withonlineで25回目の連載がアップされました。

 

人は、自分で「できている」と思い込んでいるものほど

過信してしまい、そこから向上させようとしません。

 

しかも、そのできていると思っていることが

傍から見たら致命的にまずい場合も多々あって、

ほとんどの場合が誰も教えてくれないんですよね。

 

最近、SNSで見かけたのですが、

キラキラ起業系の人が画像作成の仕事をしていて

「好評をいただいております!」という感じで、

その人が作成したヘッダーやバナー画像を

いくつかアップして宣伝されてたんですね。

 

僕はデザインに関してはほとんど素人同然ですが、

その僕から見てもまずいなあと思うことばかりだったので、

おそらく、なにかの画像加工ソフトを使ってみたら

意外にできてしまったものだから、

それでできている気になってるんだろうなと思いました。

 

世の中にはこういう人が結構多いと思うのですが、

実は僕たちも笑ってられません。

 

「できている」と思い込んでいなくても、

「気にしてない」ということは

「できていると思ってるから気にしてない」わけじゃないですか。

 

たとえば、話し方、人の話しの聞き方、歩き方など

普段から当たり前に意識せずにやっていることって

ほとんどの人が当たり前になりすぎて気にしてないんですよ。

 

「この人、話し方がちょっとなあ」とか

「こいつ、人の話し聞いてねえなあ」とか

「この人、歩き方が汚いなあ」とか

相手は口に出していちいち言ってくれないし、

「直したほうがいいよ」って教えてくれないですからね。

 




 

しかし、こういった普段の行動を

「実はできていないのかもしれない」

という前提で見直してみると、

ものすごい伸びしろがあったりするので、

「もっと早くに気づきたかったなあ」と思うことがよくあるんです。

 

「恋愛を上手くいかせるためには普段の自分作りが一番大事」

と僕はよく言っていますが、こういった

「気にしてない」ところに目を向けることは必要なんですよね。

 

クライアントさんにも、

「できてると思ってる物事ほどできていないと思っておいたほうがいい」

とお伝えする機会がよくありますが、

その度にかならずといっていいほど聞かれることがあります。

 

それは、

「できていないと思っておくのはわかりましたが、

そうすると、できていないものに対して自信をつけることができないので

その場合はどうやって自信をつけたらいいんですか?」というもの。

 

なかなか鋭いご質問なんですが、

このように考えていただきたいです。

 

「できていると思っていることは、

自分よりもっと上手がいることを忘れてはいけない」

 

「技術に自信を持つと過信が生まれるので、

積み重ねてきたものに対して自信をもつこと」

 

 

この2点なんです。

 

1つ目はコラムに書いているので割愛させていただきますが、

2つ目は、たとえるならこういうことになります。

 

とあるバイオリニストの女性がいるとしましょう。

 

この人は20年以上バイオリンを演奏しているプロ奏者なんですが、

彼女が自分のテクニックに自信を持つと、

「私より上手な人はいない」と思い込むようになり

そこで過信が生まれてしまうんです。

 

しかし、

「自分より上手い人はたくさんいるから」という前提で

バイオリンに取り組んでいると、

さらに上を目指そうとするので伸びしろが見つかるんですよね。

 

ただ、

「自分より上手い人はたくさんいる」という

部分だけに目を向けすぎると高みを見てしまうこともあり、

逆にやる気が削がれてしまい自信喪失することもあります。

 

そこで、積み重ねてきたものに目を向けるわけです。

 

この人の場合だと、

「私、20年以上もバイオリンと真摯に向き合ってきたよなあ」

という積み重ねに着目すると

「そこまでやってきた自分」に自信が持てるようになります。

 

勘違いしている人が多いですが、

自信ってなにをすればつくというものではなくて、

積み重ねてきたものを振り返ったときに実感するものなんですよね。

 

そうなるためにも、

「できている」と過信せずに伸びしろを見つけては伸ばしていき、

いろんなことを積み重ねていくと人間力が高まるだけではなく

積み重なった分だけ自信にもつながるというわけです。

 

 

 

そして、cakesさんでも28回目の連載がアップされました。

 

恋愛にかぎらずすべての人間関係において、

その相手とこれからも上手くやっていきたいのであれば

最終的になにを目標にしなければいけないかというと、

信頼関係をしっかりと形成することなんです。

 

信頼関係を結ぶために必要なことは次のようになります。

 1・お互いが自己開示し合う

2・お互いが約束を守っていく

3・相手の事情を考えた上で、言いたいことは言い、聞きたいことは聞く

4・相手に指摘されたことは、いったん自分の中で受け入れてその意味を考える

5・相手のためにならないことは、言い方を考慮して指摘する

 

「もっと彼から愛されるようになるためにはどうしたらいいですか?」

というご質問をいただくことがありますが、

相手の「思い方」はこちらでコントロールすることができません。

 

なので身も蓋もないですが、

もっと愛されるようになるための

正解はないということになります。

 

だって、

相手がどう受け止めてどう解釈するかだけですからね。

 

もちろん、

愛されることも非常に大切なことではありますが、

そこに信頼関係がなければ

どれだけ好き同士の2人であっても

その関係性はひどく脆いんですよ。

 

信頼関係とは、

家でたとえるなら「土台」となるもの。

 

その土台がグラグラしていては、

どれだけ立派な家をその上に建てたところで

なにかあったときに倒壊するということなんです。

 

そんな信頼関係のつくり方をまとめてみました。

 

 

 

以上、ご興味がある方はご覧いただけると幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?


スポンサードリンク


本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ