恋愛が上手くいかないのは、自分を「選ばれる立場」に追いやっているからだ。

 

それでは、すべての対人関係において選ばれようとすると

どういう現象が起こるのかをお話いたしますね。

 

まず、アナタという人物を100という数値で表します。

 

そこでアナタの目の前に、

「この人に良く思われたい」という人物が現れたとしましょう。

 

相手に好かれようと自分を押し殺し、

50しか自分を出せなかったとしますよね。

 

そうすると、自分を出せなかった残り50の部分は

アナタは相手に合わせるために無理を強いられることになるわけです。

 

もちろん、職場などでは上司が望む理想の部下を演じていると

気に入ってもらいやすくはなりますが、

これが恋愛の場合だと無理をした分、相手には違和感しか伝わっていません。

 

なぜなら、自分を出さずに封印するほど

相手にはアナタの性格や人となりが正確に伝わっておらず、

無理をしているということは素を出していないということなので

「なんか違うんだよな」と思われやすくなるんです。

 

しかも、無理をした分は違和感として相手に伝わるだけではなく、

その相手との関係においてストレスを感じる原因を

自分で作っているという結果になります。

 

これが、対人関係で起こるストレスの正体なんですよ。

 




 

恋愛においてのストレスというのは

以下のような不安と恐怖になりますね。

 

 

「彼から連絡が来ないけど、私きらわれるようなことしたのかな・・・。」

 

「ぜんぜん私のこと誘ってくれないけど、私に興味ないんだ・・・。」

 

「なんか今日会ったとき素っ気なかったけど、彼はきっと私と会いたくなかったんだ・・・。」

 

 

自分に自信がないから

相手に嫌われることを恐れて自分をさらけ出せず、

相手に合わせて作った自分さえも自信が持てないから

こういうストレスを感じるわけです。

 

カウンセリングでよく

「彼がなにを考えているのか分かりません。」というご相談をいただきますが、

背景を詳しく聞いていると女性側が素を出してないせいで

相手もまったく同じことを考えているということが多々あります。

 

「コイツ、なに考えてるか分かんねえな。」

と相手にも思われているということです。

 

そりゃそうでしょう。

 

先ほどの例を出すと、自分を50しか出してないんだったら

相手は50以下のアナタしか分からないんですから。

 

素を出してくれない相手に見せる本音なんてありません。

 

昔からよく言われているように、

「相手と仲良くなりたいんだったら先に自分の心をオープンにしましょう」

というやつです。

 

自分を出せないまま相手と接していると

お互いが腹の探り合いのような状態になり、

その状態でいる間はいつまで経っても

お互いが心から安心しあえる関係性にはなりません。

 

 

とはいえ、

腹の探り合い状態ならまだましかもしれないですね。

 

なぜなら、自分を押し殺して相手に合わせた分だけ

相手が調子にのって理不尽な要求をするケースも

同じようにたくさんあるからです。

 

「嫌だな」と思っているのに、

相手に嫌われたくないから自分を押し殺して

相手の要求を受け入れる。

 

自分が不快に感じる要求を受け入れれば受け入れるほど

どんどん相手は調子に乗っていくわけです。

 

実はこれ、すべての対人関係に当てはまるんですよ。

 

男性に都合よく扱われまくっている女性も、

奥さんから過剰な束縛をされている男性も、

友達のあり得ないワガママにいつも付き合わされている人たちも、

すべて原理は同じです。

 

周りから見れば、

「もうそんな相手とは離れた方がいい」としか

思えないような関係性ですが、

これは相手を助長させている当事者にも

思いっきり原因があります。

 

どういうことかと言うと、

「超えちゃいけない一線を受け入れてしまった」からなんですよ。

 

相手に嫌われたくないとか相手を怒らせたくないとか

いろいろ理由はあるでしょうが、

これも「相手に選ばれよう」という思考が元になっています。

 

 

相手に嫌われたくない

自分が我慢して相手に合わせていれば

相手が受け入れてくれるかもしれない

 

相手を怒らせたくない

自分が我慢して相手に合わせていれば

相手が機嫌よくしてくれて

自分を受け入れてくれるかもしれない

 

 

こうやって我慢して相手の理不尽な要求を受け入れていると

いずれ「受け入れること」が「習慣」になってしまい、

「超えちゃいけない一線」がどこなのか自分でも分からなくなってしまうんですよ。

 

そしてこの一線は、

「自分の尊厳を放棄するライン」なんです。

 

自分の尊厳を放棄しないと受け入れられない要求を飲んでしまったとき、

もうすでに相手との関係性は対等ではなく

ただの主従関係に成り下がっていると思った方がいいでしょう。

 

 

今現在、素を出せずにいて相手との関係性が上手くいっていないのであれば、この先も上手くいくはずなんてない。

 

相手の男性から嫌われるのを恐れて素を出せない女性は多く存在しますが、

今現在、自分を押し殺して関係性がうまくいっていないのであれば

この先もずっと上手くいくことはありません。

 

アインシュタイン博士も言ってましたが、

「同じことを繰り返して違う結果になることはない」

ということです。

 

なので、

残された選択肢って自分をオープンにするだけになるんですよ。

 

そこで、今のありのままの自分を相手が受け入れられないのであれば、

残念ながらその相手との関係性は最初から詰んでいたということになりますね。

 

相手との関係が終わるのが怖いのはもちろんよく分かります。

 

しかし、

言いたいことを言って終わる関係なら所詮そこまでの関係だったということなんですよ。

 

そういう関係しか築いてこれなかった自分の責任であるか、もしくは、

最初から自分と信頼関係を築くつもりがなかった人間を選んでしまった自分の責任です。

 

恋愛視点で物事を考えている人は男女問わずものすごく多いですが、

恋愛を含めたすべての対人関係を円滑にするために必要なことは

どこまでいっても「信頼関係を築くこと」なんですよ。

 

お互いが向き合い、長い時間をかけて信頼を積み重ねていく。

 

そこで初めて「信用」が生まれるんです。

 

よく、「彼のことが信用できません」という女性がいますが、

相手と信頼関係を築いていない状態では信用なんて生まれないんですよ。

 

信頼関係ができていない状態でするのは

「信用ではなくただの期待」です。

 

自分を押し殺した状態では信頼関係なんて築けないですし、

そもそもを言うと最初から信頼関係が築けないような相手を選んではいけません。

 

それは、恋愛にかぎらず仕事の取引先でも友達でもまったく同じことです。

 

どれだけ話が合おうが

どれだけ趣味が合おうが

どれだけ価値観が合おうが

土台になる信頼関係ができていないと、

その関係はもろく崩れ去ってしまいます。

 

こんな経験ないですか?

 

学生時代、話が合いまくって急激に仲良くなった友達がいて

毎日のように一緒に遊んでたけれど、

些細なことでケンカして仲が悪くなり

疎遠になったりいがみ合うようになったりしたことが。

 

今まで上辺だけの話しかしてなくて信頼関係を築いてなかったから、

こういった状況になってるんですよね。

 

逆に言うと、信頼関係さえちゃんとできていれば言い方はあるもの、

たとえ地雷になるようなことを相手に言っても大丈夫なんですよ。

 

もしそのとき相手を怒らせるような事態になっても、

「自分もそう言わせてしまう原因があったよなあ」

と後から相手も反省し、和解につながることがよくあります。

 

 

自分を封印から解いてあげることで見えてくるものがある。

 

これはカウンセリングでもよく聞く話なんですが、

都合のいい関係を続けていた女性がある日我慢ができなくなって

相手に言いたいことを言ったことによって、

「なんでこんなしょうもない男に時間を費やしてたんだろう」

と気づかれるケースが多々あります。

 

自分よりレベルが下の相手だと気が付かずに、

ルックスを含めた表面的な部分だけを見て

相手を追いかけていた場合、

選ばれようとするあまり相手の本質を見失っている女性は本当に多いです。

 




 

なぜ、こういう現象が起きるのかというと、

「相手にしてもらえないのは自分に魅力がないからだ」

という錯覚から相手に選ばれようとするあまり、

自分を相手よりも下の立ち位置に持っていこうとするからなんですよね。

 

「いやいや、アンタの方がその男よりレベル上なんやで?」

という話になりまして、

幻想から相手を神格化してしまい自分を制限してるから

相手の本質が見えなくなってるんですよ。

 

どういうことかと言うと、相手に選ばれようと無理をした分

「私のことを○○と思ってもらおう」

「××な女だと思われたくない」という意識が働くので

自分の感情にしか目が向かなくなるからです。

 

なので、無理した分だけ相手に目が向いてないということになります。

 

そこで、

「もうどうなってもいいや!」と自分を開放して

相手に言いたいことを言った瞬間、

本来の自分を全開にできるので今まで見えてなかったものが

見えるという現象が起きるんですよ。

 

幽遊白書でたとえると、

暗黒武術会決勝戦で幽助が呪霊錠をはずさないことには

戸愚呂も100%にならないのと同じです。

 

今現在、執着地獄から抜け出せない人がいらっしゃるのであれば、

勇気を出して自分を開放することをおすすめします。

 

薄々でも

「本当にこの人で大丈夫なんだろうか?」と感じていらっしゃるのであれば、

その感覚はほぼ当たると思った方がいいでしょう。

 

「大丈夫じゃない」と心が言っている証拠なので。

 

開き直らないと見えない景色ってたくさんありますよ。

 

 

選ばれようとすると、過去に固執して現実を見れなくなってしまう。

 

異性に選ばれようとする女性の特徴の1つに

「相手に期待する」というものがあります。

 

期待すると言ってもさまざまな期待がありますよね。

 

自分にかけてくれた言葉

自分にしてくれた行動

自分に使ってくれた時間

自分にくれたプレゼント

などなど。

 

一時期でも自分のことを特別扱いしてくれたことを忘れられずに、

「私が頑張っていたら前みたいに○○してくれるのでは・・・」

と相手に期待し、後退した関係性を良くするために頑張る女性があとを絶ちません。

 

実はこの期待、相手に期待してるんじゃなくて

「過去の出来事」に期待しているだけなんです。

 

過去に良くしてもらった経験があるから、

これから先も同じことをしてもらえるかもしれないという

期待が生まれるんですよね。

 

僕はよく、人と物事に期待するなと言ってますが、

とくに人に期待していいことなんて1つもないと思っています。

 

こうやって書いてしまうと

ひどく冷たいような印象を受ける女性は多いでしょうが、

そもそもを言うと人に期待するのって

「きっといい未来になる」という前提から生まれてるんですよ。

 

未来のことなんて誰にも分からないですし、

とくに人が絡む場合はお互いのそのときの気分によって

いくつもの未来の分岐点ができますよね。

 

その未来に期待して思うような結果が得られなかったとき

人は悲しみや怒りの感情を抱えて落胆するのですが、

勝手に期待された相手からするとえらいとばっちりです。

 

カウンセリングでもよく、

「数ヶ月前までは上手くいってたんです」とか

「前に好きだって言ってくれたんです」といった感じで

過去のことを引き合いに出してお話される方は多いのですが、

僕がなにを言っても現実を理解していただけない場合は

「昔は昔、今は今、そして今起こっていることが現実です。」とお伝えしています。

 

よく考えていただきたいのですが、

たとえば友達でいくら昔に仲が良かったとしても、

いくら昔にいろんなことをしてくれたとしても、

その友達が「今」覚せい剤に手をだして

暴力団の人たちとつるんでたら縁切るでしょ?という話なんです。

 

この例は極論ではありますが、

この友達の場合だと「昔」の友達とはもう違うんですよ。

 

ここで、

「以前の友達に戻ってほしい」と願って

友達を正しい道に引き戻そうと一生懸命がんばって、

「俺が間違ってたよ」と改心するのはドラマや映画の話であって、

現実はそんなに甘くありません。

 

なぜなら、

自分以外の人たちの言葉や起こる出来事に

僕たちを変える力ってなにもないんですよ。

 

ただ、自分が「どう受け止めてどう解釈するか」だけなんです。

 

たとえば僕のブログを読んで

「藤本さんのおかげで変わることができました!」

と言ってくださる女性はありがたいことに沢山いらっしゃいますが、

「変わらなきゃいけないと思ってるけど・・・」と同じところを

グルグル回って自分を変えられない女性も同じようにたくさんいらっしゃると思います。

 

この両者の違いは、

前者は「私、もっと頑張って変わらなきゃいけない!」と解釈して、

後者は「言ってることは分かるんだけど・・・」と解釈しただけです。

 

なぜ、こういった解釈のちがいが生まれるかというと、

「今まで積み重なった考え方の癖」と「そのときの気分」なんですよ。

 

性格はあまり関係ありません。

 

相手の言葉に自分を変える力がないその最たる例として、

自己啓発セミナーに行って涙するぐらい感動して

「自分を変える!」と決意した人が、

1週間経ってもなにもしてないとかが当てはまりますね。

 

とはいえ、自分以外の人の言葉に自分を変える力はなくても

言葉は心に引っかかりをつけることはできるので、

この引っかかりがないと人は言われた言葉の意味を考えることができません。

 




 

少し話がズレてしまいましたが、

過去の出来事に期待してそのときの相手の気持ちを取り戻そうとしても

同じ人なんだけど過去のその人は現実にはもういないわけで、

「前に自分を特別扱いしてくれた人」という前提で相手のことを今も見ているから

いつまで経っても現実が見れないわけです。

 

現実は過去が積み重なったものではありますが、

好きな男性との過去の出来事に期待してしまう女性は

現実は「今」が死ぬまで続いているということを忘れてはいけません。

 

現実は「今」にしかないんです。

 

過去の思い出を美化してそこに執着するから現実を見れないんですよね。

 

 

現実を見れていない人はこんな考え方をする。

 

ここで、現実を見れてない人の考え方をお話させていただきます。

 

たとえば、借金が300万あったとしますよね。

 

ここでの現実は「借金300万ある」なんです。

 

でも現実を見れてない人はこんなふうに考えます。

 

 

「この借金だりいなあ。

 

もっと減らないかなあ。

 

なんとか払わなくていい方法ないかなあ。

 

自己破産するのも金額的になあ・・・。

 

今月苦しいからせめて今月の分だけ払わないようにできないかなあ。

 

あ、融資してくれた人、優しそうだったし一度言ってみようかな!

 

いや、でもなあ。そんなの無理だよなあ。」

 

 

という感じです。

 

いくら自分にとって都合のいい方法を考えたところで

それはただの「解釈」にすぎず、

現実は「借金が300万ある」なんですよ。

 

なので、借金があるという現実を受け止めて

「その上でどうするべきか」という「建設的な方法」を考えないことには

いつまで経っても現実を受け入れられないんです。

 

たとえばこれを恋愛でたとえると、

セフレとすごく仲が良くてしょっちゅう連絡もとってるし好きだとも言ってくれる、

でも「付き合ってくれない」としましょう。

 

この場合、現実は「付き合ってない」になりまして、

仲が良いとか連絡をたくさん取ってるとか好きと言ってくれたことは

すべて「過去の出来事」となります。

 

だって「今」は1秒後には過去になりますからね。

 

現実は現実であって「解釈は現実ではない」ということです。

 

 

それでは後編に続きます。

 

 

☆後編はコチラ☆

相手に選ばれようとするから恋愛がうまくいかねえんだよ。ぜんぶ自分で選べよ論。後編

 

 

~藤本シゲユキソロセミナー・ラブズカフェ~

平成29年11月5日(日) ラブズカフェ1st@福岡

平成29年11月25日(土) ラブズカフェ1st@名古屋

 

~テーマ~

「人生に最短ルートはあってもショートカットは存在しない。」

 

・自分に合う人、合わない人の見分け方

・なぜ好きな人にモテないのか。それは自分の強みと弱みを知らないからだ。

・異性との距離感についての考察

・対人コミュニケーションを深く掘りさげて考えてみた。

・自分に引け目を感じる必要はない。価値観と感性の幅が恋愛と対人関係に大きく作用する理由。

・引き寄せの法則は実在する。その理由を論理的に紐解いてみた。

・潜在意識の使いこなし方

・自信をつけるための最短ルート

・教えて!藤本先生♡

 

 

平成29年11月26日(日) ラブズカフェ2nd@東京

 

~テーマ~

「イイ女になって、選ばれる女性から自分で恋も人生も選ぶ女性になる。」

 

・恋愛指南書ばかり読んでいて恋愛が上手くいかない女性と読まないけれど上手くいく女性の違いとは?

・恋愛視点で自分を意識してもらうための法則

・モテる女性に共通している8つのこと

・恋愛7大原則の1つ、「理解する」は実はもっと奥が深い。

・相手の内面に踏み込むための12の質問

・断捨離と部屋の掃除は自信をつけるための第一歩。その理由を量子力学的に教えてやんよ。

・毎日楽しそうに過ごしている人と、生きづらさを抱えて過ごしている人のベースにあるものの違い。

・過去の失敗や出来事から立ち直れない女性へ。それは「神様の再テスト」と「神様トラップ」なんだよ論。

・教えて!藤本先生♡

 

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【コミュニケーションは】恋愛で自分の素を出せないのはめっちゃあかんで論。【口に出すことでしか深まらない】

【我慢してしまう】尽くしすぎてしまう自己犠牲な女性たち。【言いなりになってしまう】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ