o0480041812680323005

女性は結婚に対しポジティブなイメージを

持っている人が多いのに対し、

男性は結婚に対しネガティブなイメージを

持っている人が多いです。

 

残念ながら、これは現実です。

 

「結婚は墓場」とよく男性の間で言われますが、

僕も結婚するまでは正直そう思っていました。

 

それに対し、

女性は結婚に対して墓場ではなく「ゴール」と

考えている人が多いので、

「結婚すればなんとかなる」と漠然とした期待を

結婚という制度に抱いています。

 

ちなみに、

「あーもー結婚したぁーい!」

と常日頃から言っている女性にかぎって、

結婚後の具体的なイメージを持っていない人が

圧倒的に多いですね。

 

 

しかし結婚はゴールではなくスタートなのです。

 

しかも男性にとっては、

長い長い旅路の始まりだと言っていいでしょう。

 

なので軽はずみに

「結婚しよう」とは言えないわけです。

 

結婚を人生の墓場だと考える男性が、

結婚したくないと考える理由は非常にシンプル。

 

 

今回の記事では、

男性が結婚したくない理由をテーマに

お話しさせていただきましょうか。

 

 

1・お金が自由に使えない。

 

これはかなりでかいです。

 

とくに、趣味にお金を投資している男性からすれば、

毎月自由になるお金が減るということは、

趣味から一線を退けと宣告されているようなもの。

 

自分の好きなときに好きな物が買えなくなるというストレスは、

貯金が趣味の人からすれば、計り知れないものがあります。

 

飲みに行くことが趣味の男性も、

毎月の飲み代が制限されることは、

尋常ではないストレスになることでしょう。

 

「マイホーム35年ローン」なんて、

このタイプの男性からすれば呪いの言葉以外の何ものでもありません。

 

すべての男性が、マイホームを持つことが夢ではないのです。

 

お金が自由に使えないから結婚したくないと考える男性は、

お金を使うことでストレス発散している部分もあるので、

それが制限されるとなると、かなり生きづらくなってしまいます。

 

 

2・当人だけの問題ではなくなるから。

 

結婚するということは当然のことながら、

両家の親族と付き合いをしなければいけないということになります。

 

相手の家族との付き合いを面倒に感じる男性は、

皆さんが思っている以上に多いですね。

 

その理由はこんな感じです。

 

・正月休みやお盆休みといったせっかくの長期休暇が、

 奥さんの里帰りへ同行することで潰れてしまう。

・相手の親から2人の生活に口を挟まれそうでうっとうしい。

・なにかをしてもらったら、

 いちいちお礼を言うのが面倒くさい。

・結婚してしまったらうかつに離婚できないので、

 逃げ道がなくなってしまう。

 

そんな思いをするぐらいなら、

「結婚なんてしねえ」というわけです。

 

 

3・先に結婚した男友達が悲惨すぎて見ていられない。

 

ちなみに僕はこの理由で結婚したくありませんでした。

 

先に結婚した男友達が語る、

生活の息苦しさ。

 

奥さんの束縛。

 

家事の強要。

 

これらの話を友人から聞いていると、

結婚する前の僕は独身であることの快適さを

感じられずにはいられませんでした。

 

中には、あまりにも奥さんが恐妻すぎて、

「休みの日が憂鬱です・・・。」という名言を

残した人間もいましたね。

 

行列のできる法律相談所の「恐妻家・緊急サミット」を見て、

「ぜってえ結婚したくねえ。」と思った男性は、

きっと僕だけではないはずです。

 

 

4・子供ができたらさらに自由がなくなる。

 

当然のことと言えば当然なのですが、

子供が産まれてある程度の年齢になるまでは、

夫婦の移動範囲がかなり狭まります。

 

今まで気軽に行けていた居酒屋、カラオケボックスなど、

小さい子供を連れていくには向かない場所が

かなり増えてしまうわけです。

 

しかも、子供が産まれたことにより、

子育ても協力しなければいけないので

自分の時間はさらになくなる。

 

とはいえ、

「子供は欲しいけど結婚はイヤだ」と考える男性は、

最近では多いみたいですね。

 

 

5・同じ女性を一生愛し続ける自信がない。

 

僕が結婚したくなかった第二の理由です。

 

街で仲むつまじそうに手をつなぐ老夫婦を見て、

「あ~あんな歳のとり方をしたいなあ。」と思う反面、

「いや待てよ。俺が結婚したとして、

自分の嫁がばあさんになっても愛していけるのか?」

という1人問答を20代の僕はよくしていました。

 

しかも、ちょっと可愛い女の子を見ると

すぐ目で追うことが無意識になるぐらい

完全に習慣化してしまった僕は、付き合った女性にかならず

「アンタ!どこ見てんのよ!」と言われていいました。

 

「だって・・・目移りするんやもん・・・。」とは言えず、

「俺、こんなんで将来だれかと結婚できんのか?」という

ちょっとした不安感に襲われながら、

元カノたちに平謝りしていたことは言うまでもありません。

 

 

6・仕事が楽しすぎる。

 

30過ぎて、

仕事でそれなりの地位を築けている男性に多いですね。

 

仕事が趣味になってしまっているので、

まだまだ突っ走っていたいというわけです。

 

男性からすれば、

「結婚=落ち着く」というイメージもあるので、

自分のギラギラした部分を結婚することによって

奪われたくないと考えてしまうんですよね。

 

「仕事でいけるところまでいって、

結婚はそのあとでいいや!」と考える男性がほとんどなので、

気が付けばそのままハイスペック遊び人になってしまう

男性も珍しくはありません。

 

☆参照記事☆

好きになったら危ない!ハイスペックな遊び人。

 

 

 

7・養っていける自信がない。

 

所得のあるなしに関わらず、

将来の不安を感じて結婚に踏み切れない男性が

最近では本当に増えてきました。

 

たとえ、結婚するには十分な所得があったとしても、

「もしかすると、数年後には今の生活ができないかもしれない。」とか

「もっと給料が上がらないと、結婚するには不安だ。」と考えて、

石橋を叩いて叩きまくって渡る男性。

 

「終身雇用はあてにならない」と言われている時代だから、

そう考える男性が増えるのも、

現代では仕方がないことかもしれませんね。

 

 

8・自分の親が毒親すぎる。

 

相手の男性が結婚したいしたくないにかぎらず、

自分の親がとてもじゃないけど

人様に紹介できるような親ではない場合もあります。

 

自分の両親を紹介することによって、

確実に破談になることが安易に想像できるので、

それならば独身でいようというわけです。

 

「結婚はしたいけど、親が死んでからかなあ。」

と考える男性も多いので、

そのときには結婚適齢期を過ぎてしまって

「こんなことになるなら、

あのとき無理矢理でも結婚しておけば良かった。」

と後悔する男性もすくなくありません。

 

 

9・休日に家族サービスをしているお父さんが辛そう。

 

週末にイオンや家電量販店に行くと、

家族連れの人たちを多く見かけますよね。

 

わいわいと家族水入らずで過ごしている人たちが多いかというと、

決してそんなことはありません。

 

 

その理由は、

ほとんどのお父さんが疲れて見えるから。

 

覇気がない目。

 

「なんでもいいから早くして」と言わんばかりの態度。

 

だるそうに子供をあやす姿。

 

そんなお父さん達を見て、世の独身男性は「結婚したい」と

口が裂けても言えないのではないでしょうか。

 

 

10・交際相手の側面に恐れおののいた。

 

これはよくあります。

 

交際相手である女性の怒りや嫉妬心を買ってしまい、

本来であれば見ることのなかった彼女の裏側を知ってしまった。

 

このとき、

反省という2文字を胸に刻む男性はほとんどいませんね。

 

なぜなら、こう考えてしまうから。

 

 

「コイツと結婚したら、

 もっとどえらいことになるんだろうな・・・。」

 

 

そう、うかつに結婚してしまうと時が経つにつれ、

彼女の怒りの感情はもっと増幅され、

嫉妬心はがんじがらめの束縛となるだろうということが、

安易に想像できてしまうのです。

 

その想像の先にあるのは、

恐怖の2文字しかありません。

 

結婚が「恐怖の墓場」にランクアップしてしまっては、

そんな棺桶に絶対足をつっこむのはイヤだと思われても、

しょうがないということです。

 


 

以上が、男が結婚したくないと思う10の理由になります。

 

なぜ、ここまで結婚に対してネガティブなイメージが

付いてしまっているのかというと、

その理由はどこまでいっても「楽しくなさそうだから」です。

 

もちろん、

結婚しないと分からない楽しさはあります。

 




 

しかし、

それはしみじみと噛みしめるような幸福感がほとんどなので、

意識しなければ実感できない幸せということになりますね。

 

当たり前にある幸せは人を麻痺させてしまうのです。

 

本当は幸せなはずなのに、

その幸せが当たり前すぎて気が付かない既婚者の男性は、

沢山いることでしょう。

 

そういった男性は結婚したことに対して

どんどんマイナスイメージを持っていくので、

それが結果的に「結婚=墓場」という認識を世間に

広めることになってしまう。

 

結婚願望がない男性に結婚をポジティブに考えてもらうためには、

「楽しくなさそうなイメージ」を取っ払わないといけません。

 

そんなわけで次回は、

男性にどうやって結婚をポジティブにとらえてもらうかについて、

お話しさせていただきましょうか。

 

お楽しみに。

 

 

☆続きはコチラ☆

結婚願望がない男性が結婚を決意する瞬間。その2

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【考えるのは】結婚に向いてるかはどうでもいい。【そこじゃない】

【おおきな】尽くしているつもりのNG行為3選。【お世話】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ