3779395

☆前回までの記事はコチラ☆

 【ゴメンねが】素直になれない女性が彼と仲直りをするには?心構え編【言えない】

【ゴメンねが】素直になれない女性が彼と仲直りをするには?3つの謝罪編【言えない】

 

前々回の記事では仲直りについての心構えを、

前回の記事では素直になれない女性が

彼と仲直りをする3つの方法について

お話しさせていただきました。

 

今回で仲直りに関する記事は最終回となりますが、

やっぱりケンカはしないに越したことはありません。

 

「ケンカするほど仲がいい」なんてのは真っ赤な嘘であり、

例外はあるけれどただのコミュニケーション不足で

そうなるんだろうという話です。

 

同じ原因で彼とケンカをしないためにも、

より良い関係性を築いていくためにも、

ケンカをしないための日常の心構えを

今回の記事ではお話しさせていただきます。

 

 

話したいことを感情まかせに言うと言い争いになりやすい。

 

これは当然のことと言えるでしょう。

 

普段言えないことを感情まかせに言ってしまうと、

高確率でケンカに発展しやすいです。

 

「今まで我慢してたけど」とか

「ずっと思ってたことだけど」とか

「この際だから言うけど」といった切り口で

彼に対しずっと言いたかったことを言う女性がいますが、

男の意見からすると「じゃあそのとき言えや」というのが本心です。

 




 

女性が不満に思うことを

溜め込むだけ溜め込んで爆発させると

良い結果にならないことが多い。

 

「ああ、そんなふうに思ってたんだね。」

と素直に受け止める男性は非常にすくなく、

責められたり否定されたりしているように感じてしまい

「なんやねんもう。めんどくさいわー。」となるんですよね。

 

男性にとって「責める」「否定する」というのは地雷行為になりまして、

そこを無視して言いたいことを言ってしまうとろくな結果になりません。

 

「こんなに私が不満を感じているのに、

 なにも思わないわけ!?」

 

なんて思っていても、ほとんどの男性が

「じゃあそのとき言えや。知らんがな。」

と思い、爆発した女性の雰囲気に耐え切れなくなり、

いかにこの場を回避できるかに頭を働かせるようになります。

 

ということは、残念ながら女性の不満は

正しく男性に届いていないということになるんですよね。

 

「はいはい分かった分かった。」

と最初は適当にあしらっていた男性でも、責め続けていたら

「そんなこと言ったってお前だって○○だろう!」

と反撃してきます。

 

そうなると第なん次か分からないお二人大戦に突入してしまうので、

お互いが言いたいことを言い合う修羅場に発展してしまうというわけです。

 

 

ケンカのときに言いたいことを言うと取り返しつかなくなる。

 

ケンカというのはある意味

「どちらが正しいか」という主張のし合いでもあるので、

ヒートアップしていくごとにいかに自分が上に立つかという

勝者争いに発展しがちです。

 

そうなるとケンカの内容が勝ち負けに主旨が変わってしまうので、

「相手をぶち負かすにはなにを言えばいいか」と考え、

「言ってはいけないこと」を言うようになるんですよね。

 

この行為はいわば「相手の地雷を踏みまくる」というものになり、

地雷を踏まれた相手は防衛本能が働いてしまい、

「自分を傷つける相手とは一緒にいたくない」という思いが

芽生えてしまうわけです。

 

その結果、

「もうお前とやっていくのは無理だ」と別れを宣告された

女性もいらっしゃることでしょう。

 

このとき男性は自分を守りたいという感情のほかに、

相手の女性に対し「恐怖」も感じている場合も。

 

女性の怒った顔というのは男性には本当に不人気でして、

確実に「女性の嫌いな顔ワースト3」に入ります。

 

責められるわ、言われたくないことを言われるわ、

顔は怖いわで、男性が思わず別れを口走りたくなるのも

しょうがないことではないでしょうか。

 

では感情まかせに言いたいことを言わないためには

どうすればいいのか?

 

それがこちらです。

 

 

言いたいことを言う前に一旦飲み込む。

 

これはもう各所で言われているようなことですが、

言わずもがな「言う前にちょっと冷静になりましょう」ということです。

 

瞬間湯沸かし器のようにカーッとなったら

そのとき思ったことを口に出してしまうその前に、

ちょっと待てよと。

 

僕の中のキムタクもそう言っています。

 

冷静になる方法としてはその場が無理なら、

一旦外にでてもかまいません。

 

言いたいことを言ってすっきりするのが目的ではないでしょ?

 

相手にこっちの不満を分かってもらうのが目的でしょ?

 

という話です。

 

ならば責め口調にならないように、

相手の地雷を踏まないように、

冷静にならなければいけない。

 

僕は思うのですが、

感情まかせに言いたいことを言う女性だけでなく、

思ったことをすぐ口に出す女性に共通しているのが、

「これを言ったら相手がどんな気持ちになるか」

「これを言ったら相手にどう思われるか」

という想像力が壊滅的に欠如しているように感じます。

 

「自分がこれを言われたらどう思うか?」

と自分の身に置き換えて考えることも大切です。

 

こういうことを書くと、

「考えながら話すと会話のテンポが遅くなりそう」

という女性がいますが、いいんですよ。

 

余計な一言を言ってしまうことに比べればね。

 

想像力も先見性もないがために、

取り返しのつかない事態に発展することは多々あるのです。

 

ちょっと考えれば分かることなのに、

想像力を働かせず言いたいことを言う。

 

これでは覚えたての卑猥な単語を

道端で連呼する小学生の男の子とそう大差はありませんよ。

 

 

彼に不満を伝えるときは悲しみを伝える。

 

このブログの読者の方であれば、

女性の怒りの感情は思っている以上に

男性に伝わっていないことはご存じのはず。

 

彼に伝えたい不満があるのであれば、

冷静に落ち着いて言いましょう。

 

 

「○○されると本当に悲しい。」

 

「○○されると本当に傷つく。」

 

「○○されると本当につらい。」

 

こういった感じで、

理由とセットにして悲しみを伝えてください。

 

こちらの出方次第でちゃんと伝わることは多いのです。

 

そして不満を言う場所はできれば

「静かなお店」がいいでしょう。

 

2人のどちらかの家やガヤガヤした場所だと、

つい感情的になり声を荒げてしまいがちです。

 

そうならないよう、

あえて最初から静かなお店をチョイス。

 

「言いたいことを言う」という自爆行為を

抑制するためには場所も重要となるわけです。

 

 

話し合いは普段からしておく。

 

冒頭でもお話ししたとおり、

ケンカはお互いのコミュニケーション不足が

原因となる場合がほとんど。

 

「言わなくても分かってくれるだろう」

という考えは抹消してください。

 

言葉に出さずコミュニケーションを取ろうだなんて、

おこがましいにもほどがある。

 

それを理解せずケンカして

「なんで分かってくれないの!?」と言われても、

「分かるかボケ!」となってしまうのです。

 




 

じゃあそうならないためにはどうすればいいかと言うと、

普段からちゃんと話し合う習慣をつけておくこと。

 

これが大切です。

 

ケンカをしないカップルや夫婦ほど

普段からコミュニケーションをしっかり取っています。

 

だから衝突することもすくないし、

意見が食い違うこともあまりないんですよ。

 

「言いにくいことを言う」のも練習です。

 

ということは練習しないといつまで経っても

上達しないということになります。

 

「今言わなくても今度でいいか」が

ケンカの起爆剤になることはよくあるので、

言いにくいことでもお互いが平常心でいるときに

言うように心がけていきましょう。

 

 

それでもケンカをしてしまったら?

 

仲直りの方法については前回の記事で

お話しさせていただきましたので、

そちらをご覧いただければ幸いです。

 

ケンカをしたら謝ることはもちろん大切。

 

謝ることも大事なんだけど、

本当にその間つらかったとことを

素直に彼に伝えることも大切です。

 

「もうケンカしたくないね。

 だって、貴方の怒ってる顔は見たくないし、

 貴方と話せないのはすごくさみしいもん。」

 

なんて言われた日には、

「コイツとケンカしたら悲しませちゃうな。」と思って、

彼自身もケンカを回避するように配慮してくれるはず。

 

ケンカをすることがわるいのではなく

できるだけ再発を防止するために、

「日頃からコミュニケーションをしっかり取り」

「言いたいことをそのまま言わず」

「ケンカをするとつらいという気持ちを伝えておく」

という3つのことを心がけましょう。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「知らなきゃ不幸になる?幸せになれない女性の12の行動。」

【どんどん】自分で可愛いと思っている女性に告ぐ。【そう思え】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ