0002

本命になれる女性となれない女性の決定的な違い。

 

カウンセリングをしていると、たまにこんなことを聞かれます。

 

 

「本命になれる人となれない人の大きな違いってなんですか?」

 

 

そのたびに僕は即答で

「相手に執着しているかしていないかです。」と答えるのですが、

何度もこのブログで言っているとおり、

相手うんぬんではなく自分次第でいくらでも恋愛成就への道は開けるんですよね。

 

相手に執着していない女性は、

放っておいても恋愛がうまくいくことが多いですし、

相手に執着している女性は、

僕がいくら適切なアドバイスをしても、自爆したり不安に押しつぶされたりしてうまくいきません。

 

なので、「恋愛成就率90なん%」なんてうたっている同業者さんの広告を見るたびに、

「そんな数字いくわけねえだろ。盛ってんじゃねえよ。」と思ってしまいます。

 

愛情なのか、執着なのか?彼のことを本当に愛していますか? でも書きましたが、

相手に執着している状態では自分のことも相手のことも正しく見ることができません。

 

それだけでなく、相手に執着している女性はかならずと言っていいほど、

嫌われることをおそれるあまり、意中の男性に自然体で接することができなくなっています。

 

 

嫌われたくないから媚びる

好かれようと媚びる

言いたいことが言えない

聞きたいことが聞けない

理不尽な要求を断れない

怒るところで我慢してしまう

 

 

これでは男性に大事にされなくて当然でしょう。

 




 

まず、媚びてくる女性に対し、

男性はその先になんの見返りを求められるのかを考えます。

 

その見返りは

「付き合ってほしい」とか「もっと愛情がほしい」というものになりますが、

そういった見返りを与えるに値する価値がないと分かると、

今度は距離を置こうとするんですよ。

 

いくら媚びられても、相手の望むものが与えられないかぎり、

居心地がわるくてしょうがないですからね。

 

そして、なにも言ってこない、聞いてこない女性に対し、

男性は不気味に思います。

 

「コイツ、なんなの?なに考えてるか分かんねえから怖いんだけど。」と

思ってしまうというわけです。

 

最後に、自分の言うことをなんでも聞いてくれて

怒らずに受け入れる女性のことを、男性は雑に扱います。

 

「コイツはなにをしても俺から離れることはないだろう。」と

思われてしまい、どんどん調子に乗らせるということです。

 

 

こうやってどんどん都合のいい女の道をみずから辿っていき、

「どうせ私はセフレだし・・・。」と悲しみに打ちひしがれる女性。

 

あのですね。

 

一言いわせてもらっていいですか?

 

 

被害者ヅラしてんじゃねえよ。

素の自分をだせずに自分から都合よくなっていったのを相手のせいにすんな。

 

 

泣きたいのなら、

自らすすんで都合がいい女の道をたどってしまった

自分の心の弱さをなんとかしてからだ。

 

 

相手との関係性が望むようなものでないのはすべて自分の責任だ。

 

とまあ、いきなり厳しいことを言いましたが、

現在、彼にとってのアナタのポジションが思うようなものでなかった場合、

それは自分の責任だと思った方がいいでしょう。

 

セフレになるのがイヤなんだったら、

自分から突き放すこともできたわけです。

 

セフレになってしまったけれど彼の本命になりたいのであれば、

それは自分で決めて進んだ道ということになります。

 

それなのに

「どうせ私はセフレだし・・・。」なんて言われても、彼からすると

「誘ったのは俺かもしれないけれど、イヤなんだったらやめればいいじゃん。

俺がなに言っても突っぱねればすむ話だろ。」と思ってしまうわけです。

 

とは言っても、現在お付き合いはしていないけれど、

彼のことが好きすぎておかしくなるという女性は多いことでしょう。

 

だからまずは執着をできるだけ減らさなければ、

いつまで経っても心はしんどいままです。

 

 

執着を減らすために一番手っ取り早いのがさみしさの分散。

 

セフレから本命になるために最初になにをしなければいけないかと言うと、

相手に対する執着をすこしでも減らすことです。

 

そうしないと、本当に相手のことが好きなのかどうかも

自分で分かっていない場合があるんですよ。

 

カウンセリングをしているとよくあることなんですが、

「この人は相手の男性にかなり執着をしているな」と感じたら、

さみしさの分散 をまずおすすめしています。

 

そしてクライアントさんがさみしさの分散をした結果、

「新しく出会った人のことが好きになって、前好きだった人がどうでもよくなりました。

ていうか執着していただけで、元々それほど好きじゃなかったかもしれないです。」

ということが結構あるんですよね。

 

一点集中で相手を追いかけているとどんどん自分も相手も見失い、

執着にかられやすい状況を生んでしまいやすくなるわけです。

 

 

今の感情が執着かどうかを理解するために分かっておかねばいけないこと。

 

そもそもですが、執着心がどうやって生まれるかと言うと、

たとえばテレビで、今人気の家電製品が特集されていたとしましょう。

 

番組を見て、「あ、ちょっと欲しいかも」と思ってしまう。

 

これがまず執着の始まりです。

 

そして家電量販店に買いに行き、店員さんから

「すいません、現在その商品は売り切れていまして、

入荷予定がまだ分からないんですよ~。」と言われさらに欲しくなる。

 

恋愛に置き換えると「いつ相手と付き合えるか分からない」のがこの状況ですね。

 

しかも、店頭にはディスプレイとしてその商品が飾ってあるのでそれを見て、

余計に欲しくなってしまう、これが「手に入らないことによる執着」です。

 

よく、ショップジャパンとかジャパネットを見ていて、

「あー、これ欲しいかも。」という商品がありますよね。

 

しかも「人気」とうたわれていると、

たちまち価値があるものと感じてしまう。

 

でも冷静に「自分にとって本当に必要かどうか」を考えると、

それほど必要ではないし、そこまで欲しいわけじゃないということがよくあるはずです。

 

僕もショップジャパンで「油のいらないフライパン」を見たとき、

「うおー!これ超ほしい!」と思って思わず欲しい衝動に駆られたのですが、

「あれ?でもこれ本当に欲しいか?」と自問自答をしたときに

それほど欲しくはないということが分かって買うのをやめました。

 

ほかにも、Amazonでバットマンとバットポッドのフィギュアを見たときに、

「うおー!超かっけー!」と思ってその場でポチってしまったのですが、

届いたフィギュアを見て一通り動かしたあと、

「あれ。俺なんでこれ買ったんだろう。

映画は全部見たけど、バットマンそんなに言うほと好きじゃないのに。」

と思ったことがありました。

 

執着に駆られていては、

本当に自分がその相手や物を欲しいのかが分からないですし、

僕のバットマンのフィギュアのように手に入れてから

「実はそれほど欲しくなかった」ということが分かることもあるわけです。

 

 

妖怪ウォッチが売れた理由のひとつは、日本全土で執着祭が起こっていたからではなかろうか。

 

昨年、売れに売れた妖怪ウォッチも、

執着が生んだ賜物ではないかと僕は思うんですよね。

 

元々、妖怪ウォッチにハマっていた子供たちがおもちゃを買ってそれが品切れ状態に。

 

そしてメディアで「妖怪ウォッチが品切れ」ということが報道され、

それまで興味のなかった子供たちが妖怪ウォッチにハマり、

品切れの妖怪ウォッチにつよい執着心を抱いて欲しくなったという連鎖でしょう。

 

この、「人が持っているから欲しくなる」という心理。

 

恋愛に置き換えると、好きな相手に彼女がいる状況になります。

 

なかには、「このアニメ、そんなに面白いか?」と疑問を抱いていたはずなのに、

情報と友達に踊らされて「ついていけない自分が悪い」という気分になって、

無理やり妖怪ウォッチブームに便乗した子供が結構な数でいるはずです。

 

物のように手に入れてから

「実はそれほど欲しくなかった」と気づく場合はいいんですよ。

 

人の場合は手に入れてから「欲しくなかった」ことに気づくと、

それまで費やした労力や時間はなんだったんだということになりかねません。

 

 

できなかったことに対する執着。

 

そして、執着というのは「手に入らないことによる執着」以外にあともう2つあります。

 

それは、「できなかったことに対する執着」。

 

「あのときもっとこうしていれば、結果は変わっていたかもしれない。」という

過去にした失敗を悔やんでそれを挽回しようとする執着です。

 

本来の目的は「相手と付き合うこと」なのに、

「できなかったことに対する執着」にとらわれていると

途中から趣旨を見失って目先のことに一喜一憂してしまいがちになります。

 

「接し方を変えたら彼が前に比べてすごく優しくなってくれた!」とか

「またやってはいけないことを不安に駆られてやらかしてしまった!」などですね。

 

忘れてはいけないのが、

目的を果たさないかぎり相手の一挙一動はただの「そのときの気分」であり、

恋愛成就の途中にあるただの「経緯」なんですよ。

 

そのことを理解しておかないと、

なにかある度に浮かれたり不安になったりして気持ちが浮つく原因になります。

 

 

してもらえないことに対しての執着。

 

それから、「してもらえないことに対しての執着」。

 

自分が望む愛情表現をしてもらえないことがストレスになり、

それを手に入れるまで求める執着です。

 

なぜ、この執着が生まれるかというと、

相手がそのときの気分で出した好意がまだ続いているものだと

錯覚しているからではないでしょうか。

 

「ちょっとは私のことが好きなんじゃないか」という淡い期待を相手に抱いているため、

自分が望む愛情表現をしてもらえるんじゃないかと心のどこかで思ってしまい、

思うような結果が得られなかった場合に、悲しみや怒りを抱えて落胆してしまうということです。

 

恋愛成就までの道のりの中、相手が好意的な言動をしてきてもそれが継続されなければ、

ほとんどの場合、それはただの気分であり恋愛感情ではありません。

 

「してもらえないことの執着」を捨てるためにも、この厳しい現実は理解しておきましょう。

 

 

「彼のなにが好きなのか」をちゃんと考えよう。

 

執着して「好き」だと勘違いして時間をかけ追い続けないためにも、

「今好きな彼のことが本当に好きなのかどうか」を知るべく、

執着心の源を理解して執着をすこしでも減らさないといけないわけです。

 

カウンセリングをしていてよく思うのが、

相手に執着している女性ほど相手の男性のことをよく分かっておらず、

「この人は相手のことを美化しすぎているだけで、

相手のなにを見て好きと思ってるんだろう。」と考えてしまうことがよくあります。

 

よくあるのが、

「出会った頃とか最初は優しかったんです。」というケース。

 

誰だって最初はいいところしか見せないし、

気に入られようと良いことだってガンガン言ってくるんですよ。

 

でもこれはただの猫をかぶっている状態。

 

出会った頃の優しさは相手の本質ではなく

そんな状態の彼を好きと言っているのは、

相手の上っ面しか見ていないということです。

 

逆に付き合いがそこそこ長いからと言っても、

それは相手を分かっていることには直結しません。

 

【性欲だけじゃ】そもそもなぜ男は浮気をするのかについて考えてみた。【ないんだよ】でも書きましたが、

何年一緒にいても相手の本質を見抜けていない女性は多いんですよね。

 

そして彼の優しい言葉の数々も美化しない方がいい。

 

口ではなんとでも言えるから。

 

ちゃんと行動をみましょう。

 




 

なので今一度、彼のなにが好きなのかはちゃんと考えてください。

 

そのうえで美化しようとせず、

彼の弱さや至らない部分や悪い部分にも目を向けてください。

 

彼のことを好きだと思っている感情が

実はただの執着心でダイヤだと思っていたらただの石ころだった、

もしそうであっても別にかまわないんですよ。

 

アナタの大切な時間と労力を無駄にせずに済んだということです。

 

そもそもですが、

自分のことも相手のこともよく分からないまま執着して追いかけつづけ、

振り向いてもらえないような相手は、運命の相手なんかじゃないですよ。

 

それに気づかずに欲しがり続ける方が、

人生を寄り道して損しているのではないでしょうか。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「セフレスタートでもうまくいく女性の特徴とそうでない女性の特徴を教えてやんよ。」

【我慢してしまう】尽くしすぎてしまう自己犠牲な女性たち。【言いなりになってしまう】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ