bba2

僕のクライアントさんで一番多い年齢層は、35歳~45歳です。

 

俗に言うアラフォー世代ですね。

 

その次に多いのが20代で、次いでが10代と50代でしょうか。

 

アラフォー世代のクライアントさんで結構多いお悩みが、

自分の年齢についてです。

 

そのお悩みの内容は以下のような感じですね。

 

 

・好きな男性が年下だから、相手にされないのではと不安だ。

・もしくは交際相手が年下で結婚してもらえるか不安だ。

・結婚適齢期を過ぎているうえ相手もいないので、結婚できるか不安だ。

・今まで恋愛経験があまりないから、ちゃんと恋愛できるか不安だ。

 

 

やはり女性にとって自分の年齢というものは、

いかに切実なものかがよく分かりますね。

 

まず、大前提で理解していただきたいことがありまして、

世間やネット言われているような、

「40過ぎた女性をもらう男性はいない」といった

心ない情報に振り回されないでください。

 

僕から言わせると、

「ただ結婚したかったから」という理由で

あまり好きでもない男性と結婚して子供ができ、

「旦那と離婚したいけど子供がいるからできない」

という女性は幸せではないと思いますし、

40過ぎても結婚できる女性はできます。

 

いいですか?

 

結婚すれば幸せになれるわけではないんですよ?

 

「この人となら生涯を共にしても大丈夫だ」と思える相手と結婚して、

自分たちの望む幸せをつくっていかないと幸せになんてなれないのです。

 

「結婚したいから」という理由だけで結婚すると、

高確率で「思ってたのと違う」となります。

 

あと、付き合っているときに彼が頼りなかったり向き合ったりしてくれなかった場合、

「結婚すればこの人は変わってくれるだろう」と思っている女性がいますが、

 

変わらねえよ。

 

そんな幻想は結婚してしばらくすれば、一瞬で崩れさるから。

 

「あわてる乞食はもらいが少ない」ということわざがあるように、

焦りや不安で結婚を急ぐと、結婚はできても幸せでなかったりとか、

夫婦関係がわるくなり離婚して、結果的にバツがつくことになるわけです。

 

しかも婚姻期間中に、本来なら出会うはずだった素敵な男性や、

運命の相手との縁をみすみす無駄にしている可能性もあるんですよ。

 

だから焦るな。

 




 

そうは言っても、やっぱり自分の年齢は気にしてしまうのが女性という生き物。

 

しかもお相手の男性が、恋人でもまだ付き合っていなくても、

年下であれば考えなくてもいいことまで考えてしまうことでしょう。

 

だけどもだ・け・ど。

 

自分の年齢ばかりを気にするということは、

自分のことしか考えずに相手のことをちゃんと見ていない証拠。

 

しかも、いくら自分の年齢を考えたところで、

それはあらがえない事実になるわけですし、

それならば加齢を味方につけて若い女性にはない

アラフォー女性の魅力を身につけなければいけないわけです。

 

☆参照記事☆

【ババアなんて】目指せ脱おばさん!加齢を味方につけろ!【呼ばせない】

 

 

上記の記事では、おばさんに見られないためにも

「恥じらい」や「女らしさ」を忘れずに、

大和撫子を目指しましょうとお話しさせていただきましたが、

それは若い女性でも身についている人はいるので、

アラフォー女性が戦うための武器をあと2つ付け加えましょうか。

 

ではなにが武器になるかと言うと、

それは「包容力」と「母性」。

 

包容力があることで、

男性は安心して心をゆだねることができます。

 

そして母性は世の男性のほとんどが

求めているものといっても過言ではないので、

かならず必要になりますね。

 

よく言われる、

「男は自分の母親のような女性を好きになる」というのも、

こういった部分が大いに関係しています。

 

この包容力と母性を最大限に活かすことで、

年下の男性は同世代の女性にない魅力を

アラフォーの女性に発見することができ、

「完全なる癒し場所」としてその女性を認識するわけです。

 

よく海外の話題で、

高齢のおばあさんが若い男性と結婚したっていうニュースがあるじゃないですか。

 

こういったニュースを見て、

「どうせ遺産目当てだろう」とか「どれだけ熟女好きなんだよ」とか

考える人は多いでしょうが、こういった場合、

このおばあさんが相手を完全に受け入れる包容力と大きな母性をもって男性と接したことで、

「こんなに俺のことを分かってくれる人はこの人しかいねえな。」と思ったからこそ、結婚したんですよ。

 

もちろん、遺産目当てだったり熟女好きだったりしただけかもしれないけれど、

自分の母親並の、もしくはそれ以上の愛情を持って接することができれば、

若い男性と結婚したおばあさんのような偉業は不可能ではないわけです。

 

僕のクライアントさんのなかには、

年下の男性から猛アプローチを受けているにもかかわらず、

自分の年齢を気にして交際に踏み切れない女性もいるのですが、

僕はこういったご相談を受けるたびにこう思います。

 

モテてるんだし別にいいじゃん。

 

 

「でも、もし付き合って結婚できなかったらどうしよう。

そうなったら時間も無駄にするし、年齢的にもあれだし、

それなら最初から結婚できそうな相手の方が・・・。」

 

 

それが冒頭でお伝えした、

ただ結婚したいだけで結婚したらダメだということになるんですよ。

 

しかも、自分と同年代だから、年上だからといって、

その男性と結婚できるわけではありません。

 

相手が結婚相手にふさわしくないと判断したら、

その時点でアウトなわけです。

 

言うなれば、結婚したい女性と思ってもらわないといけないんですよ。

 

そこに相手の年齢は関係ありません。

 

男性は女性とちがって、

おっさんになっても若い女性からモテていると

それをステータスに感じてしまう人が多いですし、

そんな僕は今年41なのにいまだに若い子からモテます。

 

その度に、

「俺もまだまだ捨てたもんじゃねえな」と思うのですが、

こういう考え方でいいんですよ。

 

モテてることに変わりないんだから、

素直に受け止めればいい。

 

こういうことを書くと、

「藤本さんはイケメンだからモテるんですよ。」と

言ってくださる方がいらっしゃいますが、ちがうちがう。

 

そうじゃ、そうじゃない。

 

鈴木雅之さんもそう言ってます。

 

合コンで開始当初はルックスだけで一番人気だった女性が、

終わる頃には並のルックスの女性にその座を奪われるのはなぜか?

 

イケメンなのに実はあまりモテず、場合によっては童貞の男性がいるのはなぜか?

 

その答えは「モテオーラ」なんですよ。

 

「自信」と「余裕」を身につけたことにより、接する相手から

「この人、絶対にモテるんだろうなあ」と思わせることができる圧倒的雰囲気、

それこそがモテオーラです。

 

雰囲気美人、雰囲気イケメンが、

ルックスだけが良い人よりモテるのは

このオーラをまとっているからなんですよ。

 

実際に僕が起業せずに雇われていた4年前、

ホストクラブ経営時代はなんだったんだというぐらいモテませんでした。

 

おそらく雇われていたこと、そしてやりたくない仕事だったということもあり、

下っ端根性が無意識のうちに根付いていたということでしょう。

 

友人たちからも

「オーラなくなったな。」なんて言われる始末でした。

 

今になってそのときの写真を見ると、目に力がなくどこか疲れていて、

「ああ、こりゃモテなくて当然だわ。」と思ってしまいましたね。

 

なので、このモテオーラさえあれば、

ルックス関係なく異性からモテるというわけです。

 




 

とはいえ、どうしても自分の年齢が気になってしょうがないのであれば、

日頃のスキンケアに手を抜かなければいいでしょう。

 

自分の年齢を気にしてる暇があるんだったら、

その時間をケアにまわそうぜというわけです。

 

男性から見て、まず女性の加齢で気になる部分は以下の5つです。

 

 

・首筋

・手

・ほうれい線

・お尻

・わき

 

 

まず、首筋、手、ほうれい線、お尻は年中目に入るパーツなので、

日頃からしっかりとケアをした方がいいでしょう。

 

ほうれい線はベロ回し体操をすることで薄くなっていきます。

 

しかも小顔効果もあるという特典つき。

 

最初は舌がつりそうになって辛いけど、

習慣化さえすれば暇なとき無意識にやるようになりますね。

 

 

あとはシワ取りと小顔効果のための鉄板アイテム「リファカラット」。

 

顔面に溜まった老廃物をコロコロとローラーで押し流してくれるコイツです。

↓↓↓

 

僕も使っていたことがありますが、

かなり効果が高いと各方面で絶賛されているだけあって

使い続けているとたしかに顔まわりがすっきりしましたね。

 

そしてリファはどちらかと言うと、

ほうれい線に効くというよりかリフトアップ効果の方が大きいような気がしました。

 

肌にもハリが出るらしいですが、

この部分はあまりよく分からなかったです。

 

さらにコイツが優れているのは、

顔だけじゃなく全身に使えるところ。

 

僕は顔以外に使ったことないけど、

足のむくみ取りやヒップアップにも効果があるらしいですね。

 

しかし、下記のサイトで言われているように、

やり過ぎると意外な落とし穴があるようですので、

使用される方はご注意を。

 

身体にいいからって食べ過ぎたりやり過ぎたりしたら

逆に身体に毒になるのと同じで、

なんでもほどほどが一番ということです。

 

☆参照記事はコチラ☆

 顔を小さくするはずだったのに老けた!?|美容itemの落とし穴

 

 

そして、毛細血管がいっぱい詰まってるとこ、わき。

 

わきはこれからの季節、

チューブトップの服などを着るのであれば、

かならず気を付けた方がいいですね。

 

とくに後ろから見たときです。

 

意外に見ていない女性が多いですが、

わきやお尻はかならず後ろから鏡でチェックしてください。

 

皮膚は年齢とともに垂れ下がるので、

わきやお尻は筋トレをして垂れ下がらないようにすることも必要です。

 

☆参考動画☆

【女性専門】二の腕、脇の下、背中を同時に引き締めるやり方

スロートレーニングでヒップアップ&美脚!【スクワットベーシック】

 

 

あと、わきに肉がついてしまうという女性は、

ブラのサイズが合っていない可能性もあるので

一度自分の胸のサイズを見直した方がいいでしょう。

 


 

以上が、アラフォー女性に必要とされるもの、

しなければいけないことになりますが、

自分の年齢を受け入れてそのうえで年齢に見合った磨き方をするのも、

素敵な女性であり続けるために大切なことです。

 

ある程度しんどいことしないと、

美は衰えていくばかりということですよ。

 

人は誰でも老いてゆくもの。

 

じゃあその老いすらも楽しんで人生謳歌しましょうや。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「なりたい自分を考えて、自分のお師匠さんを見つけちゃおうぜ論。」

【精神論に】藤本流モチベーションを上げるための5つの方法。【振り回されるんじゃねえ。】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ