5月18・19日開催のラブズカフェ@京都にご来場いただいた皆さま。

 

本当に、本当にありがとうございました!

 

この2日間は僕にとってものすごく意味のあるものだったので、

皆さまと同じ時間を過ごせたことに今もまだ喜びの余韻にひたっております。

 

今回の2daysは確実に今後ラブズカフェを運営していく上で

大きすぎるヒントを得た濃厚な2日間だったので、

かなりの励みになりました。

 

今日のブログではそんなラブズカフェの裏側をお話しつつ、

開催直前まで僕が戦っていた葛藤についても触れたいと思います。

 

 

エンターテイメント性を重視するために取り組んだこと。

 

何度かブログでも触れていますが、

ラブズカフェというイベントについて

僕はセミナーという概念ではあまり考えておらず、

どちらかと言うとトークショーという枠組みで考えてるんです。

 

トークショーということはライブ感が必要になりますし、

エンターテイメント性も重要視されます。

 

そして、エンターテイメント性を重視する上で

僕に課せられた大きな課題が話し口調に「抑揚をつける」こと。

 

実は、ずっと前からラブズカフェやセミナーをするときに

この抑揚をつけることが僕にとって最大の悩みでした。

 

もちろん、本番前には何度もリハーサルを行っているので

毎回そのときに出せる自分を全力で出していますし

終了後はやりきった感があるのですが、

「ちゃんと抑揚はついていただろうか?大丈夫だっただろうか?」

という疑問がいつもついて回っていたように思います。

 

なぜ、こういう疑問がついて回っていたかと言うと

僕が抑揚のつけ方について腑に落ちてなかったからだと気づきました。

 




 

どういうことかお話する前に、

まずは抑揚について触れておいた方がいいかもしれません。

 

一般的に抑揚のついた話し方をするには以下の4つが重要だと言われています。

 

1・声のトーンに高低をつける
2・声の大小(音量)
3・話すテンポ
4・感情や気持ちをこめる

 

この4つを意識してリハーサルや本番に臨んでいたのですが、

漠然と自分の中でどうしても納得がいってなかったんです。

 

なぜなら、「演じている感」がものすごいのと、

なにかが足りないのにそれがまったく分からなかったんですよ。

 

もちろん、人前に出て話すわけですから

演者として演じることは必要不可欠です。

 

そこで僕は足りないものを見つけるために、

有名YouTuberの方たちの動画を見て

抑揚のつけ方を探ってみました。

 

すると、ある発見があったんですね。

 

それは、大勢の人たちに対して

一個人に話しかけるような会話づくりを

している人が多かったということ。

 

「ですよね~」とか「そう思いません?」といった感じで。

 

「あ、これなのかも」と思ってリハーサルに取り入れてみたのですが、

それでもなにかが物足りない。

 

「まだ新しい手法を取り入れたばかりだし、ただの練習不足なのかな」

と思い、リハーサルを積み重ねていました。

 

 

意外なところに答えがあった。それは藤本のギタープレイに隠されていた。

 

ラブズカフェでは親友の吉田くんがかならず同行してくれるのですが、

彼は運営にあたってマネージャー、ディレクター、プロデューサーの三役をこなしてくれています。

 

吉田くんが1人いるだけで一企業に匹敵する力があると僕は思っているので、

彼とも抑揚について納得できる答えがでるまで何度も何度も話し合っていたんですね。

 

答えが出ないまま、

「やっぱり練習あるのみで慣れていくしかないのかなあ」と諦めかけていると、

彼がこんなことを言いました。

 

「お前、弾いてみたのギターであれだけ抑揚つけることができるんやから、

しゃべりも抑揚つけられへんことはないやろ。

 

人間、素養にあることはほかにも派生してできるから、

その視点で考えた方がええんちゃうか。

 

ギター弾くときに『聞いてくれ!』って感じで弾いてるやろ。」

 

なるほど。

 

そういうことか。

 

たしかに弾いてみたを撮ってるときは、

抑揚について考えてもいないし

「俺のギターどやさ!!」感がすごいある。

 

ということは、

「ラブズカフェ、すごいやろ!どうよ!?」感を

もっと全面に出せればいいということか。

 

思い返してみると京都ラブズカフェを開催するまでは、

「ちゃんと聞き取りやすいテンポで話すように」とか

「ちゃんと伝わる言い回しができるように」とか

「ちゃんと分かりやすく噛み砕けるように」といった感じで

「ちゃんと」ばかりに目を取られていた気がします。

 

もちろん、「ちゃんと」は当たり前に大事なことなんですが、

ライブ感とエンターテイメント性を出すためには

「これどうよ!?」感がもっと全面に出ていないとダメなんだと今さらながら気づいたんです。

 

「言いたい」「見せたい」「聞かせたい」が重要なんだなと。

 

そういえば、京都ラブズカフェを開催する前にやたらとFacebookで

世界No.1コーチと呼ばれるアンソニー・ロビンスの広告が流れてきていたんです。

 

 

僕は彼のことをよく知らなかったけど、上記のような画像を見て

「セミナーでどうやったら、こんな『ふぁーっ!』って感じのテンションになるんやろう?」

とずっと不思議でしょうがなかったんですよ。

 

考えてみれば単純なことなのに、

当事者になると分からないものでして

その答えがようやく分かりました。

 

ギター持ってないだけで

ステージに立つ人間としてやってることは同じなんだと。

 

それに気がついてからというもの

「言いたい」「見せたい」「聞かせたい」を意識してリハーサルをすると、

今まで腑に落ちてなかった抑揚のつけ方に疑問を抱くことがなくなりました。

 

 

そして迎えたラブズカフェ当日。

 

今回のラブズカフェのお申込みは出足がゆっくり目だったため

募集開始直後は集客面で少々不安がありましたが、

ありがたいことに開催3日前ぐらいからお申し込みが増え結果的に大盛況でした。

 

両日とも本当にすばらしい夜でした。

 

ありがとうございます!

 

 

自己評価ですが、

「ラブズカフェどやさ!!」感もちゃんと出すことができました。

 

そして、

今回お世話になったライブハウスは京都BLUE EYESさん。

 

 

今までの開催場所はライブハウスでもありながら

ライブカフェという雰囲気の店舗が多かったのですが、

BLUE EYESさんは「ザ・ライブハウス」的なハコだったので

バンドをやっていたときのことを思い出し、

なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

それにしても驚いたのが、懇親会で出てきたお料理なんです。

 

本来、ライブハウスで出される食事は

ポテトチップスや唐揚げ、ピザといったものが多いのですが、

想像以上におしゃれな料理が出てきてビックリしました。

 

 

しかも、女性に優しいヘルシーフード仕様でして、

画像のパスタは豆腐パスタになっているようです。

 

かと言って味付けは薄味ではなくしっかり目についていて、

美味しくいただくことができました。

 

懇親会に参加していただいた方々にも

喜んでいただけて本当に良かったです。

 

BLUE EYESさん、改めましてこの度はありがとうございました!

18、19日の2日間、大変お世話になりました。

次回ラブズカフェの際も何卒よろしくお願いいたします。

 

ちなみに、BLUE EYESさんは改装して

6月にライブPUBとしてリニューアルオープンするらしいので、

次に京都ラブズカフェを開催するのが今から楽しみです。

 

バーカウンターがメインのお店になるそうですので、

京都にお住まいで一人飲みができるお店を探されている方は

一度四条大宮へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

藤本って別にこわい人じゃないんだよ。

 

ラブズカフェを開催していると

懇親会で結構な頻度で言われることがあります。

 

それは、

「藤本さんってもっと怖い人だと思っていました。」

というもの。

 

ブログだけで僕の人となりを想像している人たちの中には

僕のことをどうやら怖い人というイメージで考えている方がいらっしゃるようです。

 

ブログは不特定多数の人たちに向けて発信しているので、

読んだ人の心にすこしでも引っかかりをつけるために

どうしても厳しい物言いになってしまうのですが、

僕はふだんからあんなにイケイケのキャラではありません。

 

実際の僕は、

ハッキリと言うべきことは言うスタンスは変わらないけれど

物腰は柔らかい方だと思います。

 

なので、実際の僕と接してみて

「怖そうな人じゃなかったので、

カウンセリングを予約するハードルが下がりました!」

と言ってくださることがありがたいことに結構多いです。

 




 

それにしても、僕のことを怖い人だと思っている方は

どんな人物像をイメージされているのか非常に気になります。

 

鬼軍曹みたいな感じなんだろうか。

 

 

言ってなかったけどラブズカフェってジェンダーフリーだよ。

 

福岡ラブズカフェに引き続き、

今回のラブズカフェにも男性が参加してくださいました。

 

ラブズカフェ1st@福岡を終えて。でもお話しましたが、

男性のお客様ってすごく嬉しいんですよね。

 

本当に励みになります。

 

そういえば言ってませんでしたが

ラブズカフェはとくに入場規制を設けておりませんので、

男性の方でも既婚者の方でも年配の方でも

誰でも気軽にご参加いただけるイベントとなっております。

 

たまに、

「私なんかが行っても馬鹿にされませんか?大丈夫でしょうか?」

といった感じのご質問をされる方がいらっしゃいますが、

そんな民度が低いお客さんはラブズカフェには来ません。

 

ちなみに、19日の2ndではうちの母も途中まで来ていたのですが、

帰り際に楽屋に寄ってくれて

「お客さん、みんなええ子やなぁ。」って言ってたほどです。

 

なので、今後展開されるラブズカフェへの参加を迷われている方は、

安心してご参加いただけると幸いです。

 

ほんまに、みんなええ人やで?

 


 

以上が、京都ラブズカフェレポートになりまして、

冒頭でも触れましたが僕にとってものすごく意味のある2日間でした。

 

昨年5月14、15日のラブズカフェ@東京から1年。

 

今後、ラブズカフェを開催していく上で

さらなる飛躍ができる確信を得ることもできました。

 

このような機会を与えていただき、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ラブズカフェ2daysにご来場いただいた皆さま。

 

改めまして、本当に本当に、ありがとうございました!

 

またお会いしましょう!

 

 

 

☆書籍第2弾「友達をつくるように、彼氏ができる本」☆

☆男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、

テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学”を説く!☆

 

☆書籍第1弾【本命になる技術】☆

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから✩

「リアライフマネジメント」

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

「リアライフマネジメントQ&A」



スポンサードリンク


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ