images

なぜなのかは分からないのですが、

いまだにたまに思い出してしまうある女性がいます。

 

もう本当にしょうもないエピソードを今から書くので恐縮なのですが、

その女性と出会ったのは僕が20代のとき、とある飲み会で1回かぎりです。

 

もう名前すら思い出せません。

 

たまたまその子の隣に座っていた僕は、

「お、キレイな子だしちょっとお近づきになろう。」と

下心満載で話していたんですよね。

 




 

以下が僕たちの会話です。

 

 

名無しちゃん

「私な、2年半彼氏おらんねん。」

 

「そうなんや。でもおりそうな感じやのにな。」

 

名無しちゃん

「出会いがなくてさー。

気付いたら男の人と2人きりで2年以上遊んでないねん。」

 

「じゃあ今度飲みに行く?」

 

名無しちゃん

「え?いいの?」

 

「いや、俺が逆にええの?やけど。」

 

名無しちゃん

「行きたい行きたい!

じゃあカラオケも行きたい!」

 

「ええよ。カラオケも行こうか。欲しがりさんやな。」

 

名無しちゃん

「だって~。シゲくん、ちなみにカラオケなに歌うの?

ミスチルとか?」

 

 

僕はこの瞬間に確信しました。

 

この子、絶対おもろないって。

 

飲みに行って最初にカシオレ頼むやつと同じぐらい、おもろないって。

 

なぜそう思ったのかは、僕がミスチルが嫌いだからではありません。

 

☆参照記事☆

【迷惑だから】自分の趣味を押し付けてくる彼への対処法。【マジやめて?】

 

 

世の中にはごまんとアーティストがいるのに、さも

「男の人はみんなミスチル歌うんでしょ?」とばかりに、

当たり前かのように聞いてくることが、

この子の価値観の狭さを物語っているようでおもろないと判断したわけです。

 

そういえば僕のクライアントさんもこの間、

同じことを言ってましたね。

 

 

「この間ね、出会い系で知り合った人とご飯に行ったんですよ!

そこでね、『昨日のアメトーク見た?』って言われたから、見てないって言ったんです。

 

そしたらなんて言われたと思います?

 

『アメトークぐらい見とかないとダメでしょ。』って言われたんですよ!

私、この瞬間、『あ、この人つまらない人だ。』って思いました!

 

世の中の人全員がアメトークを面白いと思って見ているっていう前提で、

当たり前かのように話されてもねえ。

 

内容によっては別にそれほど面白いわけじゃないし。

 

どれだけ価値観せまいんだよって思っちゃいます。」

 

 

そうなんですよね。

 

自分の価値観は人の価値観ではないし、

「自分は好きだから貴方も好きでしょ?」って

決めつけている時点でアウトなんですよ。

 

 

そして、

彼女のミスチル発言に違和感を覚えてしまった僕は

ある質問を投げかけてみました。

 

僕の予想が正しいはずなら、きっと想像どおりの答えが返ってくるだろうと。

 

 

「そういえばさ、休みの日ってなにしてんの?」

 

名無しちゃん

「たまに友達と遊ぶけどそれ以外はとくになんもしてない。暇やねん。」

 

 

やっぱりな。

 

想像通りや。

 

彼女のこの台詞で途端に興味を失った僕は、

そのあと社交辞令で連絡先を交換したものの、

それ以降連絡をすることはありませんでした。

 

僕の経験上、いつも暇を持てあましている女性で

価値観や感性が豊かな人をあまり見たことがありません。

 

というか、ほとんどいないんじゃないかなと思っています。

 

そういえば僕の男友達が話の流れでこんなことを言ってましたが、

賛同せずにはにいられない台詞でした。

 

その台詞がこちら。

 

 

「いっつも暇でさー、常に男のことばっかり考えてる女になんの魅力があるよ?

絶対にそんな女おもしろくないでしょ。俺だったら願い下げだね。」

 

 

残念ながらそのとおりなんですよ。

 

気が付けば彼のことばかり考えて

不安感が常につきまとっている女性は、

かならずと言っていいほど、暇です。

 

逆に、彼にあまり執着せずに、

不安を感じてもうまくコントロールできる女性は、

それほど暇じゃありません。

 

だってやるべきことがあるから。

 

ないから相手のことばかりを考えてしまって、

不安な気持ちが拭えないんでしょ?というわけです。

 

僕はこのブログでもカウンセリングでも、

「とにかく暇つぶしができるものを見つけてください」

と言っていますが、自分で時間をつぶす方法を探すことって

本当に大切なんですよ。

 

人間の脳は考えたくないことほど考えてしまうようにできているので、

これを解消するには「なにかほかに考えなければいけないこと」を

作ることでしか解消できないのです。

 

暇で考えることがほかにないから、

相手のことばかり考えてしまうということですね。

 

前述したクライアントさんはかなり自立心を持っている女性なのですが、

時間の使い方も本当に上手です。

 

そんな彼女は、1ヶ月家から出なくても平気だと言ってました。

 

 

「食料さえあれば、私1ヶ月家にいても平気です!

だってなにかしらすることあるじゃないですか。

本読んだり、映画見たり、勉強したり。

いつも暇って言ってる女の人いますけど、意味が分かりません。

そんな時間あるなら、私にちょうだいって思います。」

 

 

たしかに僕もそう思う。

 

僕も食料さえあれば、別に家から出なくても平気な方ですが、

最近ではまたギターにハマりだしたこともあり、

ほかにやりたいこともあるので、時間がいくらあっても足りなくなってきました。

 

キラキラ輝いている女性ってね、

毎日が楽しそうでプライベートがとにかく充実してるんですよ。

 

外に出て色んな人に会って、色んな場所に行って、ということだけが、

プライベートを充実させる方法ではありません。

 

このクライアントさんや僕のように、

なにか没頭できる趣味や時間のつぶし方があるだけでも、

毎日がキラキラと輝くんです。

 

その証拠に僕たち2人は、

「毎日家にいるだけでも楽しいですよねー。」なんて話をしていました。

 

だから趣味を持つことって大切なんですよ。

 

 

とはいえ、趣味がひとつもない女性からすれば、

いきなり没頭できるような趣味を作れと言われても

なにをどうすればいいのか分からないでしょう。

 

「自分を幸せにできない女性は相手を幸せにはできない件について。」

でも書きましたが、そのためには自分に興味があることだけではなく、

今までやったことがないことで、苦手だなと思うもの、

敬遠していたものにあえて手をつけることは重要です。

 

ブログにコメントを残してくださった女性に教えていただいたのですが、

女優の北川景子さんは、今でこそ料理が大得意になり趣味になっているものの、

料理ができなかったときは大の苦手だったそうなんですよ。

 

それが、ドラマの役作りのために料理教室に通うようになり、

そこで料理のおもしろさに目覚めたそうです。

 

本当にね、こういうことってよくあるんですよ。

 

なにが一生ものの趣味になるか、

手をつけてみるまで分からないということです。

 

だからこそ、食わず嫌いをなくし、

いろいろなことにチャレンジしてください。

 

合わないなと思ったら、

すぐ次にいけばいいから。

 

ここで、「そんなすぐに投げ出すなんてこらえ性がない」と考えるのはナンセンス。

 

人間、誰だって向き不向きがあります。

 

 

「でも、たくさんいろんなことにチャレンジしてるのに、

どうしても彼のことばかり考えてしまって楽しめない。どうしたらいいの?」

 

 

こういったご質問は、カウンセリングでもよく寄せられますね。

 

これね、なぜ楽しめないかと言うと、

楽しもうという姿勢が最初からできていないんですよ。

 

たとえば、飲み会に参加して

「昨日の飲み会、行かなきゃよかった。

すごくつまんなかったよ。」なんて言う人がいますが、

楽しもうという姿勢をつくらずに参加し、

楽しむことを人任せにしているからつまらなくなるのです。

 

言うなれば、

「昨日の人たち、私を楽しませてくれなかった。」と

言っているようなものですね。

 




 

なので、趣味を持たないといけないと思ってなにかを始めてみたものの、

楽しめないという女性は、前述したように向いてないか、

楽しもうというスタンスができていないかのどちらかです。

 

「これを始めたら、彼のことを考えずに済むかな?」ではなく、

「始めるからには元とって楽しんでやろう。」と考えてください。

 

そこでハマることができれば儲けものです。

 

ひとつの趣味から枝分かれをしてどんどん興味関心が派生していくんですよ。

 

たとえば僕で言うと、現在「弾いてみた」をYOUTUBEにアップしているので、

ご存じの方も多いでしょうが、

「この曲をアップした!じゃあ次はなにを弾こうかな~。

あの曲もいいなー。でもあの曲も弾きたいなー。」となるのが趣味の派生です。

 

この段階までくれば、趣味というよりも

「自分のやりたいこと」になるので、

自分の日常にやりたいことが「楽しみ」となって増えるので、

生活にも潤いが出てきます。

 

なので彼のことばかりを考えてしまうという女性は、

いろいろなことにチャレンジしたり挑戦したりしてみてください。

 

感性も価値観も豊かになるうえ、

キラキラ輝いているアナタの方が彼も気に入ってくれますよ。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【我慢してしまう】尽くしすぎてしまう自己犠牲な女性たち。【言いなりになってしまう】

【愛情を求めるなら】愛を求めるならちゃんと与えろよ論。【返さなあかんねんで?】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ