どうせ

自己卑下をしてしまう多くの人が、「そんなことないよ」と言ってもらいたい。

 

アナタがこの記事を読んでいるということは、

「どうせ私なんか・・・。」

と、少なからず自己卑下してしまう自分の性格に

ウンザリしているかもしれません。

 

もちろん自己卑下の度合いはあるでしょうが、根本にあるのは、

「自分のダメな部分を素直に認めていない」というところ。

 

人から「そんなことないよ」

とダメな部分を否定されて安心感を得たいのです。

 

たとえばアナタが

「どうせ私なんて必要ない人間だよね。」

と友人に話して、

「うん。そうだね。正直必要ないと思う。」

なんて言われたら、腹立ちますよね?

 

それが認めてないってことなんですよ。



 

そして、人から認められたいという

欲求が人一倍強いのも特徴。

 

「自分はこんなもんじゃない!」

「もっともっと自分なら出来るはず!」

という思いが少なからずあるんですよね。

 

自己卑下する人には

意外と完璧主義な人が多いんです。

 

なので思っていたことが完璧にできないと

自分にイライラして自己卑下。

 

思い描く自分のハードルが高ければ高いほど、

上手くいかなかった時の自己卑下は大きいものとなります。

 

そして自己卑下というのは厄介なことに、

幼い頃から他者と比較され続けることによって

生まれる場合が多いです。

 

他人にできて自分にできないことを比較されたり、

兄弟や姉妹と比較されたり。

 

比較してきたのはもちろん両親を含めた

周囲の大人たちです。

 

のび太から学ぶ、「人の良いところ」。

 

例えばドラえもんで言うと、

のび太は色々な箇所で比較をされ続けてるわけですよ。

 

両親のお説教で他所の子供と比べられ、

学校の先生にはクラスメート全員の前で

他の生徒と比較され怒られます。

 

その他にものび太の比較対象はありますよね。

 

・腕力でジャイアン。

どうせ僕はジャイアンには勝てない。

 

・財力でスネ夫。

どうせ僕はあのおもちゃ買ってもらえない。

 

・学力で出来杉くん。

どうせ僕はバカだから

勉強しても良い点取れない。

 

「どうせ僕なんて・・・。」

とアニメ版のび太が自己卑下しているシーンは少なくはないです。

 

その他にもイタズラ好きで臆病者だったり。

 

確かにアニメ版のび太はどうしようもない少年の

イメージが強いですが、

彼には良い部分がたくさんあるんですよ。

 

・他人への思いやりがある。

・人の痛みが分かる。

・正義感が強い。

・社交的。

・想像力が豊か。

・細かいことは気にしない。

 

他にもまだまだありますが、

人としての良いところが彼には沢山ありますよね。

 

映画版のび太は特に、

彼の魅力が存分に発揮されています。

 

ダメな子供代表格とも言えるのび太ですら、

こんなに良いところがあるんですよ。

 

自己卑下する人は、

自分のダメな部分ばかりに意識がいき過ぎて、

自分の良い部分が見えてないんですよね。

 

そのくせダメな部分は

素直に認めようとはしない。

 

じゃあどうやって治せばいいの?

 

自己卑下は幼い頃から

つちかわれてきた性格も関係するので、

一朝一夕で改善できるほど簡単ではありません。

 

ポジティブな言葉を口にする?

ネガティブな考えを止める?

 

そんな三流カウンセラーみたいなこと言いませんよ。

 

もしかしたら三流以下かもしれない。

 

方法は3つ。



 

「それが出来たら苦労しねーんだよ!」

ってことを今からお話します。

 

いきなりこんなこと書いておいてなんですが、

出来るだけアナタが腑に落ちるように頑張って書きますから、

記事を読む前から否定的にならず、素直な気持ちで読んでください。

 

「しょーがねーなぁ。じゃあ読むわ。」

ぐらいの気持ちでね。

 

要はアナタが変わりたいか

変わりたくないかだけなんです。

 

そして読み終えた後、

アナタが腑に落ちたらで構いません。

 

少しずつでいいので、出来ることを実行してください。

 

前置きが長くなりましたが、

始めてみたいと思います。

 

「藤本流3ステップ自己卑下改善法」。

 

ではいきます。

 

1・自分のダメな部分を素直に認める。

 

自分のダメな部分を認めたくないから、

人に肯定して欲しいという気持ちは分かります。

 

ですがよく考えてください。

 

たとえばね、アナタの友達が自己卑下していたとします。

 

アナタは頭の中で「その通りだな。」

と思っていても、それをそのまま口に出来ますか?

 

おそらく出来ないですよね?

 

「正直に言ってほしい。」

と言われたとしても。

 

ほとんどの人が思ってても出来ないんですよ。

 

仲の良い友達ですら出来ないようなことを、

中途半端に親しい人ならもっと出来ないんです。

 

ということはアナタが求めてるのは、

嘘か本当かも分からない 「言葉」ということになります。

 



 

「分かってはいるけど、

その『言葉』にすがりたいのよ・・・。」

なんて人もいるかもしれない。

 

ですがもう薄々気付いてますよね?

 

自分のダメなとこや嫌いなところ。

 

もうこの際、素直に認めちゃいましょう。

 

ダメダメな自分を受け入れるんです。

嫌いな自分を受け入れるんです。

 

「私って○○なんだ・・・。」と。

 

辛いですか?

辛いですよね。

 

今まで認めたくなかったことですから、

今でもできれば目を背けたいと思われることでしょう。

 

でもね。

 

遅かれ早かれいつかは

直面しないといけないことなんです。

 

見て見ぬふりをして、

一生逃げ切ることも出来るかもしれない。

 

ただ、今より歳を重ねてから突きつけられる現実は、

確実に今よりもっと厳しいものとなります。

 

認めない期間が長ければ長いほど、

それは重くのしかかってきます。

 

容姿は加齢とともに衰えてくるし、

性格は習慣が身に染みつきすぎて変えにくくなる。

 

直面した時には手遅れ寸前なんてこともあるんです。

 

しんどいですよ。

 

僕はおっさんになってから、初めて素直に認めた

自分のダメな部分があるんですが、

軌道修正するのに時間かかりましたもん。

 

だから出来るだけ早い方が良い。

 

そして、アナタが自分のダメな部分や嫌いな部分を素直に認めた後。

 

一般的なカウンセラーやセラピストなら、こう言うでしょう。

 

「ありのままのアナタでいいんですよ。」

 

よくねーよ。

 

よくない理由はコチラに書いてますので、

まだ読んでない人は是非ご覧ください。

 

「勘違いだらけの“ありのままに”。」

 

自分がなおしたい性格は改善していけばいい。

 

なおしたい性格の改善法。

 

じゃあどうやって改善するのか?

 

アナタが

「私は必要のない人間だ・・・。」

と思っていたとします。

 

ここから「自問自答」していってください。

 

・「なんで必要ないって思う?」

・「いつからどのタイミングでそう思った?」

・「だれにそう思われてると感じる?」

・「そう思う根拠は?」

・「もしかして気のせいじゃない?」

・「気のせいじゃないとすれば、

必要とされるために何をすればいい?」

・「(仕事と答えたとして)仕事で結果を出すためには

まず何をすればいい?」

 

という感じで。

 



 

どんどん掘り下げて「逆算」していくんですよ。

 

込み入った質問を自分に投げかけるのが難しければ、

「なんで?」とか「それで?」とか簡単な質問に変えても大丈夫。

 

自問自答は頭の中で行ってもいいですし、

ぬいぐるみを質問役にして行ってもいいです。

 

紙に書くのが一番しっくりくるという人もいます。

 

そうすると問題の本質が見えてくるんですよ。

 

「私、思ったほどいらない人間じゃないかも。

でも、もっと○○したいなぁ。」とか

「やっぱり今のままじゃ必要とされてない。

まずは○○を出来るようにならないとなぁ。」とかね。

 

ここまでが最初の第一歩です。

 

それではステップ2をお話させていただきますね。

 

ステップ2・自分を許す。

 

「なんだよ知ってるよそんなこと。

大したことねーな藤本。」とか言わない。

 

確かに「自分を許す」という方法は、

色んなサイトや本にも書かれていることです。

 

ですが、

「言いたいことは分かるんだけど、

それがどうしても上手くできない。」

という人の方が多いんじゃないですか?

 



 

なので、順を追って分かりやすく説明していきますね。

 

最初に気をつけるべき点。

 

まず、気をつけないといけないのが、

自分が目を背けていた部分を認めてしまった反動で、

また自己卑下しないこと。

 

「どうせ」という精神に戻っても

また同じことのくり返しなんですよ。

 

今度は自分のダメな部分や

嫌いな部分を認めてしまってるから、

余計タチが悪いかもしれない。

 

自己卑下は何も産まないんです。

 

しかも自分の良い部分さえも消してしまうのです。

 

自分のダメな部分に目が行きすぎて、

本当ならどんどん前に出していって

伸ばさなきゃいけない良い部分を、

タンスの奥に引っ込めてるんですよ。

 

あえて言いますが、

何の取り柄も無い人間なんていませんからね。

 

自分で気付いてないか、思い切って出してないだけ。

 

アナタの良い部分をもっと引き出すためにも、

「自分を許す」という行為は必要なんです。

 

では、何を許せばいいのか?

 

その上でアナタにやってもらう、自分を許す行為がこれ。

 

それは「過去を受け入れる」ことです。

 

自己卑下する人のほとんどは、

過去の体験に縛られているあまり、

自分の言動に制限をかけてしまっています。

 

たとえば、

 

・受験勉強を頑張ったけど志望校に入れなくて、

親にガッカリされた。

 

・部活を頑張ったけど自分が足を引っ張ってしまい、

試合中にチームの皆に迷惑をかけた。

 

・仕事を頑張ったけどミスを連発してしまい、

上司の信頼をなくしてしまった。

 

・大好きな彼のために頑張ったけど

ウザがられてしまい、 酷いフラれ方をした。

 

このように過去の辛い出来事が 、

ずっとアナタの心にこびりついてしまっているんです。

 

だからアナタが何かにチャレンジしようとした時も、

「どうせやっても失敗するだろうな・・・。

私が失敗したらバカにされるだろうな・・・。

だって過去にも頑張ったけど失敗したし・・・。

私は何やってもきっとダメなんだ。」

と自分の行動にブレーキをかけてしまいます。

 

普通に生活していても、

色んな場面で自分の行動に

ブレーキをかけることが多くないですか?

 

だからまずは「過去を受け入れる」んです。

 

過去は変えることが出来ません。

 

どれだけ悔やんでも、戻りたくても、妄想しても、

変えれないんです。

 

しかし自分を変えることは出来ます。

 

自分を変えることによって、

今までの嫌な感情はなんだったんだって言うぐらい、

過去の体験や記憶が全く違ったものに変化します。

 

月並みだけど、「失敗はただの経験」。

 

アナタは過去の思い出したくない出来事を、

「失敗」や「罪」と思ってませんか?

 

違いますよ。

 

アナタが次のステージに向かうための

「経験」なんですよ。

 

誰にも、「あんなことが無ければ・・・。」

という過去や黒歴史は必ず存在します。

 

僕にも痛々しい過去は存在します。

 

痛いどころの騒ぎじゃなくて、 激痛です。

 

でも過去に縛られてると、そこから一歩も動けないんですよ。

 

それほど過去の呪いは強力です。

 

だから、過去に

「縛られない」「しがみつかない」「浸らない」。

 

どんな過去も誰のせいにもせず、「受け入れる」。

 

じゃあ今から気休めを言いますよ。

 

アナタが縛られている過去。

 

もし無かったものとして、

今になって経験しなきゃいけないとすればどうなりますか?

 

ステップ1でお話したことを思い出してください。

 

ダメージはもっと増え、

立ち直る時間はさらに長くかかってしまいますよ。

 

歳をとるごとに経験したことのない不慮の事態って、

もっと対処できなくなりますから。

 

そう考えると、過去に経験しておいて

良かったなと思えませんか?

 

「経験しない方が良かった・・・。」なんて言いっこなし。

 

僕も含め、アナタに起こったことは

偶然や誰かのせいではありません。

 

どんな過去にもちゃんと意味があるんですよ。

 

自分を認めて許していきましょう。

 

さてここからが本題。

 

ステップ1で実行した

「自問自答」と「逆算」で出た答えがありますよね?

 

その答えを「受け入れて認め」、さらに「許します」。

 

たとえば、

「私って○○なところがダメなんだ。」

という答えにたどり着いたなら、

「そういう○○なところもあっていいんじゃないかな。 今はね。」

 

または、

「私って自分の○○なところが嫌いなんだ。」なら

「そっか、自分の○○な部分が嫌いなんだ。

でもそんな自分も今は良しとしよう。」

といった感じで変換していきます。

 

ポイントは、

「今は」これで良い、と思うこと。

 

今から成長するためにスタート地点に立ったんですから、

今の自分を受け入れて許してあげないと

前に進んでいかないんですよね。

 

ちなみに。「自分を許す」という感覚が、

いまいち分かりにくいという人もいるんじゃないでしょうか。

 

「自分を許す」という行為はある意味、

「自分と上手に付き合っていく」 という意味でもあります。

 



 

たとえが悪くて申し訳ないですが、

アナタが何らかの持病を持っていたとして、

なんの対策もしていなければ

生活するのも困難な身体だとします。

 

ですが、正しく処方されたお薬を飲むことによって、

持病は悪化せずに快適な生活を送ることができます。

 

そのお薬はもちろん、

「自分を許す」アナタの心の余裕なんですよ。

 

それでは最後のステップ3です。

 

ステップ3・物事の過程を知る。

 

アナタには

「私ならもっとできるはずだ!」

「まだまだ私の力はこんなもんじゃない!」

という思いが少なからずありますよね?

 

ただアナタの理想が高すぎるあまり、

現実とのギャップに苦しむことが

よくあったんじゃないでしょうか。

 

自分の思うようにいかないことでイライラ。

 

そしてできなかった部分を根に持ち

「あれさえちゃんとできていれば・・・。」

「できなかった私はダメだ・・・。」と自己卑下。

 

以降、くり返し。

 

理想のハードルを下げろとは言いません。

 

なりたいアナタの理想像があるということですから、

それに向かおうとする気持ちは素晴らしいです。

 

「ほんとは私、こんな風になりたいな。」

という願望止まりの理想でも今は全然OK。

 

でも、アナタの理想像って言うなれば、

アナタの完成形に近い訳ですよね?

 

いきなりそこを目指してませんか?

 

いきなりてっぺんには行けないですよね?

 

「海賊王におれはなる!」 と言って、

次の日にワンピースを見つけられないのと一緒です。

 

他人と比べない生き方をする2つの方法

でもお話しましたが、モノには順序があります。

 

アナタの理想とする自分に近付くためには1つ1つ、

色んなことをクリアしていかなきゃいけないんです。

 

理想の自分に近づくために。

 

こんなこと言うとすごく難しく感じてしまうでしょうが、

そんなことないんですよ。

 

そこで

「1・自分のダメな部分を素直に認める。」

に登場した「自問自答」と「逆算」を使います。

 

たとえばアナタが自分の容姿を

コンプレックスに思ってるとしましょう。

 

自分の理想とする容姿に近付くために逆算をしていきます。

 

「キレイになりたい。」

 ↓

どうやってキレイになる?

整形?ダイエット?

 ↓

「お金ないし、整形は無理。

とりあえず痩せないとな。」

 ↓

痩せるってどうやって? 運動?食事制限?

 ↓

「運動苦手だし、食事減らそう。」

 ↓

なにから減らしていこうか?

 ↓

「脂っ濃い物とご飯。 後はお菓子。」

 ↓

いつから始める?

 ↓

「今日・・・やっぱ明日の昼から!」

 

といった感じで。

 

かなり簡略化しましたが、こうすることによって

一番最初に何をするべきか浮き彫りになるんですよ。

 

上の例文の通りにいくと、アナタの最初の行動は

「翌日の昼から食事制限」ということになります。

 

最初の行動をどう思うか?

 

そしてここからがステップ3の本題。

 

アナタの最初の行動を、

アナタ自身がどう思うかなんです。

 

「こんなの続けてほんとに痩せるのかな・・・。

それに痩せるだけでキレイになるのかな・・・。」と思うか、

「さすがに初日はちゃんとできた!

痩せたら着たかったあの服も似合うかもしれない!

メイクも変えてみようかな!」と思うかの違いです。

 

正解はもちろん後者。

 

アナタはキレイになるために自分で考えて

最初の行動を起こしたんですよ。

 

じゃあそれを誇りに思わなきゃ。

 

でも人間ですから。

特にダイエットは自己卑下しない人でも長続きしない人が多いです。

 

たとえばアナタがダイエット開始5日目で

食べ過ぎてしまったとしましょう。

 

「やっぱり私なんかが痩せるとか無謀だったんだ。

それなら今まで通り食べてる方がいいや。

私がキレイになるとか無理よね。」と思うか、

「あー食べ過ぎちゃった・・・。

でも頑張った自分へのご褒美ってことで、

明日からまたダイエットすればいいや。」と思うかの違い。

 

「自分を許す」というのは、

「自分と上手く付き合うこと」と

ステップ2でお話しましたが、

る意味「自分を甘やかす」ことでもあります。

 

ただ、甘やかすだけではなくちゃんと継続できるように

「明日からまたやろう。」でいいんですよ。

 

「明後日から」でもいいんです。

 

もし最初に設定したハードルが高ければ、

低くしても構わない。

 

「今は」これで良いんです。

 

まずは素直に今の自分を受け入れて、

失敗しても重く考えない。

 

「私ってダメね!テヘペロ☆」

でいいんですよ。

 

「ま、いっか!」とか

「大丈夫大丈夫!」って思うのも大切。

 

1つずつ1つずつ、

階段を上るようになりたい自分になっていきましょう。

 

最初は苦しいかもしれませんが、

なりたい自分の最終形を

いきなり目指していた頃に比べると、

ずっと楽なんじゃないでしょうか。

 

少しずつのペースでも続けていると、

アナタはあるものに気付くようになります。

 

小さな積み重ねが呼び寄せるもの。

 

それは小さな幸せです。

 

ダイエットを続けているアナタは数日後、

「あれ、私ちょっと痩せたくない!?」とか

「食事に気をつけてたらお通じ良くなった! やった!」とかね。

 

自己卑下していた時は全ての意識が

自分のダメな部分に向いていた訳ですから、

こういうポジティブな感情って生まれないんですよね。

 

もし生まれても、

それは現実逃避に使われていたことが多いんじゃないでしょうか。

 



 

そして小さな幸せはまだまだ続きます。

 

心が軽くなるにつれ、アナタの周りの景色が

少しずつに変わってきます。

 

今まで当たり前にあった小さな幸せを

実感できるようになるんです。

 

「あ、今日は良い天気だ。気持ちいい。」とかね。

 

「一駅前で降りて久しぶりに散歩がてら仕事に行こうかな。

運動にもなるしね!」なんて思えたら大成長ですよ。

 

そうなれば嬉しいことこの上ないです。

ほんとに。

 


 

それでは最後にもう一度、

3ステップ自己卑下改善法の復習をしましょう。

 

「ステップ1・自分のダメな部分を認める」

「ステップ2・自分を許す」

「ステップ3・物事の過程を知る」

 

まずはアナタが「3ステップ自己卑下改善法」を読んで、

腑に落ちていることを心から願っています。

 

もし始めるのならほんとにゆっくりでも良いんです。

 

いきなり頑張り過ぎると反動がこわいですから。

 

でもちゃんと続けていれば、

「あ、私ってこういう考え方できたんだ。」

と思えるようになります。

 

そうすればアナタが自分で

気付かなかった良い部分までも、

自然と分かってくるようになりますよ。

 

がんばって。

 

 

✩喜びの声多数!
あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから✩

「リアライフマネジメント」


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?


スポンサードリンク


本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ