95a5b546

☆前回までの記事はコチラ☆

指名がとれないキャバ嬢ちゃんたちへ。こうすりゃもっとお客が増えるよ。その1

指名がとれないキャバ嬢ちゃんたちへ。こうすりゃもっとお客が増えるよ。その2

指名がとれないキャバ嬢ちゃんたちへ。こうすりゃもっとお客が増えるよ。その3

指名がとれないキャバ嬢ちゃんたちへ。こうすりゃもっとお客が増えるよ。その4

 

 

今回の指名がとれないキャバ嬢ちゃんシリーズはズバリ、

「男性客への営業のかけ方」について。

 

キャバ嬢さんにかぎらず、クラブホステスさんも

仕事をしていく上で一番知りたいことではないでしょうか。

 

もちろん、

つかんだお客さんをどうやって長期的に引っ張るかといったような

お悩みを一番に抱えている女の子もいるでしょうが、

このシリーズは新人キャバ嬢さん、売れていないキャバ嬢さんに向けての記事です。

 

まあ長期的にお客さんを引っ張るのも、

どこまでいってもコミュニケーションと信頼関係なんですけどね。

 




 

では早速ですが、営業のかけ方についてお話しさせていただきましょう。

 

これは2つしかないんですよね。

 

「向こうから勝手に来るのを待つ」か

「こちらから営業をかける」かです。

 

ちなみに僕は現役ホスト時代もホストクラブ経営者になってからも、

前者の方法をとっていました。

 

僕から「お店に来てくれ」と女性客に言ったことは

ほとんどありませんね。

 

「俺と直接話したかったり、俺に会いたかったら勝手に来るやろ。」と

思っていました。

 

もちろん、普段からコミュニケーションをきっちり取っていたし、

休みの日だからといって連絡をしないということはなかったです。

 

とはいえこの営業方法は誰にでもできるものではなく、

僕のように連絡をマメにできる人か、

連絡不精でもよほど魅力的な人でないかぎり、

あまり向いていない方法と言えるでしょう。

 

この営業方法を巧みに使いこなしていたキャバ嬢が

過去にいたのですが、彼女はすごかったです。

 

彼女はアオイという女の子がだったのですが、

当たり前のように仕事時間外に電話してくるんですよ。

 

こんな感じで。

 

 

アオイ

「なにしてんのー?」

 

「家いてるわ。どしたん?」

 

アオイ

「あるっちゃあるけどなんもないで!」

 

「なんやねんそれ(笑)

 昼間やしお店来て連絡ではなさそうやな。」

 

アオイ

「ちゃうちゃう!

 実はな、シゲくんの声が聞きたかった・・・

 とか言うてみたり!

 あんな、今ファミマにいるんやけどさ、

 お昼ご飯に○○買おうか迷ってんねん。

 これ食べたことある?」

 

「めっちゃどうでもええ質問やがな。

 残念ながら食うたことはない。」

 

アオイ

「ええーーー。食べといてよー。

 美味しいか分からんやん。

 私、お昼ご飯はずしたらめっちゃへこむねん。」

 

 

「どうでもええし、知らんがな。」と思ってしまいましたが、

3日に1回ほどこんな感じで電話がかかってくるので、

「あれ?コイツもしかして俺に気がある?」って錯覚しちゃうんですよ。

 

しかもこの子が徹底しているのは、ちゃんとそのご飯を買って

食べてる途中のご飯を写メに撮りメールに添付して、

「これ、めっちゃ美味しい!シゲくんも食べた方がいい!」

とわざわざ送ってくるところです。

 

お店に来てと言われたこともないし、

連絡を電話こみで頻繁にしてくる。

 

勘違いフラグはビンビンでございます。

 

そういえばアオイの電話でドキッとしたことがありまして、

電話を切る前にこんなことを言われたことがあるんですよ。

 

 

アオイ

「なんかな、声聞くと会いたくなっちゃうな(笑)」

 

 

惚れてまうやろ。

 

そうなるともっと相手の気持ちを確かめたくなり、

会いたくなっちゃうんですよね。

 

当時僕は大阪の風俗無料案内所で働いていたのですが、

彼女のいるキャバクラにいつ行こうか考えていたら、

案内所の店長からこんな助言をされました。

 

 

「シゲちゃんが指名したキャバ嬢おるやろ?アオイやっけ?

 アイツやめといた方がええで。

 シゲちゃんにしてるような連絡をいろんな客にやってるらしいわ。

 そのせいで勘違いした男が店に殺到してんねんて。

 俺もさっき系列の従業員から聞いたとこなんやけど、

 『あの子の営業は勘違いするからハンパない』って言うとったわ。」

 

 

まじか。

 

それはえげつないな。

 

たしかにああやって連絡されたら、確実に勘違いしてまう。

 

もうお見事としか言いようがありませんでしたね。

 

「なんやねん俺はただの客かい!」とは思いましたが、

大勢の男性客に連絡を取りまくっているアオイの仕事熱心さに

脱帽したことは言うまでもありません。

 

 

このキャバ嬢の子のように熱心に連絡をすることは難しいかもしれないけれど、

仕事時間外の要件のない電話連絡に勘違いする男性は多いです。

 

とはいえ、相手が仕事中だと迷惑に思うこともあるので、

あらかじめ男性客の仕事をしている時間帯は把握しておいた方がいいでしょう。

 

もちろん、

連絡先を交換していきなり電話をかけても余計に警戒されるだけなので、

ある程度のコミュニケーションが取れてからの方がいいですよ。

 

 

そしてもう1つが、

「こちらから営業をかける方法」。

 

これが一番スタンダードですね。

 

ただ、スタンダードがゆえに、

営業のかけ方が下手なキャバ嬢さんは多いです。

 

たとえばこんな感じで。

 

 

キャバ嬢

「ねえねえ、今日仕事って何時に終わるの?」

 

男性客

「8時ぐらいかな。」

 

キャバ嬢

「そのあとは予定ある?」

 

男性客

「え、なんで?」

 

キャバ嬢

「もしなにも予定ないならお店に来てくれないかなと思って・・・。」

 

 

下手くそか。

 

このやり取りのなにがいけないかと言うと、

「今日仕事って何時に終わるの?」と聞いている時点で、

「もしかして営業連絡か?」と警戒されてしまうんですよ。

 

結果的に「お店に来て」と言わないといけないんだから、

この場合はもっと直球でいいでしょう。

 

営業パターン別にお話しさせていただきますね。

 

 

パターン1

「あのね、すごく頼みにくいことなんだけど、

 今日の夜、お店に来てくれたらすごく嬉しいな。

 実はね、店長からさっき連絡がきて、

 今月まだ私がお客さん呼んでないって怒られちゃってさ・・・。

 本当は私も頼むのイヤだったんだけど、

 ○○さんにしかこんなこと言えなくて。」

 

同情心を引き、「自分だけ」という特別感があるので、

比較的つかいやすい営業パターンではあるでしょう。

 

男性には頼られたらそれに応えないといけないという性質があるので、

困っているふうを装い、

「俺が助けてやる」という心理を引き出すわけです。

 

 

パターン2

「聞いて聞いて!今日新しいドレス買ったんだ~。

 超可愛いの!

 どうしても○○さんに見てほしいなあ~。お店に来てって言ったらダメ?」

 

これはよくつかわれる営業パターンですね。

 

だけど、これを言われた男性からすれば、

「なんだよ。結局店に来いってことかよ。」となってしまうので、

もしつかうのであれば「その男性客に見てほしくてドレスを買った」

という体にしておいた方が無難です。

 

仕事のできるキャバ嬢さんは、

ドレス選びのときから「どっちのドレスがいい?」と男性客の意見をあおぎ、

男性客が選んだドレスを買って、

「貴方が選んでくれたドレスを今日着ています」アピールをしますね。

 

ポイントととしては選んでもらうときに、

あらかじめ自分が買いたいドレスを選んでおき、

もう1つのドレスは選ばれないようなものをチョイスしておく方がいいでしょう。

 

 

パターン3

「どうしよう。今日すっごく体調わるくてさ。

 お店休もうかと思ったんだけど、女の子足りないみたいで無理だったの。

 本当に申し訳ないんだけど、お店に来て助けてもらえたら嬉しいな。

 体調わるいのもあって、あんまりほかの男の人と話したくないんだ。」

 

パターン1の変形版です。

 

このパターンも同情心を引き、特別感をあおっています。

 

しかも「ほかの男性と話したくない」という言葉によって、

「俺はいいのか!」と勝手に期待してくれますね。

 

 

パターン4

「さっき変なお客さんにつかまってしまって情けないけれど、

 今日は仕事ができるテンションじゃない。

 今からお店に来てって言ったら怒る?○○さんに会って癒されたい。」

 

これは男性客への特別感をあおりつつ、

「貴方には素の私を見せてますよ」というアピールもできます。

 

ここで「仕事なんだし頑張れよ」と思う男性は意外にすくなく、

「俺を頼ってきてくれてるんだ。助けてあげたいな。」と

考える男性の方が多いですね。

 




 

ほかにもいろいろなパターンはありますが、

ポイントとしては男性客に「特別感」を感じてもらうこと。

 

男性に「俺だけなんだ。じゃあ俺がなんとかしなきゃな。」

と思ってもらうことが大切です。

 

場合によっては限定性もあった方がいいでしょう。

 

「今日だけお願い」とかですね。

 

 

「でもほとんど色恋営業みたいになってんじゃん!

 ただの客にそんなこと言いたくない!」

 

 

だからアンタは売れねえんだよ。

 

色営できないキャバ嬢とホストなんて水商売やめちまえ!

 

って話になるわけでして。

 

キャバクラもホストクラブも基本は擬似恋愛の場所。

 

いかにお客さんを自分に惚れさせるかが勝負になるわけです。

 

「彼氏がいるから色営なんてしたくない」とか

「ただのおっさんに色目つかえない」とか

お店とお客さんからしたら全部「知らんがな」という話になりまして、

それはどこまでいっても働く女の子の都合になります。

 

しかも色恋営業をしないということは、

その分リピートも返ってきにくくなるということになるんですよね。

 

もしアナタがキャバ嬢として頑張りたいのであれば、

たとえそれが次の仕事が見つかるまでのつなぎであったとしても、

営業方法の幅を狭めない方がいいですよ。

 

ちなみに枕営業は最終手段な上に、

一度身体を重ねてしまうと男性客は満足して離れていく傾向にあるので、

あまりおすすめできる営業方法ではありません。

 

 

そしてここからが重要なのですが、

営業をかけて男性客から断られても素っ気なくしないこと。

 

服屋にはいってすごく明るく接客をしてくれていた従業員が、

いざ買わないことが分かると素っ気なくなるあの感じ、イヤでしょ?

 

これをやられると「やっぱ俺は客なんだな」と再認識させてしまうことになります。

 

断られたら、

「分かった、お願いしてごめんね!仕事終わったら連絡する!」

といった感じで締めくくっておくか、

断れたあともしばらくはその日のやり取りを続けていく方が好ましいです。

 


 

以上が男性客への営業のかけ方ですが、

くどいようだけども、ちゃんと信頼関係は築いておきましょう。

 

信頼関係さえできていれば「今から店来てよ!来ないと知らん!」といった

営業パターンでも男性によっては許してもらえるかもしれないし、

「お店ひまー来てー。」といった適当な感じでも許してもらえるかもしれない。

 

指名がとれないキャバ嬢ちゃんシリーズは今回で終わりますが、

キャバ嬢として頑張りたい女の子がこのシリーズを

すこしでも参考にしていただければ、嬉しいことこの上ありません。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「他人にイヤな部分があるのは自分にもそのイヤな部分があるから論を考えてみた。」

【精神論に】藤本流モチベーションを上げるための5つの方法。【振り回されるんじゃねえ。】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ