takeda

・彼は頻繁に連絡をくれる。

・身体の関係もある。

・ちゃんと「好き」って言ってくれるし、

 愛情表現もしてくれる。

・でも付き合おうと言ってくれないし、

 付き合ってと言っても濁される。

・私って都合のいい女?と思ったけれど、

 ほかに女がいる様子はない。

 

 

「ねえ、なんで彼は私と付き合ってくれないの?」

 

 

いますよね。

こういう男性。

 

明らかに彼はアナタに好意を持っているはずなのに、

なぜだか付き合ってくれない。

 

やっていることは恋人と同じなのに、

肝心の「恋人同士」という肩書きがないから、

彼がどういうつもりなのか分からずに、

悶々として不安に押し潰されそうになってしまう。

 

悲恋改善カウンセリングでも、

このようなご相談は多数寄せられます。

 

彼が冒頭で挙げた事例に当てはまるのであれば、

アナタと付き合わないいくつかの理由があるので、

ひとつずつお話しさせていただきましょう。

 

 

1・付き合うと面倒事が増えるから。

 

一番の理由はこれでしょう。

 

彼氏と彼女という関係になってしまうと、

2人の間に約束事や制限が増えると考える男性は、

皆さんが思っている以上に多いです。

 

それならば、関係性自体を曖昧にして、

今の関係のまま居心地よく過ごしたいというわけですよ。

 

 

このタイプの男性は、過去の恋愛での失敗や、

周囲のカップルにありがちな面倒事を引き合いに出し、

「もうそういう恋愛はしなくない」とかまえてしまい、

「付き合う」ことに対して重くとらえ、

過剰なまでにバリアを張ってしまいます。

 

なんで付き合ってくれないの?と

いくら相手の女性が詰め寄っても、

彼らにはこのような大義名分があるから、

付き合わないのです。

 

 

「俺、お前のことをちゃんと大切にしてるじゃん。

 だから別に付き合わなくてもよくね?」

 

 

いくら彼に大切にされていようが、

関係性が曖昧なままでは不安が尽きませんよね。

 

このタイプの男性には、時間をかけて

「私は付き合っても面倒くさくない女だよ!」

ということを理解してもらう必要があります。

 

もちろん、

現在の関係性がなんなのか具体的に答えを求めたり、

束縛したりしてはいけません。

 

彼を自由にさせ続けてあげることが、

交際への近道です。

 

 

2・付き合うことに対してとくに重要ではないと思っている。

 

このタイプの男性も多いですね。

 

彼らの言い分としてはこんな感じです。

 

 

「お前のこと好きだし、一緒にいて楽しいし、

 別に付き合わなくてもこのままでいいじゃん。

 これ以上なにが必要なわけ?

 

 

随分と自分勝手な言い分ではありますが、

このタイプの男性はそもそも付き合うということに対し

価値を見いだせないでいるので、

「付き合ってはないけれど、付き合っているようなもの」

という曖昧な考えさえ持っています。

 

攻略法としては、彼を急かさずに、

アナタが付き合うということに対して

どのような価値観を持っているのかを、

ちゃんと理解してもらう必要がありますね。

 

そして頃合いを見てから、

「そろそろちゃんとした肩書きがほしい」

と訴えてみましょう。

 

 

3・過去の恋愛で傷ついた。

 

このタイプの男性は、

付き合うことに対してとにかく臆病。

 

過去の恋愛で傷ついたことが、

未だに根深く心に残っているのでしょう。

 

「付き合ったらいずれ別れがくる」とか

「コイツも元カノみたいにいずれ俺を捨てる」と考えています。

 

そう考えてしまう訳は、

彼らが傷ついた原因となる元カノとアナタのことを、

「同じ女だから」という理由でひとくくりに見ているからです。

 

慎重すぎる性格でもあるので、

まずは彼らの警戒心を解くことから始めましょう。

 

このタイプの男性と付き合うためには、

アナタと彼の元カノが同じことをしないと

理解してもらうことが必要。

 

不朽の名作、101回目のプロポーズで放映された

「僕は死にましぇん!」のあのシーンのように、

過去の恋人と自分は違うということを、

彼に知らしめる必要があるのです。

 

まあ、あそこまで身体はらなくていいけれども。

 

 

4・都合がいいから。

 

これは、「1」の「付き合うと面倒事が増えるから。」

という理由に近いです。

 

しかしこの場合はむしろ、

ほかの女性とも遊んでみたいからという

理由で付き合わない場合が多いでしょう。

 

「もっとほかにいい女がいるかもしれないから」

とも考えています。

 

ちゃんとアナタのことも好きだし、

大切には思っているけれど、

付き合うとなると決定打が足りない。

 

「なんか惜しいんだよな~」というわけです。

 

このタイプの男性の攻略法としては、

とにかく彼にとって居心地の良い空間作りを心掛けること。

 

そして、アナタが一番の良き理解者になることです。

 

「やっぱ、コイツじゃなきゃダメだわ。」

と、いかに思わせるかが、

交際するかしないかの分かれ目になるでしょう。

 

 

5・付き合うことに関してハードルを上げすぎている。

 

どういうことかと言うと、

「俺なんかと付き合ってしまったら、

コイツは不幸になってしまうかもしれない。」

という思いがあるから、付き合えないということです。

 

これだけ見ると、

すごく相手のことを考えているように思えますが、

実際は「幸せにできる自信がない」だけです。

 

加えて、

このタイプの男性は自分のことを過小評価しているので、

自信を持たせて自己肯定感を高めてあげることが、

交際発展への鍵となります。

 

よく、

「今の貴方で十分だから。

側にいてくれるだけでいい。」

という台詞を言う女性がいますが、

実はあまり効果がありません。

 

なぜなら、彼らからすれば、

「そんなこと言って、ほかにいい男がいれば

すぐそっちにいくんだろ?」と思っているから。

 

 

「幸せにできる自信がない」ということは言い換えれば、

「自分に自信がない」ということにつながります。

 

自信がない人間に向かって、

「今の貴方で十分」という台詞は、ときとして逆効果。

 

「今の自分がイヤだから困ってんだろ」

という話になってしまいますからね。

 

なので、

根本的な自信を付けさせる作業が必要になるわけです。

 

 

6・次に付き合う相手を結婚相手として考えている。

 

僕の友人でこのタイプの人間がいますが、

もしかすると一番厄介かもしれません。

 

結婚適齢期を過ぎた独身男性なら仕方がないかもしれませんが、

若くしてこの考えを持つ男性には注意が必要ですね。

 

なぜなら、

付き合う相手=結婚相手と考えてしまっている以上、

ちょっとやそっとでは付き合う対象として考えられないから。

 

しかも、

結婚というものに対し幻想を抱いている男性が多く、

色んな部分でハードルが上がってしまうわけです。

 

「自分の結婚する相手はこうあるべき」という

盲信にも似た固定観念があるので、

その思い込みを取っ払わないことには、

交際することは難しいでしょう。

 

攻略法としては、

彼の結婚観や理想をちゃんと聞くことから始める。

 

恋は情報戦と言っても過言ではないので、

このタイプの男性には、

結婚に対しての価値観をいかに喋らせるかが

重要になってきます。

 

彼の話を聞いているとあまりの理想論に、

「そんな女いねーよ。」と呆れることもあるでしょうが、

そこはグッと我慢。

 

幸か不幸か、

女性の本性を理解していない男性がこのタイプには多いので、

淑女キャラを上手く演じることができれば交際発展も夢ではありません。

 

 

7・相手の年齢が気になる。

 

このケースは、交際相手の年齢がどうしても

結婚を意識せざるを得ない場合ですね。

 

かと言って、

彼は結婚する気はなく、付き合う気もない。

 

 

「このまま関係を続けていれば、

 いずれ俺のことを諦めてくれるだろう。」

 

 

そう思って関係性を曖昧にしたまま、

交際に踏み切らない男性は多いですね。

 

なんとも腹正しい現実ではありますが、

結婚に踏み切らない男性の多くは、

「結婚=墓場」と考えるか、

相手の女性から結婚に対しての過剰なプレッシャーを

与えられたかのどちらかになります。

 

このタイプの男性には、

とにかく結婚を意識させないことが大切。

 

「4」の「都合がいいから。」のタイプへの攻略法同様、

彼に居心地の良さを提供し、彼の一番の理解者になることが、

2人の関係を深める近道となるでしょう。

 

 

以上が、

ほとんど恋人同然なのに彼がアナタと付き合わない理由です。

 

そもそもの話ですが、男性にとって

「好き」=「付き合う」というわけではありません。

 

しかし、

男性は相手の女性が魅力的で非がなければ、

かならずと言っていいほど付き合う生き物。

 

彼と付き合うためには、

「コイツにずっと側にいてほしい」

と相手に思わせる決定打が必要になるわけです。

 

ということは、彼に対し

「私と付き合えばもっと貴方は幸せになりますよ」

ということを理解してもらうことが大切。

 

そのためには大前提として、

以下のような行動を慎むことが重要です。

 

 

・彼を追いかけ続けない

・焦って関係性を明らかにしない

・束縛は絶対にしない

・「どうせ私はセフレだし」とふてくされない

・不安に駆られて彼がドン引くような自爆行動を起こさない

・嫌われないかとビクビクしない

 

 

【だから】セフレから本命になるためのNG行為。【都合よく扱われる】

ではタイトルのとおり、セフレから本命になるためにしてはいけない

NG行為について余すところなくお話しさせていただきましたが、

「自分からは連絡しない」というNG行為だけは、

今回のケースに当てはまりません。

 

ちゃんと相手が好意を持っているし、

ほかに女性の影がない以上、

押せるときはこちらから積極的に押すべきだからです。

 

平常心を保ちながら虎視眈々と機会をうかがい、

時期がくればアナタの良さをアピールしましょう。

 




 

たしかに過剰なアピールをしてしまうと、

男性の気持ちを萎えさせる原因にはなります。

 

ですが、プレゼンしないことには、

「アナタと付き合った先のこと」を彼は分からないまま、

関係を終えることだってあるわけです。

 

そこで登場するのがこの台詞。

 

 

「貴方と付き合うことができたら、

 私はもっと○○しちゃうのにな。」

 

 

押しつけがましくなくアピールができる、

破壊力抜群の台詞です。

 

普段の生活でも、

ベッドの上でも、

離れていても、

この台詞を言われた側の男性は、

もっとアナタに○○をしてほしいという

衝動に駆られていくことでしょう。

 

どうか一日も早く、

彼の「彼女」になれる日がくるように、

自分の感情に支配されることなく

彼との良い関係を築き上げてくださいね。

 

頑張って。

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「愛情なのか、執着なのか?彼のことを本当に愛していますか?」

【響いてないし】男に言ってはいけない女性のNG台詞。前編【届いてない】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ