o0518029913117122790

この間、カウンセリングのときに

あるクライアントさんがこんなことを言ってました。

 

 

「うちの旦那ね、元々はすごく真面目で、

『この人は絶対に浮気とかしなさそうだな』と思ってたから、

あの人が不倫してるのが分かったとき、本当にショックだったんですよね。

 

旦那が不倫していたのは私が妊娠してたときのことなんですけど、

浮気って10:0でどちらかが一方的に悪いってないと思うんですよ。

 

だから、そのときの自分の旦那に対する態度を振り返ると、

『ああ、私、妊娠してるとき、旦那のことを大切にしてなかったな。』

と思って、すごく反省しました。」

 

 

世間的には、奥さんの妊娠中に浮気する男性を非難する傾向にありますよね。

 

僕も、

「自分が生でやって相手が妊娠したんだから、

浮気するのは人としておかしいだろ。」と思っていますが、

このクライアントさんのように

「状況がどうあれ浮気されるのには自分にも原因がある」と考える女性は

意外にすくないんですよ。

 




 

何度かブログで書いていますが、

浮気というものは彼女が言うように、

どちらかが一方的に悪いわけではありません。

 

男性は相手に対しなにかしら不満があるから、浮気に走るわけです。

 

もちろん、川崎希さんの夫、アレクサンダーのように

天性の女好きな男性は別ですが、

性欲最優先で行動するのはせいぜい20代半ばまででしょう。

 

☆参照記事☆

【どうせアンタ】女性が勘違いしている男の性欲について教えてやんよ。【身体目当てなんでしょ?】

 

 

上記の記事でもお話しさせていただきましたが、

男性は自分のことを理解してくれない女性に対し、

かならず不満を抱きます。

 

「お前は俺のことを全然わかってない」とよく彼に言われる女性は、

本当にわかっていないからそう言われるんですよ。

 

草食系肉食系の男性問わず、

男は承認欲求がつよい生き物です。

 

その欲求をパートナーである女性が満たしていないと、

別の女性によそ見をすることになるわけですね。

 

職業柄よく思うのですが、

相手のことが好きだと言いながら、

本質を見抜いていない女性が世の中には本当に多いです。

 

僕はよくクライアントさんに、

「なんでそんなに彼のことが分かるんですか!?」と驚かれることがよくありますが、

これは僕が凄腕だからというわけではなく、

残念ながらその女性が客観的に相手の男性をちゃんと見ていないだけなんですよ。

 

恋愛では自分が当事者になるとなかなか冷静でいられない部分はありますが、

だからこそ相手に対する執着心はできるだけ減らさないといけないわけです。

 

執着心にかられ不安感が増幅すると、

「なんでもっと○○してくれないんだろう・・・。」とか

「私のことをどう思ってるんだろう・・・。」とか、

相手に要求することや自分に対する気持ちばかりを考えていることが多く、

言うなればこれは、自分の感情しか考えていないことになります。

 

自分のことしか考えていないといっても過言ではなく、

相手のことが見ていないというわけです。

 

それでは男心が分からなくて当然。

 

男心が分からないから、恋愛に悩んでいる女友達に対しても

アドバイスが的外れになってしまうんですよ。

 

☆参考記事☆

鵜呑みにすると超危険!女友達に恋愛相談をしない方が良い訳。

 

 

男性から大切にされる女性は、

まず相手の立場になって考えます。

 

「彼にもっと○○してもらうためにはどうすればいいか。

私が彼の立場なら、どうしたら○○したくなるだろう。」と

考えるんですよ。

 

未来の予測を上手に使っている良い例ですね。

 

☆参照記事☆

【未来の予測って】彼が自分のことをどう思っているかなんてどうでもいいよ論。【こうやって使うんだぜ?】

 

 

僕にもたくさん経験がありますが、過去の元カノたちのほとんどに、

「シゲちゃんがなにを考えてるか分からない。」と言われてきました。

 

しかし一部の元カノには、

「シゲちゃんってほんまに分かりやすいよね。」と言われてきました。

 

前者は、何年一緒にいても僕の本質が理解できなかったですし、

後者は、一ヶ月足らずで僕の本質を見抜いていましたね。

 

僕のことを理解できない元カノに対し、

「コイツは俺のなにが好きなんだろう」と疑問に思うことがたまにあったぐらいです。

 

僕のことを理解してくれた元カノたちは、

とにかく人の話はちゃんと聞くし、

相手の細かい部分までよく観察していた女性ばかりでした。

 

よくそんなこと覚えてるなあとか、

よくそんなところ見てたなあと感心するほどだったんですよ。

 

彼女たちのなかの1人が言っていましたが、

その台詞がすごく印象に残っています。

 

 

「自分に興味をもってもらいたかったら、

まず相手に興味をもつのは当たり前でしょ。

自分のことを知ろうとしてくれない相手に、

自分のことを話そうなんて思わないじゃん。」

 

 

まさしくそのとおり。

 

もう会えないけど5000フジモトあげる。

 

 

相手のことを考えず要求ばかりをとおそうとし、

理解もせずに不満ばかり言っていては、

ほかの女性に目移りするのも当然です。

 

「彼の浮気をやめさせるにはどうすればいいか?」という

ご相談をいただくことも多いのですが

これはどこまでいっても浮気されない女性になるしか道はありません。

 

この場合も、「なぜ浮気されたのか?」という根本的な原因を考えて

それを改善することでしか、浮気の再発は防げないんですよ。

 

浮気された理由も考えずに、

いくら「浮気しないで!」と声高々に叫ぶのは、

「私は変わらないけど、貴方は浮気をやめて!」

と言っているようなものです。

 

男性の浮気がバレた場合、

疑心暗鬼になって彼のことが一切信用できなくなり、

束縛をつよめる女性はかなりの数で存在しますが、

縛れば縛るほど、余計に外に癒しを求めるのが男性という生き物。

 

女性が言う、

「浮気する方が悪いんだから、縛っても文句言えないよね?」という台詞はただのエゴであり、

男からすると、

「お前がもっといい女で俺のことをもっと分かってくれれば、浮気なんてしねえよ。

済んだことをいつまでもごちゃごちゃ言うんじゃねえ。」というのが本音です。

 

それぐらい、相手を理解するという行為は大切なんですよ。

 

たとえば結婚していることで「妻」というポジションにあぐらをかき、

旦那さんのことを分かろうともせずに粗末に扱っていると、

確実に外に癒しを求めます。

 

それが不倫になったり、飲み屋や風俗店の女性に入れあげるという結果になるわけです。

 

 

中には、パートナーに不満はないのに浮気や不倫を繰り返す男性もいますが、

この場合は「不満がないことが不満」なんですよ。

 

言うなれば、「おもしろくない」ということです。

 

ケンカもしないし一緒にいて楽だけど、なんだか物足りない。

 

こういった場合、男性がほかの女性を求めるのは

単純に性欲を満たしたいだけだと女性は思いがちですが、

パートナーが男性に対して無関心である場合が多いんですよね。

 

ということは、やはりパートナーである女性がこの男性のことを

理解しようとしていないわけです。

 

だって無関心ですからね。

 

交際相手との付き合いが長いから、

とりあえず一緒にいる、という事例はよくあります。

 

それ以外の理由としては、

女性が尽くしすぎたことによる慣れです。

 

相手が本当にしてほしいことをしないまま尽くしていると、

男性はどんどんダメになるか環境に慣れて飽きてしまいます。

 

相手がしてほしいことをしていない時点で、

相手のことを分かっていないということになりますね。

 

 

「男」という生き物である以上、行動に移すか移さないかだけで、

浮気心というものはなにかのきっかけでかならず芽生えてしまいます。

 

しかしこのときに、

「でもあれだけ俺のことを分かってくれる女ってアイツしかいないんだよな。」

と彼に思わせることができていれば、浮気の抑制効果としては十分すぎるんですよ。

 

これから浮気をするかもしれない女性と、

自分の彼女や奥さんとかならず比べますからね。

 

そんな事態になったときのために、

「浮気したら別れるからね」と定期的に釘を刺しておけば、

もし浮気をしてバレた場合、自分のことをちゃんと分かってくれる女性が

いなくなるかもしれないリスクも同時に考えるようになるというわけです。

 




 

自分の感情ばかりに意識を向けずに、

ちゃんと彼に意識を向けてあげてください。

 

「嫌われたらどうしよう」

「こんなこと言って○○って思われたらどうしよう」なんていくら考えても、

それは自分の感情を考えているだけで相手のことを考えていません。

 

どうか、現在彼のことで不安に思うことが多いのであれば、

関係性が円満なうちに方向転換してください。

 

彼は、

「コイツがもっと俺のことを理解してくれてたらもっとイイ女になるのになあ。」

なんて考えているかもしれない。

 

そう思われているうちが花です。

 

そんな彼の気持ちにあぐらをかいていると、

ほかに彼のことを理解しようとする女性が出現したら、

あっさりとそっちに乗り換えられる可能性は十分にあるわけです。

 

彼のことをちゃんと理解する、

その役割を担うことができるのはアナタだけだと思ったら大間違いですよ。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【不安】彼のことばかり考えてしまうのはアナタが暇だからだよ論。【執着】

「アナタの恋が上手くいくために必要なもの。「未来の予測」ってなに?」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ