気づいてるステージ・ねこ / ライオンフィールドの共通点

 

第二階層

「気づいてるステージ」

ねこフィールド

↓(フィールド進化)

ライオンフィールド

 

このステージまで上がってくると

「目の前に起こっている現実はすべて過去の自分が選択した結果」

という認識を強く痛感するようになり、

さまざまな気づきを連鎖して得るようになってくる。

 

恋愛もプライベートも上手くいき

心から人生の楽しさを体感できたり、

やりたいことが見つかって

自分の使命や天命が見つかったりするのも

このステージからであることが多い。

 

気づいてるステージにいるままでも人生が上手くいくことは多いが、

どうしても折り合いのつかない人間(親や関係性がわるい人物)との

関係を見直すことで、さらに生きやすくなっていく。

 

【特徴】

・目の前に起こっている現実はすべて過去の自分が選択した結果という事実を

「頭」ではなく「心」で理解している

・人生が楽しい

・楽をして得られるものはたかが知れていると思っている

・人や環境のせいにしない

・自分の主観や常識で物事を判断しない

・自分がいるフィールドより下位フィールドの人間のことが手に取るように分かる

・自己肯定感がたかい

・自分を満たすことができるのは自分だけと分かっている

・物質的なもの(金銭 / 高価な物品 / すばらしい住居など)は

幸せには直結しないことが分かった

・自分のことが分かっている

・人や状況はコントロールできないものだと理解している

・気づいていないステージにいたときに抱えていた悩みがほぼなくなる

・他人や物事に興味津々

 

気づいてるステージ・ねこフィールド

 

ねこフィールドまで上がってくると、

「気づいていないステージ」にいたときに抱えていた悩み事が

さまざまな気づきを得たことによってほぼなくなる。

 

そのため、一皮も二皮もむけた自分を体感することができ、

心の底から人生を楽しめるようになるのもこのステージからの醍醐味。

 

しかし、新たに大きな怒りや不安を感じたときに

自分で感情のコントロールができなかったり、

周囲の評価や世間体を気にしすぎて自分を押し殺す日々を続けたりしてしまうと

「気づいていないステージ」にステージダウンするので、

早急にライオンフィールドまで上昇した方が安全とも言える。

 




 

ちなみに、

「ねこフィールドってプリズンブレイクのスコフィールドみたいだなあ。

あ、そういえば昔、ホワッツマイケルっていう猫が主人公の漫画があったなあ。」

なんていうしょうもないことを考えていたのは内緒だ。

 

 

【物事のとらえ方】

「もっと楽しいことしたい。」

 

【特徴】

・新しいことへの挑戦が楽しい

・ポジティブ状態でいることが多い

・対人関係が良いふうに大きく改善される

・逆に、今まで友達だと思っていた相手と話が合わなくなり

だんだんと疎遠になっていき孤独感を感じることが増える

・ワクワクすることや刺激があることを追い求める

・その結果、自分を見つめる時間が少なくなり

内観がおろそかになりがちなときがある

・気づいてるステージに上がった直後は、

話が通じない相手や気づいていない相手を

無意識に見下したり上から目線になったりすることがある

・気づいてるステージに上がり

自分の価値観や思想が正しいものだと思い込み、傲慢になる人間もいる

 

【ねこフィールドにいる人間が失敗しないための注意点】

・気づいていないステージにいる友人とことごとく話が合わなくなるため

最初はさみしい気持ちや孤独感を感じることが多いが、

ライオンフィールドに上がったら

「合わない人間と無理して付き合うぐらいなら独りでいい」

と思えるようになるので、気にしないこと。

 

・友人だけではなく、周囲の人間とも話が合わなくなり

「自分の方がおかしいんじゃないか」と思うときがあるが、

世の中の人たちの大半が気づいていないステージなので

話が合わなくて当然である。

 

・しかし、気づいてるステージに上がったからといって

調子にのってはいけないし、傲慢になってはいけない。

謙虚さを忘れないことがライオンフィールドへの道につながる。

 

・長くねこフィールドにいると、

刺激を追い求めないとこのフィールドに

とどまっていられないような錯覚をするがそれはまったくの勘違い。

さらに自分を知るために、常に自分を内観することが重要。

 

・いろんな人に感謝や奉仕をすることの重要性に気づくのも

このフィールドからであることが多いが、

上辺だけで感謝と奉仕を実践していてまだこの重要性が理解できていない人は、

しっかりと腑に落ちるまで今からその意味をしっかりと考えていこう。

 

 

気づいてるステージ・ライオンフィールド

 

ねこフィールドとライオンフィールドの違いは、

前者が刺激やワクワクを求めて行動することで喜びを感じていたのに対し、

後者は行動することの意味や起こる出来事についての意味を考え、

自分の思想を増やしたり気づきを得たりすることで喜びを感じる。

 

このフィールドになると常に自分自身を満たしていて

自分自身を尊敬しているため、

ほめ言葉で舞い上がることはすくなくなり

それよりも自分をほめてくれることへの感謝の念を抱く傾向にある。

 

人に対して敬意と親切心をもって接するのは当たり前のことであり、

感謝の気持ちを忘れずにいかに人や社会へ奉仕できるかを真剣に考えるのも

ライオンフィールドからであることが多い。

 

 

【物事のとらえ方】

「ここからなにを学べるんだろうか?」

 

【特徴】

・仮説をたてて検証することが好きな人種が多い

・対人関係でのストレスがほぼなくなる

・自己成長に余念がない

・なにかトラブルや逆境があっても、

「ここからなにを学べるか?」

「今の自分ならどう乗り越えるか?」を考える

・物事のすべてはつながっていると理解している

・交友関係が過去に比べて大きく変わっている、

もしくは、話が合う人物がいないので友達が激減している

・自分の心と対話し、思想を強化したり気づきを得たりすることに余念がない

・自分の欠点を理解した上で改善を試みる

 




 

【ライオンフィールドにいる人間が失敗しないための注意点】

・人間関係でストレスを感じることがほぼなくなるとはいえ、

時折ありえない怒りを感じる相手に出くわしたとき

自分の感情にどう折り合いをつけるかが重要になる。

 

・影の性格が出てきたときには注意すること。

たった少しの慢心が積み重なって大きくなっていき

破綻を招くことが世の中にはよくある。

自分の本分を無視して調子にのってはいけない。

 

・このフィールドにいる人間が

社会的成功をおさめているのにもかかわらず、

今までの業種とまったく関係のない業種に転職することがまれにある。

(例:有名な弁護士がいきなりフリーカメラマンになる)

この場合、自分のことを思ってくれる人に対しては

心配をかけないためにしっかりと自分の意図を分かってもらうことが大切。

 

・ライオンフィールドにいるとことごとく人と話が合わないため、

自ら人付き合いを避けて自分の内観や仮説をたてて検証することに没頭するあまり、

いずれ気づきが頭打ちになってしまい無気力になる人が稀にいる。

人と接することでしか分からない新たな自分や得られない気づきがあるので、

無気力になってきた場合は色んな人と接することが回復の薬となる。

 

・このフィールドにいると、上辺だけのほめ言葉を言ってくる人間に対して

「なにも分からないくせに適当なこと言うな」と思ってしまう人がいるが、

相手にはなんの悪気もないことを忘れてはいけない。

素直な気持ちでほめ言葉を受け取っておく方がいい。

 

気づいてるステージ考察

 

このステージまで来ると「あるもの」に目を向けることができ、

毎日を楽しく過ごすことができます。

 

自分で自分を満たしているので、

「もっと良いことが起こるかもしれない」とワクワクした感情が常にあり

「良いことが起こりすぎると悪いことが起こる」

という価値観はウソだったんだとも気づくのも

気づいてるステージからであることが多いです。

 

気づいていないステージにいたときの自分を思い出して

一生懸命に人と状況をコントロールしていたことがいかに無駄だったかが分かり、

「結局はなるようにしかならないよなあ。」と心で理解するのも特徴の1つ。

 

結局は、自分の頑張りでなんとかできることは自分のことだけなんですよね。

 

ちなみに、気づいてるステージにいる人間は

経営者や個人事業主などすでに独立している人間が多いと思われがちですが、

実は立場ってほとんど関係ないんですよ。

 

大学生や主婦の人たちといった

ごくふつうの人たちでこのステージにいる人はちゃんと存在します。

 

僕もカウンセリングでこういった方たちと話していて

「自分が生まれてから40年近く経って気づいたことを

この女性はこんなに若くして気づいたのか」

と驚くことは珍しい出来事ではありません。

 

それから、

このステージに上がると今まで以上に見えない力を信じるようになる人も多く、

急に信心深くなったりスピリチュアルに目覚めたりする人も多いですね。

 

今まで周囲の人にしてきたことを悔い改めて

感謝や敬意をもって人に接することを意識するようになるのも特徴の1つです。

 

 

基本的にこのステージにいると人生も恋愛も

大きな失敗はしないことが多いのですが、

せっかくねこフィールドまで上がってきたのに

気づいていないステージにステージダウンする人がいるんですよ。

 

なぜ、こういった状況になるかと言うと

前述したように人の評価と世間体を気にしすぎたことにより、

不安と恐怖を感じて自分中心で生きられなくなったことが

ステージダウンしてしまう最大の理由なんですよね。

 

どういうことかと言うと、

女優として大成功していて地位も名誉もあって

どこからどう見ても幸せそうなのに、

急にうつ病になってしまう人とかいるじゃないですか。

 

これは、世間から求められている理想像を演じることに疲れてしまい、

自分らしさを出せなくなってきたことから

息苦しさを感じるようになったことが原因です。

 

売れているミュージシャンでもこういった現象はよくありますね。

 

あと、特定の人間をどうしても許せなくて怒りを抑えることができず、

自分の影の性格が出てきて陰極寄りの人生になってしまい

ステージダウンするねこフィールドの人もよくいます。

 

もう1つ注意しないといけないとしては、

このフィールドにいる人は承認欲求が強い人が多いので、

自己顕示欲のコントロールが必要にもなってきますね。

 

「やりたくないことは極力やらない」と決めだすのも

このフィールドからであることが多く、

周囲から「ワガママな人」と思われていたりするのも

ねこフィールドにいる人の特徴の1つでもあります。

 

 

そして基本的には

「気づいてるステージ」にいる人は「気づいていないステージ」以下にいる人とは

ほとんど話が合わないので必要以上にかかわりを持とうとしないのですが、

まれに「ねこフィールド」にいる男性が「うさぎフィールド」にいる女性と

結婚していたり交際していたりすることがあります。

 

この場合、女性側が考え方を改めてステージアップしないことには

高確率で別れがやってくるんですよ。

 

ねこフィールドに上がりたての男性だと、

まだ「自分が頑張れば相手も変わってくれるんじゃないか」と

思っている人も少なくなく、

この男性がそう考えているうちは関係が続くのですが

「人はコントロールできない」と完全に気づいたときに

別れを意識しだすことが多いです。

 




 

それからライオンフィールドですが、

このフィールドまで上がってくると

よほどのことがないかぎり降下することがありません。

 

なにか大きな問題が起こったとしても

物事に流されることがほとんどなく、

「これは自分にとってどんな学びがあるんだろうか?」

「これは過去の自分がまいた種なんじゃないだろうか?」

という考え方をするので、乗り越える方法を考えるんですよね。

 

フィールドダウンするんだとしたら、

ねこフィールドにいる人たちと同様に

人の評価や世間体を気にした生き方にシフトし、

影の性格が出てしまったことが大きな原因だと思います。

 

これは、悟りステージ・ペガサスフィールドにいる人たちも同じなんですが、

端的に言うと「自分の本分を無視して調子にのってはいけない」ということです。

 

たとえば、ある仕事で売れてきたからと言って

今の立場を維持することだけを考えお金儲けに走るとかも

「本分を無視して調子にのる」に該当します。

 

今の立場を維持するというのは、

「今の立場じゃないと誰も相手にしてくれないのではないか」とか

「この立場を失うと人からどう思われるか分からない」

といった世間体がベースになった考え方なんですよね。

 

この本分というのは、

自分の使命だったり天命だったりするので

自分のためだけに立場を維持するという行為は、

人と世の中のためになっていないんですよ。

 

ちなみに、使命というのは使者としてのつとめであり、

天命というのは神様が人間に与えた使命です。

 

簡単に言うと、あるお医者さんが

「地域のお年寄りを救ってより良い生活を送ってもらいたい」

と強い意志を持って仕事をしているのが使命。

 

天命は、

「自分が持っている医療技術や知識を全世界の人に役立てたい」

というものになります。

 

自分のやりたかったことが結果的に誰かの役にたっているのと、

自分の保身を考え現状維持でつとめを果たすことって決定的に違いますからね。

 

もちろん、調子にのるというのは

身のほどをわきまえずに遊び散らかし、

自分のつとめがおざなりになることも該当します。

 

人は、お金と名誉と異性で狂う生き物でもありますから、

そうならないように気を引き締めていかないといけないですね。

 

それは僕にも言えることです。

 

 

余談ですが、大御所と呼ばれる芸能人が一般の人に神対応ができるのは

彼らがライオンフィールドの人間ではないかというのが僕の見解です。

 

人に優しくするのは当たり前という観点を持ちながら、

「俺もテレビ出てないときはふつうの人と同じだからなあ」

という観点も持っているんだと思います。

 

承認欲求や自己顕示欲がなくなってくるのも

このフィールドからなんですよね。

 

そう考えると、狭いコミュニティの中で

ふんぞり返って威張り散らしている人って

ものすごく残念な人種ではないでしょうか。

 

 

それから、現在の僕は悟りステージ「ペガサスフィールド」にいるのですが、

やっていることが違うだけでライオンフィールドの人とほとんど差はありません。

 

なぜペガサスフィールドの方がレベルが上になるのかは

ペガサスフィールドの特徴でお話いたします。

 

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ