それでは前回の続きです。

 

「無理しないでね。」とか言うな。無理したいんだよ。

 

お金というものは言わずもがな仕事のできる人のところに集まります。

 

そして収入に応じて責任感やプレッシャーのある仕事を担っていると思った方がいいでしょう。

 

僕のように好きなことを仕事にしている人であれば、

仕事が趣味になっているので

休みを作らずに際限なく働いている人も多いですね。

 

雇われている人でも、仕事が楽しくてしょうがないという男性はいます。

 

要するに僕たち仕事大好き人間は、

「さらなる高みを目指して身体にムチを打って仕事をしている」わけです。

 

そういう人間に向かって

「無理しないでね。」と言う女性がいますが、

これはあまりいただけません。

だって好きで無理してるねん。

 

それならば、

「頑張ってる貴方って本当に素敵。

でも身体こわさないかは心配だけど大丈夫だよ。

骨は拾うから安心して仕事して(笑)!」

ぐらい、どしっと構えておかれた方が好印象です。

 

中には、誰が見てもフラフラで顔色が悪いのに、

それでも仕事をし続けるストイックな男性も存在しますが、

本人が好きでやっていることなんだったら止めても無駄。

 

僕ら男性は身をもって頭を打たないと分からない種族なんです。

 

身体を壊して入院してはじめて、

「あー、働き方をちゃんと考えないとな。」と学習するんですよ。

 

よく、医者からタバコやお酒をやめるように言われてるのにそれでもやめない男性は、

「そんなこと言ってもまだ大丈夫だろう」という甘えがあるからやめないんですよね。

 

しかし、身体を本格的に壊してはじめて

「あ、俺やっべ。」と気づくわけです。

 




 

なので、彼の身体が心配されるのは当然のことでしょうが、

ある意味、仕事が忙しすぎる男性と付き合うというのは

格闘家と付き合っているようなものだと思ってください。

 

格闘家はケガもするしほかにもさまざまな危険がともなう業種です。

 

しかし格闘家の奥さんは旦那さんが万全の体制で試合にのぞめるよう、

さまざまなサポートをしてつねに尽力しています。

 

仕事が忙しすぎる男性も、毎日、仕事と闘っているのです。

 

身を削って闘っているのです。

 

仕事が忙しすぎる男性をサポートするためには

「見守る」ことも重要な愛情表現になります。

 

「私のことはいいから死ぬ気で闘ってこい!」ぐらいの気持ちでドンとかまえておいてください。

 

さみしいから、不安だからという理由でピーチクパーチクいらぬお節介をやかれるよりも、

ドシッと見守ってくれる女性の方が本当の意味で「イイ女」ではないでしょうか。

 

 

「頑張って」と「大丈夫」が年々地雷になっている件について。

 

「お仕事がんばってね!」

 

「○○君なら大丈夫だよ!」

 

 

知らず知らずのうちに「頑張って」と「大丈夫」を使っている女性は

考え直した方がいいでしょう。

 

なぜなら場合によっては、

「お前に言われんでも頑張っとるわ」とか

「大丈夫ってお前になにが分かるねん」と思われてしまうから。

 

言うなれば無責任発言になるんですよ。

 

松岡修造カレンダーは売れているのに、

この2つの言葉は年々地雷になりつつあり

あまり軽々しく使ってはいけないNGワードになりつつあるという壮大な矛盾。

 

その理由は、忙しくて余裕がない男性にとっては

直接「頑張って」と「大丈夫」と励まされるのは

ただのプレッシャー以外のなにものでもなく、

単なる無責任発言に聞こえてしまうからです。

 

うつ病患者の人に「頑張って」と「大丈夫」は禁句とされているように、

メンタルが疲弊しすぎているときにこういった言葉を言われると正直かなり重いんですよ。

 

相手が疲れすぎていて癒やしを求めてきたときに必要なのは、

「寄り添い」です。

 

☆参照記事☆

男を落とす最終奥義!「寄り添う」方法を教えてやんよ。

 

 

頑張っている相手を励ましたいときは、

「頑張って」とか「大丈夫」と言うよりも、

「応援してるよ」と言った方が無難でしょう。

 

 

忙しいから付き合っても申し訳ないと思っている男性もいる。

 

忙しい男性を好きになった女性からいただくご質問で多いのが、

「何回かデートしているのに彼が付き合おうと言ってくれないんです!

仕事が忙しいって言ってるけど、それは嘘でほかに彼女がいるんでしょうか?」

というものです。

 

新種の肉食系ですか?」というご質問をいただく場合もありますが、

こういった場合、まず相手の男性の恋愛遍歴を聞くことが大切なんですよね。

 

 

・連絡無精が原因で振られたことが過去にある

・会えないことが原因で振られた過去がある

・相手の女性からしつこくされて嫌気がさし自分から振った過去がある

 

 

このどれかに該当する男性は、

たとえ付き合いたいと思っていたとしても

付き合おうと言ってくれない男性が多いです。

 

その理由として多いのが、

「もし付き合ったとしても俺が忙しすぎてちゃんとかまってあげられないだろうから、

さみしがらせることにもなるし申し訳ないからなあ。」

なんですよね。

 

そして、過去に忙しさが原因で振られたという事実が、

交際に歯止めをかけています。

 

男性という生き物は、無駄なこととメリットのないことを嫌う生き物でして、

「付き合ってもすぐ終わりそうな恋愛」に突き進む人はほとんどいないです。

 

言うなれば、仕事が忙しすぎる男性といい感じになりかけているのに付き合ってもらえないのは、

アナタが彼の邪魔をせずにさみしさに耐えられる女性かどうか、

自分の仕事の忙しさをちゃんと理解してくれているかどうか、

この2点をクリアしているか品定めされているということになるんですよね。

 

なので、忙しい男性とお付き合いしたいのであれば、

次にお話する心構えはものすごく大切です。

 

 

相手の仕事がどれぐらい忙しいかちゃんと理解すること。

 

これ、めちゃめちゃ大事です。

 

一昔前なら、「ドタキャンする男なんてありえない」という認識でいる女性が多かったようにお見受けしますが、

この現代、職種によっては急な仕事が入ることも多く

意図せず前もって入れていた予定をキャンセルせざるを得ないことは多々あります。

 

よく考えてみてください。

 

「アフター5」という言葉ってもう聞かなくないですか?

 

それぐらい残業が定着してしまい、現代人は忙しくなってしまったということです。

 

若い女性は知らないかもしれないけれど、

「24時間たたかえますか?」のキャッチフレーズでおなじみだったリゲインも

「24時間たたかうのはしんどい」ので「3,4時間たたかえますか?」に変わっているところを見ると、

働きすぎの現代人をこれ以上働かせないための配慮ではないかと勝手に考えています。

 

相手の男性をよく見ていない女性にかぎって、

「この人はどれぐらい忙しいのか」を理解していないことは多いです。

 

ブログに異様なほど登場する皆さんおなじみの親友の吉田くんと僕は、

かれこれ25年近くの付き合いになります。

 

そして僕たちはお互い忙しいです。

 

それを分お互いかっているはずなのに、

飲みに行ったときとか吉田くんが突っ込んだ仕事の話をしたときに

「お前、それめっちゃ大変やがな!」とか

「うわー、それマジできついやん!」と

言ってしまうことがよくあるんですよ。

 

「お前ら気持ち悪いわ!」と言われるぐらいしょうもないことも含めて

毎日のように連絡をとっている20年以上の親友でも聞かないと分からないことがあるんです。

 

たかだか数ヶ月や数年の付き合いで、

ちゃんと相手の仕事ぶりを知ろうともせずに

「彼が忙しすぎてかまってくれない」と言っている女性は今一度、

彼の仕事がどれぐらい忙しくて大変なのかを知ろうとしてください。

 

自分に置き換えて考えてみたら

「あ、私こんなことできない。無理ゲーじゃね?」

と思うことはかならずあるはずです。

 

なかなか意中の男性と会えなくて連絡が取れないという女性は、

「○○(彼の職種や会社名) 2ちゃん」で検索してヒットしたら、

現在進行系で働いている人と退職した人の書き込みが見れることも多いので

参考にされてもいいかもしれません。

 

 

1人の時間を充実させるために最低趣味は3つあった方がいい。

 

【不安】彼のことばかり考えてしまうのはアナタが暇だからだよ論。【執着】

でもお話しましたが、自分の不安感を埋めるためにはどこまでいっても

1人の時間を充実させることでしか解消はできません。

 

どれだけさみしくても、どれだけ不安であっても、

忙しすぎる相手を好きになった以上、

自分に対して使ってくれる時間が増えるというわけではないんですよ。

 

それに男性は一度与えた愛情がしばらくは継続していると錯覚する生き物でもあるので、

久しぶりのデートで彼女が喜んでくれていれば、

「まあまた当分ほうっておいても大丈夫だろう」と考えます。

 

しかし女性は、定期的に愛情を注いでもらわないと不安になる生き物。

 

よく、

「前回会ったときはすごくラブラブだったのに、連絡をぜんぜんくれないんです!

会ったときになにかやらかしてしまったのではないかと不安です!」

と言う女性がいますが、これは男性が「放っておいても大丈夫だろう」と安心している状態になるので、

慌てる必要はなにひとつありません。

 

そして前回お伝えしたように、恋愛スイッチがオフになっている状態なんですよ。

 

安心と幸せは相手に求めるものではありません。

 

自分の手で築くものです。

 

彼のことを考えすぎる女性の話を聞いていると

やっぱり1人の時間を持て余している人が多いので、

まずは手始めにやりたいことを3つ見つけましょう。

 

なぜ3つも必要なのかと言うと、

新しくなにかを始めたとき、かならず行き詰まることがあります。

 

そのとき、1つのものだけに集中していると、

行き詰った瞬間にやめてしまいたくなることがあるからなんですよ。

 

なので、行き詰ったときにほかのことに手をつけることで、

新鮮さを持続させるというわけです。

 

そうやって3つのやりたいことに手をつけていると、

だんだんその個数が減ってきます。

 

人によってはそれが1つに絞られるかもしれないですし、

もしかすると3つのまま継続するかもしれません。

 

趣味とは、好きなもの→ハマる→趣味という経緯を得て

それが、自分の趣味になるんですよ。

 

最終的に残ったものが、自分にとって必要なものであり、

1人の時間を充実させる絶好の暇つぶしになるわけです。

 

「そんなこと言ってもそんなにすぐやりたいことなんて見つかんねえよ!」

という人は、下記のサイトを参考にしていただければ幸いでございます。

 

☆参考記事☆

家でできる趣味が欲しい人に向けるインドア系の趣味210個まとめ

 

 

ちなみに、

「夢中になれるものが見つかりません」と言う人がたまにいますが、

「楽しもうという姿勢」と「本気で取り組む姿勢」がないと

いくら暇つぶしをしていても夢中になれず没頭できないことは覚えておきましょう。

 

要するに、やるならながら作業でやるなってこった。

 

 

クライアントさんの1人が偉業を成し遂げた話でもしてみようか。

 

半年前以上前から定期的にLINEカウンセリングにお申し込みいただいている

Mさんというクライアントさんがいらっしゃるのですが、

彼女は絶望的とも言える状況から見事状況を大逆転させました。

 

彼女には今年4月からお付き合いされている男性がいるのですが、

最初の2ヶ月ほどは定期的に会えていたのにもかかわらず、

今年夏ごろから相手の男性の状況が激変し

「もう4ヶ月も会っていない」「連絡してもほとんど返事がない」

という、友達の誰に相談しても

「そんな奴はやめとけ」と言われるぐらいの状況だったんですよ。

 

この絶望的状況をなんとかしたいと

Mさんからご依頼を受けたわけですが、

明るく気丈な女性を装いながらも

内心は不安でいっぱいだったことと思います。

 

ほかの恋愛カウンセラーさんなら

「脈がないので次にいきましょう」と言っているかもしれないほど、

彼女は彼氏さんに放置され続けていました。

 

 

でもな。

 

僕、プロやねん。

 

これ、ほんまに仕事忙しいだけちゃうんかと。

 

忙しすぎるだけちゃうんかと。

 

彼の性格や背景を考えてそう判断したんです。

 

 

なので、僕はMさんに不安に駆られて自爆しないよう

カウンセリングにお申込みいただく度に励まし続けました。

 

あまりにも相手の男性の食いつきが悪く、

LINEを送っても既読スルーが当たり前の状態だったので

「仕事が忙しいだけだろう」とは思っていたものの

正直、ときには「大丈夫だろうか」という不安が僕にもあったことは否めません。

 

それぐらいの放置っぷりだったんですよ。

 

そして先日。

 

Mさんからふたたびお申込みがありまして、

すこしは状況が変わっていたらいいなと思いつつ

カウンセリング当日を迎えました。

 

そしたら僕の予想を上回る衝撃展開が

彼女のメッセージに書き記されていました。

 

 

「藤本先生!この間やっと彼とデートできました!」

 

 

おお。

 

まじか!

 

それはテンション上がる!

 

しかし衝撃展開はこれで終わりません。

 

要約すると、

 

・最近社内で告白されたけど断った

・華やかな業界だけど恋愛しに仕事に行っているわけではない

・本当に心が折れそうになるぐらい仕事が大変だった

・年齢的に今の仕事はずっと続けられないから来年は転職する

・そのための人脈作りを今の会社で頑張っていて、もう基盤はととのった

・そうなったらデートは週一でしたい

・これからは時間を作るようにするし、もっとわがままを言ってくれてかまわない

・今まで我慢ばかりさせて本当にすまなかった

 

という感じです。

 

しかも、将来的に結婚をほのめかすような言葉も彼から言ってもらったそうなんですよ。

 

 

「本当に藤本先生のおかげです!ありがとうございます!」

 

 

いやいやいやいや、それは僕のおかげちゃう。

 

ちゃんと自爆せずに待てたアナタがえらい。

 

なかなかここまで待てる女性はいませんからね。

 

彼女はひたすら「待った」おかげで、

誰もが絶望的だと思っていた状況を大逆転させたわけですよ。

 

本当に大したもんです。

 

ここまで待つことができたのだから、

Mさんはこれから先もちょっとやそっとの放置では、

不安に駆られて自爆することはないでしょう。

 

彼女の口からはやく

「結婚が決まりました!」と聞きたいものです。

 

本当に良かった。

 

 

待てる女になろう。待てない女性はかならず自爆する。

 

恋愛においてうまくいかない女性はかならずと言っていいほど、

「執着して」「待てない」んです。

 

逆にうまくいく女性は、

「執着せず」「待つ」ことができます。

 

これは忙しい男性の総意と言っても過言ではありませんが、

忙しい人からすると暇な人の意味が分かりません。

 

正直なところ、

自分のことばかり考えられてやりたいことも特にないような女性に

魅力を感じる男性なんて、ほとんどいないと思った方がいいでしょう。

 

どこまでいっても、

「なんなん?暇なん自分?ええなあ暇そうで。」です。

 

人によっては、

「そんな余分な時間あるなら俺にくれよ。」とすら怒りも覚えることでしょう。

 

仕事で自分だけが忙しいときに暇そうな人を見て腹がたつのと同じことですよ。

 




 

どうか、待てる女性になるためにも1人の時間は充実させてください。

 

どれだけ、さみしい、会いたいと思っても、

忙しすぎる男性とは頻繁に会えるわけじゃないですし、

連絡の頻度が増えるわけでもありません。

 

自分の不安を解消するのは相手次第ではなく、

どこまでいっても自分次第なんですよ。

 

毎日を充実させてキラキラと輝き、

最高の自分でいるために美を磨くことを怠らない、

それが久しぶりに会えた忙しすぎる彼にとっても嬉しいことなのではないでしょうか。

 

というか、このご時世に暇な男性ってどうなのよ?って話しやで?

 

恋愛とは相手への接し方を変えるだけではなく、

自分がキラキラと輝いているだけで

勝手に相手が食いついてくることが多いのを

知らない女性が本当に多いなと思う今日このごろ。

 


 

それでは最後にまとめさせていただきましょうか。

 

☆忙しい男性と恋愛していく上での心構え☆

 

・友達との遊びや趣味を優先されても、

 それは仕事でかかえたストレス発散だと理解する

・仕事の合間に彼の時間が空いたとしても、

 仕事モードから抜け出せず恋愛モードに切り替わらない

・「忙しくて余裕がない」と言われたときは引くこと

・「頑張って」「大丈夫」「無理しないでね」は

 相手のメンタルが弱っているときは言わない

・相手の仕事がどれぐらい忙しいかちゃんと理解すること

・1人の時間を充実させるために最低趣味は3つ作る

 

この記事が今年最後の投稿になります。

 

クライアントの皆さま、読者の皆さま、

今年度は本当にお世話になりました。

 

僕を頼っていただき、ブログを参考にしていただき

本当にありがとうございます。

 

来年度も何卒よろしくお願いいたします。

 

良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

☆年末年始の休暇につきまして☆

12月31日~1月3日を休業とさせていただきます。

 

この期間のメール返信につきましては返信ができかねますので

恐れ入りますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

メールカウンセリングの返信につきましては、

メールカウンセリングの返信期限3日+休業期間4日になりまして

30日にご連絡いただいた場合、最大で翌年5日の返信させていただきます。

 

お申込みいただいた方には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけると幸いでございます。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「恋愛上手になりたいのなら営業職に置き換えて考えればいいんじゃね?論。」

【我慢してしまう】尽くしすぎてしまう自己犠牲な女性たち。【言いなりになってしまう】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ