☆前編後編はコチラ☆

【現代人って】仕事が忙しすぎる彼との付き合い方。前編【大変ね】

【現代人って】仕事が忙しすぎる彼との付き合い方。後編【大変ね】

 

 

今回のブログでは、

「仕事が忙しすぎる彼との付き合い方・番外編」といたしまして、

前編後編で書ききれなかったことや

公開してから新たに感じたことなどをお話させていただきます。

 

このシリーズはありがたいことにかなりの大反響をいただきまして、

記事を参考にしていただいた方も多くいらっしゃるようです。

 

それでは早速まいりましょうか。

 

 

昔の人は今より時間があったということを忘れてはいけない。

 

かつて、

「花金」「アフター5」「五時から男」という言葉があった時代。

 

その時代を生きてきた大人たちは、

確実に今よりも時間がありました。

 

定時で帰れる会社の方が圧倒的に多かったでしょうし、

鈴木雅之さんと菊池桃子さんが

「渋谷で5時」というデュエット曲まで出すぐらいです。

 

しかも、趣味も今ほど多様化していないため、

娯楽がかぎられていました。

 

その中でも一番、趣味になりやすかったのが「グルメ」。

 

することないし飯でも食おうや

酒飲もうやという感じだったかは分かりかねますが、

グルメが趣味になりやすいということは

恋愛もセットになりやすいということなんですよ。

 




 

そして、女性がよく言う

「好きだったらふつう○○してくれるはず」というこの台詞。

 

これは昔の男性に時間がある人が多かったから

その分、女性にかまう時間があっただけであって、

当時から忙しくしている男性にこの台詞は通用しなかったはずです。

 

もちろん、忙しくしている男性の中にも

好きな女性に対してはちゃんと時間をつくるという人も存在しますが、

この部分は完全に人によると思った方がいいでしょう。

 

今、アナタの好きな男性が付き合っていようがいまいが

たくさん連絡をくれるのであれば、

それは愛されているからではなく、ただ暇なだけかもしれません。

 

僕自身、20代のころは自他ともに認める超絶マメ男でした。

 

気に入った女性とは毎日、

何往復もメールのやり取りをしていたものです。

 

場合によっては数時間、電話をすることもありました。

 

だがしかし。

 

当時と同じことを好きな女性にやれと言われても絶対にムリです。

 

時間的な余裕がないこともありますが、

スイッチが切り替わらないんですよね。

 

やりたいことややらないといけないことが沢山あるし、

そんなことしてる場合じゃねえんだよということです。

 

仕事に情熱をそそいでいる忙しい男性は、

僕みたいなタイプの人が多いのではないでしょうか。

 

それにしても20代のときの僕は相当暇だったな。

 

 

決して悪くない男性なのに、なにか物足りなさを感じるそのわけ。

 

よく、ひどい男性に引っかかってしまい、

その人との恋愛につかれてしまって

「次は誠実な人と付き合いたい」と思って、

運良く誠実な人とお付き合いができたのにもかかわらず、

「なにか物足りない」と思って

結局うまくいかなかったという話をよく聞きますよね。

 

たしかに女性は、

浮気しない誠実な男性が好きなのではなく、

浮気しそうなのにしない誠実な男性が好きな人が多いのは事実。

 

ただ誠実で真面目なだけの男性に、

心ときめかない女性の方が多いのではないでしょうか。

 

たまに、

「連絡もたくさんくれるし、会う頻度も多いし、

ルックスもかっこいいんです。

でもなぜかそこまで好きになれないんです。」

というご相談をいただくのですが、

僕はその度にこの質問をしています。

 

 

「その人って、仕事か将来の夢か趣味のどれかを好きで頑張ってますか?」

 

 

そうすると、大体こんな答えが返ってきます。

 

 

「仕事は辞めたいとかそういう愚痴が多いです。

 

将来の夢は・・・う~ん、聞いたことないですけど、ないかもしれません。

 

趣味もとくにあるわけじゃないですね。」

 

 

それが好きになられへん理由やで?

 

仕事を頑張ってるわけでもない、

将来の夢があるわけでもない、

趣味すらもない、

そんな男になんの魅力があるねんという話です。

 

ちなみに言うまでもなく、

これにすべて該当する女性にも魅力はありません。

 

仕事、将来の夢、趣味、この3つを頑張っていない人って、

過去の出来事と今日あった出来事しか話すことがないから

会話に中身はないし、話すことがいずれ底をつくんですよ。

 

暇ですることがない男性に

いくら時間をつかってもらおうと

「この人、ほかにすることがないのかな?」

と無意識に思ってしまうのではないでしょうか。

 

 

表面的なやり取りで薄くつながることに、男は価値を見いだせない。

 

好きな男性に送る正しいLINEのやり方と現実を教えてやんよ。

でもお話しましたが、

多くの男性が女性がのぞむような

細やかなLINEのやり取りを面倒に感じています。

 

昨日どこどこ行ってきた、

今日なに食べた、

あとでなになにする、

友達の○○ちゃんがどうこう。

どうでもええわ!

 

お互いの内面に触れていない表面的なやり取りをいくら続けていても、

残念ながらそれは情報の共有をしているだけにすぎず、

コミュニケーションはほとんど深まっていません。

 

彼も最初はLINEの返信をくれていたのに、

それが少なくなってきたとお嘆きの女性は、

表面的なやり取りに終始していなかったか考えた方がいいでしょう。

 

女性は表面的なやり取りであっても

好きな男性から連絡が来ると喜ぶ人が多いですが、

ほとんどの男性にとってはそれが続けば続くほど不毛に感じてしまいます。

 

とくに、人間という生き物は同じ刺激が続くとそれに慣れてくるので、

発展性のない同じようなやり取りを続けていれば

連絡の頻度が減ってくるのは当然なわけです。

 




 

中でも多いのが、

「彼とのやり取りを楽しむ」ために連絡をとっていたのが、

だんだんと話すことがなくなってきて

「なんとかしてつながること」が目的になっているケース。

 

このとき、女性側がすでにメッセージを送ることを

負担に感じてしまっていて、

楽しさを見い出せなくなっていることが多いです。

 

なので、こういった場合は思い切って一度、連絡をやめた方がいい。

 

なぜなら、相手もほぼ確実に楽しくないと思っているから。

 

とくに忙しい男性に対しては

薄くつながることになんの意味もありません。

 

付き合っていようがいまいが

「忘れられるのが怖いから」という理由で

対して中身がないようなメッセージを送ってこられても、

いずれ疎ましさを感じるようになり

返すのが面倒になって逆に印象がわるくなります。

 

忙しい男性に対し、

なんとか自分のことを思い出してもらおうと

ねぎらいのメッセージを送る女性もいますが、

これもあまりいただけない。

 

なぜなら、ねぎらいメッセージのほとんどの場合が、

相手のことをねぎらってるつもりでも

「返信してね」という下心が文面に出ているから。

 

たとえばこんな感じです。

 

 

 

「久しぶりー!

 

毎日お仕事おつかれさま(^^)

 

前にすごく忙しいって言ってたけど、

体調こわしたりしてない?

 

休めるときはゆっくり休んでねー!」

 

 

かまってほしいのバレバレやからな?

 

ちゃんと相手のことをねぎらいたいなら、

こんな感じで送ってみましょう。

 

 

「久しぶりー!

 

毎日お仕事おつかれさま(^^)

 

この間おしえてくれた○○って映画みたよー!

 

語りたすぎるぐらい超おもしろかった笑

 

教えてくれてありがとう(*^^*)

 

前にすごく忙しいって言ってたけど、身体こわさないようにね!

 

返信不要です✋」

 

 

ポイントは、相手がすすめてくれた

「やってみ?」「行ってみ?」「食ってみ?」「見てみ?」を

実践した報告に交えて軽くねぎらいを入れ、

最後には忙しい相手への配慮として「返信不要」と入れておく感じです。

 

これで相手のタイミングと気分が合えば返信してくれますし、

返信がなくとも悪いようには受け取られないでしょう。

 

無理やりこじつけたようなかまってほしいのがバレバレの

ねぎらいメッセージを送ってこられるよりははるかに好印象です。

 

 

女性だって忙しすぎたら恋愛のこととか考えられなくなる。

 

忙しすぎる男性を好きになったクライアントさんから

よくいただくご質問があります。

 

 

「どれだけ忙しくても、返事ぐらい返せないものなんですか?」

 

 

その答えは、完全に人によるのと、

女性への気持ちの入り具合によって変わってきます。

 

なので、忙しすぎたら連絡を返さなくなる人ならば

どれだけアナタのことが好きであっても連絡無精になってしまうということです。

 

男性は、家に帰ってきたらその日あった出来事を

無意識に頭の中で整理するため、

ぼーっとするという習性があります。

 

これが「結婚したら旦那が無口になった」の正体なんですが、

忙しさに応じてこのぼーっとする時間が変わってきますね。

 

女性からすると、

「家に帰れば連絡する時間ぐらいあるのでは?」と思われる方も多いでしょうが、

忙しすぎるとこのぼーっとする習性のせいで頭が切り替わらない男性が多いですね。

 

 

以前、僕がカウンセリングをした中で3本の指に入るぐらい

忙しい男性とお付き合いされているクライアントさんがいたのですが、

最初のお申込み時は

「忙しすぎる彼氏となんとかして距離を縮めたい」というご相談内容でした。

 

しかし、2回目にお申し込みいただいたときは

ご相談内容がガラリと変わっていたんですよね。

 

 

 

「忙しい部署に配属されてから、

秒単位を競う仕事になってしまい

疲れすぎて休日もなにもする気が起きません。

 

彼氏のことも考えられなくなりました。

 

今なら彼氏の余裕のなさが分かります。」

 

 

 

男性は同時進行で2つ以上のことを考えられないので、

たとえばその人のキャパが100だとしたら

100を超えた時点でほかのことを考えられなくなる人が多いです。

 

女性の場合はキャパが100だとしてその許容量を越えても

ある程度は新しい情報を100のキャパに融合させることができる人が多いですが、

女性でも多忙をきわめてしまうと前述したクライアントさんみたいな状態になるのです。

 

とはいえ、いまいち感覚が分からない人が多いでしょうし、

忙殺されている男性がどのような状態かお話させていただきましょう。

 

アナタの仕事がものすごく忙しいときに

実家の方で大きなトラブルが起き、

しかも同時に過去のトラブルまで勃発して

毎日、振り回されまくっていたとします。

 

そんな状態のときにほかのことを考えられますか?

 

ここで「ふつうは好きな人に癒やしを求めるはず!」という女性は、

トラブルとちゃんと向き合ってないだけやで?

 

しかも付き合っていない関係性であれば、

恋愛感情を抱いていない相手のことを考えるのは

ほぼないといっても過言ではありません。

 

男性は1つのことしか考えられない性質上

たとえ余裕がない理由が仕事上の忙しさだけだったとしても、

仕事をしている以上、責任もプレッシャーもつきまといますし、

異性のことに頭が回らないのは当然のことと考えていいでしょう。

 




 

ちなみに、男性特有のこの性質は

同時に複数の物事を考えられる女性からすると

意味が分からない人が多いみたいですね。

 

分かりやすく説明すると、

男性の脳みそはダムのようなもので

貯水量を越えると新しい水は入ってきません。

 

この水を「考えなければいけないこと」と過程すると

ダムのキャパを超えた場合、

新しくできた「考えなければいけないこと」は

垂れ流し状態になってしまうわけですよ。

 

前述したように女性はキャパ超えしても、

ある程度は新しくできた考えなければいけないことを融合できるのですが、

男性にはそれができません。

 

なので、相手に余裕がないときは

「キャパに隙間がないから私のことを考えられないんだ」

と思うようにしてみてください。

 

たとえば、ブラック企業に勤めている人でよく聞くのが、

帰宅したら玄関に座りこんでしばらく動けない、

もしくはそのまま気を失うように寝てしまうというもの。

 

もしブラック企業につとめていなくても、

男性にかぎらず女性でも忙しすぎると

これに近い状態になるのではないでしょうか。

 

後編に続きます。

 

 

☆続後編はコチラ☆

【現代人って】続・仕事が忙しすぎる彼との付き合い方。前編【大変ね】

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「飽きられる女性と飽きられない女性の決定的な違いを教えてやんよ。」

【踏んではいけない男の地雷】悲しいけれど離れなきゃいけない恋もあるんだよ。【ぜんぶ教えてやんよ】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ