なにかを極めたいんだったら、時間を犠牲にしないと極められない。

 

Slipknotというバンドのミック・トムソンというギタリストが教える

ギター上達法が、ガチ過ぎて共感しかありませんでした。

 

それがこちら。

 

 

これ、本当にそのとおりなんですよ。

 

僕は去年、「ギター弾いてみた」をいくつかアップしているので、

動画をご覧いただいたクライアントさんや読者さんから

「上手い」と言われることが多かったのですが、上手くて当たり前なんです。

 

だって、実際に僕もミック先生が言う上達法を過去に実践したから。

 

僕がギターを始めたのは14歳のときでしたが、

高校を中退した16歳のときから役1年間、

毎日家で8時間以上はギターを練習してましたね。

 

もう触るのは毎日ギターか、ち○こぐらいのもんでした。

 

その甲斐あってか、

そこら辺のギタリストには負けないテクニックを身につけることができましたし、

17歳のときは京都で「神童」と呼ばれるように。

 




 

ほかにも、世界的有名なバイオリニストの逸話で、

「どうすれば貴女のようになれますか?」と質問したファンに対して、

「食事と睡眠と入浴以外の時間をすべてバイオリンに使えば私のようになれるわ。」

と答えた方もいらっしゃいますね。

 

前編でメイク談義を繰り広げましたが、

「技術」をともなうものを向上させたければ

ただひたすら練習を繰り返すしかありません。

 

練習して失敗し、「あ、これは違うわ。」と方向転換し、

ただひたすらトライ&エラーを繰り返して正しい道筋を自分の肌で覚えていく。

 

この過程がないかぎり、「技術」は簡単に身につきません。

 

僕のギターにしてもそうなのですが、

今までにピッキングフォーム(ピックで弦を弾くフォーム)を

何回矯正したか分からないほどです。

 

なにかの分野に秀でた人に共通しているのは

10000時間をつかったかどうかが関係していると言われていますが、

この法則は決して間違っていません。

 

練習量の積み重ねによって、技術はつちかわれるもの。

 

最速で技術をつけられる方法はあるかもしれないけれど、

「楽をして」身につけられる方法はないということです。

 

何事でもそうなのですが、

上達しない人の特徴というのがあるんですよ。

 

それが下記のようになります。

 

 

・調べない

・基礎を無視する

・すぐ応用に手をつける

・上手い人の作品や技術を見て自分は無理だと心が折れる

・変にプライドがたかい

・試行錯誤しない

・すぐに結果を求める

・結果がでないかもしれないものはやらない

・努力が嫌い

 

 

ギクリとされた方も多いのではないでしょうか。

 

これからなにかを始めるにあたって覚えておいてほしいことがあるのですが、

アナタがすごいと思っているあの人は初心者の時代があったんですよ。

 

それが時間を費やし追求して練習を繰り返したたことによって、

現在の技術や地位を手に入れいているわけです。

 

やる前から「私はあんな風になれない」なんて思わないこと。

 

努力すればかならず報われるということはないけれど、

すくなくとも努力なしで報われることはありません。

 

 

僕がギタリストとしてプロになれなかった理由。

 

クライアントさんに、

「あれだけギターが弾けるのに、どうしてプロになれなかったんですか?」

と聞かれることがたまにあります。

 

その理由は、現役だった当時はある3つのものが壊滅的に足りなかったから。

 

それは、「覚悟」と「勇気」と「情熱」。

 

昨年、久しぶりにギターの練習を再開しその結果、

現役を引退しているのに過去最強に上手くなるという皮肉な事態になったのですが、

「せめてあの時に、今ぐらい弾けてたら違った未来になったんだろうか。」と

悔やんだことはありません。

 

今なら分かるんですが、どんな夢であれ、

自分に言い訳しながら将来への不安を感じ

漠然と取り組んでいるうちは成功はしないんですよ。

 

まさしく僕自身がそうだったので、痛いほどよく分かります。

 

クライアントさんの中には

バンドマンと交際されている方も何人かいらっしゃいますが、相手の男性の話を聞いて

「この人はプロになれるかもしれないな」という人と

「この人は売れないだろうな」という人に大きく分かれますね。

 

「プロになれるかもしれない人」の特徴は

ただひたすら音楽の道を追求し、

自分の伝えたいメッセージや音楽に魂をこめている人です。

 

そしてチャンスを逃さず、

なんでも飛び込んでみる習慣がついてますね。

 

逆に「売れないだろうな」という人は、

自信のなさや経験のなさを言い訳にして

せっかくのチャンスを逃しまくるだけでなく、やったこともないのにやる前から

「どうせ無理だろう」「まだそのレベルじゃない」と諦めています。

 

さらに、「こうしておけば売れるかもしれない」という甘えが根底にありますね。

 

バンドにかぎらずなんでもそうですが、

いくら技術があったところで

突き進む「覚悟」と飛び込む「勇気」と

届けたい、伝えたいという「情熱」がないと成功はしません。

 

僕はギタリストしての技術は人並以上にありましたが、

「覚悟・勇気・情熱」の3つが壊滅的に足りませんでした。

 

そりゃ売れるわけないよなあと改めて思いましたね。

 

どんな夢でもかかげた瞬間からそれは大博打になります。

 

その大博打に勝つためには

さまざまな代償が必要になりますし、

すこしでも勝率を上げるためには「失敗するかもしれない」という

リスクを取らないといけない場面も多く存在します。

 

どんな人でも成功する人は、

言い訳する時間がないほど夢に向かって突き進み

没頭しているんですよ。

 

あがいたこともないくせに、

「自信がない」とか「経験がない」とか言ったところで

現状はなにも変わらないですし、

言い訳する暇があるんだったらその時間をつかって

「はよ動けや」ってことです。

 

あがいてあがいてあがきまくって、

「やり切った」と言うことができないのであれば、

夢なんて叶うはずがないんですよ。

 

 

カウンセラー業は食べていけないという現実。

 

前回のハゲ話に引きつづき

僕の話ばかりになってしまい本当に申し訳ないのですが、

自分の話ばかりになったとしてもどうしても伝えたいことなので、

遠慮なく書かせていただきます。

 

僕が独立しようと思ったきっかけは

「本当の自分」なんていやしない。今存在している自分が本当の自分なんだよ論。

に書いたとおりなのですが、

そもそものきっかけがなんだったのかを考えたとき、それは

「家でできるクリエイティブな仕事がしたかった」という背景があるんですよね。

 

きっかけはなんとも舐めた理由ですが

信念や理念をしっかりともって起業する人も多いとはいえ、

夢の起点になるものは案外そんなものなんじゃないかと思っています。

 




 

家でできる仕事に焦点をしぼり、

あがきまくった結果「悲恋改善アドバイザー」という道を選んだのですが、

僕の職業は一般的にいうと「カウンセラー」です。

 

ようやく進むべき道が決まったとき、

僕はカウンセラーとしての成功を得るために調べまくりました。

 

検索しまくった結果、そこにはもう厳しい現実しかなかったんですよね。

 

 

・カウンセラーとして成功するのは一握り

・月に20万も稼げない人の方が圧倒的に多い

・開業しても同業者が多く存在するため集客ができない

 

 

アホか。

知らんがな。

せっかく見つかった夢をそう簡単にあきらめてたまるか。

やりゃあええんやろ。やりゃあ。

 

そうは言っても、高い壁であることは間違いない。

 

おそらく多くのカウンセラーが食べていけないのは、

「差別化ができていない」からなんじゃないか。

 

ということは、差別化ができればいいんじゃね?

 

差別化とはいわばトリッキーであること。

 

自分が唯一無二の存在になれば、

カウンセラーで生活できないというセオリーをくつがえすことができるはず。

 

そう信じて、

僕は売れるまで大好きなお酒を断つことを決意して差別化をひたすら追求し、

それにあわせて4ヶ月間インプットを繰り返したあと

5ヶ月目から開業まで2ヶ月の間、ブログ用の記事をずっと書き続けました。

 

 

空き時間のすべてを費やした1年間。

 

開業した当初はもちろん収入なんてありません。

 

なので別に本業の仕事があったのですが、

進むべき道が決まってからは今すぐ辞めたいという衝動に毎日かられていました。

 

でも辞めると家族が生活できない。

 

そこで僕がとった手段とは、

周りの人間に嫌われても定時で帰ること、

そして仕事中であっても隙があれば悲恋改善アドバイザーとして必要な知識をつけるために

インプットするということでした。

 

上司に怒られないために仕事としての結果は残してはいましたが、

会社からすると僕がやっていることはただのサボりです。

 

決してほめられた方法ではありませんしひどく自分勝手ではありますが、

一度きりの人生を会社が責任とってくれるわけではないですし、

時間内に結果を残せば文句ないだろうぐらいに考えていました。

 

定時で帰る僕を陰で非難している人間もいましたが、

「俺より成績あげてから文句言え。」と思っていたので

とくに気にもとめていませんでした。

 

通勤時間の際もインプットを繰り返し、

帰宅してからは記事を書く。

 

仕事が休みの日もただひたすらそんな生活を繰り返し、

遊びもせず家族サービスをする時間もすべて犠牲にしました。

 

開業して半年が経とうとする中、

当時はまだ無料メールカウンセリングがあったので

ちらほらと申し込みの数はあったものの、

有料カウンセリングにつながることはほぼなかったので

努力の対価に見合わないぐらいの収入しかなかったんですよ。

 

リアルな金額を言うと、1万円にも満たない数字です。

 

準備期間をふくめて1年が経とうとしたとき、

本当にこんなことを続けていていいのかと疑問がわいてきました。

 

 

成果のでない毎日に対して僕が決断したこと。

 

クライアントさんからよく言われることの1つに、

「理解のある奥さまでうらやましいです」というものがあるのですが、

さすがに当時はお金にならないことを1年も続けていたので口ではなにも言われないものの、

内心穏やかではないだろうなという感じは妻からひしひしと伝わってきました。

 

だって、ふつうならとっくの昔に

「そんなことばかりしてないで、ちゃんと子供の世話をしてほしい」

と言われるレベルですし、いつブチ切れられてもおかしくはありません。

 

生まれて初めてと言っていいぐらい、

わき目もふらず頑張っているのに

なにが足りないのか分からない。

 

しかも家族の冷ややかな目は日に日に強くなる。

 

なにが自分に足らないんだろう。

 

そうか。

 

孤独だ。

自分と向き合う時間が決定的に足りないんだ。

 

そこで僕はとんでもない決断を妻に宣言しました。

 

 

「ちょっと話がある。

 

めちゃめちゃ考えて出した結論やねん。

 

事務所を借りる。

 

ごめんやけど、離れて暮らしてくれ。」

 

 

きっと大喧嘩になるだろうなと思って覚悟をして言ったのですが、

意外にもこんな答えが返ってきました。

 

 

「私もその方がいいと思う。

 

子供がうるさくしているのはアナタにも良くないと思うし、

正直メールのカウンセリングだけでは食べていけるとも思ってない。

 

でも、あと半年してその仕事の収入が、

本業の収入を超えることがでないんだったら私は離婚する。

 

その覚悟があって言ったんでしょ?じゃあ大丈夫だよね。」

 

 

彼女の言うとおり、

当時はまだメールカウンセリングしかなかったため、

今のように電話やLINEカウンセリングがなかったんですよ。

 

その理由は時間制の仕事にしたら娘がまだ小さいので、

騒いだら仕事にならないということからでした。

 

そこからさらに自分の考えや今後の展望をすべて妻に話した結果、

離れて暮らすことがきまり、完全に後戻りできない状況になりました。

 

ここまでやってきたからには、もう腹をくくるしかない。

 

僕はすぐに事務所がわりになる家を探しました。

 

 

孤独と向き合わないと手に入れられないものがたくさんあった。

 

幸いにも事務所がわりの家はすぐに見つかりました。

 

今まで当たり前のようにあった家族との時間が今日からなくなる。

 

そして半年以内に成果が出ないと離婚。

 

甘える余裕なんて僕にはありませんでした。

 

それから、電話とLINEのカウンセリングをサービスに追加し、

今まで以上に独立へ向けて没頭して徹底的に自分を追い込む毎日。

 

そうすると、

1人になったことで今まで見えてこなかったものが見えてくるようになり、

ほかにも点と点がつなぎ合わさるような感覚を得ることが増えてきました。

 

これは僕の強みである「戦略性」と「着想」が作用しているのですが、

戦略性は「こうなったらどうなるか、もしくはこういった可能性はないか」という

物事の二、三手先を読む能力であり、先見性や予知力といった強みで、

着想は、本来ならつながることがないであろうものをくっつけるという強みになります。

 

僕が記事中で使うたとえ話の多くは、この着想が作用していますね。

 

孤独と向き合い、孤独を味方につけて、自分とひたすら向き合う。

 

自分と向き合うことの大切さを、初めて実感した時期でもあります。

 

それにともない1人になって三ヶ月後には、

ありがたいことに支持してくださるクライアントさんや読者さんが増えてきたこともあり、

ようやく副業でお小遣いを稼いでいると言えるぐらいの収入を得ることができました。

 

しかし、独立するにはまだまだ不十分と言える金額。

 

しかもあと三ヶ月しかない。

 

僕がやってきたことは決して間違ってなんかないはずだ。

 

「覚悟・勇気・情熱」の3つに加えて「信念」もある。

 

こうなったらとことん自分を信じるしかない。

 

 

突然起こった出来事。しかしそれは奇跡ではなく、自分が積み重ねたことの結果でしかない。

 

そして、開業してからちょうど1年が経ったころ。

 

ようやく悲恋改善アドバイザーとしての収入は本業の収入を超えました。

 

自分でも信じられないのですが、

期限前月の収入は開業1年目の収入の半分ぐらいだったんですよ。

 

何度、「来月に本業の収入を越すことなんてできないかもしれない」

と思ったことか分かりません。

 

自分の努力がむくわれた実感はものすごかったです。

 

こんな成功体験、いつからしてなかっただろうか。

 

心の底からがんばったと言える。

 

このとき、自信というのは

「自分がここまでやってきたという実感」なんだなと思いました。

 

そして現在、金額をお伝えすることはできませんが、

さらに収入があがり、かなり余裕のある生活を送ることができています。

 

 

「カウンセラー業では食べられない・・・。」

 

 

そうお嘆きの同業者さんがいるなら、

僕と同じことをすれば成功するんじゃないでしょうか。

 

 

なにかに成功したのであれば、それは自分のおかげだ。だから自信をもっていい。

 

よく、「藤本さんのおかげで変わることができました!」と

クライアントさんや読者さんに言われることがありますが、僕はそのたびに

「それは○○さんが努力されたからであって、僕のおかげじゃないですよ。」

と言っています。

 

これは紛れもない本心であり、嘘偽りはありません。

 

たとえば僕が、「成功されたのは誰のおかげですか?」と聞かれたとき、

暴挙とも言える決断をしたのにもかかわらず支えてくれた妻や、

カウンセリングに申し込んでくださるクライアントさま、

そして、いつもブログを読んでいる読者さんのおかげですと言うのがふつうかもしれない。

 

でもそれは違う。

がんばった自分のおかげだ。

 

もちろん、お世話になった人たちへの感謝の気持ちを忘れているわけではなく、

今の自分がこうやって好きな仕事で生活できているのは家族や皆さんのおかげだと思っています。

 

しかし、「成功したのは誰のおかげか」と聞かれたら、

それはどこまでいってもがんばった自分のおかげ。

 

僕にかぎらず、なにかに成功した人はみんなそうです。

 

だから自信をもって言っていいんですよ。

 

「変われたのはがんばった私のおかげだ」って。

 

なので、僕のカウンセリングを受けたり

ブログを読んだりして変わることができたのであれば、

それは僕のおかげではありません。

 

しっかりと行動してがんばったアナタのおかげです。

 

行動しない人はなんだかんだ「できない理由」を探して

いつまで経っても行動しません。

 

なので、

もっと自分のことを誇らしく思っていいですし、

もっと自分のことをほめてあげてください。

 

 

夢を叶えたいのであれば、時間を犠牲にするしかない。

 

前回から引きつづき、自分の話ばかりになって本当に恐縮ですが、

僕は別に自慢話をしたいわけじゃないですし、

「こんなに頑張ったんやで!」という苦労話をしたいわけでもありません。

 

ただ、僕の経験を通じて分かったことや感じたことを

すこしでも皆さんと共有できればと思い、お話させていただきました。

 




 

時間を使いただひたすら追求することによって得られるものは、

技術だけではありません。

 

「ここまでやってきた」という自信にもつながるのです。

 

アナタに叶えたい夢があるのであれば、

どうかストイックになってできるだけ夢だけを追求できる環境を整えてください。

 

成功している人は言わないだけで

誰しも努力をしてきた過去があるんですよ。

 

以前、とある経営コンサルタントさんがこんなことを言ってました。

 

 

「起業したいと言いながら、

恋人も趣味も遊びもすべて両立させたいとぬかすバカタレどもが

いまだに後をたたないんだよね。

 

もうアホかと。

 

もうこういう奴らには、なにから説明していいか分かんねえし、

どうせ説明したところでどうせやらないだろうから、

とっとと起業をあきらめて雇われとけって言いたいのをいつも我慢してる。」

 

 

共感しかない台詞ですが、

夢があると言いながらよそ見をしている人の夢なんてたかがその程度のものです。

 

そして、

夢があると言いながら口にも出せないような夢もその程度のものです。

 

夢をみるなと言っているのではなく、

どうしても叶えたい夢があるんだったら

夢が大きくなればなるほど捨てるものは多くなるということ。

 

いわば、「犠牲になる時間」がそれにあたりますね。

 

じゃあ色々なことを両立しながら、

夢に向かうためにちょっとずつの時間を犠牲にすれば成功するかと言うと

もちろんそんなことはなくて、

よそ見している時点で甘えが出てるから腹をくくれてないんですよ。

 

ダイエットでたとえると、

いつも食べ物の誘惑に負けている人が痩せられないのと同じようなもの。

 

夢を描いたとき、それを達成したいのであれば、

夢の大きさに合わせてストイックにならないといけないということです。

 


 

以上で「追求心」に関する記事を終わりにしたいと思います。

 

最後の方は起業についての話が多くなりましたが、

察しのいい方であればすべての物事はつながっていると

理解されたのではないでしょうか。

 

追求心なくして、なりたい自分になることはできない。

 

追求心なくして、コンプレックスを解消することはできない。

 

追求心なくして、技術を手に入れることはできない。

 

追求心なくして、夢を実現することはできない。

 

追求心なくして、自信をつけることはできない。

 

追求心なくして、自分の望む幸せを手に入れることはできない。

 

ということです。

 

アナタがすこしでもなりたい自分になれることを

僕は心より応援しております。

 

 

最後にご希望にお答えして。

 

5月14日のラブズカフェin東京にお申し込みいただいた皆さま、

本当にありがとうございます。

 

僕の想像を上回るスピードでソールドアウトになってしまったので、

申し込みができなかった方々からコメントやお問い合わせにて

悲鳴の声があがっていました。

なので5月15日も同会場にて、

ラブズカフェ2Day目を開催することをここに宣言いたします。

 

さすがに2日目はそんなにすぐ売り切れることはないでしょうが、

また同じことが起こらないように事前に告知させていただきました。

 

申し込み開始は4月2日21時半からを予定しておりますので、

参加をご希望される方々は念のため早い目のお申し込みをご検討いただければ幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【素を出してモテる人】自然体自然体って僕はうるさいけども、素を出せばいいってもんじゃないんだよ。【モテない人】

「セミナーとか自己啓発本頼りで人生うまくいくんだったら皆そうしてるよ論。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ