nya

✩前回までの記事✩

【どうやって】じゃあ可愛げってなんなのさ。(前編)【出すの?】

【どうやって】じゃあ可愛げってなんなのさ。(後編)【出すの?】

 

 

僕はよく、

男性には女性の可愛げや健気さを

伝えるべきだと言っていますが、

こと健気さにおいては出し方を間違えると、

たちまち重い女と見られてしまいます。

 

そもそも、恋愛においての女性の健気さが、

どういうものかを考えるとき、

ほとんどの人がこう答えるのではないでしょうか。

 

 

・献身的に男性に尽くしているさま

・文句を言わず支え続けるさま

 

 

間違ってはいないと思います。

 

ただ、これら2つの健気さの裏に、

女性のこういった感情を男性が感じ取ってしまうと、

それはもう健気さとはうつりません。

 

その感情とは、

「我慢」と「見返り欲しさ」。

 

 

たとえばアナタが、

すごく貧乏な男性と付き合っていたとしましょう。

 

お金がないから、

デートする場所は限られているし、

食事をするにも割り勘が当たり前。

 

アナタはそんな彼に対しこう考えます。

 

 

たまには違うデートを楽しみたい。

 

たまには2人で素敵なディナーを食べてみたい。

 

たまにはどんな物でもかまわないから、

プレゼントとかしてもらいたい。

 

でも、

言ったところでそれが実現するわけじゃないし、

彼のプライドを傷つけないように言わないでおこう。

 

一緒にいられるだけで幸せ、

うん、きっと幸せだ。

 

 

これが「我慢」です。

 

健気な女性は、彼がどんな状況であれ、

「一緒にいられるだけで楽しい」

「一緒にいられるだけで幸せ」

という姿勢で彼に接しています。

 

 

そして「見返り欲しさ」とは、

その言葉の意味どおり、

「これだけ尽くしてるんだから、

あなたもちゃんとそれ相応の

気持ちを返してよね。」

という思いのことです。

 

どれだけ健気に振舞っても、

その裏に女性の「我慢」や「見返り欲しさ」が

見えてしまうと、男性にはそれがただの媚びのように

思えてしまうのです。

 

特に、

女性の健気さの裏に「我慢」が見えてしまうと、

男性は自尊心が傷ついてしまいます。

 

中には、

「どうせ俺なんかと付き合ってても、

幸せじゃないんだろ。」といった風に、

卑屈になってしまう男性もいますね。

 

 

たとえば、

こういう場合はどうなのか?

 

奥さんに苦労をかけている男性の台詞で、

こういうものがありますよね。

 

 

「アイツには苦労ばっかりかけて、

 相当我慢させているからなあ・・・。」

 

 

このとき、

奥さんに我慢をさせてしまっている自分を、

男性は悔しく思っています。

 

しかし当の奥さんは、苦労をしているとは思ってないし、

別になにかを我慢しているわけではない場合が多いです。

 

むしろ、

この男性と一緒にいられることが幸せだし、

毎日の生活もそれなりに楽しい。

 

奥さんのその姿が健気さとして、

男性の目にうつったのです。

 

逆にこの奥さんが、欲しい物を我慢して、

食べたい物を我慢していることを、

態度で男性に伝えてしまったら、

「どうせ俺は稼ぎが少ないですよー。」

と卑屈になってしまう。

 

「いやいや、そこは頑張って稼げよ。」

と思われるかもしれませんが、

男の自尊心というのは、厄介なものなのです。

 

一度傷つけてしまうと、

駄々っ子のようにすねてしまうから。

 

男は子供なんですよ。

 

 

我慢や見返り欲しさの尽くす行動では、

男性の心は動かないですが、

純粋な健気さには心を打たれてしまいます。

 

健気さを表す象徴として子供を例に出してみると、

お母さんのために一生懸命お手伝いしたり、

不器用ながら似顔絵を描いてみたり、

そんな子供の行動に胸がきゅんとなったことは、

お子さんがいる女性ならだれでもあるはずです。

 

お子さんがいない女性でも、

子供のそんな行動に胸をきゅんとさせたことは

あるのではないでしょうか。

 

もうそろそろ、

健気さの正体がみなさんにも

なんとなく分かってきたんじゃありませんか?

 

 

か弱い力だけど、

自分の意思で困難なことに立ち向かう姿。

 

これが健気さの正体です。

 

 

「じゃあ慣れない料理を

 彼に作ってみたりするのも、

 健気さになるの?」

 

 

なりますが、そこに

「彼に惚れ直してもらいたい」という

願望があるのであれば、それは

「見返り欲しさ」が入っています。

 

 

もう少し健気さについて、

突っ込んでみましょうか。

 

「彼のために慣れないなにかに挑戦する」

という行為は、一見すると健気な行為に

見えますが、そうするに至った気持ちは、

純粋なものであることが大事です。

 

どういうことかと言うと、

「彼のためになにかしてあげたい」

という気持ち。

 

自分のことを良く思われたいとか、

そういう思いではなく、

「自分がしたいからそうする」という気持ちです。

 

先ほど、健気さの正体についてお話ししましたが、

わざわざ慣れないことに首を突っ込む必要はありません。

 

 

以前の記事で、

おしゃべりカフェに勤めていた女性を

好きになった経緯を書いたのですが、

僕は交際期間中、彼女に健気さを感じることが

何度もありました。

 

思えば、

僕が彼女を好きになったきっかけも、

彼女の健気さに心を打たれたからですね。

 

✩参照記事✩

「知らなきゃ泣きをみる!男はだんだんと女性を好きにならない事実!」

 

 

この女性と付き合っていた当時、

僕は肉体改造にハマっていて、

22%あった体脂肪率が一桁に近づくにつれ、

どんどん筋トレにのめり込んでいき、

ひたすらストイックな生活を送っていました。

 

そんな中、

筋トレのバイブルとも言える本を発見したのですが、

値段がたしか5千円ぐらいしたんですよ。

 

「たけえなあ。でも欲しいなあ。」と思って、

買おうかどうするか悩んでいたそんなある日のこと。

 

 

おしゃべりカフェの彼女が、

「これあげる。」と言って、

分厚いなにかを僕に渡しました。

 

中を開けてみると、

そこにはなんと僕が欲しかった本が。

 

 

「え、なんで?

今日なんかのイベントやった?

ほんまにもらってええの?」

と驚きながら聞く僕に対し、

彼女はこう答えました。

 

 

「うん。イベントとかちゃうけど、

 シゲちゃん筋トレ頑張ってるから。」

 

 

僕がその後、彼女を抱きしめたのは、

言うまでもありません。

 

普通ならひたすら筋トレに勤しむ僕を見て、

「アンタ、なに目指してんの?」

言われて一蹴されてもおかしくないことなのに。

 

 

このように、健気さを男性に伝えるには、

純粋な「してあげたい気持ち」から

行動することで、男性の心を打つ場合もあります。

 

別になにかを買ってプレゼントするわけではなく、

「頑張っている彼に○○してあげたい」という

気持ちで行動すれば、それはきっと健気さとなり、

彼の心をキュンとさせることでしょう。

 

しかし、

「○○してあげたい」が過ぎてしまうと、

それは尽くし過ぎることになってしまい、

結果的に彼の気持ちが離れていくことにつながります。

 

どんなに身体に良いことでも、

やりすぎると害になることがあるように、

なんでもやりすぎは注意ということですよ。

 

健気さもほどほどにね。

 

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「言われる方は超しんどい。何かあるたび、すぐ「別れる!」と言う女性。」

「恋愛市場を生き残れ!正しく知ろう。自分の商品価値を。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ