多くの人が自分の湧き上がる感情の意味を考えていない件。

 

最近、セミナーやカウンセリング、そしてブログのコメントで

「自分のことを知る重要性」についてお話する機会が増えましたが、

なぜ自分のことを知らないといけないのか

その意味を分かっていない人がまだまだ多いように思えます。

 

1つ言えることは、

自分のことを知らない人で人生と恋愛が上手くいっている人を

僕は見たことがありません。

 

自分のことを知らないのは、

ゲームでたとえるとこういうことになるんですよ。

 

自分が扱うプレイヤーがどんな能力をつかえて

どんな魔法が使えるか分からない、

そもそも魔法が使えるかどうかも分からない。

 

しかも自分のレベルすらも分からない。

 

この状態で

「さあゲームをはじめてください」

と言われるようなものなんです。

 

いわば、ランダムで決められた主人公を

取説なしでゲームを始めるようなものであり、

これがゲームだったら道筋がある程度きまっていますが

現実世界だと完全な迷子になります。

 

自分のことを知らないから自分に合わない異性を追いかけるし、

自分のことを知らないからやりたいことが見つからないし、

自分のことを知らないから自分の長所も個性も分からないわけです。

 

ほかにも自分を知らないことが招くデメリットはたくさんあるのですが、

自分を知るための方法の1つとして

「湧き上がった感情の意味を考える」というものがあります。

 




 

どういうことかと言うと、

自分が抱いた「喜怒哀楽」の意味を考えるということなんです。

 

めっちゃ嬉しい~

すっごい腹立つ!

悲しすぎる・・・

ほんとに楽しい!

 

多くの人が自分が抱いた感情にそのまま流されてしまい、

湧き上がった感情の意味を考えないままにしています。

 

なんでこんなに嬉しいんだろう?

なんでこんなに腹立つんだろう?

なんでこんなに悲しいんだろう?

なんでこんなに楽しいんだろう?

 

こうやって、自分になにかの感情が沸き起こるたびに

「なんで?なんで?」と問いかけていくことが自分を知る第一歩になるんです。

 

だって、

自分がどういう時にどういう感情を抱くか分からないのって

自分の取説がないのと同じことですからね。

 

だから自分のことを知らない人は、

自分が怒ったり悲しんだりするであろう出来事に

自ら飛び込んでいくことが多々あるわけです。

 

小さな子供がなにか疑問に思ったとき

「ねえなんで?なんでそうなるの?」と聞くように、

大人になってからも僕たちは疑問に思ったことについて

ちゃんと考えないといけないんですよ。

 

「考える癖」をつけるのは生きていく上で非常に重要です。

 

ちなみに、なぜ大人になって考える癖がなくなったかと言うと、

子供が疑問に思ったことを質問しても

親や周囲の大人が「そういうものだから」で済ませてしまい、

それが積み重なったことによって

子供が考える癖をなくしていくのは大いに関係あるのではないでしょうか。

 

考えることを放棄した人間に明るい未来はありません。

 

そして自分のことを知らない人間にも明るい未来はありません。

 

自分を知る手がかりとして、

自分が感じる怒りと悲しみの原因を探っていくというのが

今回のブログのテーマです。

 

怒りと悲しみを常に感じやすい人は

湧き上がった感情に流されるだけではなく、

そこで感情が起こる根本の原因を探るために

「考える癖」をもう一度取り戻してください。

 

単純に、感情のコントロールができない人って

自分の感情に振り回されて流されてるだけなんです。

 

 

怒りは二次感情であり、悲しみは一次感情。

 

下記記事で怒りは二次感情であるとお話させていただきました。

 

☆参照記事☆

【許せばすすめるし】怒りの対処法おしえてやんよ。前編【恨みは立ち止まらす】

 

 

人はなにかに対して怒るとき、

一次感情にある「悲しみ」が原因で

怒りが起こっているんですよね。

 

なので、なにかに対し怒りを感じたときは

自分がどういった悲しみを抱えているのかを

突き止める必要があるわけです。

 

しかし、怒りの原因を突き止めたからといって

怒りがおさまるわけではありません。

 

たとえば、

彼氏からいつもの時間に来る連絡がなくて

「なんで今日にかぎって連絡してくれないのよ!」

とアナタが怒っていたとしましょう。

 

そんな怒りの原因を探っていると

「いつもくれていた連絡がなくて悲しい」

という一次感情を発見したとします。

 

そこで、世間でよく言われる方法としては

「そっかー。連絡なくてかなしかったんだね。

分かるよその気持ち。」

といった感じで自分の心を癒やすというものがありますよね。

 

実際にこの方法を実践されたことがある方なら

分かっていただけると思いますが、

実はこの方法ってなんの解決にもなってないんですよ。

なぜなら、自分がなにに対して悲しんでいるか、

その悲しみを作り出している原因を突き止めていないからです。

 

 

一次感情の原因を作っているゼロ次感情がある。

 

では、怒りと悲しみをつくっている原因ですが、

怒りを二次感情、悲しみを一次感情とするなら

僕はその前にゼロ次感情があると考えます。

 

このゼロ次感情こそが「期待」です。

 

なにかに期待するから、

怒りや悲しみが生まれるわけですね。

 

たとえば先ほどの例だとこういうことになります。

 

 

「なんで今日にかぎって連絡してくれないのよ!」

(二次感情・怒り)

「いつもの連絡がなくて悲しい・・・。」

(一次感情・悲しみ)

「毎日いつもの時間に連絡くれてたから今日もくれるはず!」

(ゼロ次感情・期待)

 

 

この期待は前提になるものがありまして、以下の2つになります。

 

 

1・自分が当たり前だと思っていること

2・「○○するべき」「○○しないといけない」という固定観念

 

 

これら2つのうちのどちらかから期待を生んでしまい、

それが怒りや悲しみを引き起こしてしまうわけです。

 

それでは1つずつご説明させていただきましょうか。

 

 

1・自分が当たり前だと思っていること

 

本来ならば、僕たちは生きていること自体が奇跡のはずなのに、

日常で自分の側にいる人やある物に対して

当たり前に存在していると思っていることが多いです。

 

・帰る家がある

・ちゃんと仕事がある

・側にいてくれる家族や人がいる

・ご飯が食べられる

・貯金がある

・五体満足でいられる etc・・・

 

毎日、当たり前のように存在している人や物に対して

「まさかいなくなったり無くなったりしないだろう」

という思い込みがすでに期待を生んでいます。

 




 

ほかにも

「まさかそんなことにはならないだろう」

という前提もありますね。

 

大切な人の急すぎる死なども

これらの前提に当てはまりまして、

そういった出来事に直面した人は

「人は明日なにが起こるか分からないから

これからは会えるときにちゃんと会おう。」

と決意することが多いと聞きます。

 

それでも身近な人が亡くなる度に

悲しさを感じてしまうのは

「生きていてほしかった」という

期待が悲しみを生んでいるのではないでしょうか。

 

僕は人や環境に期待するなと常日頃から言ってますが、

この場合の期待はまた話が別ですね。

 

大切な人に生きていてほしいと願うことは

人としてなにも間違ってないですし、

この場合は期待するなという方が無理な話でしょう。

 

 

2・「○○するべき」「○○しないといけない」という固定観念

 

これは、自分が正しいものだと信じている

「固定観念」になりますね。

 

固定観念とは、

過去に自分がかかわった人たちや経験したことを通じて

「これは○○なんだ、そういうものなんだ」と信じてしまい、

簡単に変えることができなくなった思い込みのことです。

 

固定観念はそれが正しいと自分が信じきってしまっているので、

真逆の事実を知ってもなかなか修正しにくいんですよね。

 

その結果が、

「○○するべき」「○○しないといけない」という

固定観念を作ってしまうわけです。

 

たとえば、

「仕事は頑張るべき」「仕事は頑張らないといけない」という

固定観念を持っている人がいたとして、

自分の中ではそれが当たり前になっているので、ほかの人に対し

「みんな仕事を頑張らないといけないと思っているはずだ」という

期待を抱いていたとしましょう。

 

この人の場合、

仕事をサボっている人を職場で見つけたら

自分の期待が裏切られたことによって

サボっている人に怒りを感じてしまいます。

 

恋愛の場合だと、

女性がよく言う「好きだったらふつう○○してくれるはず」というのも

固定観念に当てはまりますね。

 

たとえば、

「私のこと好きだったら連絡はマメにするはず。

今までの元カレは全員そうしてくれたし。」という

固定観念がある女性の場合、

「私のこと好きって言ってくれてるなら

ちゃんとマメに連絡くれるでしょ?」という

期待が生まれるとしましょう。

 

そしてこの期待が裏切られたとき、

この女性は怒ったり悲しんだりするわけです。

 

それぐらい、

「○○するべき」「○○しないといけない」という

固定観念は根深いものとなっていて、

「きっと相手もそう思っているに違いない」という

期待を抱く原因を作り出しています。

 




 

ちなみに固定観念は、

親の偏った思想のせいで子供に変な思い込みが根付くことが多々あります。

 

親の価値観をそのまま子供が信じ込んでしまうことが原因なんですよ。

 

たとえば、

「男性は高収入で高学歴じゃないとダメ」と親に言われ続け

それを信じてしまい自分の固定観念になると、

「結婚するんだったら収入とか学歴じゃなくて性格だよ」と

親以外の誰かに言われても素直に納得できないんですよね。

 

この場合、どれだけ性格が重要かを言われたとしても

「そんなわけない」と反発して受け入れられません。

 

それぐらい、

固定観念は自分の中に強く根付いた思い込みになるのです。

 

固定観念の取り外し方は後述いたします。

 

 

期待と希望は違う。

 

期待と希望、

この2つの言葉は似て非なるものです。

 

どちらもベースにあるのは

「そうあってほしいと願うこと」ではあるのですが、

期待は「人や状況が自分の思い通りになることを当てにする」ことで

希望は「そうなるように自分が努力して働きかける」ことになります。

 

なので、期待は受動的であり希望は能動的なんです。

 

そして、期待は自分以外のものにすることで

希望は自分にするものでもありますね。

 

そういったことからも

期待は「人任せ・環境任せ」であり

希望は「自分を信じた運任せ」であると思っていいでしょう。

 

さらに期待は短いスパンで相手や状況にするものでもあり、

希望は長期的な願いでもあります。

 

もちろん、

かかる時間がかならずしも上記に該当するわけではありませんが、

期待は近いものであり希望は遠いものでもあるとも言えますね。

 

もっと突き詰めると、「期待はずれ」という言葉は

「こうなるだろう」「こうなってほしい」と自分が勝手に予想していて

予想通りにならなかったから怒ったり悲しんだりして落胆するという意味です。

 

でも希望はずれっていう言葉はありませんよね。

 

自分が願う未来に向けて全力で努力して働きかけていた場合、

「自分はここまでやってきた」という自負があるので、

もし結果的に上手くいかなかったとしても以下のようになるはずです。

 

「もう一回やってやる」と闘争心に火がつくか

「頑張ったけどこれが限界か」という諦めに近い潔さに似た感情を抱くか、

「自分の力がおよばなくて悔しい」という気持ちになるのではないでしょうか。

 

一番最後の悔しさは

「自分に対する期待」が裏切られたことによる悲しみが原因で発生するものであり、

この場合の期待も「大切な人が生きていてほしかったという期待」同様に

悪いことではないと僕は考えます。

 

自分に対する期待は、

それはその人が「何者かになろうと努力している状態」になるので、

そういう人に対して誰も批難する権利はありませんからね。

 

 

期待しないのは放棄したり諦めたりするのとは違う。

 

「人に期待するな」なんて言うと

ひどく冷たい言葉のように思えてしまいますが、

「期待しない」という言葉の意味を

放棄したり諦めたりすることと思っているから

冷たく聞こえるんだと思います。

 

人との関係を放棄したり諦めたりするのって

「コイツはもうダメだ」とか

「この人とはもう関わっていけない」という前提があるので

「期待しない」ではなくすでに「期待できない」になってるんですよ。

 

なので、「人や状況に期待しない」というのは、

「自分の理想を勝手に押し付けてそうなるだろうと予想しない」

ということなんです。

 

だとすると、

期待は僕たちが「勝手に」相手や状況に対してしていることになりますよね。

 

そしてなぜ期待してしまうのかと言うと、

「人と状況をコントロールできる」と思ってるから

期待が止まらないんですよ。

 

残念ながら洗脳でもしないかぎり人はコントロール不能だし、

状況なんて人が絡めば絡むほどもっとコントロールできません。

 

なぜ人と状況をコントロールできると思っていると

期待してしまうのかと言うと、

「自分が頑張れば自分の理想どおりにきっとなる」

という前提があるからなんですよ。

 

しかし、自分が頑張って理想通りになるのは「自分のことだけ」です。

 

自分が頑張っても人と状況が自分の思い通りになるかは

その時になってみないと分かりません。

 

だってそりゃそうでしょう。

 

なぜなら人は「そのときの気分とタイミングと状況次第」で

行動パターンが変わる生き物なので、

人が絡む以上は未来の分岐点は無数に存在します。

 

だから偉大なる予言者も盛大に未来の予言を外したりするんですよ。

 

僕たちだって、明日なに考えてるかなんて

明日になってみないと分からないし、

自分でも分からないじゃないですか。

 

なので、人と状況はコントロールできないんです。

 

この事実が腑に落ちたとき、

今まで期待していたことがかなり減るのではないでしょうか。

 




 

ちなみに、

「○○な自分と思ってほしい」とか

「××な自分と思われたくない」も

人をコントロールしようとする考え方です。

 

逆の立場になって考えてみれば分かると思いますが、

アナタの目の前に「頼りがいがある男を思われたい」男性がいたとしても、

頼りがいがあるかどうかを決めるのはアナタですし

そもそも頼りがいがあるかどうかという見方すらしないかもしれませんよね。

 

人の考えることは僕たちでは止められないんですよ。

 

 

それでは後編に続きます。

 

 

☆後編はコチラ☆

自分が怒ったり悲しんだりするのって、相手と状況はまったく関係ないんやで論。後編

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから✩

「リアライフマネジメント」

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

「リアライフマネジメントQ&A」

 

 



スポンサードリンク


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ