「超えてはいけない一線」を他者に超えられたとき、そこから搾取が始まる。

 

思ってることを主張できず、他者から搾取される人がいます。

 

たとえば、

奥さんから過剰なほどに束縛される旦那さんや、

男性から不当な扱いを受け都合よく扱われる女性など、

一見するとこの人たちは被害者のように見えますが

実は彼らにも思いっきり原因があるんです。

 

どういうことかと言うと、

人にはそれぞれ自分の尊厳やプライドがあるので

これを守ることができるのは自分しかいませんよね。

 

生きていると僕たちは様々な人たちとかかわっていきますが、

その中で自分の尊厳やプライドを

踏みにじろうとする他者と遭遇することがあります。

 

そのとき、自分の尊厳やプライド、

すなわち「越えてはいけない一線」を

「本当は嫌なんだけど、まあいいか」と許してしまった人は、

他者の侵略を許してしまい、そこから搾取されるようになります。

 

一度侵略を許してしまった場合の対処法は、

そのまま搾取され続けるか、

尊厳やプライドを取り戻すために戦うか

この二択しかありません。

 

「自分さえ我慢していれば波風がたたずに済む」

と思ってやり過ごしているうちは、

搾取の加減がひどくなることはあっても

ゆるまることはないと思っていいでしょう。

 

なぜなら、侵略してくる他者は調子に乗り

どんどん要求がエスカレートしていくからなんですよ。

 

最初は、不快に感じつつもそれほど大した要求ではないので

「それぐらいならいいけど」と許してしまっていたことが原因で

相手が調子に乗り、その後も要求が繰り返され

要求の度に内容がエスカレートしているのはよくあることです。

 

いじめ、友人や恋人への借金などがいい例ですね。

 




 

では、

この「搾取」とは一体なにを搾り取られるのかと言うと、

肉体的苦痛やお金といった表面的なことではなくて

根本にあるのは「自分の時間とメンタルと労力」です。

 

なぜ、今回のブログを書くにいたったかと言うと

最近カウンセリングで「戦うこと」について

お話する機会が多くなったんですね。

 

そんな中、あるクライアントさんも

「戦えなくて自尊心がなくなり、

泣き寝入りしている女性も多いと思うので

戦いについて記事にしてください!」と言ってくださったので、

「自分の尊厳とプライドを守ることの重要性」について

徹底的にお話させていただこうと思いました。

 

 

搾取される側の人間はびっくりするぐらい感謝されていない件。

 

さらに、搾取される人は搾取してくる相手に

まったくと言っていいほど感謝されていません。

 

断ることができない人は

頼まれたら嫌とは言えないので、

頼まれごとをなんでもを引き受けてしまいます。

 

本当はキャパオーバーでしんどいのに、

嫌われるのが怖くて頼まれると「やります」と言ってしまう。

 

そうやってこの人が日常を過ごしていると搾取する人間は

「これ面倒だし、あの人にやらせようよ。頼んだらやってくれるでしょ。」

といった感じで、断ることができない人を都合よく扱おうとします。

 

こういう光景は職場などでよく見られますね。

 

男性から都合よく扱われる女性もまったく同じで、

嫌われるのが怖いからという理由で

相手の理不尽な要求や心ない言葉を許してしまっています。

 

こういった場合、女性からすると

「ちょっとぐらいは私のこと好きでいてくれるかもしれない」

と期待してしまうものですが、

都合よく扱っている男性からすると

まったくと言っていいほどなにも考えてません。

 

なにも考えてない上に、

搾取する女性のことはどうでもいいから

理不尽な要求をして心ない言葉が言えてしまうんです。

 

だって、

大切だと思ってる人に対して

理不尽な要求とかできないし、

心ない言葉とか言えないですからね。

 

ちなみに、よく

「私は都合がいい女でしょうか?」と

聞いてくる女性がいらっしゃいますが、

都合がいいかどうかの基準って相手が決めることじゃなくて

実は自分が決めることなんです。

 

その基準は、「イヤだな」と不快に感じたことを

相手に嫌われたくなくて受け入れているかどうかなんですよね。

 

受け入れてる数が多ければ多いほど

都合よく扱われていると思っていいでしょう。

 

ただし、相手のこれまでのライフスタイルや

悪習慣といった部分で「イヤだな」と思っても

それは自分とは無関係のことなので、

あくまでもこの基準は自分に向けられた

「要求」や「言葉」で判断してください。

 

言葉に関しては

相手がなんの悪気もなく言ってくる場合もありますが、

自分が「イヤだな」と思ったことは

「ごめん、気を悪くしないでほしいんだけれど、

その言い方はちょっと傷つくからやめてほしい。」

としっかり相手に伝えることですね。

 

「イヤだ」と思ったことは口に出してハッキリと伝える、

これも戦うということです。

 

 

搾取される側の人間は怒りのはけ口にもされる。

 

それから、搾取される人は時間や労力を奪われるだけではなく

ときに怒りのはけ口にもされます。

 

たとえば、マンションに住んでいて隣人が

「テレビの音がうるさい!あと、夜9時以降は洗濯機をまわすな!」

と怒鳴り込んできたとしましょう。

 

この場合、怒鳴られた人がすることは

テレビの音量を下げて夜9時までに洗濯を終えることです。

 

しかし、後日また隣人が

「生活音がうるさい!もっと静かに生活しろ!」

と怒鳴り込んできたとします。

 

ここで、

「はい、すいません、気をつけます」と言ってしまう人は

今後も隣人がなにかある度に怒鳴り込まれて搾取され続けるんです。

 




 

では、搾取されないためにはなにをすればいいのか。

 

そう、戦うことです。

 

「はあ?これ以上無理難題言われても、

生活してたら音が出るの当たり前だし

これ以上文句言われても無理です。帰ってください。

帰らないなら警察呼びますよ」と言って、

突っぱね返すことなんですよ。

 

搾取される人はこういった場合、

「最近物騒な事件が多いから、

この隣人が豹変して自分に危害を加えるかもしれない」

と考えてしまい、相手の侵略を許してしまいます。

 

ですが、戦いに慣れている人は

徹底的に歯向かって相手を諦めさせないと

搾取され続けることを知っているので、

この隣人が今後も怒鳴り込んでくるようなことがあれば

場合によっては包丁をもち「お前、殺すぞ」といった感じで、

相手に「コイツとかかわったらヤバい」と思わせ、侵略を断ち切ります。

 

もちろん、

ここまで過剰に防衛しなければいけないことって

日常でそんなにありませんが、

すくなくとも 自分の尊厳やプライドを

自分で守れない人はかならず搾取されてしまうんです。

 

戦うときの心構えはどこまでいっても、

勇気を出すしか方法がありません。

 

「クラスのヤンキーが僕をいじめてくるんです。

いじめられないようにするにはどうすればいいですか?」と聞かれても、

不登校になって逃げるか勇気出して戦えとしか言えないですし、

自分のことは自分でしか守れないんです。

 

戦うときは徹底的に戦う覚悟を示すこと。

 

これができない人は次のように中途半端な選択をしようとします。

 

 

戦う前から折り合いをつけようなんて考えるんじゃねえ。

 

搾取されてる側の人が戦って勝った

成功例というものがあります。

 

「長年友達だった相手の図々しい態度に嫌気がさして

我慢できなくなり、はっきりと理由を言って拒絶したら

改心してくれて今が一番良い関係を築けている」

 

「彼女の束縛に耐えられなくなって

別れを覚悟で「もう耐えられない」と伝えたら、

反省したようで今は円満に付き合えている」

 

「昔からうちの母親は自分の主観でしか物事を言わない人間で

仲が悪かったけれど、どうしても許せないことを言われて腹が立ち、

今までの恨みつらみをすべてぶちまけたら

それにショックを受けたようで、

時間はかかったけれど今ではふつうに話せるようになった」

 

などなど。

 

今まで搾取してきた相手と戦ったことで、

相手が自分のこれまでの行いを悔い改めて

以前よりも関係が良くなるケースですね。

 

ただ、これは僕から言わせてもらうと

ただの結果論です。

 

たまたま、この人たちが上手くいっただけであり、

現実では戦ったことで相手とそのまま絶縁状態になっているケースの方が

圧倒的に多いと思っていいのではないでしょうか。

 

身近な例で言うと親友の吉田くんがそうなのですが、

彼はDVのお父さんに育てられて大人になってから絶縁し、

和解しないままつい最近お父さんが他界しました。

 

「俺の話、女性の役に立つならどんどんネタにしてくれてええで」と言ってくれたので

あえて書かせてもらったのですが、

現実はドラマのような美しい展開になることばかりじゃないという一例ですね。

 

しかし、今まで相手と戦ったことがない人は、

かならずと言っていいほどお互いが仲良く暮らせる共存の道を

ゴールに設定しようとしています。

 

もちろん、共存できる道があるならそれに越したことはないけれど、

今まで特定の人物から搾取されっぱなしだった場合、

最初から共存ルートをゴールに設定すると

戦い方が中途半端になり徹底的に戦うことができません。

 

それに、搾取する側の人間の大半は

気づいていないステージ以下の人間ばかりです。

 

☆参照記事☆

人間のレベル論シリーズ

 

ということは、

搾取する人間が下位フィールドになればなるほど

それだけ話が通じないということになり、

「分かってもらおう」という前提で話をすること自体が甘すぎるんです。

 

話が通じない相手には、

なにを言っても話が通じないことを忘れてはいけません。

 

なので、戦うときは

「絶縁覚悟」で「徹底的に」戦わないと、

いつまで経っても自分の尊厳とプライドだけではなく

アナタの望みどおりの人生も取り戻せないと思っていいでしょう。

 

 

自分の尊厳を取り戻すための戦いを放棄するなということ。

 

他者から虐げられ、

善意を踏みにじられ、

好意を弄ばれた人に対して

こんなことを言う人がいます。

 

「相手が悪すぎたんだよ。

そんな相手のことを憎んでもしょうがないから

自分の幸せのために早く忘れた方がいい。」

 

いやいやいやいや。

 

アンタがなぐさめたその人と同じことを

自分にされたら同じこと言えるの?

という話です。

 

これって、尊厳とプライドを傷つけられた相手に

「搾取されたアンタも悪いから泣き寝入りしなさい」

と言ってるようなものなんですよ。

 

もちろん、

搾取される側の人間にも原因があるとはお話しました。

 

しかし、自分が搾取されていることに気づいて

なにかしら手を打ちたいと考えている人は

泣き寝入りしちゃダメなんです。

 

だって、自分の尊厳やプライドが傷ついているのに

それを放ったままにしておくと、

その人はどんどん自分のことを責めるばかりで

日に日に自信がなくなっていきます。

 

「私が悪いんだ」

 

「私に価値がないからなんだ」

 

「私が足りないせいなんだ」

 

といった具合に。

 

違う。

そうじゃない。

 

「全部言わへんのかーい」って

鈴木雅之さんも言ってます。

 

なぜなら、

搾取してくる人間はこちらの都合も事情も考えずに

どんどん侵略してくるわけですから、

突きつけられた無理難題の数々を

すべてクリアすることなんて不可能なんですよ。

 

自分のことを責めつづける人が まず考えないといけないのは、

「どのタイミングで自分の尊厳とプライドを放棄してしまったのか?」

ということなんです。

 

本当はイヤだったのに受け入れてしまったタイミングは

かならずどこかに存在するんですよね。

 

責めるべきは

尊厳とプライドを放棄して相手の侵略を許してしまった過去の自分であり、

搾取してくる相手と上手くやれなかった自分ではありません。

 

この事実が腑に落ちたとき、

「なんで私が奪われなければいけないんだ」

という怒りや憎しみが今まで搾取してきた相手に湧くと思います。

 




 

ここで

「まあ私も悪かったし、しょうもない相手に

費やす時間がもったいないからもう放っておこう」

と自分の気持ちに折り合いがつけることができれば

それに越したことはありませんが、

どうしても折り合いがつかない場合はどうするか?

 

そう。

 

戦うことです。

 

自分の尊厳とプライドを取り戻す戦いをしてください。

 

勘違いしないでいただきたいのは、

戦うことと復讐することはまったく違います。

 

戦うというのは、

「自分の主張をとおし、自分の尊厳とプライドを守る」

ということなんですよ。

 

なので、今まで自分から搾取してきた相手に対して思う存分

自分の主張をすることができたとき、

アナタは尊厳とプライドを取り戻すだけではなく

「戦う勇気」も同時に手に入れることができるでしょう。

 

 

ウシジマくんから学ぶ、戦うときの心構え。

 

僕の大好きな漫画、

「闇金ウシジマくん」は名言の数々であふれています。

 

主人公である丑嶋馨は、

中学生のときから搾取しようとしてくる相手を

復讐する気力がなくなるぐらいに徹底的にぶちのめしてきました。

 

そんな彼の、戦いにおける名言の数々をご紹介させていただきましょう。

 

 

「誰かを守りてぇなら強くなれ。

自分を救えない奴は他人なんか絶対救えないぞ。」

 

「敵を作れねェのは善人ぶって自分に嘘をつく弱い人間だ。

自分の本心に向き合っている分マシじゃねェーか。」

 

「泣いても解決しねェし、誰も助けてくれねェぞ!」

 

「無理して相手に合わしてもその場限りだし、

無理して着飾っても一瞬の優越感しか味わえねェ。」

 

「自分の夢叶えるために腹くくったからだろ。

それを邪魔するハエは叩き潰さなくていいの?」

 

「やる時は徹底的にやれ!!じゃねェーと、全部奪られちまうぞ!!」

 

出典:真鍋昌平著「闇金ウシジマくん」

 

僕が一番好きな台詞は、

「やる時は徹底的にやれ!!じゃねェーと、全部奪られちまうぞ!!」

なんですが、戦いに勝利するのはどういうときかと言うと

相手と和解したときではないんです。

 

相手が「これ以上は無理だ」と諦めたときなんですよ。

 

ちなみに、

話が一切通じないのでこちらが一方的に絶縁した場合も

搾取する相手は連絡する手段がなくなるので、

強制的に「諦めざるを得ない」ということになりますね。

 

職場で、理不尽なことや筋がとおらないことが許せず、

上司に噛み付く人も戦っています。

 

飲食店を経営していて

「いいじゃん友達なんだからただにしてよ」

と言われて「ダメ」とはっきり言う人も戦っています。

 

クライアントや顧客に

「もっと○○してくださいよ」と言われて、

「これ以上はできません」と断る人も戦っています。

 

どうしてもわだかまりが取れず自分の親に

「アンタは本当に親としても人としても最低だ!

一緒に住んでるときどれだけ私がつらかったか分かってんの!?」

と長年の恨みをぶつける人も戦っています。

 

100人を敵にまわしても

「俺がこれからやろうとしていることは

かならず世の中の役にたつ」と言って自分を貫く人も戦っています。

 

どれだけ周囲の人間が賛成していることでも

納得がいかなければ「それはおかしいんじゃないか」と言う人も戦っています。

 

僕も毎日、嫌われることを恐れずに

言いたいことはハッキリ言って

カウンセリングと情報発信をして戦っています。

 

戦うことを選んだ人間は

戦えば戦うほど自分の尊厳とプライドを守り抜くことができるだけでなく、

ブレない自分軸をどんどん確立していくことができるんです。

 

なので、あなたが「イヤだ」と感じることで

それが自分の尊厳とプライドを踏みにじられるようなことなのであれば、

どうか戦う勇気を持ってください。

 

やるべきことをやっていて

「自分はちゃんとしてる!」と言える人間が

逃げるのなんておかしな話なんです。

 

他者の侵略を許してしまい、

尊厳とプライドが奪われて自分の軸をなくさないためにも

ブレない自分作りを徹底してください。

 

ただし、

一切話が通じなくて身の危険を感じるような相手が侵略者の場合は、

戦わずに警察などのしかるべき機関に相談しましょう。

 

世の中には、

僕たちの想像を絶するような頭がおかしい人がいることをお忘れなく。

 

 

☆書籍第2弾「友達をつくるように、彼氏ができる本」☆

◆男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、

オクテ女子たちへテクニックを超えた

“本当に幸せになれる恋愛哲学”を説く!☆

 

☆書籍第1弾【本命になる技術】☆

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから✩

「リアライフマネジメント」

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

「リアライフマネジメントQ&A」



スポンサードリンク


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ