現在の2人の関係性はすべて自分が招いた結果だ。

 

なに1つ得るもの無く 失うだけのような

この恋は そんなもののようね

幸せの為につないだ2人の手は

離すことでしか幸せをつかめない

 

UVERworld マダラ蝶からの引用

 

なんとも切ない歌詞ではありますが、

こんなふうに嫌いじゃないのに別れたという恋愛をされた女性も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

彼との関係性を修復したり彼の気持ちを手に入れたり取り戻したりする場合、

離れることでしか変わらない状況があります。

 

たとえばどんな状況かと言うとこんな感じです。

 

・都合のいい女を極めてしまい、雑に扱わるにもほどがある

・相手の地雷を踏みまくった結果、明らかに自分に対する愛情を感じられなくなった

・相手の地雷を踏みまくったことが原因で振られてしまった

・好きな男性に彼女や奥さんがいて、一向に別れてくれない

・ぜんぜん向きあおうとしてくれない相手と長年一緒にいる

 

とまあ大体この5つが離れることでしか関係性が変わらない状況です。

 

上記のような関係性になってしまった女性から、

「なんとか関係を元に戻す方法はありませんか?」とか

「彼を振り向かせる方法はありませんか?」と

毎日のようにご相談をいただくことがありますが、

その相手と結婚でもしていないかぎり

離れることでしか関係性を改善したり修復したりする方法はありません。

 

結婚していても、場合によっては別居しないといけないぐらいです。

 




 

彼との現在の関係性はすべて自分が招いた結果であり、

相手だけが悪いのではありません。

 

都合よく成り下がってしまったのは自分のせいであり、

地雷を踏みまくったのも感情をコントロールできなかった自分のせい。

 

パートナーと別れてくれない男性と付き合っているのも、

最初に決断力がない男性を選んでしまった自分のせいであり、

向きあおうとしてくれない相手と一緒にいるのも

そうさせてしまった自分のせいであり離れることができない心の弱さのせいとなるわけです。

 

 

関係性を改善したいのであれば報いを受けなければいけない。

 

因果応報という言葉がありますが、

これは日常だけではなくもちろん恋愛においても作用するものです。

 

自分のせいで悪くなった関係性を改善したり修復したりするためには、

好きなのに「離れる」という報いを受けなければいけないわけですよ。

 

とくに、都合がいい女と極めてしまったり相手の地雷を踏みまくったりして

側にいながら関係性を改善しようなんてことは虫が良すぎる話でして、

報いを受けずに逃げているだけの状態になります。

 

「このまま側にいればきっと変わるかもしれない」とか

「好きだから離れることができないし側にいてなんとかしよう」なんて考えは、

スイーツ兄貴である的場浩司さんもスイーツ真壁さんもびっくりするほど甘く、

「こんな砂糖のかたまり食えるか!」と怒られてもしょうがないぐらいの甘さです。

 

もうこんな寝言をいう女性は、

真壁さんの首にかかっているチェーンでぐるぐる巻きにされればいいんじゃなかろうか。

 

報いを受けずに自分にとって都合が良すぎる方法でいくら関係性を改善しようとしても、

それは結構な犯罪をおかしたのに刑務所に入らず「もうしないっす!反省してるっす!」と言っているだけのようなものでして、

犯罪をおかしたら刑務所に入ることで報いを受けなければいけないのと同じで、

都合がいい女を極めてしまったり、地雷を踏みまくったりしたら離れることでしか報いを受けることができないんですよ。

 

しかも犯罪者は出所後も社会的に生きづらい環境に身をおくことになり、

おかした罪の重さによって社会生活に適応できるかどうかが変わってきます。

 

それは恋愛でも同じ。

 

恋愛刑務所とでも言いましょうか。

 

好きなのに離れて孤独感と喪失感をすべて1人で抱え込むその有様はまさに独房状態。

 

そして自分の犯した罪の重さは「離れる期間の長さ」がそのまま服役期間になり、

さらに罪の重さによっては服役期間を終えたとしても、

彼との関係性をより良いものにできるかどうか難易度が大きく変わります。

 

離れただけでは関係性は改善したり修復したりしないのです。

 

ああおそろしや。

 

恋愛刑務所。

 

 

恋愛というものは今まで積み重ねたものでしか結果が変わらない。

 

僕のもとには毎日のように

「○○してしまったから嫌われたかもしれません・・・。」というご相談が届きますが、

【残酷だけども】自分1人いなくなったって世の中は回るんだよ論。【それが現実】

でお話したとおり、大前提として恋愛は今まで積み重ねた言動によって結果が変わるものであり、

そんなにすぐに好きになったり嫌いになったりされることはそうそうありません。

 

積み重ねによって、それが相手の好意にもなり、嫌悪やどうでもいいやという感情にもなるわけです。

 

明らかに相手の食いつきが変わり、好意的な言動が増えてそれが継続されれば、

それは相手が恋愛感情を抱き始めている証拠であり、

その逆は相手が嫌悪感やどうでもよさを抱き始めている証拠となります。

 

なので、相手が嫌悪感やどうでもよさを抱いた状態が持続してきたときは

離れないといけないということになるんですよ。

 

とくに嫌悪感を抱かれた場合、

側にいたところでどんどん嫌いになられるだけです。

 

いくら接し方を改善して接したとしても、

「嫌い」だからいくら良いコミュニケーションを取ったとしてもいちいち癇にさわる。

 

こうなってしまうのが目に見えているからこそ、

離れないといけないんですよ。

 

地雷行為を積み重ねてきた結果が招いた状況だと言えるでしょう。

 

 

そもそも地雷行為ってなんぞや?

 

じゃあ男性にしてはいけない地雷行為ってどんなものなのか。

 

1つずつ危険度を交えてお話させていただきましょう。

 

 

責める 危険度★★★★☆

 

口うるさく言う行為です。

 

そして「責める」は、ことあるごとに過去のことを持ちだしてネチネチ言ったり、

思うような愛情が得られなかったとき過度に愛情を要求することも責めるになります。

 

あと、なんでもかんでも白黒はっきりつけたがる女性がいますが、

これも「責める」に分類されますね。

 

男性の逃げ場をなくすような追い込みはいけません。

 

☆参照記事☆

【愛情を求めるなら】愛を求めるならちゃんと与えろよ論。【返さなあかんねんで?】

 

 

注意する 危険度★★★☆☆

 

これは責めるに似ていますが、

自分都合でしてほしいことをしてくれない場合に口うるさく言う行為です。

 

たとえば、

「ちょっと!おしっこするときは便座に座ってしてよ!」などが「注意する」に当てはまります。

 

☆参照記事☆

【分かってもらえなけりゃ】言うことを聞かない男への言い方。【意味がない】

 

 

束縛する 危険度★★★★★

 

男性を縛っていいことなんて1つもありません。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

☆参照記事☆

【縛ることしかできないのは】過度の束縛は人権を奪うに等しい行為なんだよ論。【管理能力がないだけ】

 

 

否定する 危険度★★☆☆☆

 

知らず知らずのうちにされている女性も多いことでしょう。

 

相手が言ってきたことに対し、

「それは違うよ」とか「そんなんじゃダメだよ」と言ったり、

「私って○○嫌いなんだよね」と言ったり。

 

相手がそれ以上踏み込みにくいシャッタートークは印象も悪いですし、

とくに自分の好きなものを否定されたときは

共感を得られないことでそれ以上話す気がなくなることも多いです。

 

☆参照記事☆

【もうコイツに】男を否定していいことなんてなにもないんだぜ論。【なにも話さねえ】

 

 

追撃連絡 危険度★★★☆☆~★★★★☆

 

自分の連絡が最後で相手から連絡がない場合、

自分の感情を押し付けるような連絡を間髪入れずに何度もすることです。

 

「なんで連絡くれないの?」とか「私のこと嫌いになった?」とかですね。

 

この場合、タチが悪いのは「追撃連絡」だけではなく「責める」もセットになっています。

 

ちなみに、相手から連絡が来ないのに、何度も様子伺いの連絡を入れるのも追撃になるのでご注意を。

 

 

泣きわめく 危険度★★★☆☆

 

「男は女の涙に弱い」と言いますが大嘘です。

 

泣かれると面倒なだけで、どう対処していいか分からないだけ。

 

泣くのにもルールがあるってこった。

 

☆参照記事☆

間違えてはいけない!「男は女の涙に弱い」定義について。

 

 

突撃 危険度★★★★☆

 

アポなしで急に家に来られることですね。

 

とくに彼と連絡がとれなかったり、最近の態度が冷たかったりするからと言って、

いきなり家に押しかける女性がたまにいますが、超こわいです。

 

「コイツはちょっとなにかあるだけでこうやって家に来るのか」と

軽くストーカー認定されて一気に印象が悪くなりますね。

 

 

マウンティング 危険度★★★☆☆

 

自分の能力が相手よりも上だと誇示することです。

 

とくに女性側が男性よりも社会的地位や収入が上の場合、

マウンティングをかまされるとそこで劣等感やコンプレックスを抱いて

萎縮してしまうことが多いですね。

 

たとえ彼よりアナタの能力が上でも、

それをひけらかすことは可愛げのなさにつながるので注意しましょう。

 

☆参照記事☆

こんな女性は超イタイ!身近にひそむサバマン女子の生態。

【ダメ男に】バリキャリ女子が幸せになる方法を考えてみた。落とし穴編【まっしぐら?】

 

 

疑う 危険度★★★★★~

 

彼が怪しいからと言って疑心暗鬼になり、

浮気の容疑をかけまくる。

 

とくに一度彼の浮気がバレている状況であれば、

つい疑いたくもなるでしょう。

 

しかし、疑い続けるという行為は「責める」と「束縛」がセットになりやすく、

場合によっては「泣きわめく」も追加されます。

 

そのとき、危険度数は★5つではすまなくなるでしょう。

 

☆参照記事☆

疑いだすとキリがない!彼の浮気を疑ったときの対処法。

 

 

試す 危険度★★☆☆☆

 

彼の愛情をたしかめようと「もう別れる!」と言ったことのある女性は多いのではないでしょうか。

 

この行為を繰り返していると最初は引き止めてくれていたのが、

だんだんと疲れてきて「うん、分かった。別れよう。」と言われることも多いです。

 

ほかにも、駆け引きを使って相手を振り向かせようとする女性がいますが、

これも「試す」に分類されまして、

なんとも思っていない女性から駆け引きされても

「お前なんかどうでもええわ。値打ちこくな。」というのが男の本音です。

 

☆参照記事☆

言われる方は超しんどい。何かあるたび、すぐ「別れる!」と言う女性。

【そんなんで】間違いだらけ?ほかの男の影をちらつかせる恋愛テク。【嫉妬しねえよ】

【不愉快?】LINEとメールを使った王道駆け引き。【非常識?】

【小悪魔テクは】駆け引きができる女性の条件。【その人だからできること】

 

 

中でも責める、疑う、束縛する、この3つは超危険。

 

【縛ることしかできないのは】過度の束縛は人権を奪うに等しい行為なんだよ論。【管理能力がないだけ】 でもお話しましたが、

男性を束縛し続けた先に待っているものはろくな未来ではありません。

 

とくに、責める、疑う、束縛するがセットになると

男性は高確率で別れを意識するようになっていきます。

 

僕で言うと記事中でお話した女性が

たとえ接し方を改善して僕の側に居続けたとしても、

僕の愛情が戻ることはなかったでしょう。

 

しかし離れてみて相手をそうさせてしまっていた自分にも非があると気づき、

ようやく彼女に抱いていたマイナスイメージを払拭することができました。

 

最初は離れたことによる開放感しかありませんでしたが、

時間が経つにつれ自分のことと相手のことを振り返れるようになったんですよね。

 

一緒にいる間は振り返るなんて確実にしなかったことです。

 

離れてみないと分からないことって本当に多すぎるんですよ。

 

僕が受けた報いは、自分の甘さから離れられなかったこと、

そして束縛を助長させてしまっていたことで

「彼女以外に使う時間」を奪われてしまったわけです。

 

 

報いを受けずにすぐ改善できる関係性なんてない。甘えるな。

 

前述したように、都合がいい女を極めてしまったり地雷を踏みまくったりした場合は、

離れることでしか関係性は好転しません。

 

決して自慢できたことではないけれど、

僕は女性を都合よく扱ってしまったこともあるし

不安に駆られた彼女たちから地雷を踏まれまくったことも多々あります。

 

自分で思い返してみて身にしみて分かりますが、そういった過去の女性たちが

接し方を変えて僕の側にいたとしても決して好きになることはなかったでしょう。

 

そして残念ながらこれは僕個人の意見ではなく、

男性の総意だと思った方がいい。

 

逆の立場になって考えてみてください。

 

たとえば、アナタが好きなときに呼び出して都合よく扱い、

「この人、いたらいたで便利だけど別に切れてもいいわー。」と思っている男性が、

急に接し方を変えてきたところでなんとも思わなくないですか?

 

むしろ、自分の意見とか言い出した日には

「はあ?なに言ってんの?調子のってんじゃねえよ。」と

思ってしまうのではないでしょうか。

 

そして、アナタに対し地雷を踏みまくっていた男性がいて

すっかり冷めてしまったとして、

ある日を堺に急に手のひらを返したような接し方をしてくるんです。

 

怖くないですか?

 

しかも今までのことがあるからどれだけ良い接し方をされても、

媚びられているようにしか感じないでしょうし

なにか裏があるのではないか?と疑ってしまうのではないでしょうか。

 

積み重ねたことによって相手に生まれたどうでもよさや嫌悪感は、

離れることでしか払拭できません。

 

単純な話、嫌いな上司と毎日一緒に仕事をしていて好きになることはないでしょ?ってことです。

 

でもその職場を退職してしばらく会わなければ、

抱いていたマイナスイメージはある程度払拭されているのではないでしょうか。

 

それから、離れることでこういった心配をされる女性がいます。

 

 

「離れている間、相手に好きな人とか彼女ができたらどうしようって不安です。」

 

 

大丈夫。

 

余計な心配すんな。

 

アナタがいてもいなくても、好きな女性とか彼女ができるときはできるから。

 

厳しいようですが、どうでもよさや嫌悪感を抱かれてしまった場合、

アナタの存在はその程度のものだと思った方がいい。

 

しかし、これも因果応報になるわけです。

 

この厳しい現実を心して理解しておかないと、

未来はないと思った方がいいでしょう。

 

そもそもですが、自ら都合のいい女の道をたどったり、

相手の地雷を踏みまくったりして、

まだ自分にすこしでも気持ちがあるなんて思うこと自体がおこがましい。

 

 

離れている間にしなければいけないこと。

 

今回のテーマは復縁するための法則とよく似ているのですが、

離れてしまった彼の気持ちを取り戻すためには

「以前のアナタよりも魅力的になっていること」

「別れの原因になったことをすべて改善していること」が

大前提になります。

 

まず、今までのアナタの行いを反省して激しく後悔しましょう。

 

悔やんで悔やんで「キーっ!!」ってなるぐらいまで後悔しましょう。

 

よく、反省しても後悔するなとは言いますが、

人間、後悔しないとまた同じようなことをかならず繰り返します。

 

「よし、まっいいか。もうしないでおこう!」で直るのなら

もうとっくに改善できているはずですからね。

 

なので同じ過ちを繰り返さないためにも過去の自分を

恥ずかしみ、激しく後悔してください。

 

彼と離れてみて分かったはずです。

 

いかに自分が愚かだったか。

 

彼を思う気持ちが強ければ強いほど、

自然と自分の行いに後悔するのではないでしょうか。

 

ちなみに、都合のいい女を極めてしまった女性は、

下記の記事集をご覧ください。

 

☆参照記事集☆

セフレから本命へ

 

 

そしてただ離れて後悔しただけではいけません。

 

久しぶりに会った彼に

「お、コイツ、ちょっと可愛くなってね?」と思わせるためにも、

徹底的にルックスを磨いてください。

 

一度どうでもよさや嫌悪感を抱いた女性と離れてみて、

久しぶりに会ったときにいきなり感情が動くことはほとんどないと思っておいてください。

 

興味がない状態や嫌いな状態が離れて時間を置いたことにより

フラットになっただけです。

 




 

そこですこしでも食いつきをうながすために、

以前よりもキレイになっている必要があるんですよ。

 

分かりやすく相手の興味を惹くために

まずはルックスで釣らないといけないわけです。

 

男性は女性が思っている以上に、視覚的に恋をする生き物。

 

離れている期間、彼に使っていた時間やお金はすべて自分に投資してください。

 

なにもせずただボーッと時間がすぎるのを待つだけでは

いくら時間を置いて彼と会ったとしても、

いずれまた同じことを繰り返す結果になるだけです。

 

過去の自分を恥ずかしみ後悔し、

徹底的にルックスを磨く。

 

彼と離れてこの2つのプロセスをもってして時間を置き、

彼と接触する段階でようやく報いを受けたことになるわけです。

 

しかし、前述したようにこれは刑務所から出所した状態のようなもので、

そこから社会生活に適応できるかどうかはまた別問題になるんですよ。

 

彼の気持ちを手に入れられるかどうかは、

すべて今後のアナタ次第ということになります。

 

彼と離れる決意をしたときのあの感情はもう味わいたくないはずです。

 

1人でいる時間は相当つらかったはずです。

 

だから藤本刑務所長はアナタにこう言おう。

 

そんな思いをしてまで気持ちを手に入れたい相手なんだったら

もう二度と恋愛刑務所に戻ってくんじゃねえぞ。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「付き合う人のレベルが下がると自分のレベルまで下がってしまうんやで論。」

【残酷だけども】自分1人いなくなったって世の中は回るんだよ論。【それが現実



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ