c0207189_184478

スマートホンが世に出てから、

便利な世の中がさらに便利になりましたね。

 

今やLTEを使った高速通信は当たり前になり、

どこでも気軽にインターネットを楽しめるようになりました。

 

一昔前ならメールというコミュニケーションツールが主流だったのに対し、

チャット形式でやり取りが楽しめるLINEが登場してからは、

便利さのあまりメールをほとんど使わなくなってしまったという人も

多いことでしょう。

 

 

ですが、便利すぎてもはや手に余るツールとなってしまったこのLINE。

 

 

その理由として、

やはり既読機能とスタンプの存在があまりにも大きすぎます。

 

これら2つの存在のせいで、

LINEに振り回されすぎている女性がいらっしゃいます。

 

LINEはその気軽さゆえに、

ついついリレーをしてしまうもの。

 

ですが、いくら便利であっても

コミュニケーションは正しく取らないと意味がありません。

 

 

今回の記事では、

恋愛において男性が嫌がるLINEの例9選を

お話ししようと思います。

 

 

1・返事していないのに追撃LINE

 

長文になるのがイヤだから

2~3通に分けてLINEを送る人はいますが、

この場合は別に問題ありません。

 

問題なのは、彼から連絡が来ないからと

数時間後に次のメッセージを送ることです。

 

これをされてしまうと、

いくら話題を変えた内容を送ろうとも、

もらった相手が思うことはこれです。

 

 

「あ、そういえば1通目返してなかったな。

 2通目もなんか違う話題だし・・・。

 

 めんどくせ、あとで返そ。」

 

 

そう思って忘れられるというパターンです。

 

しかも追撃LINEが日常化してしまうと、

返さなきゃいけないプレッシャーから既読がつくことを恐れ、

いずれは放置するようになってしまう。

 

連絡の強要はされていないけれど、

遠まわしに連絡を強要されているように思ってしまうのです。

 

返事を返せなかった言い訳も、

「寝てた」「風邪ひいてた」「忙しかった」

になって当然と言えるでしょう。

 

 

もし、どうしても追撃LINEを

しなければいけない用件があるのであれば、

「連投ごめん!実は聞きたいことがあってさ、

○○の件ってどうすればいいだろう?」

といった感じで冒頭に軽く謝罪を入れ、

彼に投げっぱなしで教えを乞わないような

質問文を送ることを心がけてください。

 

 

2・「既読スルー」のスタンプ

 

「文章で送ったらなんかウザい感じがするし、

既読スルーのスタンプ使おう。」

と思ってスタンプを使っても結局は一緒です。

 

男性からすれば

「既読スルーしていること」を分かっているんだから、

それを追撃してどうすんだって話です。

 

 

3・送る時間が非常識

 

世の中の男性全員がマナーモードにしているわけではありません。

 

寝ているときに、

「ピローン♪」って鳴ったら超うるさい。

 

しかもLINEの通知音は、

メッセージが届いたことをすぐ分かるように

周波数を聞こえやすい音域にしているのかと思うぐらい、

よく聞こえます。

 

相手の都合を考えない一方的なコミュニケーションは

嫌われる原因になりますのでご注意を。

 

 

4・スタンプのリレー

 

会話が途切れたことから始まるスタンプリレー。

 

なんと不毛なやり取りなんでしょうか。

 

これね、

本当にうっとうしいんですよ。

 

「彼が送ってきてくれるから大丈夫!」

ではないのです。

 

大人の男性は思っていても

「ウザイ」とは言わないですよ。

 

スタンプを返してくれているうちが花だと思い、

早々に方向転換しちゃいましょう。

 

リレーすれば親しくなるという考え方は、

壮大な勘違いです。

 

 

5・長い

 

そして怖い。

 

LINEを開いたときに見える膨大な文章量が、

見る者にとってなにかよからぬことを想像させてしまいます。

 

「えっ

 なになに、めっちゃ長いやん。

 なんかあった?

 ってなんもないんかーい。」

 

恋愛において相手にギャップを感じさせることは

大切だとは言いますが、こういうギャップはいらないです。

 

LINEはメールのように

長文を打つツールには向かないという認識でいる男性が多いため、

あまりに長い文章だと見る前から構えてしまうんですよね。

 

相手の男性と仲良くなりたい場合、一度に送るLINEは、

大体3行以内にまとめることが好ましいでしょう。

 

 

6・質問ばっかり。

 

相手のことを知ろうとする心構えは大事です。

 

とはいえ、やたら質問ばかりされると

「質問攻め」に遭っている気分になり、

あまり気持ちのいいものではありません。

 

それに質問をすれば返事がくると思っている女性は多いですが、

答えるのも面倒な質問ばかり送られてきても答える方は疲れちゃうんです。

 

相手のことに正しく興味を持ち、

正しく質問をしましょう。

 

質問力がある女性は、

自然とリレーが増えますよ。

 

☆参照記事☆

【だって】釣った魚にエサをやらない男の心理をさらに掘り下げてみた。【つまんないから】

 

 

7・相談ばっかり。

 

恋愛において、

相談を持ちかけると秘密の共有ができて親密になれるという法則は、

鉄板のセオリーではあります。

 

しかし、だからと言って相談ばかりしていると、

「コイツは自分で解決しようという気がないのか」

と男性に思われてしまいますね。

 

それに、あまり親しくない女性から相談ばかりされていると、

場合によっては疎ましく感じてしまい、

「俺じゃなくてほかの奴に聞けよ」とも思ってしまいます。

 

 

ちなみに、自分で調べたら分かるようなことを

わざわざ聞いてくる女性も疎ましがられますね。

 

たとえばググったら分かることとかです。

 

男性は頼られるのが好きな生き物ではありますが、

ものには限度があるということですよ。

 

 

8・ボキャブラリーがすくない

 

これは嫌がられるというよりは、

「なんかコイツとLINEしていてもつまんないな。」

と思われるということですね。

 

僕の偏見ではありますが、

LINEやメールで楽しくやり取りできる女性は、

話していても面白い女性が多い気がします。

 

逆に、

LINEやメールでやり取りしていて

なんかつまらないなと感じる女性は、

話していても面白くないです。

 

前者は人によりますが、

後者はかならずといっていいほど、

本当に面白くないんですよ。

 




 

この理由はなんなんだろう?と考えた結果、

ボキャブラリーのすくなさや表現力の乏しさが、

会話の幅を狭めているのだなと思いました。

 

ボキャブラリーがすくないから気の利いた言葉も言えないし、

表現力が乏しいから自分や他人の体験談を面白く伝えることができない。

 

たとえば、

男性からの「今なにしてんの?」という連絡に対し、

「別になにもしてないよ。」と答えるのは普通だけど、

「ポテチ食べながらテレビを見てるんだけど、

よく考えたら拭くものがないことに気がついて

手がベトベトになりながら途方に暮れてる。」なんて返ってきたら、

「いやいや知らんがな!手洗ったらええがな!

じゃあ今どうやって返事してるねん!」

とは思いつつも、コイツおもしれえなと思うわけです。

 

 

9・がっつきすぎ

 

きた返事はすべて即レス。

 

「どう?私は貴方への返信は超早いわよ!」

と言わんばかりに即レス。

 

こういった女性の行動に対して男性が思うのは、

「この子、暇なのか。」です。

 

女性の即レスが続くと、

男性はいずれ急かされているようにも感じてしまいます。

 

「さあ、私の早さについてきて!」みたいな。

 

別にわざと返事を遅らせるようなテクニックに走る必要はないけれど、

無理をせず返せるときに返せばいいんですよ。

 

その結果が即レスになってしまうのであれば、

うーん・・・。

 

アナタは暇なんでしょうね。

 

暇つぶしできるものを探してください。

 


 

以上が、男性に嫌がられる女性のLINE9パターンですが、

アナタのコミュニケーションは一方通行になっていないか

今一度よくお考えください。

 

とくに「8」の「ボキャブラリーがすくない」を改善することで、

彼の返信率は大幅に上がるといっても過言ではないので。

 

訓練方法としては、

「今話そうとしているこの話題をどうやって面白く話すか」を

考える習慣はつけておきましょう。

 

「ただ喋りたい」ではダメなんですよ。

 

相手の興味を惹き食いつきをうながすことも、

大切なコミュニケーションの一環です。

 

 

☆12月12日・藤本シゲユキ初のコラボセミナー開催!☆

【今話題の新鋭恋愛コンサルタント2人が織り成す、すべての女性に送る恋愛法則「ラブズカフェ」開催決定!】

悲恋改善アドバイザー藤本シゲユキと、Happy恋愛コンサルタント牛山佐知による恋愛講座です♪

もう駆け引きなんて必要ない!
たった120分であなたは自然体のままで、キラキラ輝くHappyな恋愛ができます!

~ラブズカフェ~

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【不愉快?】LINEとメールを使った王道駆け引き。【非常識?】

「駆け引きを使う上で覚えておかなければいけない2つのこと。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ