相手の恋愛遍歴を知っておいた方がいい理由。

 

僕はカウンセリングでかならず

お相手の男性の恋愛遍歴をクライアントさんから聞くようにしているのですが、

これにはれっきとした理由があります。

 

たとえば仕事の忙しさが理由で元カノに振られている過去がある場合。

 

その男性は仕事が忙しくなると連絡無精になり、

今後の恋愛でも同じことを繰り返す可能性が高いからです。

 

 

「でも、私と付き合ったらそんなことないかもしれない!」

 

 

自分だけは特別だとは思わない方がいい。

 

恋愛感情どうこうよりも、

人間はそれまでつちかった習慣を

そう簡単に変えることはできないのです。

 

仕事で忙しくなると連絡無精になる男性は、

「忙しくなると連絡を返さない」ということが習慣になるので、

「忙しくても連絡する」という習慣が根付かないかぎりは

ずっとそのままなんですよ。

 




 

しかも、日常に新しく取り入れる行動習慣というものは、

「このままではダメだ」と本人が自覚して

意識してなおさないかぎり今のまま変わることがないと思った方がいいでしょう。

 

元々が連絡無精なうえに時間の調整ができない仕事で忙しくなると、

気がつけば3ヶ月も彼女に連絡していなかったという男性も存在します。

 

僕はどれだけ忙しくても24時間以内にきた連絡は返すようにはしていますが、

これは元々僕がマメだったことの名残でもあり

自分で時間を調整しているからこそできることです。

 

そんな僕からしても、「3ヶ月忘れるとかありえないだろ」と思ってしまうのですが、

これは僕の主観であり、人それぞれ生きてきた環境や価値観、習慣はちがうので

忙しくなってきたときの対応は人それぞれまったく違うと思ってください。

 

 

癒やしを求めているうちはまだまし。求めなくなってきたらそれはヤバイ証拠。

 

前編で「忙しすぎて癒やしが足りない」と言う男性の台詞のほとんどが

癒やしがほしいのではなくストレス発散をしたいだけと書きましたが、

もちろん忙しいからこそ物理的な癒やしを求める人も存在します。

 

それが、人肌だったり場所だったり物だったり、それは人それぞれ違いますが、

忙しくて癒やしを求めているうちはまだ元気な証拠なんですよ。

 

「求めたい気持ち」がありますからね。

 

しかし、忙しすぎる男性が癒やしを求めないようになると、

それはいよいよヤバいサインかもしれません。

 

相当メンタルがやられていて

自分のことすらまともに考えられていない状態です。

 

いわゆるうつ病をわずらった状態になるのですが、

初めてうつになった多くの人が自分をうつだと認めたくなかったり

自分はうつ病にかからないと思いこんでいるので、

「疲れすぎているだけ」といった感じで目を背けてしまうんですよね。

 

もし、うつ病にかかっていなかったとしても、

メンタルがやられすぎている状態の男性に

できることはほとんどないと思ってください。

 

この場合、寄り添いは通用しません。

 

できることは放置なんです。

 

なぜなら、自分のことすらまともに考えられない状態のときに

他人のことを考えられる余裕がないからなんですよ。

 

相手の男性のことを思うのであれば、

どうかそっと見守ってあげてください。

 

 

坂上忍思考になる男性がいるという事実。

 

毒舌キャラとして今やテレビで見ない日はないぐらいの

人気タレント、坂上忍さん。

 

坂上さんが若かりし頃、彼女と同棲していたらしく

その女性の作る手料理がものすごく美味しかったんだとか。

 

美味しすぎる彼女の手料理をたくさん食べて

以前より太ってしまった坂上さんはある日、こう考えました。

 

 

「コイツといたら俺はもっと太ってしまう。

 

別れよう。」

 

 

そう決意して本当に彼女と別れたんだとか。

 

結構いろんな番組で坂上さんが話されている有名なエピソードなので

ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

この話をテレビでする度に坂上さんは共演者から非難を受けるのですが、

こういう思考になる男性って彼以外にも存在するんですよ。

 

たとえば、

仕事がトラブル続きでうまくいっていない男性がいるとします。

 

このとき、男性に交際相手がいる場合

こんな思考になる人が存在するんですよね。

 

 

「俺の仕事が上手いっていないのは

コイツ(彼女)がいるからかもしれない。」

 

 

どえらいとばっちりです。

 

僕はこれを「坂上思考」と呼んでいるのですが、

今の自分に一番不必要なものを排除することによって

体制を立て直すという考え方なんですよ。

 

今でこそ少なくなったかもしれませんが、

女性が男性によく言う台詞の1つに

「私と仕事、どっちが大事なの?」

というものがありましたよね。

 

「そんなもん仕事じゃ!」

と即答で答えたいところを我慢して言わないだけで

どちらが大事か女性に選択を迫られた男性のほとんどは

心の中で仕事を選択しています。

 

そんな大事な仕事が上手くいっていない場合、

ほとんどの男性が恋愛のことを考えられなくなるんですよ。

 

そうすると、彼女のことを考えるぐらいだったら、

その余裕を仕事のことに回したいと考えるわけです。

 

限りなく言い方を悪くすれば

「彼女の存在が邪魔になった」ということですね。

 

過去に仕事の忙しさや不調が原因で

恋人に別れを宣告されたことがある女性のほとんどは、

相手の男性が「坂上思考」になったと考えていいでしょう。

 

 

GACKT思考になる男性もいる。

 

ストイックの代名詞とも言えるGACKTさんですが、

彼の有名なエピソードとして

「ソロになったとき売れるために大好きな白米を断った」

というものがあります。

 

この考え方は、

「なにかを得るためには同等の代価が必要」という等価交換の原則でもあり、

自分にとってのなにか大事なものを犠牲にすることによって自分を追い込み

成功を手にするという験担ぎでもあります。

 

僕はこの考え方を「GACKT思考」と呼んでいるのですが、

この思考になる男性は意外に多いのではないでしょうか。

 

ようするに、

「自分が思う成功を手にするまでは恋愛しない」

ということです。

 

男性に告白して

「仕事が落ち着くまでは恋愛しない」という理由で交際を断られた女性は、

相手の男性が「GACKT思考」だったか、

もしくはまったく脈がなかったかのどちらかだと考えた方がいいでしょう。

 

ちなみに、この考え方になると下記のような状態になります。

 

 

なにかを成し遂げたい人は恋愛なんてしている暇がないということ。

 

追求心あるものが自信をもつことができる。その理由を教えてやんよ。後編

で、開業当初は妻と離れて暮らしたことがあると書きましたが、

その期間はほとんど連絡をとったり会ったりもしませんでした。

 

くわしく覚えてはいませんが、

連絡は月2回程度、会ったのは半年の間で3回ほどじゃないでしょうか。

 

このときは毎日、

とにかく悲恋改善アドバイザーとして独立することしか考えていなかったので、

時間が経つのが異様に早かった気がします。

 

前述した「気がつけば3ヶ月も彼女に連絡していなかった」という男性のように、

僕も「気がつけばもうこんなに時間が経っていた」ということを身をもって経験しました。

 

当時の僕は傍から見たら完全に父親失格ではありますが、

僕の座右の銘には「終わりよければすべて良し」なので、途中経過がどうあっても

最終的に家族が上手くまわるならそれでいいと思ってたんですよね。

 

がんばった結果、

おかげさまで独立することができたのですが、

当時を振り返って思ったことは

「なにかを成し遂げたいなら一点集中で夢を追い、よそ見をしないこと」

なんですよね。

 

すごく言い方がわるいですが、

「おねえちゃんのケツ追っかけてる暇なんてねえんだよ」

ということです。

 




 

というか、なにか成し遂げたい夢があるのに

恋愛にうつつを抜かしてる男性は成功しません。

 

クライアントさんの中でも

自営業を営まれている方はたくさんいらっしゃるのですが、

「私もかなり忙しかったときがありましたが、

そのときは恋愛のこととか考えられませんでした。」

と仰る方が意外に多かったんですよ。

 

中でも、クリエイター業にたずさわる方であれば、

時間の流れがものすごくはやいことを

日々実感されているのではないでしょうか。

 

僕自身もそうなのですが、

ブログ記事を書いたり漫画を描いたりしていると、

気がつけば3時間以上も経過していたなんてことはざらにあります。

 

自分の中からなにかを生みだすという創造行為は

没頭しやすくトランス状態に入りやすいので、

そういった現象が起こるわけです。

 

これが毎日くり返されることによって、

「気がつけば○日も経っていた」ということが起こるんですよ。

 

ということは、

「なにか成し遂げたい夢」があって、その夢が

「クリエイティブ」な仕事という掛け合わせだと

時間の流れはさらに早くなると思った方がいいでしょう。

 

叶えたい夢のことばかりをいつも考えて、

創造するときは制作作業に没頭する。

 

そりゃあ、恋愛のことを考える余裕がなくて当然です。

 

もし、アナタの好きな男性になにか成し遂げたい夢がある場合、

なんとかしてつながろうと思うのではなく、

本当に好きなのであれば、そっと見守ってあげてください。

 

 

 

「でも!私が見守ってる間にほかの女の子に目移りされたら困る!」

 

 

ええか?

そんなしょうもないこと言うてるから、

相手にしてもらえへんねんで?

 

そういうことを考えてる女性の思考って、

いくらねぎらいのメッセージを常日頃おくっていたところで、

「コイツは俺の成功を望んでるんじゃなくて、

そんなことはどうでもいいんだろうし

ただ俺が側にいてほしいだけなんだろうな。」

ってバレてるから。

 

男はバカだけど、馬鹿じゃないんですよ。

 

とは言っても、

夢を追いかけてる途中に恋愛にうつつを抜かすような人であれば

その程度の男性ということなので、

青田買いしたいのであれば付き合わなくて良かったということです。

 

 

忙しすぎる男性と付き合っている女性にはこの曲を聞いてほしい。

 

恋愛をおろそかにしたいわけじゃないけれど、

忙しすぎるあまり恋愛にかまけてる場合じゃないという

男性心理をもろに表した楽曲があります。

 

それが、

沢田研二の「サムライ」です。

 

 

まぎれもないスーパースターとして

一世風靡をしたジュリーこと沢田研二さんではありますが、

今ではすっかりお年を召されて恰幅が良いおじさんになりましたね。

 

ご本人も、

「昔はジュリー、今はオジー。」と言っているぐらい。

 

そんなジュリーのサムライはどういう曲かを簡単に言いますと、

主人公には一緒にいたら絶対幸せになれるだろうなと思うぐらいの

ジェニーというイイ女の代名詞みたいな女性がいるのですが、

「男には戦わないといけないときがある。だから行くよ。」

と男性が女性を置いて戦いに行く歌です。

 

女性がサムライの歌詞を見ると

「はあ?男って意味わかんない!」と言ってしまう人が多いでしょうが、

「それが男にはできないのだよ」と歌詞にもあるとおり

理屈ではなく本能の部分になってしまうので、

一言で言うと「しょうがねえじゃん。そんな器用じゃないんだよ。」ということなんですよ。

 

なのでアナタの恋人がなにかに向けて戦いに行くときは

彼が最善の力を尽くせるように、

精一杯イイ女を演じて見送ってください。

 

満身創痍になったとき、

ちゃんと帰れる癒やしの場所があると分かっていたら

男は坂上思考にならないから。

 




 

ちなみに、サムライのサビの意味が分からないという方が多いと思いますので、

僕なりに解釈してみました。

 

なにかと戦うために片手にピストルを持ち、

心には花束(大事な女性)を抱き続け

戦う前に自分を鼓舞させるために強いお酒(火の酒)を飲み

それらすべてが人生となり背中に表れる、

という感じではないでしょうか。

 


 

以上が、仕事が忙しすぎる彼との付き合い方・番外編です。

 

後編の最後でお話しましたが、結論を言いますと、

仕事が忙しすぎる人とどう付き合っていくかを考えるよりも、

自分が不安にならないためにどうやって日々の時間を考えた方がいいでしょう。

 

よく、

「仕事がはいったからという理由で、

デートをドタキャンされるんです。

私に会いたくないんでしょうか?」

と言う女性がいますが、

ちょっとよく考えてみてほしい。

 

自営業者ならある程度、

時間のコントロールができるかもしれないけれど、

誰かに雇われている男性であれば残業が当たり前の職場である場合、

帰りたい時間に帰るということができないんです。

 

自営業者であっても、

仕事の内容によっては時間のコントロールができない場合があるんですよ。

 

現代人の仕事は急に入ってくるものであり、

仕事が忙しくなることはあっても

落ち着くことはほとんどないということを忘れてはいけない。

 

なので、間違っても

「いつもドタキャンするけど、私に会いたくないの?」

なんて言ってはいけません。

 

 

 

「はあ?

俺だって時間あったら休みたいしゆっくりしたいし、

仕事のこと考えずに過ごせる時間ほしいわ!」

 

 

よほどアナタに対して脈がないか

仕事が好きすぎて休みがいらない人を除いて、

忙しすぎるほとんどの男性がこう思うのではないでしょうか。

 

僕も大概、仕事が大好きだけど、

時間があったら仕事のことをなにも考えず

ゆっくりしたいって思うもんなあ。

 

だから、自分の主観で勝手に

「私に会いたくないんだ」なんて思わないこと。

 

忙しすぎる男性だって、

仕事以外のことをする時間がほしいと思っていることを忘れずに。

 

 

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「飽きられる女性と飽きられない女性の決定的な違いを教えてやんよ。」

「追求心あるものが自信をもつことができる。その理由を教えてやんよ。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ