b736ecbf

友人を含め色々な人と話しているとよく思うのですが、

自分の親を神様かなんかだと思っている人が多すぎです。

 

例外はありますが、

子供にとって親という存在は絶対的であり、

かけがえのない存在であることがほとんど。

 

であるがゆえに、

自分の親の価値観をそのまま受け継いだ大人に育ってしまう。

 

アナタが嫌いだと思う彼の価値観の一部も、

彼の親ゆずりである場合が多いわけですよ。

 

自分の親を好きであろうがなかろうが、

幼少期に植え付けられた親の価値観は、

大人になった今も呪縛となって僕たちにまとわりついています。

 

とくに、自分の親を崇拝している人たちは、

「父(や母)の言うことだから間違いない」と盲信し、

それがさも世間一般の常識であるかのように思い込む。

 

 

だけどちょっと待ってください。

 

今まで親に言われたことに対し、

なにか少しでも引っかかることがあるのなら、

それはちゃんと疑ってかかった方がいい。

 

 

親は完全な人間ではありません。

 

僕たちと同じ、未熟な人間です。

 

対象は変わりますが、教師や上司も同じ。

 

聖職者であるはずの教師だって犯罪をおかすことはあるし、

上司だからといってかならずしも出来た人間ではないのです。

 

それを「教師だから」と言って期待しすぎたり、

「上司なのに」と言って非難するのはお門違い。

 

 

もちろん親に対しても一緒です。

 

親のことを一歩引いてみることで、

冷静に自分を見つめ直せることは多々ありますよ。

 

 

自分の話で申し訳ないのですが、

僕の母はなかなかエキセントリックな親だと思います。

 

僕は母のことは大好きですし普通に仲は良いのですが、

尊敬しているかと聞かれると、

「う~ん?」と考えこんでしまう。

 

 

なぜなら、

「母は完璧な人間ではない」ことが分かったから。

 

忘れもしない、僕が23歳の頃の話です。

 

仕事が終わった母から、

「お腹すいたしどっかご飯食べに行こう。」と誘われ、

京都の先斗町にあるお寿司屋さんに行ったのですが、

そこで衝撃的な話を聞かされました。

 

 

「あ、そういえば言うてへんかったか?

 アンタ、愛人の子なんやで?

 アンタがお父さんやと思ってる人は

 奥さんも子供もいはるし、

 私ら結婚してないねんで?」

 

 

それまで、僕の父と母は3歳の頃に

離婚したものとばかり思ってましたが、

僕が父だと思っていた人と母は、

不倫関係にあったようです。

 

 

「ああ、ごめんごめん、言うたものとばかり。

 私はアンタのお父さんの子供が欲しいと思ってん。

 この人の子供がほしいと思ってん。

 ほんでアンタが産まれてんか。

 でも、産まれてくれるだけで良かったし、

 その後すぐにアンタのお父さんと別れようとしたけど、

 なかなか別れてくれへんかってん。

 別れるのに3年かかったわ。」

 

 

なんて日だ!

 

とは思いませんでしたが、

鯛のお刺身を食べ日本酒を飲みながら、

めちゃめちゃ冷静に母の話を聞いていた記憶があります。

 

そのとき思ったんですよ。

 

「ああ、俺が大変なことを大変だと思わない性格なのは、

この人ゆずりなんだな。」と。

 

 

ちなみに現在、僕の父は亡くなっていますが、

うっすらとある記憶の中で、

父が家に来たときに遊んでもらっていても、

なんか居心地が悪くて早く帰ってくれないかなと

いつも思っていました。

 

今なら分かりますが、

おそらく父は僕に会う口実で、

母に会いたかっただけなのだと思います。

 

母は男性に依存しない性格なので、

歴代の彼氏を切るときはスパッと切っていました。

 

もちろん父に対してもそれは例外ではありませんでしたが、

すぐに切ることができないぐらい、父の執念がすごかったそうです。

 

 

そんな母は僕が32歳のとき、

現在の義理の父にあたる人と結婚。

 

物心ついてから

「この人、一生結婚しないんだろうな。」と

いつも母に対して思っていたので、

母が結婚を決意したという衝撃は、

先斗町のお寿司屋さんで聞かされた

話の比ではではなかったです。

 

普通なら、

「良かったな~」と思えることなのですが、

僕は「いつまで続くのかな・・・。」と

不安感を拭えませんでした。

 

 

そして母が結婚してから数年後。

 

事件が起きました。

 

それは警察が母宅にかけつけるほどの夫婦喧嘩。

 

義理の父から電話がかかってきて、

「お前の母親、どないなっとんねん!

今すぐ家に来い!」といきなり怒鳴られ、

慌てて駆けつけたのですが、

リビングは色んな物が破壊され、

数名の警察官が現場検証をしている最中で、

えらいこっちゃな状態になっていました。

 

どうやら泥酔した2人がふとしたことから口論になり、

感情的になった母が暴れて家具や食器類を破壊した模様。

 

僕はそのとき改めて痛感しました。

 

 

「こんなに感情的になっている

この人は今まで見たことがない。

おかんも普通の人なんやな。」って。

 

 

僕もこの事件が起こるまでは、

母の存在を絶対だと思っている節がありましたが、

この事件が起こったおかげで、

自分のことを冷静に見られるようになったのかもしれません。

 

母はいつも冷静沈着だったので、

生まれて初めて感情的になった母の性格を目の当たりにし、

今まで母から言われていたことが本当に正しいかどうか、

僕は考えるようになりました。

 

母は僕のことを過大評価している部分があるので、

まずはそれを疑ってかかることに。

 

 

「アンタならもっとできる。私の子やから。」

 

 

昔から母が僕によく言っていた言葉です。

 

この言葉を信じ、

自分が特別な人間だと思って

調子に乗っていた時期もありました。

 

だけど、考えれば考えるほど、

僕は努力をしなければ凡人の域を脱出できない、

普通の男なんだと気付いてしまったのです。

 

昔から要領だけは良かったので、

人よりはなんでもそつなくこなせるのですが、

点数に表すと70点以上は超えられない自分。

 

ある程度できてしまうせいで、

それ以上頑張ろうとしない。

 

なぜなら、

「本気だせばいつでももっとできる」と思っていたから。

 

これはただ単に僕の努力不足が招いた結果ではありますが、

その根本には母からずっと言われていた言葉を

盲信していたせいでもあります。

 

僕の場合は親の過大評価によって、

自分には価値がある人間だと信じこんでいたわけですが、

価値観においても、母の影響はすくなからず受けています。

 

 

たとえば、

カバンが汚い女性はだらしないという母の価値観。

 

これは、現在でも僕のゆるぎない価値観として、

強く受け継がれてています。

 

☆参照記事☆

「男に騙されやすい女性のカバン・その5つの特徴。」

 

 

このように、

「うわー!ほんまにそのとおりやわ!」

と思えることなら、親の価値観を受け継いでも

問題はないでしょうが、

あまりに突飛すぎる価値観を親が持っていれば、

子供はおかしいことになかなか気付かない場合も。

 

 

それに、親の言葉は呪縛。

 

幼少期に言われた何気ない一言が、

いまだに子供を縛っていることが多いのです。

 

 

「アンタはこういう格好が似合わないわよ。」

 

「お前はなにをやっても本当にダメだな!」

 

「ショートヘアの方がアナタには似合うわ。」

 

「アンタは昔っから○○だったから。」

 

「お前は頭が悪いからなあ。」

 

 

などなど。

 

このように親から言われた言葉を

そのとおりだと信じ込んで、

自分の可能性を閉ざしている女性はかなり多い。

 

僕の知人にパンツしかはかない女性がいるのですが、

スタイルも良いし脚も長いので、

「たまにはワンピとか着たら?似合うで。」と言っても、

「でもお母さんは私にスカートは似合わへんって言うねん。」

と言って、かたくなにスカートをはきません。

 

もちろん、このケースも親の言葉が呪縛となって、

知人女性の女らしさを奪っているのです。

 

 

親は全知全能の神ではありません。

 

ただの人間です。

 

親の言葉や価値観の植え付けは洗脳に近いものがあるので、

なかなか抜け出しにくいかもしれないけれど、

アナタが「してみたいこと」「やってみたいこと」があって、

そのことが親の意思にそぐわないものだったとしても、

人道にはずれたことでなければ、

可能性をつぶさないためになんでもチャレンジした方がいい。

 

価値観というものは変わっていくものではなく、

上書きされていくものだから。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【おおきな】尽くしているつもりのNG行為3選。【お世話】

「アソコの匂いで振られてしまう!デリケートゾーンは清潔にするべし。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ