6094050

はじめに、今回の記事は下記の記事と連動している内容になっておりますので、

まだ下記の記事をご覧いただいていらっしゃらない場合は併せてご覧いただくことをオススメします。

 

☆参照記事☆

恋愛上手になりたいのなら営業職に置き換えて考えればいいんじゃね?論。 (前編)

恋愛上手になりたいのなら営業職に置き換えて考えればいいんじゃね?論。(後編)

 

 

1年以上片思いしている女性はそろそろ今後を考えた方がいい。

 

片思いの期間がどれぐらいが適切かというのは、

人それぞれ価値観が違います。

 

3ヶ月という人もいれば、半年という人もいるでしょう。

 

ちなみに僕個人の見解としては1年が限界かなと思っています。

 

なぜなら、1年以上の時間を同じ相手につぎ込むということは、

その期間に出会えるはずだった男性をすべて逃してしまうことになるからです。

 

1年以上同じ相手を追いかけていて、

関係性がなにも変わらない、もしくは後転している、

ということであれば、今後のことを真剣に考えた方がいいでしょう。

 

その間に出会う男性が、

もしかしたら運命の人かもしれないし、

もしかしたら一生ものの友達になるかもしれないし、

もしかしたら仕事につながるかもしれない。

 

人の縁というものは、どこでどうつながるか分かりません。

 

出会いというものは恋愛にかぎらず待っていても

向こうからやってくるわけではないですし、

こちらから積極的に動くことでしか

良縁とは巡り会えないことが多いです。

 

なので、せめて片思いの期間が半年を過ぎたあたりからは、

さみしさの分散をしていった方がいいでしょう。

 

さみしさの分散をしなければいけない理由は

また別記事で詳しく掘り下げさせていただきますが、

片思いの期間が3年以上になると

さすがに「私ヤバすぎる」と思った方がいいです。

 




 

よく考えてほしいのですが、

何年かかっても攻略できない相手の側にこのまま居続けたところで

関係性が変わるわけではないですし、

僕の見解である、「運命の相手と結ばれるためには障害がある」という理論は、

この場合まったく当てはまっていません。

 

運命の定義は人それぞれではありますが、

運命的相手と巡り合った人たちの意見を聞くと

どうしようもなくお互いが惹かれ合うと口を揃えて言うんですよ。

 

僕も妻とそうでしたし、考えてみれば僕の母と祖母も同じ経験をしています。

 

しかし、結ばれるためには困難が立ちはだかり、

それをクリアしないと結ばれることはありません。

 

なので、何年も追い続けているのに恋愛感情を抱いてくれない相手は

運命的相手でもなんでもないと思った方がいいでしょう。

 

惹かれ合ってない時点でアウトだということです。

 

たしかに、5年以上同じ相手を追い続けて

恋愛成就したという方も世の中にはいらっしゃいます。

 

しかし、この場合は上手くいったから良かったようなものの、

上手くいかなかった場合は5年という歳月を無駄にすることになるんですよ。

 

それはそのときになってみないと分からないし、

長年追い続けて恋愛成就した方は

ただ闇雲に相手を追い続けているわけではありません。

 

 

売れないバンドマンには売れない理由があるということ。

 

最近よく思うのが、長年同じ男性を追い続けている女性の多くが、

歳をとっても音楽の道を諦められない売れないバンドマンのようになっているなということです。

 

実際、僕も昔はバンドマンだったので、

同世代でもまだ音楽の道を諦めていない知人は何人かいるのですが、

彼らが売れない理由は年齢のせいではなく、

リスナーのニーズを満たしていないことと

自分に自信がなく将来に漠然とした不安を抱えていることなんですよね。

 

そりゃ売れまへんわという話になりまして、

個性もない、方向性がなにかある度にブレる、そしてリスナーに媚びた曲を作る、

しかも自信をもって出していない、そんな人の音楽を誰が聞きたいかという話になりまして、

これは恋愛でたとえるとこういうことになります。

 

 

まず、リスナーのニーズを満たすということは、

相手が潜在意識の中で求めているものを満たすという行為になります。

 

「よ!こんな音楽を待ってました!」と思ってもらえる音楽は長年に渡って支持されるし、

恋愛であれば「こんな女ほかにいねえな」と思って大事にしてもらえるわけです。

 

しかし、表面的なニーズだけを把握するために

リスナーに媚びた曲ばかりを作っているとその音楽は飽きられますよね。

 

これが、相手の好意を得ようと尽くしすぎた結果、

飽きられる女性になるということです。

 

しかもあからさまに「狙って作りました的な曲」は単なる媚びでしかなく

耳の肥えたリスナーには聞いてももらえないことが多く、

これを恋愛に置き換えると、素をだせずに相手の顔色をうかがいまくって媚びているようでは

意中の男性に相手にされないのも当然というわけですね。

 

そして引き際を逃してしまい、

音楽の夢を諦めきれないバンドマンにかならずといってあるのが

将来に対しての漠然とした不安です。

 

 

「俺たちこのままでいいんだろうか」

「本当に続けていて売れるんだろうか」

「売れなかったときはどうしようか」

 

 

ぐるぐるとそんなことばかりを考えてしまい

月日を追うごとに不安感は増幅し、

元々あった自信すらもなくなっていくというわけです。

 

これはもちろん、何年も同じ相手を追っている女性にも共通していて、

「もう振り向いてもらえないんじゃないか」とか

「このまま側にいて振り向いてくれるんだろうか」とか

「捨てられたらどうしよう」という思考に彼女たちはなっています。

 

その結果、どんどん自信がなくなっていき、

かろうじて相手の男性とつながっているという状態になるんですよ。

 

よく考えてほしいのですが、

自分の売りも分からずなにかある度に方向性がブレて、

自信がないまま相手を攻略するということは

恋愛上手になりたいのなら営業職に置き換えて考えればいいんじゃね?論。

でもお話しましたが、なにに使うか分からなくて自信を持ってすすめられない商品を

相手に買ってくれと言っているようなものなんですよね。

 

「誰がそんなもん買うねん」ということになりまして、

相手の潜在意識下にあるニーズはなんなのか、

自分の個性を最大限に引き出して自信を持って立ち回れるのか、

この2つがない状態で相手が振り向いてくれるはずがないのです。

 

 

可能性の幅をせばめているのはいつだって自分のマイナス思考だ。

 

そして、かの名監督も

「諦めたらそこで試合終了だよ」と言っているように、

「無理だ」と思った時点で実はそこで詰んでいます。

 

人間の脳というのは、思い描いたことを具現化するように指示を出しているので、

ネガティブになればなるほど、言葉も行動も制限しているんですよね。

 

そんな状態ではそのときに適した最良の一手なんて思い浮かぶはずもなく、

個性ギンギンで自信満々のニューカマーにあっさりと先を越されてしまうというわけです。

 

そもそもですが、恋愛にかぎらず楽しんで物事に取り組んでいる人に

勝つことなんてほとんどありません。

 

努力だけでなんとかなれば世の中は努力で報われた人ばかりになりますし、

努力だけしている人が楽しんでやっている人に勝てないのは、

すでに努力が苦痛に感じているからでしょう。

 

楽しんで物事に取り組んでいる人は常にワクワクしているので、

次から次へと色々な発想がでてきます。

 

恋愛ももちろん同じで、片思いを楽しんでできる女性に、

相手に振り向いてもらう努力だけしている女性が勝てないのは、

努力をすることが苦痛になっているからなんですよね。

 

心の底から楽しめていないものに対して、人は本気になることはできません。

 

相手に対する思いが本気であったとしても、

手に入れるまでの過程をツライと感じてしまったとき、

可能性はその分制限されてしまうと思ってください。

 

 

たとえば、楽しんで勉強をして一発で東大に合格した人、

頑張って勉強しているのに何年も東大に合格できない人がいます。

 

後者の人は、

勉強の仕方が間違っているとか、要領が悪いとか言われていますが、

楽しんで物事に取り組んでいる人は

「どうすればもっと効率がよくなるか」

「どうすればもっと高みにいけるか」ということを考えるんですよ。

 

これが未来の予測 です。

 

しかし、努力を苦痛に感じている人は、

費やした時間や今まで取り組んできた方法にすがり

新しいアイデアを生み出さなくなります。

 

楽しんでいないから視野がせまくなって、今までの方法では

いくら時間をかけてもダメだということに気づけないんですよね。

 

しかも自分を信じていないから、

その努力すらも成功の確信が持てないまま

全力を出せないということになってしまうというわけです。

 

 

「側にいて頑張っていたらなんとかなるかもしれない。」アホか。世の中そんなに甘くない。

 

では、心の底から片思いを楽しむことができて、

「相手の潜在意識下にあるニーズを把握」し

「自分の個性を最大限に引き出して自信を持って立ち回ることができる」と仮定して

何年も追い続けている相手を攻略すればいいかと言うと

そういうことを言っているのではなく、現実を突きつけて申し訳ないのですが、

「もう無理やから、ええかげん諦めろ。」と僕は言いたいわけですよ。

 

なぜならこの場合、

彼をレコード会社にたとえるなら興味を持ってくれたのは最初の方だけで、

今はもう見向きもしないというという状態になっているからなんですよね。

 

「まあ時間があればデモ音源聞いときますわ~」という状態になりまして、

「お前らもう無理だからうちの会社来んなよ」と内心思っています。

 

でも恨まれたくないからそう言わないだけです。

 

ということは、売り込むレコード会社を変えないといけないので、

違う相手に自分の魅力を伝えることが前提になります。

 

もちろん、

「やっと自分たちの音楽ができたんです!聞いてください!」と

熱意をもって食い下がってみれば、

ずっと売り込みをかけていたレコード会社の人も聞いてくれるかもしれない。

 

しかし、この場合だけは恋愛に当てはめることができなくて、

「私、変わったの!ちゃんと見て!」と言われたところで

「いや、うぜえよ。」としか思われません。

 

しかも万が一会うことができたとしても、

よほどアナタのルックスが良いように激変でもして

「あれ、あの子めっちゃ可愛い!えっ、あれってアイツなの!?」

ぐらい思ってもらわないと、それ以上の食いつきはまずないと思っていいでしょう。

 

なぜなら、

【残酷だけども】自分1人いなくなったって世の中は回るんだよ論。【それが現実】

でもお話しましたが、恋愛というのはすぐに結果が二転三転するものではなく、

積み重ねによってでしか結果が変わらないものだからです。

 

なので、音楽のように聞けば一瞬で分かるような食いつきを恋愛でうながすには、

良い意味で別人のようなルックスに生まれ変わっていないといけないというわけですね。

 

 

女友達の意見は当てにならないが、長年見てきたからこそ「やめとけ」と思う根拠がある。

 

今回の記事は、長年同じ男性を追い続けている女性にとっては

かなり残酷な現実となります。

 

僕は女友達の恋愛アドバイスを真に受けるなと

鵜呑みにすると超危険!女友達に恋愛相談をしない方が良い訳。

でお話したとおり、それぐらい当てにならないことが多いのですが、

この場合、言われる台詞が「そんな男やめとけ」以外に

「もう無理だからやめとけ」も加わっているのではないでしょうか。

 

厳しいようですが、

今回のテーマでもある「引き際を逃してしまい夢を諦めきれないバンドマン」に対して

「もう売れないからやめとけ」と周囲が思っているのにはわけがあるように、

「もう振り向いてもらえないからやめとけ」と女友達が言うのにもわけがあるんですよ。

 

渦中にいる人は分からなくても、

客観的に見ている人にはそれが分かってしまうということですね。

 

なので、なぜ振り向いてもらえないかを論理的に説明させていただいたのですが、

この世の中は努力しても敵わない夢があると言っているのではなく、

夢を叶えたいなら叶えるための正しい道筋や正しい在り方があり、

がむしゃらにやっているだけでは叶うはずがないということを言いたいのです。

 

たとえ自信を持って売り出した商品であったとしても

それが顧客のニーズを満たしていなければ売れないように、

個性ギンギンで自信満々な女性であったとしても

攻略したい男性のニーズを満たしていなければそれは1人よがりになってしまい

振り向いてもらえないことになります。

 




 

しかし、個性も自信もない女性に比べると彼女たちははるかにましで、

少数であったとしてもそんな女性を必要としている男性はかならずどこかにいるのです。

 

大して可愛くもない、大して面白くもない、

なにかに自信を持って頑張っているわけでもない、

そんなどこにでもいるような女性を数年追いかけてくれているからと言って

お情けで付き合ってくれるような奇特な男性はいないと思っていいでしょう。

 

 

恩義を感じてくれない相手に尽くすだけ無駄やでってこと。

 

そろそろ現実を見るときです。

 

失われた時間を取り戻すことはできませんが、

これからの時間を大切につかうことは今からでも遅くはありません。

 

時間というものは誰にでも平等に与えられた貴重な財産ではありますが、

頑張っても振り向いてもくれない相手に時間を使うのは

はっきり言って時間の無駄です。

 

アスリートが引退するときは、

最後の試合に勝とうが負けようが

ちゃんと自分で決めた引き際の時期で幕をおろします。

 

なので次に進むためにも自分の手で

しっかりと自分の恋愛の幕を閉じてください。

 

それが、自分の恋愛を最後まで見届けたという覚悟になります。

 

それに恩を与え続けて返してくれないような相手と

つながり続けるメリットなんてないんですよ。

 

見返りを求めて尽くすなと

【頼んでねえし】自分都合で尽くして愛を欲しがってんじゃねえよ論。【求めてない】

でお話していますが、人間関係を損得ではかっているのではなく、

「こちらがしたことに対して」「ちゃんと返そうとしてくれる気持ち」があるかどうかって、

対人コミュニケーションの上ではかなり重要だと僕は思っています。

 

とはいえ、相手が望んでいないことをいくらやり続けても、

それで恩義を感じてくれることはあまりないのでそれだけは気をつけてください。

 

恋愛にかぎらず対人コミュニケーションは

ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブです。

 

先に与えて与えまくって、それでもなにも返してくれない、

もしくはなんの反応もしてくれない相手と一緒にいても

これから先も恩を返してくれる可能性はほぼないでしょうし、

恩を返そうとしない人は色々な場面で不義理を働くことも多いんですよ。

 

どこかで「してもらって当たり前」と思っているから、

人の恩に対して不感症になっているということです。

 

ちなみに僕と親友の吉田くんはこの現象を「感謝インポ」と呼んでいます。

 

見返りをくれない相手と関わるなと言っているのではなく、

「恩義を感じて返そうとしてくれる相手を選べ」と言いたいんですよ。

 

「アイツ、頼んでないけど俺のために色々やってくれてるもんなあ。

そろそろなんかしてやらないとなあ。」

と感じるかどうかは人としてすごく大切な部分ですし、

こういった義理堅さを持っている男性でないと仕事でも成功しないですね。

 

尽くしているのがしんどいと感じている時点で

その相手は尽くし甲斐がない相手ということですよ。

 


 

それでは最後に今回のまとめです。

 

☆片思いの条件☆

・かならず楽しんで片思いをする

・相手のニーズがなんなのかをちゃんと考える

・自分の個性を最大限に伸ばして自信を持って立ち回る

・恩義を感じてくれる相手かどうかを見極める

・片思いが半年を過ぎたらさみしさの分散をする

・1年以上同じ相手を追い続けてなにも進展しないのであれば、

それ以上追い続けてもどうにもならないというサインでもあるので、

今後のことをちゃんと考える

 

以上です。

 

長年同じ相手を追い続けている女性は、

本当の幸せを手につかむために今こそ決断するべきときではないでしょうか。

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「好きな男性に送る正しいLINEのやり方と現実を教えてやんよ。」

「セフレスタートでもうまくいく女性の特徴とそうでない女性の特徴を教えてやんよ。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

『アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。』

◆毎週水曜日15時から限定5名様まで初回の方のみ
無料メールカウンセリングクーポン発行!メールでの恋愛相談です☆
 ↓↓↓
悲恋改善バナー

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分

『返信は3日以内のスピード対応のメールカウンセリングはこちらから!』

✩メール3往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーFULL6480

✩メール1往復のカウンセリングです✩
 ↓↓↓
悲恋改善バナーLITE2700

✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ