自分がしてきた経験や知識はできるだけ多い方がいい。

 

カウンセリングをしているとよく聞かれるご質問で、

「男の人に飽きられない女性ってどんな人ですか?」

というものがあります。

 

この答えは、

「自分がしてきた経験や知識量が多く、つねにバージョンアップを繰り返している女性」

こそが、飽きられない女性なんですよ。

 

ちょっと自分語りになってしまい申し訳ないのですが、

僕のやっている仕事は、自分がしてきた経験と知識を切り売りしている仕事です。

 

僕は人がしたことがない経験をしたことが多く、

見てきた人間もクズから一流の人まで数多く存在しています。

 

そして現状に甘んじていないので、

常日頃からさまざまな情報を取り入れるべく

ネットや本、そして人との対話から知識を吸収し、

やったことがないことに物怖じせず取り組む姿勢を忘れていません。

 

その結果、ありがたいことに毎日忙しくお仕事をさせていただいております。

 

これは「飽きられない女性」にも共通していて、

彼女たちは経験と知識量が多く、

「女である」ための努力を常日頃から怠っていないんですよ。

 




 

まず、経験と知識量が多いということは、

話のおもしろさや深みに直結します。

 

いろいろな経験が豊富ということは

さまざまな経験をしてきたことにより

それだけ価値観と感性が磨かれているということです。

 

そして、経験が多いというのは

それに比例して人間と関わってきたという証拠でもあり、

そういった人たちと深い話ができた数ほど

自分の人間的な厚みは変わってきます。

 

ちなみに、いくら恋愛での経験人数が多かったところで、

相手と向き合わない恋愛ばかりを繰り返していたのであれば、

人間的な厚みは変わらないです。

 

この記事で登場する竜二なんかがいい例ですね。

 

☆参照記事☆

【正義のアウトローか】危険な香りが漂いまくっている男性との付き合い方。【ただのクズか】

 

 

そして知識量が多いということはかたよったジャンルだけではなく、

さまざまな分野に精通すればするほど話題が豊富になりますし、

それにともないボキャブラリーも増えていくことになります。

 

しかし、気をつけていただきたいのは、

知識量だけが多くても人間的な厚みがなければ

それは「中身がない人」ということになるんですよ。

 

では逆に経験は多いけど知識がすくない場合。

 

これはボキャブラリーと学のなさにつながることが多いので、

「ちょっとあの人アホなんよね」ということにつながりかねません。

 

なので、経験と知識量はセットで増やすものと考えておいた方がいいでしょう。

 

 

飽きられる女性はずっと同じ価値観と感性のまま成長が止まっているということ。

 

先ほど、僕の仕事は自分の経験と知識を切り売りしているとお話しましたが、

飽きられる女性はかならずと言っていいほど、

自分の経験と知識をアップデートしないまま止まっているので

底を見透かされて品切れ状態になっていることが多いです。

 

言うなれば「飽きられる女性」は出会ったときのまま

成長が止まっているということなんですよ。

 

ずっと価値観も感性も変わらないままなので、

変化がなにもないということです。

 

自分がしてきた経験や知識を数値化するのであれば、

行動することでしか数を増やしていくことはできません。

 

たとえば、現在までの経験や知識を100だとするのであれば、

新しいことをどんどん自分の中に取り入れていかないと

相手と接していくごとにその数値はどんどん減っていくわけです。

 

この数値が0になったときに飽きられるということになります。

 

では新しいことを取り入れていないのになかなか飽きられない女性がいますが、

これは元から数値が高かっただけで、

それだけ切り売りできるものが多いということになるんですよ。

 

単純な話、100だったら1000の方が売れるものの数が多いということになります。

 

しかし、いくら数値が高いとはいえ、

アップデートしていかないといずれ在庫は底をつきますよね。

 

なので、「飽きられる女性=経験と知識を増やさない女性」と思っていいでしょう。

 

ちなみに、ルックスが人並み以上なのに、

最初の食いつきだけがよくその食いつきが持続しないのは、

「品数が少ない」という状態になりまして

俗に言う「顔はいいけど中身がない」という状態になります。

 

なので、恋愛指南書をいくら読みあさって実践しようが

「飽きられる女性」でいる間は、いずれ魅力が底をつくと思っていいでしょう。

 

というか、どれだけ恋愛指南書や恋愛コラムを読んでも、

それだけで恋愛がうまくいくんだったら、みんなそうしてるわっちゅう話です。

 

 

暇で好きな相手のことばかり考えている女性になんの魅力もない。

 

【不安】彼のことばかり考えてしまうのはアナタが暇だからだよ論。【執着】

でもお話しましたが、

暇で好きな相手のことばかり考えている女性になんの魅力もありません。

 

忙しい男性からすると、いくら自分のことを思われていたとしても

「なんなん自分。暇なん?ええなあ。暇そうで。

俺はお前のことばっかり考えてるほど暇じゃないねん。」です。

 

忙しい人からすると暇な人の意味が分かりません。

 

それはこちらの記事でもお話したとおりです。

 

☆参照記事☆

【現代人って】仕事が忙しすぎる彼との付き合い方。後編【大変ね】

 

 

僕は何度もこのブログで、

「相手のことを考える時間を減らすために暇つぶしできるものを見つけろ」

と言っていますが、これにはれっきとした根拠があります。

 

なぜなら、ネガティブな感情というのは、

「暇」「寒い」「空腹」といった3つの状況時に湧き上がるものです。

 

寒いのと空腹なのは、暖を取って食事をすれば解消されますが、

「暇」だけは自分で意識しないと解消できません。

 

それに、人間の脳というのは考えたくないことほど考えてしまうようにできていまして、

これを解消するには、「ほかに考えなければいけないことを作らないといけない」んですよ。

 

ということは、

「起こってもいないことで不安になっていることと」と

「考えたくないけど考えてしまうこと」は、

時間を埋めることでしか解消できないわけです。

 

しかし、カウンセリングでも執着がなかなか取れない女性に対して

「とにかく1人の時間をできるだけ充実させてください」

とは言っているものの、色々なことに手をつけているのにもかかわらず、

好きな男性のことばかり考えてしまう女性がいます。

 

これは女性の性質が厄介な方に作用している証拠でして、

マルチタスクなせいで、同時にいろいろなことを考えることができるので

時間をつぶそうとしても目の前のことと

ほかのことを同時に考えることができてしまうわけです。

 

なので、できるだけ没頭できることに時間を費やすことができなければ、

ネガティブな感情は消えにくいと思った方がいいでしょう。

 

ではどうすればいいかと言うと、まず心がけていただきたいのが、

「時間を無駄にしない」という意識を習慣化させることです。

 

没頭できるものがあるかないかにかかわらず、

ネガティブな感情に支配されやすい人はかならず時間を無駄にしています。

 

時間を有意義につかい無駄にしない人は、

ボーっとする時間がもったいないと思ってしまうんですよ。

 

とにかく、このボーッとする時間をできるだけ潰すことが

ネガティブな感情を減らす取っ掛かりになります。

 

時間を無駄にしない生活を心がけていると、

ネガティブな感情が沸き起こってきても

「ダメだダメだ、こんなこと考えている場合じゃない」

と我にかえって時間を有意義に使おうという意識にふたたび切り替わるので、

気持ちが安定しやすくなっていきますね。

 

「時間を無駄にしないと言ってもなにをすればいいか分からないからできない」という女性は、

今までそれだけ時間を無駄に使ってきたといっても過言ではありません。

 

ていうか、分からないなら探せ。

 

今、手に持っている四角くて電話もできる便利な機械はなんなんだという話でして、

大抵のことは調べれば分かるこの世の中で、

「なにをすればいいか分からない」とすでに放棄しているような女性は飽きられて当然です。

 

それに「自力で考える力がない」女性は想像力も発想力も乏しいので

価値観と感性の幅が狭くて飽きられやすいんですよ。

 

今まで時間を無駄にしてきた女性は、

時間を有意義につかうために「なにをするか」も自分で考える習慣も身に付けてください。

 

自分を大切にするというのはある意味、時間を大切にすることでもあります。

 

ちなみに、時間を無駄にしない方法を考えていて、

気がつけば好きな人のことを考えているのは本末転倒やからな?

 

 

飽きられる女性は持ちネタがすくない芸人と同じようなものである。

 

自分の経験と知識を増やさずにそのままにしておくことは、

同じ相手と接していると前述したように

いずれは切り売りできるものがなくなることを意味します。

 

これは芸人さんで言うと持ちネタが少ないということになりまして、

最初はその芸人さんを気に入っていたとしても

ネタ数が増えていかないかぎりはいずれ飽きられます。

 

もし最初に強烈なインパクトを残すことができたとしても

経験と知識がとぼしく中身がないという状態は一発屋のようなものです。

 

「アイツ、最初は良かったんだけどなあ。」と言われるのがオチということですね。

 

しかし飽きられない女性はつねにバージョンアップを繰り返しているので、

接する人に対してつねに新鮮さを提供することができます。

 

PPAPの世界的ヒットが記憶に新しいピコ太郎さんですが、

彼が一発屋芸人と呼ばれた人たちと違うのは

PPAPが大ヒットしていたさなか、

新作をYOUTUBEにアップしているところなんですよ。

 

ピコ太郎さんが一発屋で終わるかどうかは彼の腕の見せ所ではありますが、

一発屋芸人さんは世間の関心が自分に向かなくなってきてから

焦りだして新作のネタを投入することが多いです。

 

しかし、これでは遅いんですよ。

 

飽きられる女性も同じで、

相手の関心が自分に向かなくなってから

焦りだしてなんとかしようとすることが多い。

 

そうではなく、相手の関心がこちらに向いているときから

自分をバージョンアップさせるべく、経験と知識を増やし

女を磨くことを忘れない生活を心がけていくのが正解です。

 

 

飽きられない女性は好奇心旺盛だ。だからバージョンアップを繰り返すことができる。

 

これは毎日思うことなんですが、

この世の中、他人と物事に興味がない人間が多すぎます。

 

女性にかぎらず男性も自分が興味を持てないことに関しては

はなからスルー状態です。

 

なので、相手のことが好きだと言いつつも、

相手に興味がない人がかなり多いんですよ。

 

女性がよく言う

「好きになったら相手に興味を持つのは当たり前」という台詞がありますが、

この場合の興味というのは

「彼は今なにをしているんだろう」「彼は今なにを考えているんだろう」ということばかりで、

これは興味ではなくただの詮索です。

 

相手に対して興味を持つというのは、

「今のその人を作っているものはなにか」を知ることでもあり、

好きなものや嫌いなものに始まり、価値観、考え方、過去の出来事、家族との関係などなど、

こういったことを知りたいと思うのが相手に対する興味です。

 

相手に対する興味というのはいわば、

その人を形成している過去と現在を知ることだと思ってください。

 

逆に、

「彼が私のことをぜんぜん聞いてくれないんです。

これは私に興味がないんでしょうか?」

というご質問をいただくこともよくありますが、

相手の男性が他人に興味がない人であれば

恋愛感情のあるなしにかかわらず質問をしないのも当然のことでしょう。

 

他人に興味がないというのは相手が誰であろうと関係なく、

自分が知りたい情報以外は知りたくないし聞きたくもないということです。

 

しかし、飽きられない女性はまず相手のことを知ろうとします。

 

その人がどういう人間かを知ろう興味をもって接することができるので、

承認欲求の塊ともいえる男性からすれば

自分に興味を持ってくれる人間に対して好意的に思うわけです。

 

そして、飽きられない女性は他人以外にも興味津々です。

 

彼女たちは好奇心旺盛なんですよ。

 

好奇心旺盛ということは、「知りたい欲求」が根底にあるため、

行動力がともなっていることも多く、必然的に経験と知識が増えていきます。

 

その結果、価値観も感性の幅もどんどん広がっていき、

接する相手も新鮮さをつねに感じ取ってくれるので

飽きられない女性は鮮度が保たれたままのコミュニケーションが取れるというわけです。

 

 

やたらブログで登場回数が多いあの男の話でもしてみようか。

 

そう、親友の吉田くんです。

 

彼とはカップルかってぐらい、ほぼ毎日連絡をとっています。

 

僕と吉田くんは同じ異業種交流会に参加しているのですが、参加者の1人から

「20年以上も友達でいて、よくそんなに話すことありますね。」

と言われたことがありました。

 

僕たちは不思議そうに顔を見合わせて、

「うーん。なんなと話すことあるし、ネタ尽きるとかないよなあ。」

と言ってたんですよね。

 

そのときは僕もあまり意識していなかったのですが、

今回の記事に照らし合わせるとこういうことになります。

 

僕は文章を書き、彼は絵を描く。

 

2人ともクリエイティブな仕事にたずさわっているので、

日常からインスピレーションを高めるためにさまざまなことを吸収するのが習慣化していて、

それが話していてもネタが尽きないという連鎖を起こしているのだなと感じました。

 

彼とはMessengerでやり取りをしているのですが、

しょうもない雑談から深い話までその内容は多岐にわたっておりまして

しかも2人ともさらなる高みを目指していることもあり、

なんだかんだ言いながら切磋琢磨してお互いを高めあっています。

 

親友だから話すことが尽きないというわけではな

以上のような背景があるからこそ話すことが尽きないというわけです。

 

 

飽きられない女性は相手に「もっと知りたい」と思わせる力がある。

 

飽きられない女性はつねにバージョンアップを繰り返しているので

「この人のことをもっと知りたい」と思わせる力が備わっています。

 

彼女たちはファッションにしてもそうで、

色々なバリエーションの服を持っていることも多いですね。

 

飽きられない女性は自分に制限をかけないことも多いので、

「どうせ私に○○は似合わない」とその服を着る前から放棄することはありません。

 

「似合うかどうか分かんないけど、かわいいし気になるから着てみよ!」

という好奇心があるので、気になった服はとにかく一回着てみます。

 

その結果、

「あ、似合わないかもと思ってたけど結構似合ってんじゃん♪現象」が起きるので、

どんどんファッションのバリエーションが増えていくというわけです。

 

髪型にしてもそうで、

「似合うかどうか分かんないけどこの髪型かわいいからしてみよう♪」と

彼女たちはさまざまなヘアスタイルにチャレンジするので、

決まった髪型でずっと過ごすということがありません。

 

芸能人にしてもそうですが、

流行りの女優さんやアイドルがずっと同じ髪型でいることはほぼないですよね。

 

逆に言うと、ずっと同じファッションや髪型でいるタレントさんの寿命は短いです。

 

最近で言うとりゅうちぇるも髪型が変わったし

小島よしおもいつからか服を着てテレビに出ています。

 

ちなみにPerfumeはずっと同じ髪型なのにいまだに根強い人気があるのは、

パフォーマンスとアーティスト性ではないでしょうか。

 




 

飽きられない女性はいろんなファッションや髪型を自分に取り入れた結果、

「自分がなにを着れば似合っていてどんな髪型が似合っているか」

を身をもって体験することによって、

「自分に適したもの」を探る精度がどんどん上がるというわけです。

 

なんでもやってみなければ「似合うかどうか」なんて分かりません。

 

似合わないと思っていたものが実は似合っていたなんてことはよくあることなので、

「どうせ似合わないし」と自分を制限せずに、どんどんチャレンジするべきでしょう。

 

「私に似合わないし」と言っていいのは、

そのファッションや髪型を実践して周りから不評だった人だけですよ。

 

男性は女性を視覚的に見ている部分が大きいので、

ファッションや髪型のバリエーションが豊富だと

それだけで新鮮さを与えることができます。

 

飽きられない女性というのは内面だけでなく、

ルックスも飽きられることはありません。

 

いくら他人に興味がない人が世の中には多いとはいえ、

彼女たちは経験や知識が豊富なうえにバージョンアップを繰り返すので

話していても楽しいし、ボキャブラリーも豊富で、毎回違った新鮮さがあるため、

男性も気がつけば「コイツのことをもっと知りたい」と思うようになるわけです。

 

 

飽きられない女性は人気のテーマパークと同じなんですよ。

 

USJやディズニーランドは1日でアトラクションをすべて体感できて

回りきれるぐらいの広さではありません。

 

しかも従業員の教育が徹底しているため、

「おもてなし精神」が根底にあります。

 

そのため、おとずれた人たちからは

「あー、時間なくて全部まわれなかったー。

あのアトラクションに乗りたかったのにー。また来よう。」

となるわけです。

 

しかも次に来園したときは、

前回おとずれたときにはなかったイベントや

アトラクションが増えていたりするので、

飽きようにも飽きにくいんですよね。

 

 

逆に地方の狭い遊園地に訪れた人は、

「もう全部まわったしもう帰ろっか。」

となるわけですよ。

 

ちなみに僕は関西の方ならご存知のひらかたパーク、

通称「ひらパー」に初めておとずれたとき

「1回来たら当分はいいかな。」と思ってしまいました。

 

あ、ひらパー兄さんの岡田くん、ごめんなさい。

 

 

 

飽きられない女性になるために、

アナタというテーマパークの敷地やアトラクション、イベントの数を

どんどん増やしていきましょう。

 


 

以上が、男性に飽きられる女性と飽きられない女性の違いになります。

 

それでは最後に、飽きられない女性になるための

方法を記載させていただきますね。

 

 

・経験と知識を増やすために新しいことにはどんどんチャレンジして

 さまざまなジャンルのものに触れてみる

・やったことがないファッションや髪型を実践する前から放棄しない

・「やったことないから分かんないけど、とにかくやってみよう精神」は常にもっておく

・時間を無駄にしない

・女を磨くことを忘れない

・恋愛だけにかぎらず、常日頃から相手に興味をもって接することを心がける

 

 

飽きられない女性は1日にしてならず。

 

本当の意味でどんどん「いい女」になって

恋愛も人生もとことん充実させちゃいましょう。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

「電子書籍版だまされない女のつくり方」

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「恋愛上手になりたいのなら営業職に置き換えて考えればいいんじゃね?論。」

【素を出してモテる人】自然体自然体って僕はうるさいけども、素を出せばいいってもんじゃないんだよ。【モテない人】



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ