tawawa

 

「ホストクラブの裏側を書いた記事が、

 読みたいです!」

 

 

こういったメールを読者さんから

いただくことが最近増えました。

 

 

数年前にホストブームがあったおかげ(?)で、

ホストという仕事もだいぶ世間に

認知され始めてきた感はあります。

 

しかし、

迷惑防止条例風営法の取り締まりで、

ここ何年かは閉店したクラブもかなり多いみたいです。

 

キャッチ行為と深夜営業が出来ないのは、

女性客がメインのホストクラブにとって、

かなりの大打撃ですからね。

 

 

「え?あの店がつぶれたの!?」

なんて驚くような有名店が、

続々と閉店に追い込まれるのもうなずけます。

 

 

それでも、

あのキラキラした世界に憧れて、

入店する新人ホストや、

怖いけど興味があるからと

店に足を踏み入れる女性は後を絶ちません。

 

ちなみに、

メールをいただいた読者さんは、

「興味はあるけど行ったことがない。

 でも行ってみたい。」

という方がほとんどでした。

 

 

ホストとして働き、

店まで経営した僕が読者さん達に言えるのは、

行くのなら初回入店だけにしときなさいってこと。

 

 

とにかく安いからね。

 

 

「え?ほんとにこんな値段で!?」

とビックリするような金額でお酒を飲めます。

 

 

ちなみに僕がやっていた店は、

ボトル1本つけて、2時間1,000円でした。

 

中には2時間無料の店もありましたね。

 

 

言うなれば、初回入店したお客様に

ホストや店を気に入ってもらい、

2回目の来店につなげる訳です。

 

 

注意していただきたいのは、

初回入店時から売上を上げに

かかるホストもいるので、

「好きな物飲んでください。」

なんて気を遣ってしまうと、

ビールなどの有料ドリンクを頼まれてしまい、

料金がその分高くなりますから。

 

 

かわし方としては、

「僕も1杯もらっていいですか?」

とホストに聞かれたら、

「お金かからない物ならいいよ。」

って答えてください。

 

そうすれば、

入店時に提示された金額で

お酒を飲むことができます。

 

 

ちなみに、同じ店に二度と行かずに、

何店舗もホストクラブをはしごする女性のことを

「初回荒らし」と呼ぶんですが、色んなクラブが

初回料金を破格の金額でやっている以上、

そういう人たちが現れるのは当然ですね。

 

 

 

じゃあそろそろ本題に入りましょうか。

 

 

ホストクラブの裏側暴露タイムです。

 

 

ホストという仕事は、女性客に色恋営業

(女性客に好意を持っているかのように

接して期待させ、店に来てもらう営業方法)

してなんぼという世界です。

 

 

しかしそれだけを求めて

来ているお客さんばかりではありません。

 

もちろんホストは、

席ごとに接客スタイルを変えていくんですが、

色恋営業ができないホストは基本的に売れません。

 

 

よく新人ホストで、

「俺は色恋なんてしません(キリッ)!

 女性を騙すなんて出来ないです(キリッ)!」

なんて熱血ぶる子がいるんですが、

「じゃあお前この店に何しに来たの?」

って話になる訳です。

 

 

そして売上は正直なんです。

 

 

そんなこと言う子に限って、

売上がほとんどありません。

 

 

ホストの給料は歩合制が普通なので、

(保証給を最初の3ヶ月だけ

出すお店もあります)

給料が小銭だけというスタッフも

珍しくありませんでした。

 

よっぽど抜きん出た何かが無いと、

色恋無しで売上を上げるのって

至難の業なんですよね。

 

 

そして、

ホスト掲示板(爆弾サイトとも呼ぶ)

というのが地域ごとにあります。

 

言うなれば

「ホスト版2ちゃんねる」

みたいな感じです。

 

 

そこには話題に挙がったホストに対し名指しで、

「色恋しか出来ないカスホスト乙」

「色恋しない○○くんはエライ」

なんて書かれていることがよくあるんですが、

僕から言わせると色恋できないホストの方が

カスだと思ってました。

 

 

それはホストとしてやっていく

覚悟が足らないということ。

 

 

お客さんのことを考え過ぎたら、

まず売上なんて上がりませんからね。

 

これはホストに限らず営業職や

店舗での販売職でもそうなんですが、

「お客さんに必要ない物まで

 買ってもらうのが申し訳なくて・・・。」

という台詞を言っている人がたまにいます。

 

 

それはホストでたとえると、

こういうことになるんですよ。

 

 

「この人に色恋営業して騙すようなことして

 シャンパンおろしてもらうのがなんか可哀想で・・・。」

と言っているのと同じ。

 

 

物や自分を売るための覚悟が、

足らないんですよね。

 

 

ちょっと褒めれば他にも商品を

買ってくれそうなお客さんに対し、

「これはこの人に

 必要ない物かもしれない・・・。」

と思って言えない。

 

ちょっと色恋したら、

何か高いお酒を入れてくれそうなのに、

可哀想だからという理由でできない。

 

 

これ2つとも、

自分が嫌われたくないから

したくないだけなんですよ。

 

 

それを罪悪感だと勘違いしているだけです。

 

 

高い商品だろうが高いお酒だろうが、

お金を払うって言ってるのはお客さんですからね。

 

 

心配であれば、自分が思うように

その後のアフターフォロー

しっかりすればいいんですよ。

 

現に売れてるホストに限らず、

できる営業マンや販売員はそうしています。

 

 

それすらも考えてないから、

「何しに働きにきてんの?」

ってなる訳です。

 

 

ちなみに、どこからが色恋営業で、

どこからがそうじゃないかの

見分け方は色々な諸説がありますが、

ホスト側が何もしてなくても、

お客さんが好きになってしまった時点で、

色恋になってしまうと僕は思います。

 

 

さて、今回はジャブ程度の記事ですが、

次回あたりから色々と突っ込んだ内容を

織り交ぜて、お話しましょうか。

 

 

最後に、

当時の僕のパネル写真でもアップしてみます。

 

GRP_0284

 

この画像は、

確か僕が33歳ぐらいの頃のパネル用写真です。

 

超かっけー!

 

 

まあ、

フォトショで加工してますけどね。

 

 

目の下のクマを取って、

あごのライン削って、

美肌補正かけたら、

こんななりました。

 

えへへ。

 

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆コチラの記事も読まれています☆

「【誰?】SNSの自撮り写真は詐欺りなさい。【本人?】」

【目で見ろ】男の経歴を簡単に信用するな。【そして感じろ】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ