images

恋愛によくある駆け引きで、

「ほかの男性の影をちらつかせて相手に嫉妬をさせる」

という方法があります。

 

この駆け引きは、

「元カレにめちゃめちゃ言い寄られている」とか

「最近職場で同僚の男性に告白された」という設定で、

意中の相手に執着心を芽生えさせて嫉妬心をあおるという方法ですが、

僕のブログ読者の方であればご存じのとおり

対象となる女性のことを相手がなんとも思っていなければ、

まったく効果がありません。

 

逆の立場で考えてみれば分かることですが、

なんとも思っていない男性にほかの女性の影をちらつかされたところで、

「ふーん。」とか「へー。」とか「良かったね-。」ぐらいにしか思わないはずでしょう。

 

男性を振り向かせるテクニックとして、

「ほかの男性の影をちらつかせて、

ぜひ彼にヤキモチを妬いてもらいましょう!」

なんて書かれているアホな記事を見て、

そのとおりに実践してしまう女性がいるのですが、

書くならちゃんと書けよといつも僕は思ってしまいます。

 

 

この情報社会では、

なにを信じればいいのか分からないほど情報が氾濫しているので、

惑わされてしまう女性がいるのは仕方がありません。

 

ですが、間違った情報を信じ込んでしまい、

その方法をかたくなに実践しようとする女性がいるので、

場合によっては余計に関係をこじらせてしまい、

手遅れになることもあります。

 

 

たとえば、

この「ほかの男性の影をちらつかせる」という方法ですが、

相手が全然ヤキモチを妬いてくれないからと言って、

最初は「ちらつかせていた」だけなのが

どんどん「具体的になってしまう」という現象に発展することがあるんですよ。

 

どういうことか言うと、

流れとしてはこのような感じになります。

 

 

第一段階

「最近、職場の同僚から告白されたんだ。」

「まだ断ってはいないけど、迷ってるの。」

 

第二段階

「その人、名前は○○さんって言うんだけど、

 仕事はすごくできるしいい人そうなんだけど・・・。」

「すごくモテる人みたいだし、

 男女問わず人気がある人なんだ。」

 

第三段階

「○○さんってね、やっぱりすごくいい人で、

 しかもかっこいいんだよ!」

「もう○○さんと付き合っちゃおうかな~。」

 

 

という感じです。

 

第一段階では告白してきた同僚の存在を

ちらつかせていただけなのに、

彼からあまり良い反応が得られなかったため、

もっとヤキモチを妬かせようと第二段階に移るわけです。

 

 

でも第二段階でもあんまり思うような反応が得られない。

 

そうすると今度は、

「貴方が思っている以上に

その人とは距離が接近しているのよ!」

ということを彼に分からせるために、

具体的な内容を話すというわけです。

 

そして、この第三段階まできたときに、

「じゃあソイツと付き合えば?」と

男性が突き放すような台詞を言うことがあるのですが、

この状態を「やっと彼がヤキモチ妬いてくれた!」と

思って浮かれてしまう女性がいます。

 

 

違います。

 

これはヤキモチではありません。

 

ただの怒りです。

 

 

「でも怒るってことは、

 ヤキモチ妬いたから怒ったんじゃないの?」

 

 

そう思われて当然なのですが、

厳密に言うとこれは嫉妬ではなく

「比較されたこと」に対する怒りです。

 

男性という生き物はほとんどの人間が

比較されることを嫌います。

 

どんな男性であれ、

「俺はほかの男とは違う」と思いたいですし、

「自分が一番でありたい」と思いたいわけです。

 

 

たとえば、

第一段階ではさほど気にも留めていなかったことが、

第三段階まできて怒りの対象になってしまうのは、

第二段階で比較されてしまったことが原因となります。

 

・仕事ができる

・優しい

・モテる

・人気がある

 

これらのワードを言われた男性が思うことは、

「俺が仕事できないってことを言いたいのか?」

「俺は優しくないってことを言いたいのか?」

「俺はモテないってことを言いたいのか?」

「俺は人気がないってことを言いたいのか?」

というふうに頭で変換されてしまうわけです。

 

もちろん、自分に自信がある男性であれば、

第二段階まできても「ふーん。」ですませることができるのですが、

劣等感やコンプレックスを感じている男性であればそういうわけにはいきません。

 

比較されたと思い込んでしまい、

「どうせ俺は大したことないですよ!」

という感じですねや怒りになります。

 

 

第三段階で、

「そんな奴の話するなよ!」という感じで怒る男性も、

嫉妬心から怒っているわけではありません。

 

この場合は、

「そんな相手なんかどうせ大したことねえはずだ。

俺の方が優れているに決まってる。」と

思いたいがために、比較されたことに対して怒るわけです。

 

「ちらつかされた男性」が自分より優れているという事実が

納得できないんですよ。

 

なので、どうにかして自分の方が上だと

納得できる材料を探すけど見当たらないから、

「もうその話はするな」ということになるのです。

 

 

女性からすればなんとも紛らわしいこの怒りと嫉妬の違いですが、

男性もこの感情を嫉妬だと勘違いしている人は多いですね。

 

「あれ?こんなに怒るってことは、

もしかしてコイツのこと好きなのかな?」

と考えてしまっても無理はありません。

 

ですが、残念ながら怒りはただの怒りでしかないので、

執着心を利用して恋愛感情に発展させられるような方法は使えません。

 

☆参照記事☆

【セフレになんて】男の執着心を利用して「また会いたい女」と思わせる方法。【させねえよ】

 

 

なぜなら、あとになればなるほど、

「あれ?なんであのときあんなに怒ってたんだろ?

別にアイツのことが好きってわけじゃないのに。

ま、いっか。」と冷静になってしまうからなんですよ。

 

むしろ、

会う度にほかの男性の影をちらつかせようとする女性に対し、

「アイツ、男の話をするとき、アピってきてウザい。」

と思うようにまでなることも。

 

第三段階までいってしまいそれが相手の怒りを買ってしまうと、

どう転んでもあまり良い印象は持ってもらえなくなります。

 

 

ほかの男性をちらつかせて

妬いてほしいという意図がバレている場合は、

「別にお前のこと好きじゃねーし。」

と再認識してしまうことになるし、そうでなくても

「私、こんな人からモテてるんだよ!

貴方とは違って素敵な人なんだよ!」

と言われているような気がして、どちらにせよあまりいい気分ではありません。

 

嫉妬心をあおるのであれば第一段階でとどめておき、

そこで良い反応が得られなければ、

ほかの男性の影をちらつかせる駆け引きは

現時点でその相手には使えないと思った方がいいでしょう。

 




 

あと、彼にヤキモチを妬かせようと、

こういった手段にでる女性もいますね。

 

男女が集まる飲み会などで、

彼がいる前でほかの男性と仲良くし、

ボディタッチをする女性。

 

たしかに男性は好きな女性がほかの男性に

触れられたりすることを嫌う生き物ですが、

この場合も相手がある程度の好意を

女性に持っていない場合は意味がありません。

 

ほかの男性とベタベタしている女性を見て

男性が思うことはこれです。

 

 

「線引きのできないだらしない女だな。」

 

 

ヤキモチを妬くどころか、

幻滅してしまうわけです。

 

☆参照記事☆

大丈夫?勘違いされても文句は言えない!男と線引きができない女。

 

 

しかもこの方法を使う女性にかぎってチラ見で好きな男性の方を見るので、

ヤキモチを妬かせようという意図がかなりの確率でバレてしまいます。

 

 

「コイツ、俺にヤキモチ妬いてほしいのか。

 ウゼー。こんな頭悪い女イヤだわ。」

 

 

こう思われてしまっても仕方がありません。

 

意図がバレた場合、

幻滅にとどまらず軽蔑になってしまうところがおそろしいところです。

 

 

以上のように、

意中の男性の嫉妬心をあおるための駆け引きは、

相手が女性にある程度の好意を持っていないかぎり、

悪循環となって逆に自分の首を絞めることに

つながってしまいます。

 

相手の怒りを買ってしまったり、

幻滅させてしまったりしては、

失った信用を取り戻すために

また余計な時間を使うことになってしまうので、

間違った情報にはくれぐれも注意してくださいね。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【独占欲】残念ながらそれは愛情じゃない。【支配欲】

「知らないじゃすまされない!彼がアナタと付き合ってくれない7つの理由。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ