信頼していない相手に見せる弱みや、聞いてほしい悩みはない。

以前、彼女がいる男性の落とし方という記事を書いたのですが、

相手の傷口に「寄り添う」ことが大切だというお話しをさせていただきました。

 

☆参照記事☆

 

この寄り添うという行為は恋愛においてすごく大切なことでして、

いわば最終奥義とも言える手段です。

 

相手が傷口を見せてくれるようになるためには、

しっかりとした信頼関係ができていることが大前提。

 

信用していない人間に対し、

自分の弱みや悩み、葛藤なんて話せないというわけです。

 

そして女性の「寄り添う」という行為が

男性にとってどんな効果があるのかというと、

「連帯感」、いわば「俺は1人じゃない」と

思わせることができるんですよ。

 




 

では男性に寄り添うためには

具体的にどんなことをすればいいかと言うと、

「相手の感情に対しての共感」です。

 

言うなれば、「感情のオウム返し」ですね。

 

彼が落ち込んでいるときは、一緒に落ち込む。

 

彼が悲しんでいるときは、一緒に悲しむ。

 

彼がつらそうにしているときは、一緒につらそうにする。

 

といった感じです。

 

ここで彼を「励ます」女性がいますが、

場合によっては逆効果なんですよ。

 

「貴方なら大丈夫だよ!」

「そんな弱音はかずに頑張ってみようよ!」

「心配することないって、なんとかなるよ!」

 

これを言われた男の意見からすると、

「いやいや、そんな無責任なこと言われてもなあ。」です。

 

「でえじょうぶだ。ドラゴンボールで生きけえる」

と同じぐらい無責任発言と言ってもいいでしょう。

 

とくに弱音をはいてきたときの男性に対し、

「頑張って」と「大丈夫」は地雷になることが多いです。

 

余計なプレッシャーを感じてしまうんですよね。

 

間違った寄り添い方。

ちなみに、こちらの記事では男性が窮地に立たされたとき、

「励ます」という行為を推奨しておりますが、この場合は話が別です。

 

☆参照記事☆

 

追い込まれて現状をなんとかしないといけない状況のときなので、

寄り添い方によってはそのまま落ちていくことになりかねません。

 

励まして

「今までたくさんのピンチを乗り越えてきたじゃん!

貴方ならできるよ。もうちょっと頑張ってみようよ!」と

彼を持ち上げつつ「ケツを叩く」ぐらいがちょうどいいでしょう。

 

そして、彼が傷口を見せてきたとき、

具体的な解決案を提示したり、

自分の体験談を語ったりするのもよろしくありません。

 

前者の場合、たとえば彼が仕事のことで落ち込んでいたとしましょう。

 

そこで、

「こういった場合は○○するといいんじゃないかな。」とか、

「じゃあさ、××してみればいいじゃん。」なんて言わないように。

 

後者も同じです。

 

「私も過去にこんなことがあってさ~」と自分の経験談を語り、

知らないうちに相手の話にシフトしていることがよくありますが、

この場合、男性はただ話を聞いてほしいだけなんですよね。

 

余計なアドバイスはいらないのです。

 

女性なら経験があるかもしれないですが、ただ話を聞いてほしいだけなのに、

それを聞いた男性が的外れなアドバイスをしてくることがあるでしょ?

 

「お前の話はどうでもいいんだよ。」って思うでしょ?

 

それと同じです。

 

彼の話を真剣に聞き、相手の感情をオウム返しをし、

「そっか・・・。そんな大変なことがあったんだね。」とか

「それはつらいよね。ほかの人ももっと○○してくれればいいのに。」とか

「なんだか貴方の話を聞いてて私も悲しくなってきちゃった。」とか、

こんな感じで共感するだけでいいんですよ。

 

もう一度言いますが、男性が傷口を見せてきたときは、

「励まし」と「具体的な解決策の提示」はいりません。

 

ただ共感してあげてください。

 

最強の「寄り添い」に含まれている4つのもの。

そういえば、最近あるドラマを見ていて、

「こ、こ、この台詞は最強の寄り添いやで!」

と思わずうなってしまった台詞があるんですよ。

 

そのドラマとは「信長協奏曲」なのですが、

現在劇場公開されているので、

宣伝のためにいろいろな番組に出演している

小栗旬さんをTVで見かけることが多くなったこともあり、

「楽しみにしてた海外ドラマを見終わったし、

ちょっと見てみよっかな。」と思って見たのがきっかけでした。

 

このドラマで信長の妻である帰蝶役の柴咲コウさんが、

現代からタイムスリップした高校生のサブローが扮する

信長役の小栗旬さんに言った台詞が、

思わず涙するぐらい最高の寄り添い台詞だったんです。

 

戦国の世で天下を取ると目標を抱いたサブローではありますが、

立て続けに信頼していた人物2人から裏切られ、戦には勝利したものの、

こうやって裏切られることや人の死や戦に慣れていけるのか、

こんなことがこれから先ずっと続いていくのかと

帰蝶に対し涙を見せつつ傷口を見せたときの台詞がこれ。

 

帰蝶

「もしもうつけが辛くて耐えられなくなったら、

そのときはどこか一緒に逃げてしまおうか。

 

小さな里で2人静かに暮らすのじゃ。

 

お主が畑を耕し、わらわが食事の支度をする。

おにぎりとやらも握ってやるぞ。

 

そんなふうに2人何気なく暮らしていくのも、きっと悪くない。

 

わらわはお主が生きているだけで、ただそれだけで良い。

 

だからもう1人で背負うでない。

 

お主にはわらわがおるではないか。

 

そのための夫婦(めおと)であろう?」

 

惚れてまうやろ。

 

歳をとると涙腺が弱くなりますが、

それを差し引いてもこの台詞は

僕の涙腺を崩壊させるには破壊力抜群でした。

 




 

しかもこの寄り添い台詞は、

「共感」「提案」「肯定」「連帯感」の4つが含まれており、

かなり高度な寄り添いテクニックと言えるでしょう。

 

それに加え、

ふだんのサブローと帰蝶はケンカばかりしているので、

寄り添いを見せた帰蝶の「ギャップ」もあるんですよ。

 

ドラマや映画をみたり漫画を読んだりするときは、

ぜひ登場人物の台詞にもしっかりと注目してください。

 

恋愛のヒントになることがたくさん詰まっていますから。

 

 

✩喜びの声多数!あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから✩

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

 

☆藤本シゲユキ・著書一覧☆


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

ビデオ通話カウンセリング60分

対面でリアライフマネジメント90min
※対面カウンセリング休止中のため、コロナウイルス終息までの代替サービスになります

強み診断はじめました

藤本流・強み診断カウンセリング1H

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

悲恋改善ってなに?

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ