまだ大丈夫です。

 

しかし、35を過ぎてからは

考えを改めないと本当にヤバイ。

 

たとえば、

アラフォー女性で超絶美人がいると

しましょう。

 

 

「私もまだまだイケるわっ。

ふふんっ。」

なんて思って当然です。

 

確かにイケると思います。

 

誰がどう見てもキレイだと思います。

 

 

その歳では。

 

 

そもそも、周囲の人間が言う

「若いですね~。」

「おキレイですね~。」

といった台詞の後には、

必ず「その歳にしては。」

という言葉が入ります。

 

それを真に受けてしまうから

「私もまだまだイケるわっ」

なんて思ってしまう。

 

しかも自分の「美」に対して

絶大な自信があるから、

プライドだけはカリン塔なみに高い。

 

もうこの歳になると、

周囲の人間もうかつに注意できません。

 

 

「若い子になんか負けないわっ。」

ではない。

 

 

負けてますから。

 

 

厳しい現実を突きつけてしまいますが、

全く同じルックスの

21歳と35歳の女性がいて、

どちらかの女性と結婚しなければ

いけないとしましょう。

 

 

よほどの年上好きでもない限り、

9割以上の男性が21歳の女性を選びます。

 

 

これが現実です。

 

 

確かにチヤホヤされるのは楽しい。

 

僕だってチヤホヤされるの大好きです。

 

でも、

美しい未婚のアラフォー女性に

寄ってくるのって、

遊び人か非婚主義の男性なんですよね。

 

 

それをお相手選びの頭数に入れては

いけない。

 

絶対に。

 

 

以上が、

30代女性が自分磨きをし過ぎると

出会いを逃してしまう3つの理由です。

 

順序としてはこうですね。

 

1・自分磨きにストイックになり過ぎて

2・周りが見えず価値観が止まり

3・自分はまだまだイケると勘違いし

4・アラフォーになってしまう。

 

 

自分磨きってね、

ハマれば止め時を見失いますよね。

 

これはほんとによく分かります。

 

僕は27の時に細マッチョになりたくて

ジム通いをしていたんですよ。

 

ですが最終的に方向性を

見失ってしまいましたね。

 

プロテインを飲み、

効率の良い筋トレをするために

ボディビル関連の本を買い、

揚げ物や大好きなラーメンを

断ちました。

 

細マッチョを目指すつもりが

どんどんデカくなる自分の身体。

 

その結果、

友人に言われた一言が

「シゲちゃん、何目指してんの?」

でした。

 

しかし既に止め時を見失っているので、

2年近くストイックな生活を続けてましたね。

 

その時に気づいたのが、

筋肉は成長したけど

価値観は成長してないってこと。

 

自分磨きの方向性が違いますが、

本質は同じです。

 

何事もほどほどにってことですね。

 

どこかのハリウッド女優が言っていた、

「適度な運動、適度な食事、

そして適度な睡眠よ。」

という言葉は何も間違っちゃいなかった。

 

 

この記事を読んでいるアナタが、

自分磨きに没頭し過ぎてしまった

未婚の30代女性であれば。

 

今日から考え方を変えて、

価値観を上書きしていきましょう。

 

大丈夫。

 

それだけ自分磨きを頑張ってアナタは

変われたんだから。

 

内面の改善もきっと出来るはず。

 

人と会うことでしか得られない

楽しさって沢山ありますよ。

 

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれてます✩

「分かりやすい!生き方が楽になる3ステップ自己卑下改善法」

「簡単!他人と比べない生き方をする2つの方法」

 



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ