images

前回までの記事では、

遠距離恋愛におけるNG行為についてお話ししました。

 

✩前回までの記事はコチラから✩

「知らなきゃ別れる?遠距離恋愛を破滅に向かわせるNG行為。前編」

「知らなきゃ別れる?遠距離恋愛を破滅に向かわせるNG行為。後編」

 

 

今回の記事はお約束通り、

遠距離恋愛を成就させる方法についてお話ししたいと思います。

 

 

遠距離恋愛を成功させる秘訣。

 

これは1つしかありません。

 

 

自分1人の時間を楽しむ習慣を、

身につけることです。

 

 

「そんなこと言ったって、

 分かってるけど、さみしいもんはさみしい・・・。」

 

なんて声が聞こえてきそうですが、

彼に執着して依存してしまう女性は必ずといっていい程、

遠距離恋愛が上手くいきません。

 

むしろ、近距離に彼が住んでいたとしても、

上手くいかないといっても過言ではないでしょう。

 

 

このブログでも何回も言っていることですが、

1人の時間を楽しむためには、

まず暇つぶし見つけることから始まります。

 

特に、

今まで敬遠していてやらなかったことや、

面倒に感じてやらなかったことに、

手をつけてみるだけで、今までの価値観が

変わるなんてことは多々あるのです。

 

たとえば、

買ったけどなんだか読むのが億劫になって、

本棚の肥やしになってしまった本を読んでみる。

 

たとえば、

取り掛かるにはハードルが高そうで、

手を出さなかったことにチャレンジしてみる。

 

探せば探すほど山のように出てきます。

 

 

え?

出てこない?

 

んなこたあない。

 

それは最初から、「興味がない」とか、

「どうせやってもつまんないだろうし」と決めつけているせいで、

暇つぶしリストから除外しているだけ。

 

とにかくなんでもいいから、

手をつけてみればいいんです。

 

たとえそれが自分に合わなかったとしても、

やったことは無駄にはならないから。

 

手をつけたことにより、

ちゃんと価値観の幅は広がっているんですよ。

 

 

それに、何かにチャレンジするということは、

もしかするとそれがアナタの

一生の趣味になるかもしれないんです。

 

食わず嫌いだった物を食べてみて、

「あ、これめちゃめちゃ美味しいじゃん!」と感じることがあるのと同じで、

人間は思い込みによって様々な制限を自分につけてしまっています。

 

その思い込みのせいで、

一生ものの趣味に出会えなくなると考えたら

なんだかさみしいじゃないですか。

 

 

彼自身も、

アナタがなにか生きがいを見つけて

輝いている方がきっと嬉しいはず。

 

好きな女性が輝いていて、

自分が置いてきぼりにされたように感じ、

喜ばないような卑屈な男性なら止めとけ。

そしてアナタは忘れていませんか?

 

遠距離恋愛の醍醐味を。

 

久しぶりに会った彼との、

ドキドキ感が止まらない

幸せがあふれるデートです。

 

遠距離恋愛ほど、

お互いが会った瞬間、爆発的に

感情が高まる恋愛を僕は他に知りません。

 

中には不倫や浮気もそれに当てはまるという意見がありそうですが、

残念ながらその2つの恋愛は、

ほとんどの場合が依存心からきているものです。

 

 

遠距離恋愛において、

久しぶりに出会った2人の感情が爆発的に高まる理由。

 

それはもちろん、

会える時間が限られているから。

 

会えなかった時間を、

その限られた時間に凝縮しようという思いが、

2人の恋愛感情を激しく掻き立てるのです。

 

 

そして、燃え上がるようなセックス。

 

洋画でよく見るような、

あのお互いを貪り合うような情熱的な情事です。

 

僕は以前、洋画でそういうシーンを見るたび、

「そんなにスーハースーハー言うて焦らんでええがな。」

と思っていましたが、いざ自分が遠距離恋愛を

経験した時には、スーハースーハーなってました。

 

やはり、

それほどまでに情熱的な夜を経験してしまうと、

忘れられない夜として深く記憶に根付いてしまうものです。

 

 

「どうせ遠距離なんて続かないし・・・。」

 

「いつまでこの関係が続くか分かんないし・・・。」

 

「そのうち彼が女を作りそう・・・。」

 

なんてことを、しょっちゅう考えていると、

気が狂いそうになりませんか?

 

卑屈になればなるほどせっかく出会えた2人の時間は、

なんだか気まずいものになってしまったり、

場合によってはケンカになってしまったりすることもありえます。

 

まだ起こってもいない先々のことを考えて、

不安になるほど無駄な時間はありません。

 

それは、

起こりうる不安材料を解消しているのではなく、

ただ感情に支配されているだけです。

 

 

遠距離恋愛に悩む多くの女性が勘違いしていますが、

今の関係をどうするかより、

もっと先々のことを考えた方がいい。

 

たとえば、

「どうすれば2人の関係をこれからも変わらずに続けていけるか」

という考えを持つことは、非常に大切なことなんです。

 

 

その上で、遠距離恋愛をする期間を、

あらかじめ決めておくことは重要ですね。

 

人間は、先の見えないことに

ずっと同じ力を注ぐことが出来ない生き物です。

 

それならば、

最初にちゃんと期限を決めておいた方が

2人の関係は壊れにくくなる。

 

彼と同じ目標に向かって頑張ることが、

2人の共同作業につながるからです。

 

 

そして最後に。

 

これから遠距離恋愛を始めるという女性に、

アドバイスを。

 

最初は必ず、彼に会いに来させてください。

 

最初が肝心なんです。

 

彼に、

「この子のために、頑張ってやって来た」という

自覚を植え付けるためでもあるのですが、

女性が最初に会いに行ってしまうと、

「コイツは自分から会いに来てくれる女」という

印象を持たれやすいからなんですよ。

 

それに、彼に会いに来させるということは、

彼を会いたくて会いたくて震える状態にさせることにつながるので、

男性の自主性に働きかけることが出来ます。

 

出来れば遠距離恋愛期間はずっと、

彼に会いに来てもらった方がいいのですが、

それだと相手が不服に思ってしまうので、

せめて最初だけは彼に会いにきてもらいましょう。

 

遠距離恋愛は続かないなんてセオリーは、

誰にでも当てはまるものではありません。

 

遠距離恋愛の期限を決め、

お互いの生活を尊重し、

1人の時間を楽しみ、

彼と会った時にはとにかく楽しむ。

 

これを実践し続けることで、

2人の恋愛はより良いものとなり、

じっくりと愛が育まれていくでしょう。

 

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「そんなモテテク通用するか。女性が使う間違いだらけの駆け引き。」

「知らなきゃ終わってる?アナタの清潔感を出す手っ取り早い方法。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ