褒め言葉は素直に受け取っておいたほうが得。

 

今回の記事のテーマはこれです。

 

男性から褒められて、素直に受け取れるかどうか。

 

これ、

出来てない女性が結構多いんです。

 

 

たとえば、知り合ったばかりの男性から

「お綺麗ですよね。」

なんていきなり言われたら、アナタはどう返してますか?

 

「ありがとうございます。」って普通にお礼を言ったら、

なんか調子乗ってるって思われそうだし、

「そんなことないですよ~。」って謙遜して言ったら、

どうせ言われ慣れてるんだろと思われそう。

 

なんて思ってませんか?

 

別に上手い返し方とか考えなくていいんですよ。

 

褒めた側の人間は、

社交辞令であっても本当にそう思っていても、

上手い返しとか求めてませんからね。

 

だから素直に受け止めておけばいい。

 

嫌みで褒め言葉を言われる以外はね。

 

強いて言うなら、

「ありがとうございます!

そんな風に言ってもらえて嬉しいな(笑)」とか

「そんなことないですよ~。

○○さんって綺麗な女性見慣れてるだろうし、私なんてそんな~。」

と、満更でもない感じを出せればベター。

 

言われた方も、なんだか嬉しくなっちゃいます。

過剰な自虐アピールは悲劇を招く。

 

とは言っても、男性から褒められた時に、

上手い返し方が分からない女性はまだ良いんです。

 

問題は、褒められた時にやたら自虐に走ったり、

自分からコンプレックスをアピールしてしまう女性。

 

これは止めた方がいい。

 

自虐に走ったりコンプレックスアピールして、

自分を守ろうとしているんだろうけど、

守れてませんからね。

 

むしろ自ら、守ろうとして付けた鎧を

脱いでるようなもんですから。

 

どういうことかと言うと、

僕の体験談を織り交ぜてお話しましょうか。

 

今から5年以上前の出来事です。

 

友人に、

「お前に会わせたい女がいる。

 絶っ対に気に入るから!

 だからこの日空けといてな!

 俺の彼女と4人で飲もうや!」

なんて言われたんですね。

 

「ほんとかよ?」なんて思いながらも、

ドキドキワクテカしつつ当日を迎えた訳です。

 

そしていざ待ち合わせ場所に行ってみるとそこにはなんと。

 

僕のモロタイプの女性が友人と彼女さんと一緒に、

早くから僕の到着を待ってくれていたんですよ。

 

「いやいやちょっと待って、

遅刻してないのに気まずいやん、

てかドストライクやん、

なんか緊張してまうやん。」

と思っていた僕の心境をすぐに察知し、

ニヤニヤとしまくる友人。

 

とりあえず店を予約してるから早く行こうぜって話になり、

オシャレなカフェバーに行きました。

 

最初の1時間ぐらいは、

4人で和気あいあいと楽しんでたんですが、

それ以降は友人も気を利かしてか、

彼女さんとばかり喋るようになり。

 

もちろん僕も紹介された女性に

もっと楽しんでもらおうと

話を振りまくりました。

 

その女性の名を、Mさんとしましょうか。

 

Mさんは客観的に見ても、相当かわいいんです。

 

しかも品がよく、育ちの良さがにじみ出てるような女性でした。

 

問題なのは、

彼女に自信がなさ過ぎるところ。

 

「今日来てくれてほんまありがとうな。

Mちゃん来てくれて良かったわ。

実はドストライクやねん。

アイツ(友人)に感謝やわ。」

 

Mさん

「え、そんな私なんて褒めても良いことないよ!

だって可愛くないし、スタイル悪いし!」

 

「どこがやねん(笑)

そんなん言うてたら他の子に恨まれるで。」

 

Mさん

「だって、だってよ?鼻は低いし目も小さいし、

唇ももっと下唇がぷくっとした顔になりたかったの!

ほら、

男の人ってそういう顔好きじゃない?

それにね、私身長たかいでしょ?

シゲさんは大丈夫だけど、背が低い男の人と並んで歩くと、

気を遣ってしまって猫背になっちゃったの!

そしたらね、

なんか足がO脚になったような気がしてね、

治したいから意識してるとたまに歩き方が変になっちゃうの!

でも一番は鼻かな~。

もっと高い鼻に産まれたかったなぁ。

なんか私の鼻、

 島らっきょうみたいじゃない?

ちょっと!

笑ってるってことはシゲさんもそう思ってるんでしょ!

ひどい!」

 

そら笑ってまうやろ。

島らっきょうとか言われたら。

 

それから僕は帰るまでずっと、

彼女の鼻が島らっきょうに見えてしょうがなくなりました。

 

しかも、Mさんがトイレに立つ時も、

「変な歩き方してるかもしれないから、見ないでよ!」

なんて言われるもんだから、今まで意識してなかったのに、

彼女の歩き方までガン見してしまうようになったのです。

 

結論。自虐アピールをされすぎると、そこばかり気になってしまう。

 

その後、

Mさんとはどうなったかって?

 

一度だけ、2人で遊びに行きましたが、

交際に進展することはありませんでした。

 

だってね、ことあるごとに

Mさんの鼻と歩き方ばかりが

気になって気になってもう。

 

だから、自分から自虐に走るということは、

自分を守ってる訳でもなんでもなく、

むしろ晒してしまってるということに繋がるんです。

 

言わなきゃいいことを言ってしまうから、

そのことばかり気になってしまう。

 

たとえば、僕とMさんが付き合ったとして、

交際後に自分のコンプレックスを暴露されても、

それほど気にならなかったと思うんですよ。

 

相手のことを好きだったら、

許せていたんじゃないかってね。

 

コンプレックスってね、

相手に受け入れてもらえたら、

それは立派な個性になりますから。

 

だから、男性から褒められたら、

とりあえずは素直に受け止めておきましょう。

 

そこで自虐に走られると、

いちいちフォローもしなきゃいけなくなるし、

それはほんとにめんどくさいから。

 

 

✩喜びの声多数!
あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから✩

「リアライフマネジメント」


■あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

ビデオ通話カウンセリング60分

対面でリアライフマネジメント90min
※対面カウンセリング休止中のため、コロナウイルス終息までの代替サービスになります

強み診断はじめました

藤本流・強み診断カウンセリング1H

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

悲恋改善ってなに?

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが僕の励みにつながります!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ