気づき・学び・発見の「3点メリット」とは一体なんなのか?

 

僕たちは対人関係を通じてでしか

自分を知ることはできません。

 

なぜなら、この世に生を受けて自分以外に人がいなければ

比較対象がいないから自分のことを知る術がないんですよ。

 

もちろん、自己啓発書などの自分を向上させる本を読んで

自分を知ることは可能ですが、

それは自分と比較する人たちがあって成立することであり

そういった本を読んでいるとき、

頭の中で誰かをイメージしていることがかならずあるはずです。

 

だからこそ、

対人関係を通じてでしか自分を知れないということなんですよ。

 




 

では具体的に自分を知るとはどういうことか、

お話させていただきましょうか。

 

 

・自分はどういった性格なのか

・自分の悪い部分はなんなのか

・自分に合う人や合わない人はどういった人か

・自分に向いていることや向いていないことはなんなのか

・自分がどういったときに喜怒哀楽を感じるのか

・なぜ、そういった感情がわくのか

・自分の強みや出来ることはどういったものか

・自分の弱みや出来ないことはどういったものか

・自分の欠点(悪習慣)はなんなのか

 

 

細分化すればまだまだありますが、

大きく分けてもこれだけ出てきます。

 

ちなみに、よく

「私にはなんの取り柄もありません」と言う女性がいますが、

これは自分のことを知らないだけで

その人独自の強みは「かならず」存在するんですよ。

 

そしてこういう女性は高確率で

自分の弱みや出来ないことをなんとかしようと躍起になります。

 

ようするに、ないものねだりばかりしてしまうということですね。

 

自分に与えられたものが分からないのは

自分のことを知らないだけです。

 

前編でお話したとおり、

「自分が出会う相手は自分に何かを教えに来てくれている存在であり」

「同時に相手にとっても自分は何かを教える存在である」

という法則に基づくと、この「何か」というのはすべて

自分のことを知っていくための手がかりなんですよ。

 

気づき・学び・発見の「3点メリット」こそ、

自分を知るためのメリットというわけです。

 

たとえば、

相手が勧めてきたオススメ映画を見てアナタが感動したとします。

 

ここで

「あの映画めっちゃ良かったよ!泣いた~。」

で終わってはダメなんですよ。

 

この映画をきっかけに、

どういうことで感動してなぜそれに心打たれたかを

知る必要があるわけです。

 

他にも、

相手が自分のために仕事を紹介してくれたとしましょう。

 

せっかく紹介してくれたから

相手の顔をつぶさないように働いてはみたものの、

楽しくないし、今までそんなことなかったのに

新しい職場では仕事ができない人になってしまった。

 

この経験から学ぶべき点は、

「その仕事は向いていないし自分の能力にない」

ということなんです。

 

もちろん、仕事のやり方が間違っているという可能性もありますが、

試行錯誤してあがいても上手くいかないのであれば、

残念ながら自分にはその仕事に関する能力がないということなんですよね。

 

前述のような自分に取り柄がないと思っている女性は

こういうことが起こる度に自信喪失していくのですが、

自分に出来ないことや能力にないことは

自分の無能さを証明するためのものではなく、

「アンタの進む道はそっちちゃうで。もう通ったらあかんで。」

という自分を知るための貴重な経験なんです。

 

なので、失敗体験というのは

その本人が失敗と思うかどうかはさておき

努力不足や方法が間違っている場合を除いて、

自分に出来ないこと、向いていないことを

知るためにも必要な経験なんですよ。

 

恋愛だと

失恋は、神様が「そんな男はアンタに合わへんからやめときなはれ」と言って別れさせてくれたんやで論。

でもお話したとおり、振られた相手は「合わない相手」ということになります。

 

僕自身も、出来ないことはたくさんありますし、

過去にどえらい数の失敗を経験しました。

 

恋愛面でも自分に合わない女性と何人付き合ったか分かりません。

 




 

しかし、その経験がなければ今の僕は存在していないんですよ。

 

出来ないことを徹底的に排除して

あらゆる失敗経験から3点メリットを得たのが今の僕です。

 

だって僕、中卒だし免許ないし資格もないんですよ?

 

むしろアナタの方が持っているものは多いはずです。

 

そろそろないものねだりはやめましょう。

 

 

3点メリットがなくなった相手と一緒にいても、それ以上自分を知ることはできない。

 

たとえば、

アナタが100あるうち50の自分を知っていたとします。

 

そこでアナタに自分のことを10知れる男性が登場したとしましょう。

 

この男性もアナタを通じて足りない10の自分を知ることができるとします。

 

アナタたち2人は交際し、

最初は仲良く関係を築いていくことが出来ました。

 

しかし3ヶ月後、

なんの前兆もなくアナタはいきなり振られてしまったのです。

 

ここで多くの女性が

いきなり振られたことに対する真相の究明をしようとしたり、

「自分の何がいけなかったのだろう」と自分を責めたりするのですが、

考えないといけないことが他にあるんですよ。

 

この男性との関係で

「どんな気付きを得て、何が学べて、どんな発見があったのか?」

「今回の経験を今後に活かすためにはどうすればいいか?」

の2つを考えねばならないんです。

 

この唐突な別れはあくまでも1つのケースではありますが、

別れの理由がどうであれすでに自分のことを知るための手がかりが

すでにちゃんと10ずつお互いに残されているんですよ。

 

学習能力がないと言われる女性は経験から学ぼうととせず、

過去の出来事にとらわれてばかりいるので、

何度も同じことを繰り返してしまうんですよね。

 

それが、神様の再テストになるわけです。

 

「お前、なんで自分のこと知ろうとせーへんねん!

そろそろいい加減クリアしろや!」と神様が言わんばかり、

クリア出来るまで何度も何度も再テストを投げかけてくるんですよ。

 

ちなみに、再テストの記事に登場したK賀さんは

再テストによってどんな自分を知ることが出来るのか。

 

これはどこまでいっても本人にしか分かり得ないことではありますが、

僕から見て彼が知らないといけない自分は

「楽して何か大きなことを達成できるわけないやろ!

自分の欠点をまず見直せや!そういうとこやで?」ということだと思います。

 

自分を知るために必要なことである

「自分の欠点(悪習慣)はなんなのか」

というわけですね。

 

ちなみにこの欠点というのは、生活習慣、考え方の癖、ふだんの言動が含まれます。

 

カウンセリングでも、

縁が切れてしまい関係の修復が難しい男性についての

ご相談を受けることがよくありますが、

僕は「これ以上は難しい」という理由を出来るかぎり挙げて

「どんな気付きを得て、何が学べて、どんな発見があったのか?」

をちゃんと考えてくださいとお伝えしています。

 

もちろん、話をお聞きしている中で僕が気づいたことは

「彼との関係を通じて、これこれこういった部分が分かったのではないでしょうか?」

とお伝えしていますが、

執着しているかぎりは現実が見えていないため

カウンセリング中に納得していただけることはほとんどありません。

 

しかし、ものの数ヶ月もしないうちに彼女たちは

「前回お話した男性は私が執着していただけで、

藤本さんの言うとおり私にとって何のメリットもありませんでした。

今回は新しい男性についてのご相談なんですが、大丈夫ですか?」

といった感じで再度カウンセリングにお申し込みいただくことが多いです。

 




 

なので、彼女たちが言うとおり、

一緒にいてもう3点メリットがない相手とは

女性側だけではなく男性側にももう

一緒にいる意味も必要もなくなったということになりますね。

 

だって、一緒にいてもそれ以上自分のことを知れないわけですから。

 

もちろん、それは女性側が男性を見限るときも同じです。

 

単純に、対人関係において

「コイツと一緒にいるの飽きた」というのは、

お互いがすでにネタ切れという状況なんですが、

「教え合うことがなくなってしまった」ということになります。

 

 

縁が切れてるのにつながっている場合、どういうことが起こるのか?

 

これは結婚生活を送られている方たちに多いですが

お互いに教え合うことがなくなっている状態で一緒にいて、

お互いが現状をなにも改善しない生活を送っていると

下記の4つのような現象がおこります。

 

 

・お互いが無関心

・それ以上新しい縁が入ってこない

・離れたり現状を変えたりしないかぎり今の状況がずっと続く

・どちらかが無気力になる

 

 

ちなみに、現状をなにも改善しないというのは関係性の改善だけではなく

新しい物事へのチャレンジや新しい出会いに向けての行動になりまして、

動かないことには何も得られないのは当たり前です。

 

それでは1つずつご説明させていただきますね。

 

 

1・お互いが無関心

 

よく言われていることではありますが、

好きの反対は無関心です。

 

そして無関心であるということは、

相手のことを知ろうとしない以上に

自分のことも知ろうとしないということです。

 

パートナーに対し怒りや悲しみを感じるうちは

まだ学ぶべき部分があるということなので、

後述する4つ目の現象を除いては

自分で断ち切らないかぎりは縁が切れないということになります。

 

お互いが無関心ということは、

お互いにとっていてもいなくてもいい存在になりまして

これはすでに切れている縁をそのまま身近に放置していることになり、

2つ目の現象につながっていきます。

 

 

2・それ以上新しい縁が入ってこない

 

新しい縁というのは出会いや人生の分岐点になる出来事ですが、

引き寄せの法則的に見ても

古い家が建っている場所に新しい家は建たないということです。

 

降って湧いたようなチャンスが巡ってくることはもちろんありますが、

現状を変えようとしない人はそのチャンスにすら気づかないことも多く

気づいたとしても現在の生活から抜け出して環境を変える勇気がないので、

結局なにもしないまま元の生活に戻っていきます。

 

それが3つ目の現象につながります。

 

 

3・離れたり現状を変えたりしないかぎり今の状況がずっと続く

 

考えてみれば当たり前のことなんですが、

縁の話を抜きにしてもお互いが現状を変えようとしないまま

今の生活を送っているとなにも変化がないのは当然です。

 

同じことを繰り返していて違うことが起こるわけがないというわけですね。

 

 

4・どちらかが無気力になる

 

これは、

DVやモラハラ、過剰な束縛をパートナーにされ続けた結果

起こりうる現象になりまして、

洗脳状態におちいる前に怒りや悲しみを相手に感じている時点で

下記のような対処をする必要があります。

 

 

・即座に別れる

・徹底的にたたかう

 

 

自分の尊厳を傷つけてきて人としての対応ができない相手から

学ぶべきことはただ1つです。

 

「そういう相手とは今後かかわってはいけない」

 

ようは相手が

「こんな危険なヤツとかかわったらアンタ損するよ」

ということを教えに来てくれているわけですね。

 

この場合、実は結構早い段階で縁が切れていることが多いです。

 

ちなみにDVやモラハラの男性についての記事は下記からどうぞ。

 

☆参照記事☆

※閲覧注意※女性がDVを受ける3つの理由

洗脳される前に見抜け!その男はモラハラ男だ!

 

 

放置していた切れている縁を断捨離したとき、どういう現象が起こるのか?

 

縁が切れた人間関係を自ら断捨離した場合、

面白い現象が起こります。

 

それがこちらです。

 

 

・新しい出会いがある

・トントン拍子で物事が進む

・大きな気づきが得られる

・今まで気づかなかった「あるもの」に目を向けられる

・人生で一番幸福を感じることができる

・過去に一度切れた縁が再びつながる

 

 

大きく分けてこの6つのどれかになるのですが

人によっては複数個の現象を同時か時間差で体験する場合もありますね。

 

その傾向としては切れてる縁を放置していた期間が長ければ長いほど

放置期間に体験するはずだった出来事がしわ寄せのように来るかのごとく

反動で一気に自分に押し寄せてくることも多いです。

 

僕が「導き」と呼んでいる現象があるのですが、

その人にとって必要なことは良いことも悪いことも

トントン拍子で進むという法則があります。

 

この場合の導きは良い出来事である場合が多く、

実際にクライアントさんの中でも

切れている縁を断捨離した途端に、

色々な出来事がトントン拍子に起こり

人生が変わった人が結構いらっしゃいますね。

 

その例としてはパッと思いつくかぎりだと、

 

・天職が見つかった

・怖いぐらいに理想のパートナーが見つかった

・一生モノの趣味が見つかった

・生気が戻り、人が変わったみたいと言われることが増えた

・転職、試験、審査、病気など「難しい」と言われていた状況がくつがえった

・悪かった親子関係が修復できた

・自分は周囲に恵まれている存在で幸せなんだと気づいた

・これからは好きなことしかしないと決めて第二の人生を歩くことができた

・歴代の元カレの中でも一番非の打ち所がなかった男性と偶然再会し、結婚

 

などなど、様々な出来事を経験されていますね。

 

皆さん、生き生きとされていて本当に幸せそうです。

 




 

たまに、

「親が熟年離婚してから毎日楽しそうで

今までこんな親を見たことがなかった」とか

「友達が長年付き合った恋人と別れてから

ものすごく元気になって前向きになった」

みたいな話を聞くことがありますが、

この場合も切れている縁を断捨離したことにより

起こっている現象なんでしょうね。

 

縁は目に見えないものではありますが、

縁という視点を差し引いても

「なにかを手放すと同等のものが入ってくる」

という法則は間違っていないようです。

 

それに、手放さないと気づかないことはこの世の中に多いので、

現在どうにもならない恋愛をされている女性で

「突き放し」の時期にかかっている人は、

それが切れている縁なのかどうかを見極めるためにも

決断の時期にさしかかっているのではないでしょうか。

 

なぜなら、長期間そばにいて良いように関係が変わらないって

それは高確率でお互いにとって必要じゃないということだから。

 

☆参考記事☆

うまくいかない恋愛の最終手段、「突き放しの流儀」を教えてやんよ。

 

 

それでは後編に続きます。

 

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
電話・Skypeで悲恋改善バナー

30分コース
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
LINEで悲恋改善バナー

30分コース
LINEで悲恋改善バナー30分

90分の対面式カウンセリング

対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は原則京都市内限定です

人生相談カウンセリング

人生相談カウンセリング

水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

キャバ嬢カウンセリング

悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ