syumi

好きな男性を落としたいのであれば、彼の言う

「行ってみ?」「食ってみ?」「やってみ?」「見てみ?」は、

できるかぎり実行した方がいいと

以前こちらの記事でお話しさせていただきました。

 

☆参照記事☆

駆け引きなんて必要ない!意中の彼をゲットするためのもっとも簡単な方法。

 

 

そしてめでたく交際にいたったものの。

 

「やたらと彼が自分の趣味を押し付けてくる」と

お困りの女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

たとえばこんな感じで。

 

・自分の好きなアーティストを聞けと強要してくる。

・聞きたくもないのに、音源をファイルで送ってくる。

・聞いたかどうかの確認がしつこい。

・自分の好きな漫画を読めと強要してくる。

・「あのシーンが~」と言って語りだして止まらない。

・我慢して読んでいると「○○ってキャラ登場した?」と聞いてきて、

 「まだそこまでいってない、今は××なとこ」と返すと「まだそこか~」と見下す。

・自分の好きな映画のDVDや本を貸してとも言ってないのに、

 「今度持ってくるわ!」と言って本当に持ってくる。

・そしてやっぱり、見たか読んだかとやたら確認してくる。

 

ほかにもまだまだありますが、

こんな感じで自分の趣味を押し付けてくる男性っていますよね。

 

たしかに「自分の好きなものを共感してほしい」という気持ちは

誰にでもありますし、僕も自分の趣味趣向は人に共感してもらいたい。

 

だけどあまりにも相手から自分の趣味をすすめてこられると

押し付けのように感じてしまい、

相手の趣味自体が嫌いになることも多いですよね。

 

はい、僕はそれで嫌いになったものが3つあります。

 

ミスチルとNARUTOとB系ファッションです。

 

もう本当に大嫌いです。

 




 

ミスチルは元々そんなに好きではなかったんですよ。

 

たしか23歳の頃でしたが、

当時の僕はB’zが大好きでコピーバンドを組むぐらいハマっていたんです。

 

まったく信ぴょう性はないのですが、

「B’zが好きな人はミスチルを嫌い、ミスチルを好きな人はB’zを嫌う」

という法則がありまして、僕も例に漏れずミスチルを嫌っていました。

 

ただ、めちゃくちゃ嫌いというわけでもなく、

「別に好きな音楽ではない」というぐらいの認識でして、

自らすすんで聞くことはなかったんですよね。

 

で、僕がそのとき付き合うことになった女性が大のミスチルファンでして。

 

「まあ趣味の違いはあるけどいいだろう。」

ぐらいの気持ちで付き合ったのですが、

やたらと「いかにミスチルが優れているか」をアピールしてくるんですよね。

 

そりゃまあ売れまくっているからすごいのは分かるし、

曲も良いのは分かるけれどもその上であんまり好きじゃないと言ってんのに、

「バンドマンなんだったらミスチルの良さを分かっていなきゃヤバイ」とか

「あの曲のあの歌詞のような気持ちで私を見てほしい」とか

「どこまでいっても知らんがな」ということばかり言ってくるんです。

 

そんなことが毎度毎度続くもんだから、ミスチルが大嫌いになりました。

 

 

NARUTOもそうです。

 

たしか僕が26歳のときに付き合っていた女性ですが、

彼女の家に初めて遊びに行ったとき、NARUTOが全巻置いてあったんですよ。

 

ちゃんと読んだことなかったから読んでみようと思って読んだのですが、

あんまり面白さが分からなかったんですよね。

 

そこで、「これ、おもろいか?」と彼女に聞いてみたら、

ものすごい勢いでNARUTOの魅力を語られまして。

 

「俺、あんまり暑苦しい主人公、好きちゃうねん。」

と言っても、「そこが良い」とかカカシ先生がかっこいいとか

やっぱり「知らんがな」ということを語られるわけですよ。

 

「絆だってばよ!」とかいくら言われても、

お前とサスケ、そんなに仲良くなかったやんという話で。

 

そして、次は僕の家に遊びに来たとき、

出たばかりの「ナルティメットヒーロー」というゲームを彼女が持ってきて、

一緒にやろうとせっつくもんだから、

「俺、格ゲー苦手やで?」と言いつつも一緒にゲームしてあげたんです。

 

そしたら一回も勝てないぐらいにボコボコにされまして。

 

僕はこれでナルトが大嫌いになりました。

 

 

そういえば去年のことですが、友人男性に子供ができまして、

男の子が産まれるということで「どんな名前にしよっかな~」と言いながら、

キラキラネームばかりを紙に書いて考えるので、

「それはやめとけ」と言ってたんですよ。

 

その候補の中に「我愛羅(ガアラ)」とあったのを見て、

「本気でやめとけ」と注意したのは言うまでもありません。

 

 

B系ファッションもそうです。

 

僕が二十歳のときに付き合っていた女性にやたらと

B系ファッションを着てほしいと言われてたのですが、

「ごめんやけど趣味ちゃうねん。」と断っていたんですよね。

 

そしたら僕の誕生日にもろB系のトレーナーをプレゼントされまして。

 

もうどこまでいっても「いらんがな。」じゃないですか。

 

次のデートのときに、

そのトレーナーを着ずに待ち合わせ場所に行ったら

「なんであげた服着てくれへんの!?ありえへん!」と

すっごい勢いで怒られたんですよね。

 

それも周りの人が振り向くぐらいのでかい声で。

 

恥ずかしいやら腹が立つやらで、

僕はこれでB系ファッションが大嫌いになりました。

 

 

僕のように相手からの過剰な趣味の押し付けで、

嫌いになったものがある女性もいらっしゃることでしょう。

 

「別に趣味じゃない」とか「興味ない」程度のことだったのが、

押し付けられることによって大嫌いになってしまう。

 

こっちだって、

できれば好きな相手の趣味は否定したくない。

 

そんな女性の悲痛な思いを解決すべく、

なんとか相手の趣味の押し付けを

止めさせる方法はないかと考えたところ、

2つの方法にたどり着きました。

 

それではまず1つ目がこちら。

 

 

はっきり言う。

 

これにかぎります。

 

言わなきゃ男は分かりません。

 

「はっきり言って嫌われたらどうしよう・・・。」と

考えてしまい、言わないまま交際を続けていても

彼の趣味の押し付けはとどまることを知りません。

 

ただ、はっきり言うといっても

「もう押し付けるのやめて」と言ってしまうのではなく、

こんな感じ言ってみてはいかがでしょうか?

 

「貴方が自分の趣味を共感してほしいのは分かる。

 私も自分の趣味を共感されたら嬉しい。

 

 でも気を悪くしないでほしいんだけど、本当に興味ないんだ。

 むしろ、すすめられ過ぎると嫌いになってしまいそう。

 

 私ね、過去に女友達から○○をすすめられ過ぎたせいで、

 ○○を大嫌いになったんだ。

 

 私だって貴方の趣味を否定したくないし、嫌いになりたくない。

 

 嫌いになったらその趣味に没頭している貴方のことまで

 嫌いになりそうで怖いんだよ。

 

 だからこれ以上すすめないでほしい。」

 

といった感じです。

 

ここまで言ってもまだ押し付けてくるようであれば、

そのときはもっと突き放して言ってみてください。

 

「だから興味ないって言ってんじゃん。」と。

 

 

アナタも趣味を押し付けてみる。

 

絶対に彼がハマらなさそうなアナタの趣味を、

彼に押し付けてみましょう。

 

そしてその趣味について力説しましょう。

 

そこで彼が面倒くさそうにしたら、

「私がやってること、いつも貴方がやってることと同じだよ?」

と言ってみてください。

 

これで自分がやっている迷惑行為に気づかない男性はアホですよ。

 


 

この2つが、

自分の趣味をやたらと押し付けてくる男性への対処法になりますが、

押し付けでなければできるだけ彼の趣味には寛容的な目で見てあげてください。

 

共感できる部分があれば共感し、

もしできなければ否定せずに認めてあげる。

 

これだけでも嬉しいものですから。

 




 

ちなみに、

やたらと自分の趣味について語りたがる男性は

押し付けているわけではなく、

知識をひけらかす相手がほしいだけだったりします。

 

経験豊富な女性が

「男っていうのはさ~」と恋愛下手な女性に言うのと同じで、

知識や経験があることに対しての優越感に浸りたいというです。

 

もしお付き合いしたい男性が知識をひけらかすような会話をしてきたら、

面倒くさいのは分かるけれど、興味深そうに嬉しそうに聞いてあげてください。

 

そして

「そんなことまで知ってる貴方ってすごい!」

といった感じでほめてあげましょう。

 

それだけでアナタの好感度は上がりますから。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【アンタの直感】運命の相手と付き合うために必要な2つのこと。【あてになんの?】

「駆け引きを使う上で覚えておかなければいけない2つのこと。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ