人間のレベル論を階層分けしてみた。~第二階層・気づいてるステージ編~

気づいてるステージ・ねこ / ライオンフィールドの共通点

第二階層「気づいてるステージ」

ねこフィールド

↓(フィールド進化)

ライオンフィールド

 

このステージまで上がってくると

「目の前に起こっている現実はすべて過去の自分が選択した結果」

という認識を強く痛感するようになり、

さまざまな気づきを連鎖して得るようになってくる。

 

恋愛もプライベートも上手くいき

心から人生の楽しさを体感できたり、

やりたいことが見つかって

自分の使命や天命が見つかったりするのも

このステージからであることが多い。

 

気づいてるステージにいるままでも人生が上手くいくことは多いが、

どうしても折り合いのつかない人間(親や関係性がわるい人物)との

関係を見直すことで、さらに生きやすくなっていく。

 

【気づいてるステージ・特徴】

    • 目の前に起こっている現実はすべて過去の自分が選択した結果という事実を「頭」ではなく「心」で理解している
    • 人生が楽しい
    • 楽をして得られるものはたかが知れていると思っている
    • 人や環境のせいにしない
    • 自分の主観や常識で物事を判断しない
    • 自分がいるフィールドより下位フィールドの人間のことが手に取るように分かる
    • 自己肯定感がたかい
    • 自分を満たすことができるのは自分だけと分かっている
    • 物質的なもの(金銭 / 高価な物品 / すばらしい住居など)は幸せには直結しないことが分かった
    • 自分のことが分かっている
    • 人や状況はコントロールできないものだと理解している
    • 気づいていないステージにいたときに抱えていた悩みがほぼなくなる
    • 他人や物事に興味津々

 

気づいてるステージ・ねこフィールド

ねこフィールドまで上がってくると、

「気づいていないステージ」にいたときに抱えていた悩み事が

さまざまな気づきを得たことによってほぼなくなる。

 

そのため、一皮も二皮もむけた自分を体感することができ、

心の底から人生を楽しめるようになるのもこのステージからの醍醐味。

 

しかし、新たに大きな怒りや不安を感じたときに

自分で感情のコントロールができなかったり、

周囲の評価や世間体を気にしすぎて自分を押し殺す日々を続けたりしてしまうと

「気づいていないステージ」にステージダウンするので、

早急にライオンフィールドまで上昇した方が安全とも言える。

 




 

ちなみに、

「ねこフィールドってプリズンブレイクのスコフィールドみたいだなあ。

あ、そういえば昔、ホワッツマイケルっていう猫が主人公の漫画があったなあ。」

なんていうしょうもないことを考えていたのは内緒だ。

 

【物事のとらえ方】

「もっと楽しいことしたい。」

【特徴】

    • 新しいことへの挑戦が楽しい
    • ポジティブ状態でいることが多い
    • 対人関係が良いふうに大きく改善される
    • 逆に、今まで友達だと思っていた相手と話が合わなくなりだんだんと疎遠になっていき孤独感を感じることが増える
    • ワクワクすることや刺激があることを追い求める
    • その結果、自分を見つめる時間が少なくなり内観がおろそかになりがちなときがある
    • 気づいてるステージに上がった直後は、話が通じない相手や気づいていない相手を無意識に見下したり上から目線になったりすることがある
    • 気づいてるステージに上がり自分の価値観や思想が正しいものだと思い込み、傲慢になる人間もいる

【ねこフィールドにいる人間が失敗しないための注意点】

    • 気づいていないステージにいる友人とことごとく話が合わなくなるため最初はさみしい気持ちや孤独感を感じることが多いが、ライオンフィールドに上がったら「合わない人間と無理して付き合うぐらいなら独りでいい」と思えるようになるので、気にしないこと。
    • 友人だけではなく、周囲の人間とも話が合わなくなり「自分の方がおかしいんじゃないか」と思うときがあるが、世の中の人たちの大半が気づいていないステージなので話が合わなくて当然である。
    • しかし、気づいてるステージに上がったからといって調子にのってはいけないし、傲慢になってはいけない。謙虚さを忘れないことがライオンフィールドへの道につながる。
    • 長くねこフィールドにいると、刺激を追い求めないとこのフィールドにとどまっていられないような錯覚をするがそれはまったくの勘違い。さらに自分を知るために、常に自分を内観することが重要。
    • いろんな人に感謝や奉仕をすることの重要性に気づくのもこのフィールドからであることが多いが、上辺だけで感謝と奉仕を実践していてまだこの重要性が理解できていない人は、しっかりと腑に落ちるまで今からその意味をしっかりと考えていこう。

 

気づいてるステージ・ライオンフィールド

ねこフィールドとライオンフィールドの違いは、

前者が刺激やワクワクを求めて行動することで喜びを感じていたのに対し、

後者は行動することの意味や起こる出来事についての意味を考え、

自分の思想を増やしたり気づきを得たりすることで喜びを感じる。

 

このフィールドになると常に自分自身を満たしていて

自分自身を尊敬しているため、

ほめ言葉で舞い上がることはすくなくなり

それよりも自分をほめてくれることへの感謝の念を抱く傾向にある。

 

人に対して敬意と親切心をもって接するのは当たり前のことであり、

感謝の気持ちを忘れずにいかに人や社会へ奉仕できるかを真剣に考えるのも

ライオンフィールドからであることが多い。

 

【物事のとらえ方】

「ここからなにを学べるんだろうか?」

【特徴】

    • 仮説をたてて検証することが好きな人種が多い
    • 対人関係でのストレスがほぼなくなる
    • 自己成長に余念がない
    • なにかトラブルや逆境があっても、「ここからなにを学べるか?」「今の自分ならどう乗り越えるか?」を考える
    • 物事のすべてはつながっていると理解している
    • 交友関係が過去に比べて大きく変わっている、もしくは、話が合う人物がいないので友達が激減している
    • 自分の心と対話し、思想を強化したり気づきを得たりすることに余念がない
    • 自分の欠点を理解した上で改善を試みる

 

 

【ライオンフィールドにいる人間が失敗しないための注意点】

    • 人間関係でストレスを感じることがほぼなくなるとはいえ、時折ありえない怒りを感じる相手に出くわしたとき自分の感情にどう折り合いをつけるかが重要になる。
    • 影の性格が出てきたときには注意すること。たった少しの慢心が積み重なって大きくなっていき破綻を招くことが世の中にはよくある。自分の本分を無視して調子にのってはいけない。
    • このフィールドにいる人間が社会的成功をおさめているのにもかかわらず、今までの業種とまったく関係のない業種に転職することがまれにある。(例:有名な弁護士がいきなりフリーカメラマンになる)この場合、自分のことを思ってくれる人に対しては、心配をかけないためにしっかりと自分の意図を分かってもらうことが大切。
    • ライオンフィールドにいるとことごとく人と話が合わないため、自ら人付き合いを避けて自分の内観や仮説をたてて検証することに没頭するあまり、いずれ気づきが頭打ちになってしまい無気力になる人が稀にいる。人と接することでしか分からない新たな自分や得られない気づきがあるので、無気力になってきた場合は色んな人と接することが回復の薬となる。
    • このフィールドにいると、上辺だけのほめ言葉を言ってくる人間に対して「なにも分からないくせに適当なこと言うな」と思ってしまう人がいるが、相手にはなんの悪気もないことを忘れてはいけない。素直な気持ちでほめ言葉を受け取っておく方がいい。

 

気づいてるステージ考察

このステージまで来ると「あるもの」に目を向けることができ、

毎日を楽しく過ごすことができます。

 

自分で自分を満たしているので、

「もっと良いことが起こるかもしれない」とワクワクした感情が常にあり

「良いことが起こりすぎると悪いことが起こる」

という価値観はウソだったんだとも気づくのも

気づいてるステージからであることが多いです。

 

気づいていないステージにいたときの自分を思い出して

一生懸命に人と状況をコントロールしていたことがいかに無駄だったかが分かり、

「結局はなるようにしかならないよなあ。」と心で理解するのも特徴の1つ。

 

結局は、自分の頑張りでなんとかできることは自分のことだけなんですよね。

 

ちなみに、気づいてるステージにいる人間は

経営者や個人事業主などすでに独立している人間が多いと思われがちですが、

実は立場ってほとんど関係ないんですよ。

 

大学生や主婦の人たちといった

ごくふつうの人たちでこのステージにいる人はちゃんと存在します。

 

僕もカウンセリングでこういった方たちと話していて

「自分が生まれてから40年近く経って気づいたことを

この女性はこんなに若くして気づいたのか」

と驚くことは珍しい出来事ではありません。

 

それから、

このステージに上がると今まで以上に見えない力を信じるようになる人も多く、

急に信心深くなったりスピリチュアルに目覚めたりする人も多いですね。

 

今まで周囲の人にしてきたことを悔い改めて

感謝や敬意をもって人に接することを意識するようになるのも特徴の1つです。

 

基本的にこのステージにいると人生も恋愛も

大きな失敗はしないことが多いのですが、

せっかくねこフィールドまで上がってきたのに

気づいていないステージにステージダウンする人がいるんですよ。

 

なぜ、こういった状況になるかと言うと

前述したように人の評価と世間体を気にしすぎたことにより、

不安と恐怖を感じて自分中心で生きられなくなったことが

ステージダウンしてしまう最大の理由なんですよね。

 

どういうことかと言うと、

女優として大成功していて地位も名誉もあって

どこからどう見ても幸せそうなのに、

急にうつ病になってしまう人とかいるじゃないですか。

 

これは、世間から求められている理想像を演じることに疲れてしまい、

自分らしさを出せなくなってきたことから

息苦しさを感じるようになったことが原因です。

 

売れているミュージシャンでもこういった現象はよくありますね。

 

あと、特定の人間をどうしても許せなくて怒りを抑えることができず、

自分の影の性格が出てきて陰極寄りの人生になってしまい

ステージダウンするねこフィールドの人もよくいます。

 

もう1つ注意しないといけないとしては、

このフィールドにいる人は承認欲求が強い人が多いので、

自己顕示欲のコントロールが必要にもなってきますね。

 

「やりたくないことは極力やらない」と決めだすのも

このフィールドからであることが多く、

周囲から「ワガママな人」と思われていたりするのも

ねこフィールドにいる人の特徴の1つでもあります。

 

そして基本的には

「気づいてるステージ」にいる人は「気づいていないステージ」以下にいる人とは

ほとんど話が合わないので必要以上にかかわりを持とうとしないのですが、

まれに「ねこフィールド」にいる男性が「うさぎフィールド」にいる女性と

結婚していたり交際していたりすることがあります。

 

この場合、女性側が考え方を改めてステージアップしないことには

高確率で別れがやってくるんですよ。

 

ねこフィールドに上がりたての男性だと、

まだ「自分が頑張れば相手も変わってくれるんじゃないか」と

思っている人も少なくなく、

この男性がそう考えているうちは関係が続くのですが

「人はコントロールできない」と完全に気づいたときに

別れを意識しだすことが多いです。

 




 

それからライオンフィールドですが、

このフィールドまで上がってくると

よほどのことがないかぎり降下することがありません。

 

なにか大きな問題が起こったとしても

物事に流されることがほとんどなく、

「これは自分にとってどんな学びがあるんだろうか?」

「これは過去の自分がまいた種なんじゃないだろうか?」

という考え方をするので、乗り越える方法を考えるんですよね。

 

フィールドダウンするんだとしたら、

ねこフィールドにいる人たちと同様に

人の評価や世間体を気にした生き方にシフトし、

影の性格が出てしまったことが大きな原因だと思います。

 

これは、悟りステージ・ペガサスフィールドにいる人たちも同じなんですが、

端的に言うと「自分の本分を無視して調子にのってはいけない」ということです。

 

たとえば、ある仕事で売れてきたからと言って

今の立場を維持することだけを考えお金儲けに走るとかも

「本分を無視して調子にのる」に該当します。

 

今の立場を維持するというのは、

「今の立場じゃないと誰も相手にしてくれないのではないか」とか

「この立場を失うと人からどう思われるか分からない」

といった世間体がベースになった考え方なんですよね。

 

この本分というのは、

自分の使命だったり天命だったりするので

自分のためだけに立場を維持するという行為は、

人と世の中のためになっていないんですよ。

 

ちなみに、使命というのは使者としてのつとめであり、

天命というのは神様が人間に与えた使命です。

 

簡単に言うと、あるお医者さんが

「地域のお年寄りを救ってより良い生活を送ってもらいたい」

と強い意志を持って仕事をしているのが使命。

 

天命は、

「自分が持っている医療技術や知識を全世界の人に役立てたい」

というものになります。

 

自分のやりたかったことが結果的に誰かの役にたっているのと、

自分の保身を考え現状維持でつとめを果たすことって決定的に違いますからね。

 

もちろん、調子にのるというのは

身のほどをわきまえずに遊び散らかし、

自分のつとめがおざなりになることも該当します。

 

人は、お金と名誉と異性で狂う生き物でもありますから、

そうならないように気を引き締めていかないといけないですね。

 

それは僕にも言えることです。

 

 

余談ですが、大御所と呼ばれる芸能人が一般の人に神対応ができるのは

彼らがライオンフィールドの人間ではないかというのが僕の見解です。

 

人に優しくするのは当たり前という観点を持ちながら、

「俺もテレビ出てないときはふつうの人と同じだからなあ」

という観点も持っているんだと思います。

 

承認欲求や自己顕示欲がなくなってくるのも

このフィールドからなんですよね。

 

そう考えると、狭いコミュニティの中で

ふんぞり返って威張り散らしている人って

ものすごく残念な人種ではないでしょうか。

 

 

それから、現在の僕は悟りステージ「ペガサスフィールド」にいるのですが、

やっていることが違うだけでライオンフィールドの人とほとんど差はありません。

 

なぜペガサスフィールドの方がレベルが上になるのかは

ペガサスフィールドの特徴でお話いたします。

 

 

☆人間のレベル論・悟りステージ☆

 

☆「幸福のための人間のレベル論」書籍版はこちらから☆

 

✩喜びの声多数!あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから✩

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

 

☆藤本シゲユキ・著書一覧☆

人間のレベル論を階層分けしてみた。~第二階層・気づいてるステージ編~” に対して168件のコメントがあります。

  1. まいこ より:

    更新お待ちしておりました!
    昼休みに一気読みしました笑

    このステージにも、当てはまるものがチラホラ。
    私は進化の途中なのか、アップダウンが激しいのか…

    【注意点】を書いてくださっているのが非常に参考になりますし、ありがたいです!
    当てはまっていようがいまいが、自己改革中(フィールド・ステージアップ中)の私には物凄く参考&助けになります!
    いつもありがとうございます!

    なりたい自分に近づけるよう頑張ります!

    1. >まいこさん

      ありがとうございます。

      気づいてるステージの思想を完全に腑に落とすことができれば、そうそうステージダウンしないので、あとは、付き合う人と環境と習慣に気をつけた生活をしていくことでしょうか。

      応援しております。

  2. ピアノ より:

    藤本さん

    続きの記事を待っていました。
    アップをありがとうございます。

    「まれにネコとウサギが結婚したりするが、
    高確率で別れる」という文面にギクリとしました。

    身に覚えがあり、何度もその事で話をされています。
    「口ばかりで成長しない」と。
    私も旦那との差は気付いていますが、
    ステップアップを心見ても何をどうすればいいか分からずに、何年も停滞して自分にも嫌気がさしてしまっていて、嫌われないか彼の顔色を伺うようになってしまいました。

    気持ちばかり焦って空回りしています。
    外見も行動も荒くなってきているのが、自分でもわかります。

    感情に支配されて、何も手につかずだらしなくなっている程の習慣でもステージアップしたいです。
    まずは自分を成長させないと大変な事になるのが、何となく分かります。
    余裕も管理能力も、何もなくなっています。

    成長とは何でしょうね。。

    1. >ピアノさん

      ありがとうございます。

      成長とは良い習慣を継続して続けていくことであり、日々の生活から気づきと学びを得ていくことです。

      人や環境に抱く怒りと悲しみの感情は、人と環境はまったく関係がないので、どこまでいっても自己責任なんですよ。

      人と環境に期待するから怒りと悲しみが生まれます。

  3. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。

    なんだかんだいって、投稿を拝読しちゃうと私はどこかな?と考えたくなりました。
    いつも勝手でスミマセン笑

    自己判断で偉そうに発表させていただくと、ライオンかペガサスかな?と思いました。

    私が現在している仕事で、日々の他愛のないちっさな喜びを感じていただけたらなという気持ちが、ベースにある事。
    それを感じていただく為に出し惜しみはしたくないこと。

    そして、2年程前から仏教の話しを沢山聞く機会を与えていただいて、自分の何かが確実に変わったなと実感している事。

    子供の頃から、たとえ自分が今幸せじゃなくても、自分は愛情を与え続けたいと思っていた事が理由です。

    そして、藤本さんとお話しさせていただく中でも、沢山の気づきがありました。
    私は本来、実はとても人見知りで、自慢っぽいことを言うのもすごく苦手なんです。

    でも、自分がこんなハイレベルにいるっぽいなんて、今感じたことを堂々と人に伝えられるようになったのは、私のままでいいと仰って下さった藤本さんのお陰だと思っています。

    いつも本当に感謝しています。
    ありがとうございます。

    1. >チハルさん

      僕の方こそいつもありがとうございます。

      僕もチハルさんはライオンかペガサスだと思いました。

      承認欲求と自己顕示欲がなくなれば、自分のことを大きく見せようとしなくなるので、さらに生き方が楽になりますよね。

      プロフィールで自分の闇の性格を書きましたが、「ありのままの自分を認める」ってこういうことなんだと思いました。

      そう考えると、自分の闇の性格に目を背けたままでは自己受容なんてできないです。

      1. チハル より:

        藤本さん、今日もお疲れ様です。
        お返事、ありがとうございます。

        もし仮に自分がお釈迦様フィールドであったとしたら、全ては自分自身と分かりきってる事だから、尚更フィールドとかステージなんて気にしないだろうなと思いました。

        よく、子育てをしていて悩んでしまう事があると思いますが、生きていてくれるだけで嬉しいと心から思える事で、心持ちが随分変わるのではないかな?とも同時に思います。

        また、藤本さんの仰る、闇を認める事も、きっと陽をしっかりと把握されたから、当たり前に闇もある。と腑に落ちたのではないかな?と、感じました。
        真剣に向き合い内観する事でしか、本当の気づきなんて得られないですもんね。

        こんな感じの話ばっかり彼としてました。笑

        今は、私はクロワッサンが好きさー❤︎とか、今更ウキウキ話してて、楽しいです♩

        1. >チハルさん

          お釈迦さまフィールドにいる人って、たとえ道端で強盗に遭い、ピストルをつきつけられたとしても、「ああ、この人はこうしなきゃ生活ができないんだな」と思って有り金渡すような人たちなんですよね。

          さすがに身の危険があるので、そこまでできるかどうかはさておき、ホームレスと仲良くできるハリウッドのスーパースターも同じ感じじゃないかなと思いました。

          自分の闇を認めることができないと、それは自分のことを知ったうちに入らないですよね。

          1. チハル より:

            お伝えになりたい事、心から納得してます❤︎

  4. ユリ より:

    こんにちは
    気づいてないフィールドに落ちたユリと申します。
    いつもブログ楽しみにしています。
    気づいてるフィールドに上がる方法について分からないことがあります。

    *「目の前に起こっている現実はすべて過去の自分が選択した結果という事実を「頭」ではなく「心」で理解している」

    *「人や環境のせいにしない」

    とありますが、”心で理解する”にはどうしたらいいのでしょうか?

    私は高校あたりからずっとネコフィールドにいましたが、就職で東京に住んで数年でハリネズミフィールドに落ちました。

    東京は人が多いせいか最下層や低位の気づいてない層に会うことも多く、人間不信気味になったのでそのせいだと人や環境のせいにしていることに気がつきました。

    昔はこんな考え方をしたことはなかったのに自分の変化に驚きです。

    昔は当たり前のように受け入れていたので、それがなぜ心で理解できなくなったのかが分かりません。

    親にもずっと感謝して暮らしていたのに、自分の性格は親がこうだったからだと思うようになりました。

    お時間ありましたら、藤本さんがどうやってキツネフィールドからペガサスフィールドまで上がっていったのか記事にしていただけると嬉しいです。

    1. >ユリさん

      こんばんは。

      これは正確にお話すると本が一冊書けてしまうのですが、簡単に言うと、「朱に交われば赤くなる」というやつでして、環境とその場所にいる人の考え方が自分に伝染したんですよ。

      量子力学的観点からすると人の思考は波状の素粒子でできていて、これを世間では波動とかエネルギーと呼んでいるのですが、ネガティブな素粒子が充満している場所では自分もその影響を受けます。

      開業したらすぐお店が潰れるテナントや、負のオーラが伝染するとか生霊をもらうとかは、このネガティブな素粒子のせいでもあるんです。

      フィールドアップ記事の件、検討させていただきますね。

  5. 田中 より:

    藤本さん

    更新待ってました〜♡
    ありがとうございます!!

    読み終えて気付いたのですが、私、この数ヶ月間の内にステージダウンしていました。いつからか、職場での人間関係を考えすぎるようになっていたのです。
    「こんなことを言ったら嫌われる?」
    「私程度がこの行動をしたら反感を買う?」
    「注意されるくらいなら何も行動しない方がいい」
    「私はここに居ない方がいい」
    …上司に嫌われているのでは?という懸念から、いつの間にかこんな風に考え込むようになっていました。
    そして、楽しかったはずの恋愛にも上記の考えを持ち込むようになり、結果、大事にしていた関係性や自分の生活習慣をぶち壊したのが先週。

    …本当、自分から目を離しちゃだめですね(笑)

    ステージダウンしたとはいえ、現状維持は嫌いだし、色々な出来事から何かを学び成長を続けたいし、なにより楽しく生きて、死ぬときに後悔したくない…と今でも思っています。
    今日より明日、今年より来年もっと楽しく過ごせるように。自分の些細な気持ちの動きや行動の変化に、ちゃんと気付けるようになりたいです。
    自分への理解を深めることが、人への理解を深めて、良い関係性を築くことに繋がるような気がしました。

    1. >田中さん

      記事を参考にしていただき、大変光栄です。

      >自分への理解を深めることが、人への理解を深めて、良い関係性を築くことに繋がるような気がしました。

      まさしくその通りです。

      自分を知らない人が人を理解できることはないんですよ。

      自分のことを「理解する」という習慣がないですからね。

      >今日より明日、今年より来年もっと楽しく過ごせるように。

      そのためには、死ぬまで続く「今」を後悔のないよう生きていきましょう。

      1. 田中 より:

        藤本さん

        返信ありがとうございます!

        「今」を後悔しないように生きる…ぐさっときました。
        よく「ネガティブな人は悩むだけで行動が足りない」と聞くのですが、本当ぼんやり悩んでばかりではだめですね(^^;
        今回の体験で、因果応報…とまではいきませんが、過去の自分が起こした行動の代償は必ず自分が払うことになるんだなあ、と実感した次第です。当時の私は充分傷付き、自分の至らない点を理解したつもりでしたが「つもり」なだけで、全然足りていなかった。

        そしてふと疑問に思ったのですが、自分で「今の私は不安定(ステージダウンしている)かも」と気づいた時は、やはりそこから抜け出すまで恋愛や人を好きになる気持ちを抑えるべきなのでしょうか?
        好きな人が、不安定な状態の私と関わることで悪い男になってしまうのは避けたいのです…。
        (今現在の相手は、自分が良くない行動を取ってしまったので、自戒も込めてもう離れるつもりです)

        1. >田中さん

          基本的に不安定になったときは恋愛しない方がいいです。

          どうしても自分で満たせない部分を相手に満たしてもらおうとするんですよね。

          自分の心を自分で満たせないから、外部のもので満たして一時的な安心感を得ることを繰り返し、それがないと生きていけなくなっていくのが、恋愛にかぎらず○○依存と名前がつく依存のメカニズムです。

          1. 田中 より:

            藤本さん

            ありがとうございます!
            伺ってよかったです…依存に片足を突っ込みそうになっている自分に気付けました(^^;
            「彼が居ないとだめ!」「彼が好きすぎて他のことはどうでもいい」
            …という激しい感情(執着)じゃなくても、
            「相手は自分をどう思っているんだろう?私があんなことをしたからもう終わりかなあ、それならもう私から連絡しない方が良いのかなあ…」
            等々、相手を軸に物事を考えている時点で依存的な考え方になっていますものね。
            すぐにそうした考えに行き着きがちなので、自分の中に冷静な視点を根付かせたいです(笑)

            心は痛めましたが、また一つ学べたのでよかったです。

  6. キジバト より:

    こんばんは

    ありがたいことにプライベートで仲良くさせて頂いている方たちはほとんどこちらのフィールド以上の場所にいます
    こんなにたくさんのネコさんライオンさんペガサスさん達に囲まれてるなんて、私はなんて恵まれてるんだ!
    正直、死にそうになっている私が今こうして生きていられるのは彼らのおかげです
    思えば元彼もここのステージの人でした
    よくぞ私のような人間に根気よく付き合ってくれたなぁと、本当に感謝です
    なんか泣けてきた
    みんなありがとう!

    1. >キジバトさん

      こんばんは。

      ものすごくいい環境に身を置かれているようですね。

      本当に良かったです。

      >みんなありがとう!

      言いまくってください。

      心からの感謝が湧き上がったとき、その波に乗っかってありがとうを連呼するといいです。

  7. あさ より:

    こんばんは。
    違ったらすみません!
    気付きの一種?ですかね、これは。
    何か対人関係であったとしても、ほとんどの場合は相手が戦うべきは私ではなく自分自身だというのがわかるというか、なんというか。
    もちろん、私のために叱ってる人もいますので、それもわかりますので、そのときは反省と次に向けて考えます。

    だから、対人関係のストレスはほぼありません。

    あと、新しい事にチャレンジするのは大好物です。笑

    1. >あささん

      こんばんは。

      気づきですね。

      自分の敵は自分です。

      そして一番信用できない相手も自分です。

      だからこそ、自分の内面と戦い、自分に約束をして守っていくんですよ。

      自信って、自分を信用すると書きますし、自分を裏切り続けている人に自信なんてつかないということです。

  8. トミー より:

    お疲れ様です!
    私も気付きステージ(前回ステージとフィールドを間違えました)の項目も少し当てはまります。
    ・自分の事は自分でどうにかするしかない。
    ・今まで仲良かった人とことごとく話が合わない。
    ・上辺だけの褒め言葉に対し、「何も分からないくせに」て思う。
    などです。
    そして傲慢になったり、上から目線になると頭打ちに合うんですよね。
    あと、藤本さんもおっしゃってましたが、感謝の気持ちを忘れると私の人生は必ずつまづきがあります。

    今はなんだか体調を崩したり、気持ちが安定していたのがまた不安定になったりと、ステージダウンして「気づかないステージ」をうろうろしているような・・・

    藤本さんもよくこの真理にたどり着いたなと驚いています。

    1. >トミーさん

      承認欲求と自己顕示欲の塊だった過去を考えると、僕自身も驚きを隠せませんが、それだけ徹底的に考え抜いた結果の今かなと思っています。

      感謝についてはまた別記事でお話させていただきますが、感謝の気持ちを忘れそうになったときや、感謝できないときほど、無駄に感謝しまくってください。

      僕が「ありがとう乱射事件」と呼んでいる法則でして、無駄に感謝しまくったあとに、「なにに対してのありがとうなんだろう?」と考えるんです。

      これが、「あるものに目を向ける」につながります。

  9. とも より:

    藤本さんこんばんは!
    私も休憩中、真剣な顔して読んでました(笑)
    ハリネズミとねこの要素があるようです。
    毎日楽しく過ごせてるしやりたい事しかやってないし自己肯定感もアップしてきました。
    ただ、他人や物事にほんとに興味がないです。
    感情のコントロールや親との関係性は自分の努力次第で何とかなるような気はするのですが他人や物事に興味がないのは感謝が足りないのでしょうか?
    何か方法はありますか?

    1. >ともさん

      こんばんは。

      ありがとうございます。

      他人と物事に興味がないのは、自分に対して興味がないことが原因の1つとして挙げられますね。

      自分のことを知らないというのは、自分に対して興味がないということでして、この「興味がない」というのが習慣になっているので、自分以外の人や物事にも興味を示せないのもあります。

      あとは、感謝が足りないということであれば、それは自分への過信からくるものでもあります。

  10. とも より:

    お返事ありがとうございます。
    自分の事を知らないままだと自分の人生棒に振ってる気がしてゾッとしてしまいました。
    怖いです、、、。
    この自分を知るという事、今はまだ頭でしか理解出来てないですが自分で考え抜かないといけないですね。

  11. Ha より:

    仲がよかった職場の先輩との人間関係に悩んだことがあるのですが、あれは先輩のステージが下がっていってしまったんだなぁ。と今までの記事を読んでストンときました。
    自分自身もだいぶ負のオーラにやられてたなと思います。

    その経験から得た気付きもありますし、心配してくれた友達や他の同僚たちの存在のありがたさ、こんなにも自分が愛されていたことに気付けたことも大きいです。

    今週末に初めてのカウンセリングなので、ドキドキしているのですが、お聞きしたいことをまとめておこうと思います!笑
    どうぞよろしくお願いします。

    1. >Haさん

      あるものに目を向けましょうとはよく言われていますが、自分の調子が悪いときにしか見えないあるものって存在すると思うんですよね。

      しかもそれが、

      >こんなにも自分が愛されていたことに気付けたことも大きいです。

      こういった周囲の人の優しさであることが多いです。

      カウンセリングの際は僕の方こそ何卒よろしくお願いいたします。

  12. さち より:

    先日は返信ありがとうございました!
    続編?更新されて、嬉しいです!
    「ありがとう乱射事件」何に対してのありがとうか、考える!実戦してみようと思います

    私、やっぱりハリネズミ辺りかなーと思います。以前も書かれてた様に恋愛になるとステージダウンすることもある、と、ありましたが、まさにそうかも、、とドキッとしました。

    前回の返信でもいただきましたが、自分を、知ると言うのは、どういう風にしていったら良いのでしょうか??

    1. >さちさん

      たとえば、「今から30秒以内にアナタの好き嫌いを5個ずつ答えてください」と言われてすぐにできるかどうか、そして答えられたら、「では次に、なぜそれが好きなんですか?なぜそれが嫌いなんですか?」と聞かれて、ほぼ即答で答えられるのが自分を知ってる人です。

      あと、自分がどういうときに喜怒哀楽を感じて、なぜそれが起きるのか、そのきっかけを知っているのも自分のことを知っている人ですね。

  13. ピコ子 より:

    ねこフィールドの注意点に、
    ・気づいていないステージにいる友人とことごとく話が合わなくなるため最初はさみしい気持ちや孤独感を感じることが多いが、
    ライオンフィールドに上がったら
    「合わない人間と無理して付き合うぐらいなら独りでいい」と思えるようになるので、気にしないこと。
    ・友人だけではなく、周囲の人間とも話が合わなくなり「自分の方がおかしいんじゃないか」と思うときがあるが、世の中の人たちの大半が気づいていないステージなので話が合わなくて当然である。

    ここを読んで、高校時代に私の身に起こったことそのまんまで驚きました。高校生ですでにライオンになっていたようです。
    ですからやはり、違うステージの人達との付き合い方を学ぶことが大事ですね。そして私が気になるのは、とても意識が高くて上昇志向で、自分よりレベルが上の人としか付き合わない人達、下の人を平気で見下すか切り捨てる人達です。
    実はそういう人はねこよりステージが低かったのかな?納得しました。

    1. >ピコ子さん

      >とても意識が高くて上昇志向で、自分よりレベルが上の人としか付き合わない人達、下の人を平気で見下すか切り捨てる人達です。

      こういった人たちってハリネズミ、もしくはけだものであることが多いんですよ。

      ねこフィールドまで上がってくると、人間関係の大切さを実感していることが多いので、人に対してしたことは自分に返ってくると分かってる人が多いですね。

      1. ピコ子 より:

        人間関係の大切さを実感していること

        なるほど、そうですね!それが見分ける指標になりそうです。仕事が出来たり頭が良かったり、上を見て努力はしていても、それが何に基づいて行動しているか、でステージが違ってきそうですね。
        ありがとうございました。

  14. ユキカ より:

    藤本さん

    こんばんは。いつもお世話になっております。
    今回の記事大変興味深いです。そして個人的にとてもタイムリーでタイミングの良さに感動しています(笑)

    「自分にはこれしかないと思ったものをまっとうしたい」という思いで生きてきましたが、ここ1ヶ月で「それで人を幸せにしたい」という思いに変わりました。
    自分が信念に基づいて生きることで人を幸せにしたい。
    それが自分の生まれた意味であると確信してます。
    そして「自分にはこれしかない」と思っているものを物質的な面から考えると、それは物だけれども自然界や人間界とつながっていて、それがつくられる過程で関わったものすべて、巡りに巡ってわたし自身なのでは、ここ数日で気づけました。

    2年半程前にはきつねかうさぎフィールドで、今はペガサスが見えてきたくらいかな?と思いますが、気を引き締めて邁進したいと改めて思えました。ありがとうございます。

    1. >ユキカさん

      こんばんは。

      僕の方こそいつもお世話になっております。

      >それは物だけれども自然界や人間界とつながっていて、それがつくられる過程で関わったものすべて、巡りに巡ってわたし自身なのでは、ここ数日で気づけました。

      ものすごい気づきを得られてますね。

      すべてはつながっているというのは、今まで自分が経験したことでもあり、自分にとって必要なことでもあり、一は全、全は一でもあります。

      この世の中に偶然ってないんですよね。

      1. ユキカ より:

        早速のお返事ありがとうございます。

        >この世の中に偶然ってないんですよね。

        本当にそのとおりですね。すべてのものには生まれた意味があり、不幸になるために生まれたものはないと思いますので、結局のところそれって愛なのかなと。無意識のうちに、わたしたちはこの世に存在する全てと愛を循環させているのではと、、。

        人間の存在意義やその先にある宇宙にも想いを馳せてしまい「今わたしなんかヤバイこと考えてる!?」となります(笑)

        母親に彼を完全に否定され、その後母親とかなり苦しい時間を経て呪縛から解放され、結果この気付きを得ました。きっかけを与えてくれた彼に感謝してます。命があることに感謝です。

  15. プー より:

    ・その結果、自分を見つめる時間が少なくなり

    内観がおろそかになりがちなときがある

    ・気づいてるステージに上がった直後は、

    話が通じない相手や気づいていない相手を

    無意識に見下したり上から目線になったりすることがある

    ・気づいてるステージに上がり

    自分の価値観や思想が正しいものだと思い込み、傲慢になる人間もいる

    ーーー
    最近、これで反省したので気をつけようと単純に思いました。

    今週、とある人の話を聞いていて「ダメだったらコンビニのアルバイトでもなんでも働くところはあるから、転職してダメでもいいや」と思ったという話を聞いて、「あーわかるその考え方」と思いました。
    コンビニのアルバイトに命をかけてる人には失礼だな-と思ったのですが、一つの場所がダメでも他にあるわけですよね。
    今の安定に縛られて楽しいことを逃すのは損ですよね。
    あと、「肩書は捨てたほうがいい」という話も。

    「自分で選ぶ」って、イマイチよくわからなかったのですが
    最近、意識的に「ちゃんと欲しいものを選ぶ」ことを意識しているので、買うものに満足度が高いです。

    悟りステージにはまだまだですが、生きている限りは常にレベルアップしていきたいですね。

    1. >プーさん

      >「ダメだったらコンビニのアルバイトでもなんでも働くところはあるから、転職してダメでもいいや」と思ったという話を聞いて、「あーわかるその考え方」と思いました。

      そうなんです。

      死ぬわけじゃないんですよね。

      執着している物も人も、元々はなかったものですから、なくなったとしても元の生活に戻るだけです。

      そう考えると、執着しているうちは欲しがってるものを引き寄せられないですし、手に入らないですよね。

  16. 夏音 より:

    更新ありがとうございました!!!

    自己分析では「ねこ」でした。
    アクシデントをきっかけに
    時々自信を失くしそうになったり、
    私の方がおかしいのかな?
    と感じる時がある「ねこ」です(^-^)

    私は霊感みたいなものは持ってないんですけど
    藤本先生と同じように
    「目に見えないものを信じて」いて、
    スピリチュアルに関連することは
    子供時代から興味を持っていました。
    結構平気で
    「私は愛を学ぶために地球にきてるんだよねー、あははー!」なんて言っちゃったりもして(大人の今でも)
    大体の人は目が点になってますね(笑)

    孤独感は長い間抱えていた自分の課題だったんですけど
    一人の時間は「貴重な時間」
    人と一緒の時間は「かけがえのない時間」として過ごすことと
    夢中になれる趣味を見つけたことで(8年継続しています)
    改善されました。

    先日、距離を取った彼に既婚の新恋人が出来た旨をコメントしましたが
    その時の私の発言
    「この人とはもうステージが違う」と思った「ねこ」の私は
    「チワワ」の彼を見下してしまってたかもしれません。

    彼は私に
    「そんなに考えたって、人生はなるようにしかならないんだよ。考えた通りになるとは限らないんだよ。」とよく言ってましたが
    他の方へ向けての藤本先生のコメントで
    「頭から煙が出るくらい考えてください」
    とあったので
    理性的な私って…と自己否定に陥らずの「ねこ」でいられてます(^-^;

    私「ねこ」で満足しそうになってました。
    記事を読んで
    「ライオン」までそう遠くないような気がして
    心がワクワクしています♪

    1. >夏音さん

      >「私は愛を学ぶために地球にきてるんだよねー、あははー!」

      そうなんですよね。

      別の言い方だと、僕たちはこの世に「経験」するために生まれてきてますし、「仕事(役割を果たす)」するために生まれてきています。

      ライオンまで上がると、自分を大きく見せようとかよく見せようとかしなくなるので、さらに楽になりますよ。

  17. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。

    自分自身の分析は、とりあえずしたので、彼についても考えてみました。

    彼は考察の結果ネコちゃんだなと思います。
    藤本さんが特徴として挙げられていた「自分のやりたいことはやるし、やりたくないことは極力しない」ここが特にドはまりです。
    私は最初コレを”随分、損得勘定する人だな”と、感じてました。
    そして、大きな悩みごとにぶち当たった時、ステージが明らかに下がるのも、見て取れてます。

    下がる時の雰囲気を、もうハッキリ感じ取れるので、そっちへ行かないように、プライドを損なわない方法で、何気に誘導するような感じで自分なりに接してます。

    アンテナが他の人とは全く違うとか、価値観の広さ。みたいな事を、彼も私に対して思ってるようです。なので、頭では分かってる。も、あるんでしょうね。

    余談ですが、私はホワッツマイケルじゃなくて、猫ひろしを思い出して”おかあさん、生クリームぅーーー”と全く意味無くしょうもない事を思いつつ読んだことは、発表しちゃいます。

    この、全く違う事をふわっと思うのって、なんなんでしょう?笑
    私はどんな人と会話しててもほぼ常にです。

    1. >チハルさん

      >そっちへ行かないように、プライドを損なわない方法で、何気に誘導するような感じで自分なりに接してます。

      これができる女性ってあまりいないんですよ。

      僕も数人ぐらいしか出会ったことがないです。

      >この、全く違う事をふわっと思うのって、なんなんでしょう?笑

      感性ですね。

      鋭いから派生して色んなことが頭に出てくるんです。

      1. チハル より:

        お返事、ありがとうございます。
        そして、藤本さんさんに共感していただくと、なんでこんなに嬉しいんだろうっていつも思います。
        本当に、ありがとうございます。

        私がシンプルに何の躊躇も負担もなく、それが出来ているとしたら、拙い方法でも自分全開で、私にしてくれた事が心に刻まれているという、今までして来た経験の中で培ったものです。

        彼と藤本さんさんと、ここに藤本さんに共鳴している皆さんが、ワクワクして過ごせると本当に嬉しいなって思います。
        私の仕事でも、それを感じていただけるようになりたいです。

        派生する訳の分からない事に関しては、彼は面白い女だなと理解してくれてますが、殆どの周りの人はクレイジーだなと感じてますね。笑

        1. チハル より:

          藤本さん、お疲れ様です。

          >そっちへ行かないように、プライドを損なわない方法で、何気に誘導するような感じで自分なりに接してます。

          無意識でしてた事ではありましたが、自分は何故それをしてるかは、すぐに気がつきました。
          でも、具体的にどうやってるのかな?と、ここ数日考えてみて、わかりました。

          肯定だけで、否定をするというやり方です。
          今自分が(彼)何をしていて、どうなってしまってるのかと、考えてもらえるように誘導していますね。言葉は肯定のみで。
          あくまでも自分で考えてもらうのを意識してるかもしれません。
          その後、気がついてない雰囲気だと、ヒントフレーズをさり気なく伝えてあとは放っておきます。

          いつまで経ってもわからなければ、また少しだけ誘導して放っておきます。
          放っておくのは、その人の心はその人のモノだと思っているからっていうシンプルな理由です。

          とにかく彼が自分で自分が何をして、私にどう思われたかという事を考えてもらえる様な事をひたすらしてたみたいですね。笑
          わかってスッキリしました!

          でもコレ、誰に対しても変わらないです。

  18. みき より:

    藤本さんこんにちは。

    先日は、コメントに返信ありがとうございました。

    今回読んで、全て腑に落ちました。
    今までで悩んでたこと、感じ出た事、納得いきました。
    漸く、光が見えて来ました。

    私の闇の要素は、うさぎです。
    今は、ハリネズミを脱皮しかの、ネコです。
    主人は、気づいてる側の人です。

    それも腑に落ちました。

    両親と向き合って、本当に良かったです。
    呪縛から解放出来ました。

    本来、引け目を感じさせずに育てるのではなく、沢山の方に手を借りて乗り越えた病気に、感謝する心の大切や心を伝え無いといけないのに、それを忘れ、自分一人で頑張ったと傲慢になっていました。
    母を見て、気づきました。

    今、ボランティアも続けてます。
    上辺にならない為にも、その意味を心で理解出来るまで腑に落ちるまで、考えます。

    藤本さんに、実はとても感謝してる事があります。
    働かないといけないの?私の考えはおかしいの?
    と思った時、藤本さんが止めてくれました。
    だから、ボランティアを選ぶ事も出来、今も続けて来れたのだと、心から感謝します。

    本当にありがとうございました。

    感謝する心を見失なりそうな時は、自分の身体に刻まれている、手術後を見ます。

    このブログは、私にとっての育児書でもあるので、これから勉強させて頂きます。

    本当にありがとうございました。

    1. >みきさん

      こんばんは。

      記事を参考にしていただき、大変光栄です。

      呪縛から開放されて本当に良かったですね。

      ボランティアは自分の身体を使って人や社会に奉仕する体施というものになりまして、これも立派な徳を積む行為になるんですよ。

      なので、どんどん続けてくださいね。

      おほめいただき本当に嬉しいです。

      僕の方こそありがとうございました。

  19. リツコ より:

    藤本さん

    また本当に興味深い投稿ありがとうございます。
    私も独立して、英会話とヨガではありますが、教える伝えるという立場で仕事をしており
    ただ英会話とヨガに留まらず、自分の人生での気づきもシェアプラスして伝えるということを意識しています。
    ヨガを教えていると年上の方がレッスンに来ることが多く、興味のないような態度を取られることもありますが
    以前は気にしていましたが、その人にしかその人のことしか分からないと思い、共感してくれる人はいると信じ
    生徒さんと向き合うようにしています。まだまだ思うようには稼げていないですが、
    この仕事が天職であると確信だけはあるので、このまま突き進んでいこうと思います。

    あの海外遠距離の彼をどうにかしようと思っていた時、ほんとうに辛くなってしまって、
    ハリネズミフィールドに落ちたような気がします。でも、その彼を思い切って切ったおかげで
    その決断は間違ってないという確信だけが心に残っていて、精神的に楽になりました。
    特徴を見るとねこフィールドにあてはまるので、今度は安定してねこフィールドに入れるようにしたいと思います。
    来週、LINEカウンセリングが入っているので、またご相談させてください!

    1. >リツコさん

      ありがとうございます。

      >共感してくれる人はいると信じ
      生徒さんと向き合うようにしています。

      このスタンスでいいですよ。

      >自分の人生での気づきもシェアプラスして伝えるということを意識しています。

      こういうプラスαってものすごく大事なんです。

      ブレずにやっていると、お金はちゃんと後からついてくるので心配しないでください。

      LINEカウンセリングの際は何卒よろしくお願いいたします。

  20. 夏音 より:

    お返事ありがとうございます。

    >別の言い方だと、僕たちはこの世に「経験」するために生まれてきてますし、

    本当にそうですよね。
    経験したいことを自分で選んで生まれてきている、と聞いたこともあります。
    「えーっ、こんなしんどい事も経験してみたかったってかい!」と
    自分突っ込みしたくなったりします。

    >ライオンまで上がると、自分を大きくよく見せようとかしなくなるので、

    大きく見せたがりの背景には、幼少時代の母子関係が影響しているかもしれないです。
    いい子でいることでしか母とは良い関係を結べないでいました。
    父が気づいている側のステージであることと
    恋愛や結婚の失敗が続いた事をきっかけに
    今までの母子関係を見直すことができ、
    以降嘘のように母と対立することがなくなりました。

    肩に力が入っていると見られがちです。
    ライオン、目指しますね。

    1. >夏音さん

      いい子でいないといけないという固定観念から生まれる、大きく見せるということですね。

      最近つくづく、習慣って怖いなあと思うのですが、自分が人に対してしている態度も積み重なると習慣になります。

      僕自身、承認欲求と自己顕示欲の塊みたいな人間だったので、大きく見せることをやめたとき、さらに生きやすくなりました。

  21. メロンゼリー より:

    初めまして
    いつも大容量のブログ、楽しく拝見しています

    私は男性とちゃんとお付き合いした経験がほぼないに等しく、予習のために世に溢れる指南書を読み漁っていたら

    「 男の人はハンターだから、手に入ったと思われたらだめ?
    恋する私はこんなに可愛くていじらしいのに、クールな女を装うの?
    相手を慈しみたい私の愛の行き場は??
    一生駆け引きするの悲しいーー 」

    と、実践が伴わないのに恋愛観が迷走しておりました 笑

    でも今回の記事を読んで、まるで曇天にいきなり青空がひらけたように、ぱっかーんと以下のように閃きました

    「 相手からの好意を受けて図に乗るって、それって気づいてないステージ以下(もしかしたらネコ以下?)にしか当てはまらないんじゃないか? 」

    恋で盲目になる私でしたが、ひとつレベルアップした気がします!
    冷静になるとなぜ好きになったのかわからない人にばかり恋していましたが、これからは恋に落ちる前の段階で、家族や友達以外の第三者にも思いやりがある人なのかをみて、素に近い自分を出せたら、と思います
    尊重しあって向上しあえる温かい関係、夢です( ˘ω˘)

    ちょっと気になったのですが
    悟りステージになると、相手の一般論でいう不誠実な言動( 浮気やDVなど)も大きな愛で受け止めるのでしょうか?

    あ!
    ラブズカフェ@名古屋に参加予定です
    生の藤本さんに会えるの楽しみにしてますね♬*゜

    1. >メロンゼリーさん

      はじめまして。

      >家族や友達以外の第三者にも思いやりがある人なのかをみて、

      この部分ってものすごく大事なんですよ。

      とくに二度と会わないような人に対しての態度ですね。

      >悟りステージになると、相手の一般論でいう不誠実な言動( 浮気やDVなど)も大きな愛で受け止めるのでしょうか?

      お釈迦さまフィールドになると、配偶者に人でなしステージの人間を選ぶことはないですが、たとえば強盗に襲われたりしても「この人は強盗しなければいけない理由があるんだな」という視点で考え、そういう相手にも愛で返すと聞きます。

      ラブズカフェでお会いできることを心より楽しみにしております。

  22. エム より:

    お世話になっております。
    11/21 19:30 LINE電話カウンセリングの際はどうもありがとうございました。

    1時間とは思えない程沢山の学び、気づきを頂け本当に感謝しかありません。

    連絡不精な彼に飽きられたのか、遊ばれているのかずっと悩んでましたが、藤本さんに彼のライオン認定を頂き、そういう次元で考えたらダメなんだと気づかせて頂き目から鱗でした。

    藤本さんとお話しさせて頂いたことで私のコミュ力のなさや話の支離滅裂さ、オチのなさ等にも気づき、これからの改善点もたくさん見つかりました。これを直せば私の人間レベル上げられるんだ!とワクワクする気持ちでいっぱいです。あれから毎日色々考えています。

    私の理解力が足りず、ブログを拝読し理解しきれなかったことも、私自身の相談内容に沿って説明して頂いたことで初めて溜飲の下がる思いがしました。本当にカウンセリングをお願いして良かったです。

    まだ彼と数回しか会っていないので、家も知らないし個人情報などをほとんど知らずLINEで繋がっているだけ、これって付き合ってるって言えるのかなとまた不安な気持ちが出てきてしまいましたが、

    これも自分のレベルを上げる努力をしながら彼がライオンであるなら向き合ってくれると信じて会った時に上手に聞いたらいいんですよね?

    今までこうすると好かれるとか、小手先のテクニックや占いや、ネットにある、彼のこういう行為は愛されてないなどの
    情報に踊らされていたと本当に実感しました。見ると落ち込むのでもう見るのはやめて、自分や彼や周りの物事についてじっくり考え物事の本質を見て正しくコミュニケーションをとることに時間を使いたいと思います。

    今回カウンセリングで聞きたいことが沢山あったのですが予想外のお話にびっくりしてしまい聞きそびれてしまったことが色々あり、また心配になってしまったのでもう一度カウンセリング申し込ませて頂きました。次回のカウンセリングまでにも少しでも自己成長できるよう努力しますのでまた御指南お願い致します。

    1. >エムさん

      僕の方こそいつもお世話になっております。

      先日はありがとうございました。

      >これも自分のレベルを上げる努力をしながら彼がライオンであるなら向き合ってくれると信じて会った時に上手に聞いたらいいんですよね?

      彼の言ってることが本当であればちゃんと向き合ってくれるはずですよ。

      引き続きカウンセリングにお申し込みいただきありがとうございました。

      次回カウンセリングの際も何卒よろしくお願いいたします。

  23. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。
    くだらない事でも、藤本さんに一言いただいただけで、すぐ機嫌が良くなる私です。笑
    いつも本当にありがとうございます。

    ところで。
    私の今している仕事は、お悩み相談みたいな事とは無関係なのに、やっぱり深ーい場所の気持ちを、話される方が多くて私の出来る範囲で、もちろん藤本さんのお話を参考にさせていただきつつ、お話ししてます。
    感覚的に、気づかれてるゾーンにいらっしゃる方が多い気がします。

    お仕事の事、妙齢になって来たご自身の気持ち、私のような仕事をしたいと思っている方、ご家庭の事、子育ての事。ひとりっ子だからお姉さんみたいに思ってますという方。様々ですが、とてもいい方に恵まれていてこの仕事をしていて、前も昔も嫌な思いをした事が一度もないんです。
    なのでいっぱい感謝しても足りないくらい、感謝ばかりの毎日を過ごせてます。

    今の仕事にシフトして、本当に今自分が出来る事を、精一杯やろうと思える環境になれて、本当に楽しいです。
    私には、コレだなと確信出来てる仕事なので細く長く続けて行ける様、楽しみながら日々精進していきます。

    1. >チハルさん

      すごくいい毎日を送られているようで何よりです。

      僕も公私共に良い方に恵まれているので、本当にありがたいことです。

      お互い精進しつつ、楽しい毎日を送っていきましょうね。

      1. チハル より:

        いつもありがとうございます。

        お忙しいと思いますが
        楽しいお誕生日を、お過ごし下さいね❤︎

        お誕生日おめでとうございます❤︎

  24. あさ より:

    今日の夜、帰り道で気付いてしまったかもです。

    目の前の世界は自分で作り出してるものなんですよね。

    幸せな人は幸せになりたいから、幸せ。
    不幸な人は不幸になりたいから、幸せ。

    不幸であることが心地いい人もいる。

    それを人は呪縛と呼ぶ。

    私はこれらを心で理解した上で幸せになりたい、と思いました。
    だから私は今幸せなんだ、と。

    凄く簡単な事でしたが、凄く難しかったです。

    昨日のラブズカフェの量子力学の話のおかげで理解出来ました。

    ありがとうございます。

    1. >あささん

      この度はラブズカフェにお越しいただき本当にありがとうございました。

      >不幸な人は不幸になりたいから、幸せ。

      不幸であることが心地いい人もいる。

      それを人は呪縛と呼ぶ。

      実はそういうことなんです。

      幸せになりたいと願いながら、不幸であることに慣れてしまっていて、無意識に自分を不幸に誘導するように日常を送ってしまうんですよね。

      人は、出した周波数と同じものしか引き寄せられないということでもあります。

  25. ○○ より:

    こんにちは★
    わぁめっちゃねこフィールド!

    藤本さんに、いつも不安になっては
    「そのまま自分の思う道を歩いて大丈夫」って言われてきた意味がわかりました。

    不安を持ちつつもその道を歩いていたら、、、
    「へ?神様ってこんな急にご褒美くれるん???( ゚Д゚)」ってことがいきなり起こってちょっとパニくってますw
    もしそうだとしたら自分自身に対して、
    「よかったね~(*”▽”)」ってそんな気持ちでいっぱいになります。

    ホントびっくりしすぎて報告したくなっちゃいました。
    来週カウンセリング予約してるのでまた聞いてください。

    1. >○○さん

      こんにちは。

      幸せに上限ってないんですよ。

      心がやりたくないと思っていることは極力しない、この生き方をしていくと、人生がどんどん上向きになっていきます。

      ご褒美もらいすぎたなと思ったら、人や社会におすそ分けができないか考えていきましょう。

  26. ゆり より:

    藤本さん

    いつもお世話になっております。
    ようやく人間のレベル論全部読みました。私はライオンと思っているのですが、どうでしょう、、、笑
    昔の自分を振り返ってみると、どうでも良い男に執着したり、悔しい羨ましい妬ましいムカつくといったネガティブな感情が湧いてくることが多かったように思います。
    今は、「いかにストレスなく行動できる環境にするか」を念頭に動けているので、ストレスや負の感情はほとんど湧かなくなりました。

    引き寄せの法則、学生時代好きでかなり読み込んでました笑スピリチュアル大好きです。
    でも、あの時より今の方がかなり引き寄せられてますねー。当時は自分は恵まれてないとか、ネガティブな気持ちで読んでたんだろうと考えています。

    今後の課題はやっぱりもう少し自分の中身を成長させることですね。自分を甘やかすことは、自分を大事にすることではないと思うので、行動に繋げていきたいです。
    まだまだ精進が必要ですね!

    1. >ゆりさん

      僕の方こそいつもお世話になっております。

      レベル論をご覧いただきありがとうございます。

      ライオンまで上がってくるとほぼノンストレスの毎日が送れるので、かなり生きやすくなってきますよね。

      引き寄せが上手くいかない人って、潜在意識で否定していることもあり、頭で願ったことは潜在意識に勝てないんです。

      あと、「こんなことやって夢が叶うなら世話ないよな」という不信感も、引き寄せが上手くいかない人に多く見られますね。

      お互い、精進していきましょう。

  27. 美穂 より:

    藤本 様

    いつもありがとうございます😊

    前々から、この件についてコメントしようと思っていたんです。

    >・対人関係が良いふうに大きく改善される
    ・逆に、今まで友達だと思っていた相手と話が合わなくなり
    だんだんと疎遠になっていき孤独感を感じることが増える

    まあ、以前から、特に同性にやっかまれたりしてきましたが、
    それまでの依存的な私とは人格を一新したところ、
    最近人間関係が、いつの間にか一気に清算されていました。

    なので、ほんとうにそうだなぁしみじみ思いました。

    で、今日まで、例の彼のことでモヤモヤしていたのですが、
    渡辺和子さんの本にあった、
    『主よ、変わらないものを受け容れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、その両者を見分ける英知を我に与え給え。』という言葉に今朝出会って、だいぶ霧が晴れたようになってきました。

    ちょうど今日、何ヶ月も学んできたボランティアの講座が終了しました。
    これから、さらに一歩進んだ新しいステージへと進もうと思います。

    今度カウンセリングに、本当に申し込みますね☺️

    追伸
    今いろいろ勉強中ですが、メールのカウンセリングって本当に難しい💦
    なので、あんなに鮮やかに回答して下さっていた藤本さんには脱帽です(ここでのコメントの返しも)😌

    1. 美穂 より:

      追伸

      全然話とは関係ないですけど。
      こんなん見つけました😊
      https://youpouch.com/2017/11/24/473928/
      食べられる「シルバニアファミリー」さんが登場したよぉおお!

      1. >美穂さん

        かわいいのですが、かわいすぎて食べられませんね。

        かと言って食べないままでいると、ドロドロになってきてゾンビみたいになってしまいます。

        非常に悩ましいです。

    2. >美穂さん

      僕の方こそいつもありがとうございます。

      >主よ、変わらないものを受け容れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、その両者を見分ける英知を我に与え給え。

      深い言葉ですね。

      メールカウンセリングは僕も最初の頃は、一通のメールの返信にものすごく時間がかかっていました。

      なので、「これから先、メールの量が増えてきたとき、上手くできるのかな。」という不安はありましたが、続けていくうちにだんだんと即答で答えられるようになってきたので、やはり慣れはありますね。

  28. りこ より:

    またコメントします

    細かい分類で、
    私はどのステージかはなかなかわからないのですが、
    最近、転職したんです
    ところがその職場でいきなりの条件の変更があり
    全職員に対して納得のいかない減給となる予定です
    先輩たちは「もう辞める」「その減給を他で埋める方法はないか」「辞めてやる」と口々に言うだけ

    私は新しい職場で面接の予約を取りました
    私は傲慢なのでしょうか
    浅はかでしょうか

    ここにいてもこの先何も見出さないと感じたのです
    そもそもここを選んだのは彼の休日(平日)と同じだからという、これまた単純なことでした
    (もちろんそれだけではありませんが…)
    彼との別れを決意した今、休日などいつでもいい、
    むしろ納得のいく職場へ変わるつもりです

    やっぱりわがまま勝手でしょうか

    1. >りこさん

      >ここにいてもこの先何も見出さないと感じたのです

      これが答えですよ。

      りこさん自身になんのメリットもないのであれば、転職しましょう。

      それに、いきなりの条件変更があったということは、「この場所はやめておけ」という啓示でもあります。

  29. りこ より:

    シゲユキさん、
    背中押してくれてありがとうございます

    明日面接です、頑張ります
    実はいまの職場につくまで、ずっと続けていた仕事です
    彼の休日に合わせて今の職場に来たなんて
    私もどうかしてましたし、職場にも失礼でした

    もう振り返りません
    いろいろ全てに(笑

  30. えみり より:

    はじめまして!先週たまたま藤本さんのブログをみつけて、面白くて一気に読んじゃいました(笑)
    得にこの記事がすごく興味あったのでコメントさせてもらってます~
    気づいてない、気づいてるとは自分の本音や自分の本質に気づいてるて事ですかね?
    みんな自分のことは1番知ってると思い込んでますが、見えてない人おおいですものね。
    私は心理学や自己啓発、メンタル系などの本やブログはかなり見てるので知識はあるし、常に本音になるべく従おうと心がけてるのですが
    実際自分が気づいてるステージか気づいてないステージかはわかってませんw
    今度スカイプカウンセリングを申し込みしたいなぁて思ってます(´∀`)

    1. >えみりさん

      はじめまして。

      ブログを見つけてくださりありがとうございます。

      カウンセリングをご検討いただき光栄です。

      気づいているとは、自分の本音や本質に気づいていることでもありますが、人生の摂理に気づく意味合いの方が大きいですね。

      えみりさんがどのフィールドにいらっしゃるかは分かりかねますが、たくさんの本を読んで知識があるのと、読んでいても読んでなくても気づいているのとでは決定的な違いがあります。

      気づくとは、自分と人生の摂理を知って、視界が開ける感覚を得ることであり、ある意味覚醒のようなものでもありますね。

  31. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。

    私が、お仕事をしてゆく中のメールを拝見していて、涙してしまう生い立ちを話してくださる方が多過ぎて最近は辛いではないのですが、どうしてこういう方が集まって来てしまうのかを考えます。

    生い立ちに関する事や今の生活について仕事の上では何も見せてないので、何かを感じ取る方が集まるっていう引寄せなのでしょうね。

    どこもなにも疲弊はないのですが、吐露して下さった時に、どんな風にお答えしたら1番いいのかな?と悩むときが無いわけではなくて、私自身の考えや感じる事を話すしかないのですが、おこがましい気持ちもあります。
    素直な気持ちを、お返ししてもいいと思いますか?
    私は少し自信がないです。

    1. >チハルさん

      人は、誰にも言えないことや不遇だった過去、自分の闇を自分だけで抱えて生きている人もたくさんいるので、そういう人は吐き出す場所がないんですよ。

      そして、そういう人たちが打ち明けてくれるということは、話す相手をちゃんと人選した結果の上でのことなので、それは話を聞いた人が受け止める役目をしないといけないと僕は考えています。

      素直に打ち明けてくれた人には、素直さで返していいんですよ。

  32. まい より:

    藤本先生
    こんばんは。
    ピントのずれたことをきいていたらすみません。

    悟り以上の方は「物質的なものは幸せに直結しない」とのことですが、
    大事な物をなくしてしまっても直ぐに踏ん切りがつくのでしょうか?
    そしてどのように踏ん切りをつけるのでしょうか?

    昨日、高価ではないけど非売品で二度と入手できない物を紛失して(盗られて?)しまいました。
    もともとネガティブ思考で自己肯定感が低いのもあり、
    自分の運の悪さや自分の行動(○○しなければよかった、など)を責める気持ちが止められません…。
    自己肯定感が低いのは親の言動によるものが大きいと自己分析しており、
    日々自己肯定感を高めようとしてますが、
    このようなトラブルがあると思考がドン底まで落ちてしまいます。

    あと、こういうぐちゃぐちゃな状態の自分についても
    カウンセリングでなにかしらアドバイスをいただけるものでしょうか?

    1. >まいさん

      おはようございます。

      >あと、こういうぐちゃぐちゃな状態の自分についても
      カウンセリングでなにかしらアドバイスをいただけるものでしょうか?

      はい、もちろん大丈夫ですよ。

      物質的なものは幸せに直結しないというのは、お金や物があっても幸福度合いはそれほど変わらないということが分かった感じですね。

      そして、もちろん大事な物をなくしたり壊したりしたら落ち込みはしますが、「この物の役目が終わったんだな」とか「自分にとって必要じゃなかったんだな」という折り合いをつけるので、立ち直りは早いです。

      大事な物が自分の元からなくなったことに着目するのではなく、なくなったことの意味を考える感じですね。

      1. まい より:

        御回答ありがとうございます。
        「なくなったことの意味を考える」というお言葉が
        心に残りました。
        まだ思い出す度に涙が出そうになるのですが、
        このような考え方を知ることができたのも
        「なくなったことの意味」の一つなのかな、と思えました。

  33. ほーむ より:

    藤本さんこんばんは。
    質問です。

    ・「やりたくないことは極力やらない」と決めだすのも
    このフィールドからであることが多く、
    周囲から「ワガママな人」と思われていたりするのも
    ねこフィールドにいる人の特徴の1つでもあります。

    この部分なのですが、例えばライオンフィールドの人はこの部分の考え方はどうなるのでしょうか?

    自分は最近自分でねこフィールドに上がったかなと思っています。
    友人からの誘いで気乗りしないメンバーだったりしたら正直に”メンツが嫌”などと言って断るようになりました。

    正直に話して楽なはずなのに、モヤモヤした時は答えが出るまで自問自答します。そして誘ってくれたこと自体への感謝を忘れたと思い、ありがとうと言ったらすっきりしました。

    同様の状況下の場合、ライオンフィールドにいる人はどのように断るのでしょうか?

    無料のブログで質問ばかり申し訳ないのですが、お答えいただけると嬉しいです。

    1. >ほーむさん

      こんばんは。

      気づいてるステージの人の「やりたくないことは極力しない」という概念は、「自分にとって不必要なことはしない」ということでして、面倒だから逃げるとか、自分に必要な努力を放棄するということではありません。

      そして、やりたいことしかやらないので、ワガママな人に思われていることも多いですが、これも別に「楽な方向」へ進んでいるというわけでもないんです。

      >同様の状況下の場合、ライオンフィールドにいる人はどのように断るのでしょうか?

      基本は一般の人付き合いのやり方と同じで、相手を傷つけない理由で断り、誘ってくれたことの感謝を述べておく形になります。

      1. チハル より:

        藤本さん、お疲れ様です。

        本当にすごいなって↑ほーむさんのお答えを拝読して改めて思いました。
        私が思うその通りなのですが、ここを言葉にして失礼なく表現することに、まだまだで戸惑ってた要素でした。
        ヘンな意味じゃない無駄な事をどう削ぎ落とした言葉で伝えられたらいいかの、ヒントを貰えた気がしてます。

        お言葉をお借りして、自分なりに使わせて頂こうと思います。ありがとうございます。

        みんながそれぞれ幸せな気持ちでいられるように、私も努力したいと思っています。

        1. >チハルさん

          ありがとうございます。

          世間でよく言われる「やりたいこと、ワクワクすることをしよう」という概念を間違った解釈でとらえている人って結構多いんですよ。

          ありたい自分を維持し、なりたい自分を目指すために、最短ルートは存在するけれど、ショートカットは存在しないということですね。

      2. ほーむ より:

        藤本さん、お忙しい中お答えいただきありがとうございます!

        なるほど…まだまだ自分はわかっていなくて、わかっているフリをしているだけなのかも…。

        相手を傷つけない理由で

        という部分を読んで、自分は人を思いやる心(仁)が欠如しているのか調子に乗っているのか気づいてない人なのか…と考えを巡らせております。

        そもそも自分は面倒から逃げていただけなのかな…そういう部分も今から自分に問いただしてみます。

        自分を知って変わるには日々の積み重ねで、一朝一夕ではどうにもならないと思うので、自分をしっかり見つめ直そうと思います。
        早く気づいているステージに行きたいなぁ…。

  34. 美穂 より:

    藤本 さま

    別記事の方に、お返事ありがとうございました😊
    最近、連日のコメント、失礼いたします。

    ここ最近まで、いろいろ悩んでおりました。
    あれもこれも、うまくいかないようなことが続いたり。
    凝り性な性格のため、徹底的に考え続けたところ、
    一昨日くらいから、霧が晴れたように、すっきりと、いろんなことが見えてきました。
    それとともに、心もクリアになり。
    もともと、私がどのくらいのレベルにいたかはわからないのですが、
    あきらかにレベルアップしました!

    それもこれも、連日、コメントでお付き合い下さった藤本さんのおかげです😊
    カウンセリングに申し込もう申し込もうと思っているのですが、
    1ヶ月先なんだよね〜と思うと、即効性を求めてコメントにしてしまいます。
    ごめんなさい。
    でも、長期的に考える案件はあるので、本当に近々そちらで申し込みたいと思っています。
    (ただ、銀行が、心理的に遠く…)

    ところで、自慢とかじゃなくて、ほんとに笑っちゃったのですが、
    今日、2回も10代と見間違えられました(笑)
    いえ、お世辞で言われたんじゃなくて、真面目にです。
    素直に喜んでおこうっと。(って、ただ精神が幼稚なだけだったりして😓)

  35. snow より:

    初めまして。
    いつもブログ読んでいます。
    お時間あるときに、良ければ教えて頂きたくコメントを書きます。

    私はおそらく「ハリネズミフィールド」にいます。
    今、遊んでいる気になる男性は「ネコフィールド」か「ライオンフィールド」にいます。
    ごみ拾いをしたりして心を浄化したり、あとは引き寄せなど読んで量子力学にたどり着いた、と言ったり。
    私が「人のために何かしたいというのは偽善では?」と言ったら「そんなことはないよ。ビジネスでも、人のためにと思い行動した方が結果的には成功する人が多いんだよ」と自分のためではなく、本心でそういったことを言ってるように見えます。

    そういったフィールドが違う方が、下のフィールドの者に興味を持って頂けるのは何故なのでしょうか?
    よければお返事頂けたら嬉しいです!

    1. >snowさん

      はじめまして。

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      気づいてるステージにいる人が下位フィールドの人に興味を持つときって、相手のルックスが好みか、もしくは「可能性」を感じているからなんですよ。

      後者の場合、「もうちょっと考え方を変えたらすごく良くなるのにな」という見方をしている場合が多いです。

  36. snow より:

    お返事ありがとうございます。
    なかなかそういった上のステージにいる方がそもそもいないため、ご意見頂けて嬉しいです。

    こちらで勉強しながら私も、上のステージに行けるように頑張りたいです!
    お忙しい中、コメントありがとうございました。

  37. らしぇー☆ より:

    初めまして。
    会社って、いわゆる嫌な人ばっかりですよね。。
    すごくいい!っていう会社って少ないと思うんです。
    職場では、嫌われないためにニコニコしていますが、
    家に帰れば家族に八つ当たり(⌒-⌒; )
    しかも、「性格悪くなった」だの「自己中になった」だの
    言われるようになりました…。
    自分を守るのにいっぱいいっぱいで、自分の事しかとてもじゃないですが考えられない状態で余裕がないです。
    このレベルの人は、どうやって人付き合いをしているのでしょうか。
    どうやればポジティブになれるのか知りたいです。

    1. >らしぇー☆さん

      はじめまして。

      どうやればポジティブになれるかを考えるのではなく、誰にでも好かれようとしていないか、そこを考えた方がいいです。

      それに、家族と職場の人のどちらが大事かを天秤にかけた時、優先すべきは家族の方ではないでしょうか。

      >職場では、嫌われないためにニコニコしていますが、

      嫌われてもいい覚悟がないと、逆に上手くやっていけないですよ。

      1. 匿名 より:

        お忙しい中お返事ありがとうございます!なるほど…そうなんですかー(T . T)
        家族に八つ当たりしてしまっては意味がないですよね。色々考えてみます。本当にありがとうございました。

  38. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。
    いつもありがとうございます。

    人間のレベル論と考えてしまうと、少し難しいですが、藤本さんが量子力学や素粒子に基づいたお話しをしてくださる様に、本当にささやかな些細な事を、意識して変えていく事が大切で、加えてちゃんとわかってないと些細な事すら、惰性でなく意識して続けるのは案外難しいという事なのかなと思います。

    人としての基本は当然あっても、ささやかな意識は人によってなんでも良くて、けどコレはフツーに即効性あって大事よ?の中に、断捨離であったりとか、人に何かして貰ったら感謝を伝えるとかがありますよね。

    スポットの当て方のベクトルを少しだけ自分に変化させるだけでも、すごく意識が変わると思うので、基本的に自分の足で踏ん張ってれば、他人がささやかな力添えをしてくれた時、わぁー嬉しい!ありがとう!と素直に思える気がします。付随して、誰もが感じる様な不快風味の発言って気がついてる人はしないですよね。批判を受ける覚悟で言う事は多々あっても。

    そういう意味でも、人としての素直さや、逆にいやらしさみたいな事は感じ伝わりやすい事なので、その時どんなにダメな事してても素直さに勝るものは、なかなかないのかなってコメントを沢山拝見してて感じました。

    心を込める。
    みたいな事を些細な事に意識して、私も生活して行きたいです。
    伝えたい事を文章にするのは苦手なので、↑自分的には60点です。頑張ります。笑
    それと恋アニ待ちしてます❤︎

    1. >チハルさん

      僕の方こそいつもありがとうございます。

      >けどコレはフツーに即効性あって大事よ?の中に、断捨離であったりとか、人に何かして貰ったら感謝を伝えるとかがありますよね。

      沢山ありますよね。

      でも、それすらもしない人が多いのは、分かりやすく結果が出るかどうか分からないからなんですよね。

      そして仰るとおり、素直さに勝るものはありません。

      これは、どれだけ社会的地位が上の人であろうが、同じことが言えますね。

      1. チハル より:

        返事、ありがとうございます。

        ここを掘り下げたくなったのは、相談を受けて上手く伝えられない事があったからなんです。

        気が付きそうで素直さがちゃんとある方に、フィーリングって何だろう?と聞かれて、私は理解してもらえるような答え方が出来なかったなって思いました。

        藤本さんなら、例えば恋愛の相手に対してフィーリングが合うのフィーリングを、どの様に説明されるか教えていただけますか?
        どうぞ宜しくお願いします。

        1. >チハルさん

          同じことで笑えて、同じことで共感できて、同じことで悲しんで、同じことで怒れて、がフィーリングではないでしょうか。

          あとは、何かを思ったタイミングが一緒だったりとかですね。

          1. チハル より:

            やっぱり藤本さんに教えていただけて、 良かったです!すごくわかりやすいです。

            まだまだ感覚的な捉え方しか私は出来ていないので、例えば…と掘り下げて説明出来る様に意識してみますね。
            あとは会話していて、色んな所に考えが散らばってしまうのを気をつけて話を聞かなくちゃなって反省しました。
            (早速、彼女にメールしてみました。)

            いつもありがとうございます。
            まだまだ足りないところを、いっぱい肉付けしていきたいので、考えてみてもわからない時は、教えて下さいね。

  39. チハル より:

    藤本さん、お疲れさまです。
    あんど連投コメントしてスミマセン。
    最近、藤本さんが仰っている量子力学についてすごく考えてるせいです。

    量子力学の事は、まだちゃんと理解出来ていなくとも、波動やエネルギーと言われると腑に落ちます。

    幼い頃は、ココはなんか怖いとか、嫌な感じがすると言っても一蹴されてて、現在は自分の中での対処法みたいのを見つけてますが、彼には”私ココはダメみたい”と伝えられますし”そうだね”って普通に会話できるので、安心できるのかな?と近頃思いました。

    ここを感じ取れない人には、どんなにイケメンさんで素敵感満載でも、全く惹かれる事もなく、シレシレーってなってしまいます。
    結局やっぱりフィールドが合わない人とは色々難しいんだなと、超納得したのでした。

    それとまったく関係ない事なんですが、私の年令を藤本さんはご存知と知りつつも、何となく自分をおばちゃんと思った事はないです。笑

  40. らぶはな より:

    藤本さん、こんばんは。

    最近STAR WARSを見直して、
    今まで何度も見たはずですが、
    全然違う角度から見れたんです。

    こんなに深い話だったとは!
    ヨーダやジェダイマスターが
    説いてることが藤本さんの
    言ってることに通じてて、
    自分の敵はどこまでいっても
    自分だって改めて思い知らされ
    ましたし、ジェダイって藤本さん
    の言うところの気付いてる人
    なのかなと思いました。

    ダークサイドに堕ちないように、
    わたしも修行に励みます!笑

    1. >らぶはなさん

      こんばんは。

      スターウォーズはあまり詳しくないのですが、おそらくそうだと思います。

      自分の考え方が変わると、過去に興味がなかった作品に惹かれたり、一度見た作品でもまったく別の見方ができたりしますよね。

      主人公の視点からでしか見えなかったことが、他の登場人物の視点からでも見えるようになったり。

      ドラマとか映画ってなんとなく見るだけではもったいないなといつも思ってます。

      1. らぶはな より:

        おっしゃる通りですね。
        全ては見方次第、
        受け取り方次第だなぁ。

        STAR WARSは小さい時から
        見てたこともあって元々好き
        だったのですが、数年前に
        見たときは
        「STAR WARSって要するに
        宇宙を巻き込んだ
        壮大な親子喧嘩だったんだな」
        なんて思ったのですが、
        今見ると藤本さんの
        「人間レベル論の実写版」
        にしか見えなかったですよ笑

        1. >らぶはなさん

          それは面白い見方ですね。

          興味でてきました。

          ちなみに僕はサイコパスが登場する作品がかなり好きなのですが、小栗旬が主演の代償というドラマが寒気するぐらいサイコパスの怖さを表していました。

          1. らぶはな より:

            興味持って頂けて
            嬉しいです!

            ちなみに
            日にちがあまり
            ないですが、19日まで
            1~6huluで見れます笑
            やはり公開順の
            4~6を先に見るのを
            おすすめします。

            代償って見たこと
            なかったです。
            ちょうどhulu契約中
            なので早速見てみます!
            藤本さんのおすすめ
            聞けて嬉しいです。

  41. みぃ より:

    藤本さん こんにちは。
    いつも勉強させていただいてます。
    この人間のレベル論は何度も読み返しています。

    私はやはり人に対する落胆とか怒りが多いんですよね・・・

    ・私知ってるんだ!ってわざわざ人の裏話をしてくる人
    ・忘れてはいけないことを繰り返し忘れる人
    (→これは仕事の先輩ですが、忘れてませんか?!と
     さすがに言えないので、いつも確認するふりして
     こっそり教えています。なぜ同じ失敗を何度も
     繰り返すのか、なぜ工夫しないのかというところに
     イラっとしてしまうのです)
    ・ちゃんと目を見て相槌までうってくれているのに、
     全然人の話を聞いていない人(それ前に話したやん・・・
     ということが常です)
    ・人はみな好きな格好をすればいいじゃないか。と
     私は思っているのでだれがどんな格好をしてもいい
     とおもっているのですが、わざわざ「私は着替えやすさを
     重視しているから」と何度も言ってくる人
    ・節約やお得を重視して、無駄にお買い得品を買い、本当に
     必要なものをケチる人
     
     などなど・・・。
     こういうときって気づいているフィールドの方は
     どう受け止めるのでしょう。。。
     「んー。それもアリかな?!」
     と大きな心で受け止められません。まだまだ。。。

    1. >みぃさん

      こんにちは。

      レベル論を何度も読み返していただき本当にありがとうございます。

      上位ステージにいる人の受け止め方としては、ちゃんと話をしても分かってもらえないだろうなと思っているので、心の中で線引をして必要以上にかかわらないようにしていますね。

      ただ、人として礼儀を持って接することをおざなりにはしていないので、相手がどうであれ自分はちゃんと接しているというスタンスでいます。

      そうすることで相手になにを言われようが、自分は出来るかぎりのことをしていると言えますからね。

  42. 由良 より:

    藤本さま

    毎回楽しく読ませていただいています。
    最近の記事で、こちらの人間のレベル論が肝になる部分もあったので2点質問させてくださいませ。

    1点目;
    気づいてないステージの人物が正しく自己認識できていないとき、自分が気づいているステージにいると勘違いすることはあるのでしょうか?

    2点目;
    気づいているステージにいる人物が、気づいていないステージにいる人物を気づいているステージにいると勘違いすることはありますか?

    どのステージにいるかということ自体が可変的とのことなので、線引きの難しい部分もあるかと思うのですが、御教示くださると嬉しいです。

    1. >由良さん

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      まず1点目ですが、自分が成功者になったときや、名声、地位、財産を手にいれたとき勘違いすることは多いです。

      そして2点目は、相手がサイコパスタイプの人間だと騙されることはありますね。

      もしくは、ねこに上がりたての人だと、相手のことを見誤って勘違いすることは結構あります。

      1. 由良 より:

        藤本さま

        御教示いただき、ありがとうございます。
        ブログ更新頻度と言い、コメント返信と言い、藤本さまのバイタリティには頭が地面に埋まったまま出てこないくらいです。

        物欲や名誉欲が満たされたときに選民意識のようなものを持った結果の勘違いや、サイコパスのような法則に従わない異物?に対する認識の誤り、またそもそも過渡期のグレーな時期の判断の難しさがあるのですね。

        自分自身がどんな状態にあるのか、今一度、見つめ直してみたいと思います。

  43. まる より:

    こんにちは!コメントはじめましてです!
    最近けだものモラ男に引っかかりそうになりました。最初だけ魅力ありました。
    自分はネコあたりまで上がってきてると思うのと、近頃スピリチュアルも感じ取れるようになってきていて、お告げ的なものに救われ、間一髪で逃げ切りました。
    こちらのブログのこのページに行きついたのも縁だし、本当に感謝です。教えてくれてありがとうございます!伝えたくてコメントしました!一気にライオンまで上がりたい。日々精進です。これからも楽しみにしています!

    1. >まるさん

      はじめまして。

      >近頃スピリチュアルも感じ取れるようになってきていて、お告げ的なものに救われ、間一髪で逃げ切りました。

      本当に良かったです。

      ステージが上がると、相手の本質を見抜きやすくなる上に失われていた直感が戻ってくるので、危なそうな相手はすぐ分かるんですよね。

      ライオンまで駆け上がっていきましょう。

  44. チハル より:

    藤本さん、今日もお疲れ様です。

    恐縮ですが、過去の私自身に当てはめて考えると、深い悩みを抱えた場合、信頼できる友達に話して共感してくれることなどによって一瞬心が軽くなっても、根本的に解決した訳じゃないから、尚また堂々巡りになる事に気がついてから、悶々と様々な事を考える様になったと思います。

    その後、どんな事が起こっていても、解決出来るのは自分の中の自分だけなんだろうなっていう結論に至って、心が自由になれた事を今でも覚えています。
    しかも、固定概念って年寄り臭い上にクソダサいなぁともぼんやり思っていました。笑

    その上で、生きづらさを改善する方法を紐解いて、分かりやすく具体的に伝えてくださるために、一体どれだけ情熱を傾けて努力されてるのだろうと思うと、文章を繰り返し読むだけで、感謝で胸がいっぱいになってしまいます。

    ダラダラと何が伝えたいんだか、よくわからない事を書いてしまいましたが、未熟な人間なので「うへー(´・_・`)なんだよあの人」とか思っちゃう事もありつつ、基本軸は藤本さんの指針通り考えが一致していて、いつも安心できています。
    でも、調子に乗らず頑張ります。

    そういえば(白々しく笑)、お勧めしてくださった本、増やしたくないので図書館で予約しました。読むの楽しみです!

    いつも、本当にありがとうございます。
    (結局、コレだけ伝えたかったのかも。笑)

    1. >チハルさん

      ありがとうございます。

      そう言っていただき大変光栄です。

      そういえば本棚がパンパンになってきたので、BOOKOFFに売ろうと思い整理していたら、大きい紙袋4つ分になって自分でも軽く引きました。

      なので、電子書籍を購入するようにしているのですが、やはり紙の本にしかない魅力ってありますね。

  45. 美穂 より:

    藤本 様

    私がどのステージにいるかは正直よくわかりません。

    この3年くらいは、世界を拡げることが楽しくて仕方がない感じでしたが、
    最近は、再び深く内観するような、引きこもった感じになってきました。

    なんていうか、神様が私に課した使命のようなものに忠実に生きようとするような……

    思うのですが、人はそれぞれ、神様に課された使命のようなものを持っていて、
    それが、誰かとの恋愛がうまくいくとかそういう規模の人もいるだろうけれど、
    そうではなくて、もっと大きな使命を持っている人もいたり。

    で、私も、個人的な身近な小さい幸せを追求するのではなく、
    やらなくてはいけない、もっと大きな仕事があるような気がするのです。(藤本さんも、ですよね?)

    なので、私は邪道や外道に落ちることなく、本来するべき道を歩んでいくことが、
    神様に求められていることのような……

    なあんて、うまく言えませんが、
    最近は、そんな気持ちになっています。

    こういうのって、どんなステージなんでしょうね😊

    1. >美穂さん

      >なので、私は邪道や外道に落ちることなく、本来するべき道を歩んでいくことが、
      神様に求められていることのような……

      基本的に天命を見つけた人はライオン以上に上がりますね。

      そして仰るとおり、人にはそれぞれ課せられた使命と課題がちゃんとあります。

      しかし、それを分からないまま一生を終える人がほとんどなんですよね。

      1. 美穂 より:

        藤本 様

        上にも書いた通り、3年前に急速に拡大した人間関係が、
        ここへ来て急速に狭まってきています。

        というのも、今私が本当にやらなければならないことに気づき、
        そこへ意識を集中させてきたから。
        それ以外は、別に、その問題が解決してからいくらでもできるので。
        正直なところを言ってしまえば、大事な問題で頭や心がいっぱいで、
        他のことは面倒くさいというのが実態なのですが……

        こういうのは、どうなんでしょう?
        ステージが下がってしまったと思われますか?

        1. >美穂さん

          ステージが下がったのではなく、むしろ上がるために必要な時期に差し掛かってきたのではないでしょうか。

          おそらく、「孤独」に慣れるという試練なんだと思います。

          この孤独に慣れず元の生活に戻ってしまう人は、今までどおりの人生を歩めますが、平凡な毎日から抜け出すことはできず大化けはできません。

  46. t より:

    最近やっと藤本先生ブログおかげで
    ねこフィールドまで上がってこれたのに
    今、色んな試練が立ちはだかっていて
    謙虚さと自分と向き合うことを忘れて
    周りの目を気にして
    気づかないフィールドに
    戻ってしまいそうな心境にいます(TT)
    しかも、よくよく考えてみると
    今の試練は過去に
    自分が逃げていたことばかりのように思えます。
    過去の自分に戻りたくない!
    これを乗り越えたら
    ライオンフィールドに行けますかね?
    がんばります!いつも、ありがとうございます!

    1. >tさん

      基本的にステージダウンは人の評価を求めすぎたり、人の評価が気になりだすと落ちてしまいますね。

      なので、承認欲求のコントロールができないとフィールド維持が難しいんです。

      人の承認を求めずに感情ベースじゃなく客観的視点で物事を考えられるようになると、ライオンフィールドに行けますね。

  47. 夏音 より:

    速弾き王子さまの藤本先生
    こんにちは。
    コメントは久しぶりになりますが
    ブログもTwitterも読んでいますよ。

    昨年の秋にお別れしてしまった恋愛から
    今になってもほぼ毎日のように気づきがあり
    その報告をしたくコメントします。

    私の恋愛の悩みとなる原因は
    「彼を」どうにかしたい欲求と期待
    が多くを占めていたことにありました。
    彼の言葉、彼の行動、彼の環境・・・
    それが変われば(私が変えさせれば)
    この恋が上手くいく。
    私が幸せになれる。
    ↑自分で書いていて恥ずかしくなります。
    自分以外の人をコントロールして
    たとえその悩みが解決しても
    根本がわかっていないから
    それは一時的なもので
    きちんとお付き合いできても
    結婚をしても、
    いつも相手に何かしらの不満を持ち
    ずっとグルグル悩み続けていたと思います。
    これは相手が昨年の彼以外だとしても
    同じことなんですよね。

    もっと早く気づけていたら
    あれ程辛くならずに済んだのかもしれませんが
    パートナーがいる方との恋愛に悩む人の気持ちも
    理解できるようになったり
    視野を広げられたとも思っています。
    私が考えるパートナーがいる男性の攻略法は
    自分の魅力を知ってもらう他なく
    それでも男性がパートナーと続けるのなら
    そこから自分はどうしたいか
    決めるだけと思います。

    恋愛に限らず、人間関係全般に言えると思うのですが
    お付き合いする上で
    自分以外の人、みんな一人一人
    思考が異なることを忘れてはいけませんね。
    思いが通じない時
    意見が合わない時
    どうにかして(テクニックを使うとか、正しさを証明しようとするなど)自分側に合わせようとするのではなく
    自分を尊重した上で相手をも尊重して
    主張したり譲歩したり・・・
    そうして折り合いをつけながら
    築いていくものが
    本当の信頼関係だと思いますし
    それを抜きにした恋愛というのは
    とても脆いものと思いました。

    私の心も厳しい寒さから脱出でき
    ライオンの群れの中で
    気持ちよく日向ぼっこと居眠り・・・
    「オマエまだそこ早いやろ!」と
    藤本先生に指を差され
    ギョッ(=゚ω゚=)と目を覚ますネコな私

    の4コマ漫画が頭に流れている今日この頃です。

    1. >夏音さん

      いつもブログとTwitterをご覧いただきありがとうございます。

      >私が考えるパートナーがいる男性の攻略法は
      自分の魅力を知ってもらう他なく
      それでも男性がパートナーと続けるのなら
      そこから自分はどうしたいか
      決めるだけと思います。

      その通りです。

      結局、敵は相手のパートナーじゃなくて、相手の男性の優柔不断さなんですよね。

      そして、

      >自分を尊重した上で相手をも尊重して
      主張したり譲歩したり・・・
      そうして折り合いをつけながら
      築いていくものが
      本当の信頼関係だと思いますし
      それを抜きにした恋愛というのは
      とても脆いものと思いました。

      これもその通りです。

      自分のことしか考えず、相手のことをちゃんと見ていないような恋愛は、なにかあったとき一瞬で終わります。

  48. 夏音 より:

    藤本先生こんばんは。
    先日はお忙しい中ありがとうございました(たまたまコメントの多い日にぶつかってしまいました)。
    いつも丁寧に返信していただき
    感謝しています。

    2月下旬から新しい職に就いているのですが
    初日からハリネズミの針が肉眼で見えそうなくらい本当にわかりやすいハリネズミフィールドと思われる人がいて
    面と向かっても陰でも時々攻撃をくらいます。
    初めは、どうしてこの方にみなさん積極的に話し掛けたり
    ニコニコしながら寄っていくのだろう?
    私が勘違いしているだけで
    ハリネズミではないのかな?と思ってたんですけど
    そうしている方々は気づいてないステージだということに気がつきました。
    ハリネズミに気に入られることで安心を得ているんですね・・。
    そういった方々、私には
    狭い枠の中でひっきりなしに動き回ったりぶつかりあったりしているように見えてしまいます。
    愚痴や噂話が好きだったりしますよね。
    それでも10数名いる中で
    年齢も生活環境もわからないですが
    一人だけ気づいてる側らしき女性がいます。
    部門が別なので話せる機会は少ないのですが
    交わしのスマートさ
    良い意味でのマイペースさを見習って
    孤立しがちであることを気にせずに
    仕事をこなしていきたいと改めて思いました。

    1. >夏音さん

      こんにちは。

      ハリネズミの人が権力を持っていて、その人のご機嫌を取れない人はハブられてしまうという事態が、組織の中ではよくあります。

      そして仰るとおり、愚痴や噂話しが大好きなんですよね。

      >交わしのスマートさ
      良い意味でのマイペースさを見習って
      孤立しがちであることを気にせずに
      仕事をこなしていきたいと改めて思いました。

      なので、エネルギーを奪う人たちの顔色を伺ったり同調したりしていると疲弊してしまうだけなので、このスタンスでいいですよ。

  49. 夏音 より:

    こんばんは。
    返信ありがとうございました。

    ハリネズミさんは
    私にも認めてもらいたいのか
    こちらは、下手に出ることもご機嫌取ることもせず
    かといって上から目線の態度もせずで
    至って「人として」最低限の対応をしていてるだけですが
    めちゃくちゃ話しかけてきます。

    私はまだ入ったばかりで
    仕事を教えてもらう立場でもあり
    補助も必要としているので
    「助かりました」
    「ありがとうございます」
    「わかりやすいです」等々
    普通に思った通りに言っているだけなんですが
    なんだか機嫌が良いみたいですよ。

    これからも
    マイペースで頑張ります!

  50. 亜希子 より:

    藤本様

    お久しぶりです!お元気でしょうか?
    ブログだけでなくTwitterの呟きもいつも楽しく拝見しております。

    新年度が始まり、好きだった方は学校を卒業して、私の対人関係は一変しました。
    先日、同じクラスの年上の方2名と飲みに行ったのですが、その2人に私は「聖女様」だと言われました。

    「明るくて素直で社交的で誰にでも柔軟に対応できる。対応が全部丁寧で、ここまでの人なかなかいない。」と恐ろしい程にベタ褒めされてしまいました。弱点は「悪い人に騙されないか心配」だそうです(笑)

    クラスにとても社交的で誰からでも好かれて明るい、以前学級委員をやっていたリーダータイプの男性がいるのですが、私はその方よりもレベルが上らしいです。

    そんなことを言われて、びっくりしたのと同時に、ふと藤本さんのこの記事を思い出し、自分がどの辺にいるのか考えてみたのですが、今の私はライオンがものすごく合致してペガサスがチラホラ、猫より下は過去の自分といった感じでした。

    そういえば、好きだった方が卒業してからそれまで仕方なく仲良くしていた人と絡む必要性が一切無くなり、自分を負の感情に引きずり込もうとする人がいなくなったため、精神ともに安定して、恐ろしい程楽しく毎日を過ごしています。

    好きだった方と距離を置いてから、たった数ヶ月ですが、下がっていたレベルが元に戻ったのと共に、少しだけレベルupできたような気がします。

    そういえば以前好きだった人に言われた「本当にまともだよね」という言葉がずっと引っかかっていたのですが、クラスの人と飲みに行って、ようやく答えがわかりました。「(人として)クセが無い」ということらしいです。

    たった数時間の飲みでしたが得ることが多かったです。
    この記事で、より一層自分のレベルを詳しく知ることができてよかったです!
    まだまだ藤本さんに話したいことが沢山あります!
    また後日改めてご相談させて下さい(^^)

    1. >亜希子さん

      お久しぶりです。

      いつもブログとTwitterをご覧いただきありがとうございます。

      僕は元気ですよ。

      >「(人として)クセが無い」ということらしいです。

      実際にこういう人ってなかなかいないんですよ。

      これは、一緒にいてストレスを感じないということなので、すばらしいことなんです。

      カウンセリングの際は何卒よろしくお願いいたします。

  51. より:

    先週、別の記事にてコメントさせていただいた内容とかなり重複してしまうのですが、
    悩んでしまって気持ちが整理しきれないため、コメントさせてください。

    私はこの数か月でねこフィールドに昇格したばかりです。
    記事の、ねこフィールドの項目がきれいに全部当てはまってます、、
    特に【ねこフィールドにいる人間が失敗しないための注意点】は、
    私が悩んでいることを、そのまま文章にしたようなドンピシャっぷりで。笑
    藤本さんてすごいな~同じ人間とは思えんな~と驚いています。

    現在25歳で、長いこと「気づいていない側」にいたため、
    学生時代の友人は「気づいていない側」の子ばかりです。
    もともと友達は多いほうで、聞き役になることが多いです。
    しかしここ数か月、考えが根本から噛み合わないことばかりで、
    友達に会うたび疲れて、「わたし何してるんだろ、、」と悩んでいます。
    こんなに揃いも揃ってみんな「気づかない側」だったのか、、、、と悲しく、
    「今の自分に本当の友達なんていない」という現実から目を背けています。

    ひとりでいる時間は興味のあることにチャレンジして、充実した時間を送れています。
    もともと好奇心旺盛な性格なので、知識や経験が増えていくことが楽しいのです。
    幸い、両親や会社の上司は「気づいている側」の人で、
    お付き合いしている彼は私に「気づき」のきっかけをくれたライオンフィールドの人なので、
    お手本となる人が周りにいる恵まれた環境だなぁと思っています。

    なのに友達と一線を置けない自分はなんなのでしょう。。。
    せっかく充実しているのに、ねこフィールドでこんなにグダグダしていたら、
    友達の「物事を他責で捉える考え方」に引っ張られて、あっという間に転落してしまいそうです。
    この寂しさ、どのように乗り越えれば良いのでしょうか。
    自分で区切りをつける以外方法はないと分かっているつもりですが、
    実行できていないあたり、心ではわかっていないということですよね。。。
    乗り越えるためのヒントだけでもいただけると幸いです。

    1. >南さん

      >なのに友達と一線を置けない自分はなんなのでしょう。。。

      基本的にねこフィールドに上がった人の課題は、孤独をいかに克服するかによって変わってくるので、話の合わない人を遠ざけて、会話や思想を共有しあえる相手と一緒にいるか、探さないといけないんです。

      おそらく、南さんがねこに昇格されたことで、「こんなに簡単なことなのに、なんでこの人たちはいつまでも下のフィールドの考え方なんだろう」と思ってしまい、自分がそれを当たり前にできているから、お友達もいずれそうなってくれるという期待をされている部分があるのではないでしょうか。

      話の合わなくなった友達は、酷なようですが、相手のステージが上がることでしか再び相まみえないので、それまで放っておくしか方法がないんですよね。

      あとは荒療治ですが、嫌われる覚悟で至らない点をハッキリ指摘することです。

      1. より:

        お返事ありがとうございます。

        仰るとおり、友達に期待してしまっていました。
        藤本さんにお返事をいただいてから、自分なりに考えてみました。
        まったく気づきそうにない人に期待して助言しても、
        なんのこっちゃ分からないでしょうし、ただの上から目線と思われて、
        肝心なことは何も伝わらないですよね。
        こんなの、お互い何も得しない。
        だからつまり、期待すること自体、余計なお世話ってことですよね。
        ただの私の「話が合わなくて寂しい」という思いだけで
        友達の考え方を矯正しようとするのは、
        身勝手でおこがましいことだと思えてきました。

        なので、心苦しいですが、思い切って距離を置いてみます。
        あ~本当に、なんで気づかないのでしょう。孤独感でいっぱいです。
        でも私自身、最近まで気づきを知らないまま、真剣に生きてましたから。
        友達も何かの拍子で気づいてくれることを願います。
        そしてお互いに成長して、切磋琢磨できる関係になれるといいな。
        藤本さんのおかげで、ようやく整理がつきました。
        ありがとうございました。
        私ももっと自分自身に磨きをかけて、自分の力で幸せになります。
        ライオンフィールド目指して頑張ります(^^)/

  52. ぽむ より:

    いつもブログを拝見しております。
    つい半年前まではこの人間のレベル論の記事をよんで、正直、なんか上から目線やな〜ふーんくらいに思ってたことが、今はストンと自分の中で腑に落ちる感覚があります。
    全てのことが自分の受け取り方次第=自分の考え方次第=自分の言動次第=全て自分の責任という考え方に気付いてから、なんだか仕事面でもプライベート面でも楽しくなってきました。
    自分の人生が変わるきっかけになりました。
    ありがとうございます。
    ちなみに藤本先生のブログをきっかけに自分を変えたいと思うようになってから色んなジャンルの方の書籍を読み漁っていた時に大嶋信頼という方の書かれた本に出会い、自分次第で生き方が変わるという点で実践的な方法が書かれており、私にはすごく効果がありました。

    コメントが長くなり申し訳ございません。
    これからも更新楽しみにしております。

    1. >ぽむさん

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      >全てのことが自分の受け取り方次第=自分の考え方次第=自分の言動次第=全て自分の責任

      これが人生の真理なんですよね。

      大嶋信頼さんのご著書は僕も何冊か読んだことがあります。

      タイトルは忘れてしまったのですが、1つの考え方が変わるきっかけをもらえたので、良い本との出会いって本当に大事だなとしみじみ思いました。

  53. ひた より:

    今日、たまたま職場が異動になった人と会い、
    この人は気づいてる側の人間だ!とピンときました。
    最近、職場の人間関係で疲れていたので、ほっとしました。
    (過去は相当ワルだったらしく、今からは全く想像できないんです-が)

    元々、周囲とつるむタイプじゃないんだなと思っていたのですが、
    1歩引いたところから周りを見ていて、その指摘が的確だったので。
    自分のレベルを下げて、無理して話を合わせなくていいのだよ。と。

    わたし自身、子どもっぽいって言われるのが悩みで仕方がなかったのですが、
    職場の人たちは確かに若く見えます。
    が、ただ精神年齢が止まったままなんだと気づきました。

    自分を置く環境って大切だと痛感しました。
    (やたら不倫率が高いのも、社会なんてそんなものと諦めていたけど、そうではないのかも)

    ちょっと見下したり、上から目線になったりしてますが、
    周りに振り回されず、自分のステージアップに励んでいきたいと思います。

    1. >ひたさん

      >わたし自身、子どもっぽいって言われるのが悩みで仕方がなかったのですが、

      どんな大人でも子供の一面はかならずあるので、ひたさんだけではないんですよ。

      そして、実年齢じゃなくて精神年齢です。

      >自分を置く環境って大切だと痛感しました。

      ものすごく大切ですね。

      環境を変えたらやたらと重宝されて、自分は価値が高い人間だったんだと気づかされることもよくあります。

  54. ひた より:

    職場が嫌すぎて、下位フィールドにステージダウンしていました。

    今の業務に対する知識はわたしにしかないんですが、
    (前任者がいなくなったため)
    結局、誰も理解していないから、何もしていないと誤解されることが多く。
    専門知識が多くて、かなり努力したのに、周りに認められない悔しさがありました。

    でも、努力してるって自分の主観でしかないと思ったり。

    今までまっすぐ努力してきて、
    でも社会はそれが通用しないって気付いたので挫折しています。

    今の職場は狭いフィールドでふんぞり返って、威張り散らしている人ばかりです。
    社会なんてそんなもんと諦めるか、今の職場がクズすぎるのか。

    でもそんなこといちいち気にしてるあたり、自分もまだまだだなと思いました。

    とりあえずねこフィールドになる!ではなく、
    上を目指して、ライオンフィールド狙いでいこうと思います。

    1. >ひたさん

      >上を目指して、ライオンフィールド狙いでいこうと思います。

      いい志ですね。

      >今の職場は狭いフィールドでふんぞり返って、威張り散らしている人ばかりです。

      所属しているコミュニティが変わると、今まで評価されなかったのはなんだったんだと言うぐらい価値を感じてもらえることは決して珍しいことではなく、そう考えると、今の職場はひたさんの価値を感じてくれない場所なのかもしれませんね。

  55. みさき より:

    藤本さんこんばんは。

    私はニーチェが大好きなのですが、その中でも「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」という言葉がとても好きです。

    世界は自分の考えよう、世界は私の”解釈”なんだ!
    私自身なんだ!!
    なら目の前の人みんなも私自身なんだ!!
    私大好き!じゃあ世界のみんなも大好き!みんな友達!!ひゃっほーい!

    そう考えるようになってから、人間関係の悩みはほぼなくなりました。が、職場でペアを組まされた人が、どうしても嫌いで、一緒にいてとても疲れる人でした。
    私の”解釈”では乗り切れない嫌いな人に出会って、この人を好きになれない自分を責めた時もありましたが、今は、いや、無理なもんは無理、この人エネルギーバンパイアだわ、で適当に付き合ってます。
    それでいっか、と好きな自分を大切にしようと思います。

    1. >みさきさん

      こんにちは。

      >「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」

      この言葉、深すぎますよね。

      最近、「この出来事ってどういう意味があるんでしょうか?」と聞かれることが多いですが、起こる出来事自体に意味はなくて、自分がどう解釈するかだけなんですよね。

      それに、後にならないと出来事の意味がつながらないことも多いです。

      >私の”解釈”では乗り切れない嫌いな人に出会って、この人を好きになれない自分を責めた時もありましたが、今は、いや、無理なもんは無理、この人エネルギーバンパイアだわ、で適当に付き合ってます。

      いい感じですね。

      そうなんです。

      無理なもんは無理なんです。

      1. みさき より:

        確かに!ほんっとそうですよね。
        あの時わからなかった言葉の意味が、
        突然こういうことか!ってなったりとか、
        あー、あれってこういうことだったんだなぁ、
        意外と当時は、うん?そう?なんて思ってた言葉
        がずっと自分を支えてくれてたり。。。
        やっぱり後から気づくものですね。

        それで、やっぱなるようになってるんだ、と気付くのも。
        だからその出来事の最中は、”なるようになってる”と解釈して辛くても乗り越えるとか、ですかね。

        それと、自分を大切にしてると、大切にしてくれる人が現れるのも、きっと、なるようなってるってことですよね。
        自分を大切にして、無理なもんは無理!を大切にします!

  56. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。
    前々から常々思っていた事を、断捨離や考え方、レベル論にも通じるなと思ったのでコメントさせて下さい。

    モノや人に対して雑な人や音がムダに大きい人が私はすごく苦手なのですが、公共の場所の使い方、特にお手洗いってすごくその方の素が出るなと思っています。

    自分の身の回りはバッグの隅やファンデのスポンジもお手入れしてるのに、自分に関係ない場所かつ見えない所の振る舞いが、すごく品がないなぁと思う事が多いのです。

    バレないからここはいいや感が見えちゃうからでしょうね。次の人が使う時とかの想像力の無さというのかな。

    こういう雑さは愛がないので、気づいてるようで気づいてない方なのかな?と感じます。
    自分自身も、そういうところこそ手を抜かず想像力を常に持っていたいです。

    1. >チハルさん

      >モノや人に対して雑な人や音がムダに大きい人が私はすごく苦手なのですが、公共の場所の使い方、特にお手洗いってすごくその方の素が出るなと思っています。

      めっちゃ分かります。

      そして、

      >バレないからここはいいや感が見えちゃうからでしょうね。次の人が使う時とかの想像力の無さというのかな。

      まさしくこれです。

      ちなみに僕の持論では、モノを大事にできない人は人も大事にできないと思っているので、その人を見るには持ち物を見れば結構判断基準になると思っています。

      1. チハル より:

        ありがとうございます。
        本音をいえば、プライベートだともっとガッツリ感じてることは沢山あって、細かすぎてわからないモノマネレベルなんだろうか?と思っています。
        実際、さっき行ったコンビニ店員のモノマネとかすごく得意です。

        藤本さんが仰る、モノを大切に出来ない人理論は実は私も持っていました。
        全てに通じてしまうので、多分正解だと確信してます。

        出会った当初、自分の闇について”過去に囚われる生き方しなくちゃいけない?過去は過去だろ?”と言った時、”過去も自分だし、それを認めたら自由になれるんだよ”とスッと答えられたのを、今も鮮明に覚えていてそれは間違ってると思いません。

        変わるか変わらないかは別として、この会話が理解出来た彼なので、私は可能性を感じたのかな?と思います。

  57. ChiO より:

    趣味の集まりで、正論がことごとく通じないうえに悪者扱いまでされてしまいました。以前の自分でしたら自分を責めて悲観的になっていたと思いますが今は、正論を攻撃と捉える人もいる、という学びとして受け止めています。

    この趣味の集まりに関わっている時だけ、自分が引きずり下ろされるようなイヤな感じを受けています。
    仕事、友人、家族との関係はとても円満で楽しいです。

    自分では、普段はねこフィールドなのかなと思っていますが、趣味の集まりに関わっている時はフィールドが下がっている気がします。

    このまま関わり続けたら私のフィールドが全体的に下がってしまうのではと危機感を感じています。

    ねこフィールドに上がるまで、すごく大変な思いをしたのに、下がるのは簡単なんですね…。

    こちらのブログを読んでいなければまた自分を見失って余計なダメージを受けるところでした。

    ありがとうございます。

    1. >ChiOさん

      >ねこフィールドに上がるまで、すごく大変な思いをしたのに、下がるのは簡単なんですね…。

      そうなんです。

      自分を否定する人間とかかわって自分を見失うか、自己顕示欲が出てきて承認を求めるようになってしまうことの2つが大きな要因ですね。

      >このまま関わり続けたら私のフィールドが全体的に下がってしまうのではと危機感を感じています。

      コミュニティで自分のレベルが下がることはよくあるので、

      >自分が引きずり下ろされるようなイヤな感じを受けています。

      この感じが毎回ぬぐえないのであれば、もし場所自体を変えることが可能ならその選択肢も視野に入れておいた方がいいですね。

      1. ChiO より:

        藤本さん
        お忙しい中、貴重なアドバイスを本当にありがとうございます。
        この趣味の集まりは、自分にとって既に大事なものではなくなってしまったのだから、これ以上自分の時間やお金、気力と体力を使うことはないと思いながらも、逃げになるのではないかなと迷っておりました。
        おかげで気持ちに整理がつけられます。

        私の時間は私の寿命でもありますものね。
        私の時間は、心から大事にしている家族や友人、仕事のために使うことにします。

        この記事に出会えて心から感謝しています。
        ありがとうございます。

  58. チハル より:

    藤本さん、おはようございます。

    昨日偶然、話せる数少ない男友達から電話が来ました。気がついてる人です。
    この友達には、チハルさんならどう思う?っていう体でよく相談を受けるのですが、2年位前、”コータその会社辞めちゃっていいんじゃない?人の繋がりでちゃんと上手くいくと思うよ。多分大学絡み”と、仕事についてアドバイス?して、その通りになったという報告の連絡をくれたんです。

    “チハルさんはさ、当たりは柔らかいけど一本筋が通ってるってわかる人にはわかるから、たまに圧倒される時あるよ?”と、笑いながら言われました。
    それと、”最近どんな感じか知らないけど、チハルさん、あの彼と合うと思うんだよなー。別人格出るのその人くらいなんじゃない?”と唐突に言われて、あら。引き寄せ来るねーと思いました。

    怖いは多分、こういう部分なんだろうなとも改めて思いましたし、そういう相手が異性である事を受け入れられるのは、はっきりと気づいてる側でないと無理なのかもしれないなと感じた出来事でした。

    1. >チハルさん

      >チハルさんはさ、当たりは柔らかいけど一本筋が通ってるってわかる人にはわかるから、たまに圧倒される時あるよ?

      気づいてる側、とくにライオン以上の人って特にそうです。

      自分にウソをつきながらやましい気持ちを抱えて生きてる人だと、自分のいろんな部分を見透かされそうで怖いということですね。

  59. ゆきな より:

    藤本さん

    はじめまして、2年程前からブログを拝見させていただいておりますが初コメントです!
    以前は気づいてないフィールドの記事を読んで、
    「認めたくないけどここだなー」と感じておりました。
    恋愛も人間関係も依存・執着しまくり、頭では分かっている、といいながら超他人軸。
    ドロドロの気持ちでブログの記事を穴が開くほど読みながらも変えられない自分に苦しみ
    他人を羨み、切れてる縁に縋り、評価を受けるのが怖くて人と話せずといった感じでしたが、
    年明けから徐々に方向転換できるようになり、
    最近人生が楽しくて仕方ないので、改めてレベル論を読みに来て見たら、
    共感できる記事がこちらに変わっていました。

    そうしているうちに今の自分に必要だな、と感じるような興味深い男性にも出会いました!
    少しずつでも、自分の人生を心豊かに楽しく生きる。
    慢心せず、見下さず、人の役に立つための努力をしていきたいです^^

    辛いとき、藤本さんのブログに救われていました。ありがとうございます!
    これからも楽しみにしてます。暑い日が続いております、お体にお気をつけてくださいね。

    1. >ゆきなさん

      はじめまして。

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      ステージアップされたんですね。

      おめでとうございます。

      ゆきなさんも体調をくずされぬよう、どうかお身体をご自愛くださいませ。

  60. チハル より:

    藤本さん、お疲れです。
    京都は1週間も酷暑が続いてるんですね。
    どうぞお身体にだけは気をつけて下さいネ。

    この人間のレベル論のトピックが大好きと前にもコメントしましたが、日常で私なりに活用させて頂いてます。
    ありがとうございます。

    ごく最近、ひょんなコトから珍しく異業種の男性とお会いする機会があり「あら、この人完全にライオンだな」と少し話しただけで分かる方がいました。
    奇しくも、藤本さんと同じ年齢の方です。

    少し話した冒頭で”部活は野球。オカマにモテる。でしょ?”と唐突に言ったら、”当たってます。オカマバーであり得ない位モテるので悩みだった位です”と、笑って答えてくれました。

    チハルさんともっと話してみたいです。と、食事に誘って下さったので、複数人で出掛ける事にしました。
    異性の方なので、どう思って下さってるのかはわかりませんが、それは知ったこっちゃないし、全く失礼なところがないので、私は友達フォルダには全然アリと思っています。

    人に対しての振る舞いや考え方など、久しぶりに話が出来る人の出会いがあって、嬉しかったです。

    1. >チハルさん

      >異性の方なので、どう思って下さってるのかはわかりませんが、それは知ったこっちゃないし、全く失礼なところがないので、私は友達フォルダには全然アリと思っています。

      ありです。

      こういう人と出会えると、自分の理解者や同士が増えたような感覚になって楽しいんですよね。

  61. さき より:

    自分の欠点を理解した上で改善を試みるってライオンフィールドからなんですね!
    私はこうなりたいという人物像を明確に持っていますが、欠点をかなり克服しないと
    それになれないようで、気づいていると気づいてないのを行ったり来たりしている
    私にはまだまだ遠い道なんだなって気づかされました。
    でもあきらめずに頑張ろうと思います。いいことを気づかせていただきありがとうございます。

    1. >さきさん

      >自分の欠点を理解した上で改善を試みるってライオンフィールドからなんですね!

      結構早い段階で改善を試みる人もいるのでケースバイケースではありますが、一番の課題は自分が認めたくなくて目を背けているものをちゃんと自覚することが課題になりますね。

      多くの人がこの認めたくない自分から目を背けているせいで、自己承認できていないという現実があります。

      あきらめずに頑張ってくださいね。

  62. YS より:

    藤本さん初めまして。

    ひょんなことからこちらのブログにたどり着きまして、人間のレベル論大変興味深く見させていただきました!

    仕事においても階層によって得られる知識や、考え方がまったく違うので、部下の育成にも悩んでいるところに新しい光を見つけたような気がします!

    人間レベルでも階層があることを体系的にはっきり意識できたので、本当に勉強になりました。

    ちなみに自分はまだ猫フィールドかなぁ…

    悲恋相談のお客にならない既婚男性で申し訳ないです…
    本当に素晴らしい内容でした!また新しい記事も楽しみにしております。
    ありがとうございます!

    あ、返信は不要です(恋愛記事も読みました笑

    1. >YSさん

      はじめまして。

      ブログを見つけてくださりありがとうございます。

      記事を参考にしていただき、大変光栄です。

      レベル論は9月6日に書籍化するので、もしご興味があればご予約をご検討いただければ幸いです。

  63. ひた より:

    今日、最近知り合った人たちとカラオケに行ったんですが、
    たまたま同じバンドが好きな人の集まりでした。

    世間体にとらわれ、好きなものを隠していたので、
    好きなものを好き!と言ってる人たちにとても影響をうけました。
    そして、好きなことを仕事にしている人たちでそれも羨ましい。

    服装も年相応だとか、婚活向けだとか、そんなのに気を取られていたけど、
    久しぶりに好きな格好(とは言ってもスカート丈とかある程度は気にするが)をして出かけたら、
    いつもと雰囲気違ってかわいい!と言ってもらえて少し嬉しかったり。
    (パーソナルカラーは絶大です、肌が明るく見える)

    カラオケの選曲も、こんなの選んだら引かれないかな?と、
    かなり他人目線で生きていたことに気づきました。

    早くねこステージになりたいので、
    普段の小さな行動から変えていきたいなと思いました。

    1. >ひたさん

      >好きなものを好き!と言ってる人たちにとても影響をうけました。

      こういう方たちがちゃんと「良いものは良い」と言ってくれるから、マイナーなものでも良質なものが世に出るんですよ。

      >カラオケの選曲も、こんなの選んだら引かれないかな?と、
      かなり他人目線で生きていたことに気づきました。

      ケースバイケースではありますが、対等な関係性を相手と築きたいのであれば、この部分は気にしない方がいいですよ。

      僕、初対面の人の前でも平気でDIR EN GREYとか歌います。

  64. チョロ より:

    藤本シゲユキさん。いつも何かしらあるとだまされない女のHPに飛んで行き、近しい題を探して気付きを増やしています。こんな素敵なものを、しかも無料で、世に送り出して下さり誠にありがとうございます。
    私はその恩恵を受けている一人であり、お世話になっております。

    最近私にとって大きな課題にぶつかり、藤本さんの意見が聞けたらと思いコメント致します。

    私は昔から人に喜んでもらうのが大好きでした。
    自分に返ってこないことが嫌で、物と人を選びすぎていた時もありましたが、気づいているステージに上がり、喜びは私の喜びでもあり、それで良いと変わりました。

    幼馴染に職場の人を労う為に差し入れをしたりするという話をすると、「気を遣いすぎ。尽くしすぎ。まず私にもそんなに遠慮しなくて良いのにって思う事があるよ。」
    と指摘されました。私が好きでやっていたことがそう見えるとは思いもしませんでした。私なりに限度もありますし、相手が重く受け取らないぐらいに労わるなど考えてやっていたのですが、別視点でも限度を考えるべきでしょうか。
    あるサイトで尽くし過ぎることは、相手の尽くすという行為を奪っている。という文がありまして、どう思われますか?
    ギブアンドギブ精神は時に自分を苦しめますか?

    1. >チョロさん

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      >あるサイトで尽くし過ぎることは、相手の尽くすという行為を奪っている。という文がありまして、どう思われますか?
      ギブアンドギブ精神は時に自分を苦しめますか?

      尽くすというのは、相手の「ためだけ」を思って行う善行のことなので、尽くしたあとは相手がどう受け止めるかだけなんですよね。

      たとえば、電車でおばあちゃんに席をゆずったとして、「私はそんな年寄りじゃない!」とキレられたとします。

      でも、良い行いをした事実には変わりないですし、自分の信念と信条に基づいたものであれば、そんなに気にしなくていいのではないでしょうか。

      あと、完全な善意で尽くしているのに、それをちゃんと受け取ってくれない人は愛が足りない傾向にあります。

      1. チョロ より:

        藤本シゲユキさん、返事ありがとうございます。

        これからも自分の信じたもので突き進もうと思いました。幼馴染は、尽くすこと良い所でもあるけど、時として損してしまうだろうからと心配していたようです。

        やはり藤本さんの言葉や視点はどっしりとしていて、心に染み渡ります。
        お忙しい中、ありがとうございました。
        また藤本シゲユキさんの書籍が出版されることを楽しみにしています。

  65. なないろ より:

    わたしは元来うさぎからはじまり、一段ずつ上がって、ねこになっていたのですが、「承認欲求と自己顕示欲」により自分を大きく見せたり、相手の期待に必要以上に応えたりしてしまうと、途端に下がるということをここ数年やってきている気がします。

    前回の彼はチワワで、わたしは承認欲求に走り、ねこからどーんとチワワに下がり、突き放してハリネズミになって、ドンバチやってた、という流れだったのかなと。
    で、ようやく自己責任に気付き、抜けなきゃと思えた…。

    「人の荷物を持てる能力のある私」
    「愛を持って与える私」
    という悟りレベルやお釈迦様レベルの人がやっていることをやろうとしてたんだなぁと整理できました。
    先走りな上に、無理無理。笑

    ゆえに、自己責任の線引き問題が発生し、自分の足元をしっかり見なさい、固めなさいとテストされてたんだと思います。

    数時間前までものすごいさみしさと孤独感を感じて、自己否定に走りそうになったり、慌てましたが、落ち着いて感情を感じ切って自分に寄り添っていたところ、復活いたしました。

    さみしさと孤独感から逃げて怖がっているから、自己承認を求めて大きく見せたくなるのだと気付きました。

    自分が感謝を忘れていたり、絶望して心を閉ざしてるからそれを感じるだけで、とにかく出たものを感じてしまえば結局幻想ですから、なんてことないんですよね。
    自己判断なので外れてるかもですが、なんだかいろいろつながって、腑に落ちました。

    ライオンに上がれるよう、精進いたします!

    1. >なないろさん

      >さみしさと孤独感から逃げて怖がっているから、自己承認を求めて大きく見せたくなるのだと気付きました。

      人は孤独を感じたとき、いつもに増して他者に承認を求めてしまうのですが、孤独を味方につけた人はその分強くなっている上に、自分の価値は自分でしか決められないとも思ってるんですよね。

      >自分が感謝を忘れていたり、絶望して心を閉ざしてるからそれを感じるだけで、とにかく出たものを感じてしまえば結局幻想ですから、なんてことないんですよね。

      生きている以上、一定の自分でいることは不可能に近いですから、落ちたときの立て直しを自分でどうしていくかだけなんです。

      1. なないろ より:

        >孤独を味方につけた人はその分強くなっている

        今回孤独を感じきってみて、気付きと共にパワーアップした感があります!
        回避して承認を求める行為をしていたときは、そのかけるエネルギーに対して殆ど手応えがなく、発展していないので、逆に疲弊していました。

        逃げ続けるよりも向き合う方が早いし強くなるし省エネだし健康的ですね☆
        なのに逃げたり、他人からもらう方が手っ取り早くて省エネと思ってしまう。。。人間っておもしろいですね。

        彼を手放し孤独に向き合ったら、デートのお誘いがあったので、行ってきます☆
        ちょっと自信なさげな感じの方ですが、恋愛ありきではなく、人としてお付き合いしてきますね☆

  66. ゆき より:

    こんばんは。
    withオンラインコラムでの連載おめでとうございます。
    一読者として、月曜日が楽しみです。

    一つお伺いしたくなりコメントを残しました。
    おそらく、私は、この記事のフィールドのあたりにいるような気がします。

    そして、私がお付き合いしている方は、以前藤本さんのカウンセリングを受けた際に、愛のフィールドにいると仰っていました。

    彼は、愛ある行動をしながらも、パワーも欲しているように見えます。

    私は、昔からお金や社会的な立場など、現実的なものに興味がなく、ふわふわした空想の中で生きているように感覚として思います。

    彼に、私が今悩んでいることは、ステージが上がれば消える、と言われました。
    その道しるべが私は「愛」や「赦し」のように感じています。(それでもやはりふわふわしてます)
    もっとパワーを求める方に目標を定めたら良いのかぴんときていません。
    こういうときは、思考ではなく心の赴くままに行動したら良いのでしょうか。

    お忙しい中恐縮ですが、何かヒントを頂けたら幸いです。

    1. >ゆきさん

      おはようございます。

      お祝いのメッセージをいただきありがとうございます。

      >昔からお金や社会的な立場など、現実的なものに興味がなく、

      心から興味がないものに興味を示すことはできないので、ゆきさん自身がどんな人生を送りたいか考えた方がいいですよ。

      >こういうときは、思考ではなく心の赴くままに行動したら良いのでしょうか。

      自分の心の声に従うことはものすごく大事なことなんですが、絶対にパワーやエネルギーを求めないといけないというわけではなく、誰もが熱量が高い人間になれるかと言うとそれは完全に人によるんです。

      僕自身がそうですが、見て分かるようなエネルギッシュな人になりたくても気質的になれないので、自分独自の生き方や戦い方を見つけないといけないんですね。

      1. ゆき より:

        お返事ありがとうございます。
        ブログや藤本さんが活動する状況を拝見する限り、エネルギーがある方のように思ってました。
        気質…ありますね。

        私は、お仕事を通じ社会貢献を心がけてはいますが、彼と自分を比較してしまったときに、フィールドダウンする感覚があります。
        その感覚はあまり心地よいものではないですし、自分が自身がどのような人生を歩みたいか、自分と対話します!

        コメント、ありがとうございます。

  67. ピアノ より:

    藤本さん

    先日はカウンセリングをありがとうございました。

    自分の長所を深く掘り下げ、客観的に説明していただいたお陰で、自分の励みになり以前よりも自分を好きになれています。

    改めて人言論を読んで、今はネコかライオンフィールドまで戻れたのかなと思っています。

    あれから考えていて、ひとつ気になることがあったのですが「慈愛が強みの人は『愛の存在』になりやすい」とありましたが、この『愛の存在』とはどういう事でしょうか?

    私には抽象的に感じてイメージが沸きにくかったので、間違えて捉えないようにお伺いしました。

    本当に多忙な毎日かと思いますが、2019年は公言通りゆっくり過ごして下さい。

    1. >ピアノさん

      僕の方こそ先日はありがとうございました。

      >この『愛の存在』とはどういう事でしょうか?

      接する人すべてに、見返りを求めず嫌われることを恐れない無条件の善意を与えられる人のことです。

      こういう風に書くと大それた存在みたいに見えますが、職場などに存在する、厳しくも優しく温かい上司みたいなイメージですね。

      >本当に多忙な毎日かと思いますが、2019年は公言通りゆっくり過ごして下さい。

      残念ながらどうやらそうもいかないみたいですが、どこまでいっても時間を持て余せない性分なんだなと思いました。

  68. 匿名 より:

    藤本 様

    いつも楽しくブログを拝読させて頂いております。

    ねこ・ライオンフィールドにいたのに予想外の事態にチワワフィールドまで急降下してしまいました。
    かなり自覚があるので、今気持ちを持ち直しています。
    彼に意思と覚悟を持って思ったことを伝えたのに、急降下してしまったため「嫌われたくない」思考が顔を出してしまい、先日言いすぎてしまった謝罪と嫌われても仕方ないと思っている、これからも一緒に居てほしい、旨の連絡をしてしまいました。
    返事がない状態ですが、その件には追撃していません。
    全然気にしていないのかもしれないし、しつこいと思われているのかもしれませんが…。

    ここから挽回というか、普通に戻ることはできるのでしょうか?
    彼から連絡がくるまではこちらからは連絡しちゃいけないと思っています。

    藤本様の考えを聞きたくてコメントさせていただきました。

    1. >匿名さん

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      >ここから挽回というか、普通に戻ることはできるのでしょうか?

      気づいてるステージに戻ることは可能ですが、彼との関係が普通に戻るかどうかは相手の受け取り方と解釈次第なので、そのときになってみないと分かりません。

      一つ言えることは、ステージが下がった状態で相手と一緒にいても上手くいくことはほとんどないんですよね。

  69. プー より:

    最近の私の課題が、出会った人と関係を深めるということでして。
    なので、飲み歩いて新しい人と出会うよりも、今の知り合いとどう関係性を深めていくかを重視していて、飲み歩くことがほとんどなくなりました。
    というか、前までは人に興味がなかったので、今までの知り合いでも、掘ればたくさん聞くことがあります。

    飲むところには、行こうかなと思うのですが、足が向かなくて。
    たぶん、必要であれば行こうと思うので、それまで待とうと思。

    引っ越してから、お花を飾りたくて仕方なかったんですけど、今日、とうとうお花を購入して飾ってみました!
    まさかこんな日が来るとは、自分でもびっくりです。
    自己満足です^ ^

    1. >プーさん

      >今の知り合いとどう関係性を深めていくかを重視していて、

      意外と盲点なんですが、これはすごく重要なことなんですよね。

      >引っ越してから、お花を飾りたくて仕方なかったんですけど、今日、とうとうお花を購入して飾ってみました!

      こういった変化はたとえ些細なことであってもすばらしいことなんですよ。

      自己満足でOKです。

  70. しろごま より:

    はじめまして。いつもブログを楽しく読ませていただき、たくさん参考にさせていただいております。ありがとうございます。

    私事ですが、読ませていただく中で感じた事を書いてみようと思います。
    数年前まで気づいてないステージにいたようです。対人関係で精神を病んだり、婚約破棄したり色々ありました。
    最近、仕事の関係で今までとは違う層の方の考え方に触れることが多くなり、だんだん自分の考え方も変わっていき、とても生きやすくなりました。いつの間にか自分のステージが上がっていたようです。ネコとライオンの狭間あたりでしょうか。上のステージの思考を浴びたことで引き上げてもらったのかなと思います。
    最近の悩みは、婚約破棄からの婚活がなかなか上手くいかないことです。もともと恋愛経験はそれほど多くなく、苦手意識を持っていましたが、それではいかんと一念発起。
    アプリ婚活で仮説・実践・検証を繰り返すことで、コミュニケーション能力が上がり、好意を持ってもらえるようにはなりました。しかし、どうしても話が合いません。私の仕事のやり方が世間一般から外れていることと、ステージの違いが原因と思います。相手の方の仕事の愚痴や人の悪口、思考を浴びると疲弊するんですよね。
    疲弊するくらいならと丁重にデートのお断りをするのですが、そこでもまた「人を傷つけてしまった…」と疲弊してしまう…。
    婚活は大変です。もう一皮か二皮むけたいなぁと思う今日この頃。
    ブログを読み返し、藤本さんの言葉を脳に染み込ませて頑張ろうと思います。

    1. >しろごまさん

      はじめまして。

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      結婚は本来、しようと思ってするものじゃないのと、

      >婚活は大変です。もう一皮か二皮むけたいなぁと思う今日この頃。

      疲れたなら一旦休んだ方がいいですね。

      >私の仕事のやり方が世間一般から外れていることと、ステージの違いが原因と思います。相手の方の仕事の愚痴や人の悪口、思考を浴びると疲弊するんですよね。

      しろごまさんが求めている男性は、婚活市場よりも仕事を頑張った先に現れる人なのかなと思いました。

コメントは受け付けていません。