男性と女性の認識のズレ。

 

「この間○○君とご飯食べてたらね、

いきなり告白されてさ。

私ね、そんなつもり全然ないし、

いい友達だと思ってたんだけどな。なんでだろ?」

 

彼氏がいるいないに関わらず、

友達と思っていた男性と2人きりで食事に行き、

そこで口説かれてしまったり、

ホテルに誘われてしまう女性は珍しくありません。

 

この時、お互いの頭の中では

「?」が存在しているはずです。

 

こんな感じで。

 

男性

「え、俺に気があると思ったから言ったのに。」

女性

「え、この人なにカン違いしてんの?」

 

そりゃそうだ。

 

だって男女間の異性の友達に対する考え方が

全く違うんだから。

 

男性は女友達に対し、

「SEXが出来る対象」であれば、

「あわよくば」という考え持つことが多い。

 

女性は男友達に対し、

女友達と同じような感覚を

男性に求めることが多いです。

 

こういう考え方の違いが、

お互いの誤解を生む訳ですね。

 

言うまでもなく「SEXが出来る対象」とは、

「コイツとヤレるかヤレないか」ということです。

 

とは言っても、全ての男が女友達に対し、

常にそういう目線で見ている訳ではありません。

 

 

しかし、

2人きりで食事に行ったり飲みに行ったりすると、

どうしても女友達を1人の女として見てしまう

「瞬間」というのが存在するんです。

 

その瞬間がどういう時に生まれるかというと、

恋愛話をしている時が多いんですよね。

 

恋愛話をしている時の男女は、

お互いが恋愛モード」に入りやすい訳です。

 

ちなみに、付き合っている恋人のことを

異性の友達に相談しているうちに、

いつの間にか付き合うようになったという

どこにでもあるような話しも、

この恋愛モードが関係しています。

 

しかし多くの場合、

カン違いしているのは男性だけで、

女性にとって目の前にいる男友達は

「男」として見れない場合がほとんど。

 

確かに男はバカな生き物ですが、

こればかりはカン違いさせてしまう女性にも

原因があります。

 

それは、男との「線引き」。

 

周囲の男性全員に親しげな態度をとる女性に

よくあることなんですね。

 

「ただの知り合い」

「同僚」

「数年来の男友達」

「友達の彼氏」

「先輩」

「上司」

 

それぞれの関係に見合った付き合いを

ちゃんとしないから、

男のカン違いが生まれてしまうんです。

 

線引きの甘さが勘違いを生む。

当の本人は「ただの友達」として

接しているつもりでも、

男性からしてみれば「俺に気がある」と

思われてもしょうがないんですよね。

 

誰とでも親しくするのは悪いことではありませんが、

相手にカン違いさせたくないのであれば、

ちゃんとした線引きをする必要性があります。

 

その一番の線引きは、

2人きりでご飯に行くかどうか。

 

相手の男性が、

彼氏候補なのかただの友達なのかによって、

その基準が変わってきます。

 

もちろん彼氏候補であれば、

2人きりになってもかまいません。

 

むしろどんどんなってください。

 

しかしただの友達であれば

よほど親しくない限り、

二人きりでご飯に行くことは

止めておいた方がいいでしょう。

 

なぜなら前述したように、

男はカン違いしやすい生き物。

 

多くの男性は女性と2人きりでご飯となると、

「コイツ、今夜イケるかも!」とか

「コイツ、俺に気があるな。」と

思ってしまう可能性が高いんです。

 

肉食寄りの男性であれば、

ほとんどの人間がそう思っているのでは

ないでしょうか。

 

勘違いするほうだけが悪いんじゃない。勘違いさせるほうも悪い。

 

でもそんなの、カン違いする方が悪くない?

私、別に気があるような素振り見せてないし。

 

というのは女性の言い分であって、ただのエゴ。

 

自分のことしか考えていない。

 

相手にそう思わせてしまうことが、

まず問題なんです。

 

後からカン違いした男性に告白されて、

「私そんなつもりじゃなかった。」と言っても

それは通用しないんですよ。

 

たとえばね、

アナタの家の周りを夜な夜な

グルグルと歩き回ってる男がいれば、

不審者だと思って通報しますよね。

 

でも捕まった男性は、

「散歩するのにちょうど良いコースだったから」

と言っても「なんでやねん」って思うでしょ?

 

話が飛躍しすぎかもしれないけど、

それと同じ。

 

不審者に思われたくないのであれば、

適切な散歩コースを選ばないといけないし、

男をカン違いさせたくないのであれば、

適切な関係性を築かないといけない訳です。

 

「別にご飯ぐらいいいよねぇ。

○○君も別に私のこと女として見てないよね?」

なんて意見もただの押し付けであり、

内心どう思ってるかは○○君にしか

わからないですからね。

 

そうやって男性と線引きできない女性は、

彼氏ができても大事にされないことが多いし、

誰とでも2人きりでご飯に行くような女性は、

「男にだらしない女」として見られます。

 

影で、

「あの子、いろんな男とヤリまくってるらしいぜ?」

なんて噂されても、文句言えません。

 

もちろん、

「男友達を家にあげる」 or 「家に行く」

なんて言語道断。

 

相手の男性が彼氏候補でないなら、

絶対にしたらダメです。

 

男にとって、女性のこういった行動は、

「コイツ、ヤレる」という考えに

直結してしまいます。

 

終電がなくなろうが、

泥酔してようが関係ない。

 

ただの男友達であれば、

家にあげない、行かない。

 

「そんなの知らない。」じゃ

済まされないんです。

 

「そんなの知らなかった。」でも

済まされないんです。

 

襲われても文句いえませんからね?

 

異性の友達だからこそ、

ずっと良い関係でいられるように

線引きをするのが相手に対しての礼儀。

 

女友達の代わりにはなれないんですよ。

 

 

✩喜びの声多数!あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから✩

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

 

☆藤本シゲユキ・著書一覧☆


■あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

ビデオ通話カウンセリング60分

対面でリアライフマネジメント90min
※対面カウンセリング休止中のため、コロナウイルス終息までの代替サービスになります

強み診断はじめました

藤本流・強み診断カウンセリング1H

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

悲恋改善ってなに?

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが僕の励みにつながります!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ