jotaro

前回の記事では、

モラ男の外面についてお話しました。

 

今回のテーマは、「支配」について。

 

なぜ、理不尽な言葉の暴力を

日常的に浴びせられているにも関わらず、

女性はモラ男と離れられないのか。

 

その理由は、

DV男と離れられない女性の心理と

よく似ています。

 

✩参照記事✩

「※閲覧注意※女性がDVを受ける3つの理由」

 

 

人間を洗脳するためには、

アメとムチを繰り返し与え続けることが

必須となりますが、ムチの段階において、

人格否定を交えた暴言を入れることにより、

さらに洗脳の効果は強まります。

 

そしてアメの段階では、

前回の記事でも少しお話しましたが、

普段は良い彼氏や良い旦那さんであることも

珍しくはないんですよね。

 

だから女性がこんな風に勘違いしてしまう。

 

 

「私がもっとちゃんとすれば、

 いつか優しかった本当のこの人に

 戻ってくれるはず。」

 

 

逆だよ逆。

 

豹変後が本当のこの人だって。

 

ではモラ男が、豹変後にどのような行為にでて、

相手を支配するか、具体的にお話しましょうか。

 

 

1・スネる。

 

モラハラ被害に遭っている女性は、

モラ男の思考を常に読み取り、

会話中に相手が求めているであろう答えを、

正確に見出さなければいけないんです。

 

しかし、その判断を読み間違えると、

急に不機嫌になるのがモラ男。

 

不機嫌になった彼らはこのような行動にでます。

 

・無視する

・相手に分かるように深いため息をつく

・ドアを閉めるときや物を置くときに、

 わざと大きな音をたてる

・物にあたる

・まずそうに食事をとる

・女性の家事能力や生活態度を

 粗探ししてイチャモンをつける

 

 

姑か。

 

上記の行動一覧を見て、

「あ~いたいた!こんな奴!」とか、

「うわ~私の旦那だ~。」と思った方。

 

その男性はモラ男の可能性が、

かなり高いですよ。

 

基本的にモラハラ被害に遭っている女性は、

無自覚な場合が多いので、よくある家庭の

いざこざ程度の認識でいることがほとんどです。

 

なので、

僕が書いたモラハラ男の記事を読むにつれ、

だんだんと笑えなくなっていく方も、

いらっしゃるかもしれませんね。

そして、スネたモラ男に対し、

女性が謝罪しても決してすぐには許してくれません。

 

 

「俺を怒らせたお前が悪いんだ。」

 

 

これ、口癖です。

 

しかもスネ出してから、

機嫌が直るまでの期間が長いんですよ。

 

目安としては、

大体1週間~1ヶ月程度でしょうか。

 

場合によっては、

もっと長引くこともありますね。

 

女性がどれだけモラ男に歩み寄っても、

家事や生活態度にイチャモンをつける以外では

無視して口を聞いてくれないので、

ただひたすら相手の機嫌の悪さが回復するのを

待つしかありません。

 

 

2・キレる。

 

「どうしてお前はいつも○○なんだ!」

 

「お前のような女は生きてる価値なんかない!」

 

「なんでお前はこんなことも分からないんだ!」

 

 

こういった暴言の数々は、

モラ男にデフォルトで備わっています。

 

よくそんなに言える文句があるなぁというぐらい、

暴言の品揃えは豊富です。

 

 

しかも、被害に遭っている女性が、

絶対に言われたくないようなことを、

探し出すのが天才的に上手いのも、

モラ男の特徴ですね。

 

弱点やコンプレックスに感じていることを、

えぐり出して突いてくるんですよ。

 

自分のルックスを気にしている女性に対しては、

「お前みたいなブスと一緒にいてやってるだけ

ありがたいと思え!」と罵り、

料理が苦手だと思っている女性に対しては、

「よくこんな料理を人に食わせられるな!」

と罵ります。

 

 

そしてモラ男は、

そのときの気分で言っていることがコロコロ変わるので、

それに合わせないといけない女性は本当に大変です。

 

たとえば、お風呂ひとつにしてもこんな感じです。

 

「お風呂わかそうか?」と言えば、

「お前はそんなことも、

聞かなければ分からないのか!」

と怒鳴られる日もあれば、

なにも聞かずにお風呂を用意していると、

「風呂はいるとか言ってないだろ!

水を無駄にしやがって!」

と怒鳴られる日もあります。

 

とにかくめちゃめちゃ理不尽なんです。

 

被害に遭っている女性は、

モラ男の顔色を伺うのが日常化し、

自分の意見を言えずに過ごすことが

当たり前になるという訳ですよ。

 

 

3・おどす。

 

モラ男は、たまに意見を求めてくるくせに

その選択肢が本当に正しいものかどうか、

判断を相手に丸投げすることがあります。

 

「お前は本当にそれでいいんだな?

 お前がそれでいいと言ったんだからな?

 間違ってたらお前のせいだからな?」

といった感じに。

 

とにかく、責任転嫁しようとするんです。

 

これは、モラ男が1人で決められないことを、

女性に丸投げしている場合がほとんどですが、

ただ単に自分の判断と違う答えを相手に言われたことで、

不機嫌になっているケースもありますね。

 

 

そして、

モラ男の脅しはこんなものでは済みません。

 

たとえばこんな感じ。

 

 

「お前の大事にしているモノを、

 めちゃめちゃにしてやるからな。」

 

「お前がそういうつもりなら、

 後でどうなっても知らないからな?」

 

「お前がどんなにダメな女かを、

 周りに言いふらしてやるからな。」

 

 

完全に脅迫ですやん。これ。

 

そして、本当に実行に移してしまうのが、

モラ男の恐ろしいところ。

 

被害に遭っている女性が大切にしている物を、

平気で捨てたり壊したりし、

事実無根の悪口をモラ男の友人や職場の同僚に

言いふらして、「酷い女だな」と同情をさそいます。

 

 

そうなるきっかけは、

相手が自分の思い通りに動いてくれないから。

 

モラ男には自分ルールがたくさんあるので、

そのルールに相手が従わないことが、

とにかく許せないんです。

 

しかもモラ男ルールは、

自分だけが常識と思っているルールで

構成されていることが多いので、

強制される女性はたまったもんじゃありません。

 

たとえば、

「女は○○してはいけない」とか、

「男は女に○○してもいい」という

モラ男の中だけの常識を、

さも世間一般の常識かのように、

相手に押し付けてきます。

 

モラ男ルールが常識的に間違っていたとしても、

反論できずに従ってしまう女性が多いんです。

 

だって、モラモラ言われちゃうからね。

 

 

以上が、モラ男が女性を支配するための行動です。

 

1・スネる

2・キレる

3・おどす

 

 

さて、モラ男に関するお話はまだまだ続きます。

 

次回はモラ男の性質について、

お話しますね。

 

 

 

✩前回の記事はコチラから✩

洗脳される前に見抜け!その男はモラハラ男だ!「外面編」

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「要注意!男に依存しがちな女性の5つの性質」

「知ってる?なぜアナタは男に「重い」と思われるのか。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ