sagishi

このブログでは、

さまざまなダメ男や遊び人の実態を暴いていっていますが、

彼らは女性に近付くときにある程度のセオリーに従って行動しています。

 

「この女にはこういう作戦でいくか。」とか

「こう返されたらこう返すか」といったふうに、

いわば自分の成功体験に基づいて行動しているということですね。

 

しかしいくらセオリーに従って動いているとはいえ、

細部まで計算して動いている男性はすくないはず。

 

その道のプロというわけではないので、

本能で動いている部分が多いということです。

 

 

その本能とは、

「ヤリたい」という性衝動。

 

この衝動があるせいで女性の扱いに手慣れた男性は、

セオリーを無視して本能で動いてしまうことがあります。

 

女性が考えている以上に、

男性の性衝動というものは強力なものです。

 

だって、痴漢や強姦といった性犯罪が起きるほどですから。

 

 

もちろん、

ほとんどの男性はそういった犯罪に手を染めることなく、

理性を保っていられます。

 

ですが、目の前に

「今夜、ヤレるかもしれない・・・!」という女性がいて

思っているようにことを運ぶことができなければ、

本能の部分がどんどん顔をだし、

執着となって相手の女性を追ってしまうのが男という生き物。

 

そうなってしまうと、

セオリーやら計算やら言ってられません。

 

 

しかし、

今回お話しさせていただく恋愛詐欺師は

本能や執着に支配されることなく、

狙った女性をモノにしていきます。

 

恋愛詐欺師とは、

・一部の結婚詐欺師

・一部の売れているホスト

・一部のヒモや遊び人

など、女性にとっては深入りしてしまうと

ろくな結末にならない人種のことです。

 

ちなみに、「一部の」という表記にしたのは、

結婚詐欺師には結婚詐欺師のセオリーがあり、

売れているホストは各々のセオリーがあるので、

今回お話しするカテゴリーに当てはまらない場合があるから。

 

そんな恋愛詐欺師はあるものを巧妙に使って、

女性の心をかき乱すだけかき乱します。

 

 

そのあるものとは、

最悪感。

 

女性の罪悪感につけ込み、

どんどん相手を支配していくというわけです。

 

まず、恋愛詐欺師がどのようにして

女性に罪悪感を感じさせるかをお話しさせていただきましょう。

 

 

たとえば、

狙った女性に告白したとき。

 

なにかお願いごとをしたとき。

 

デートを提案したとき。

 

これらを女性側が断った場合、

恋愛詐欺師はありえないぐらい落ち込みます。

 

もちろん、正確には落ち込んでいるふりなのですが、

「思っている以上にへこんでいる相手」に対し、

「なんかすごく申し訳ないことをしてしまった」と女性は思うわけですよ。

 

恋愛において相手を支配するために必要なものが3つあって、

1つ目は「過剰な飴と過剰なムチへのくり返し」、

2つ目は「相手の執着心の利用」

そして3つ目が「相手の罪悪感の利用」です。

 

1つ目は、相手が洗脳状態におちいってしまうような支配、

主にDVやモラハラでの支配です。

 

2つ目に関しては、こちらの記事で

お話しさせていただきましたね。

 

☆参照記事☆

【セフレになんて】男の執着心を利用して「また会いたい女」と思わせる方法。【させねえよ】

 

 

恋愛詐欺師は3つ目の「相手の罪悪感」を

巧妙に操るわけですが、彼らに総じて言えるのは、

自分をかわいそうに見せるのが死ぬほど上手いこと。

 

これに尽きます。

 

「もうこの人泣くんじゃないか」

「もうこの人死ぬんじゃないか」

「もうこの人立ち直れないんじゃないか」

と相手が感じるぐらい彼らは自分をかわいそうに見せ、

女性の罪悪感をあおるというわけです。

 

 

そして、恋愛詐欺師が女性の罪悪感をあおるのは、

なにかお願いごとをして断られたときだけではありません。

 

ケンカをしたときも、

ここぞとばかりに罪悪感をあおってきます。

 

 

女性

「なんでアナタっていつも○○なの!

 いい加減にしてよ!」

 

恋愛詐欺師

「そんなお前だって××だろ!」

 

女性

「でもアナタは大体

 

恋愛詐欺師

「止めよう。やっぱり俺が悪いよな・・・。

 困らせてごめんな・・・。

 俺じゃ無理だったんだ・・・。

 もう別れようか・・・。」

 

 

こうやってすぐに別れをちらつかせます。

 

ただ注意したかっただけで

別れるつもりなんてなかった女性はまた罪悪感を感じてしまい、

まんまと恋愛詐欺師の手口に乗せられてしまうということです。

 

 

ではなぜ、罪悪感を感じさせることが、

相手を支配することにつながるのでしょうか?

 

その答えは、

自分の要求を通しやすくするため。

 

いたってシンプルです。

 

人は罪悪感を感じてしまった相手に対し、

なにか詫びなければと思う生き物。

 

恋愛詐欺師の求める要求とは、

女性の身体かお金か時間のどれかです。

 

ちなみに時間とは、

自分のために動いてくれる時間のことを指します。

 

 

以前、知人女性が出会って間もない男性と

関係を持ってしまったと僕に相談してきたことがあるのですが、

貞操観念がしっかりしている女性だったので不審に思い、

そうなってしまった経緯を詳しく聞いてみたところ、

運悪く相手の男性は恋愛詐欺師だったことが判明しました。

 

彼女は当時彼氏がいなかったため、

その知り合った男性を「ちょっといいな」と思っていたこともあり、

デートに誘われてすぐに了承したらしいのです。

 

デート当日は普通に飲みに行って、

店を出ようか出まいかという時間になったとき。

 

相手がこう切り出してきました。

 

 

「ホテル行こうって言ったら・・・怒る?」

 

 

知人は、

「怒らないけど、ちょっとがっかりした。」

と言い放ったそうなんですが、

その返事にこう言われたそうなんです。

 

 

「だよね・・・俺なんかとじゃイヤだよね・・・。

 ごめんね、変なこと言って。

 もう連絡しないから、忘れてね。」

 

 

いやいや、そこまでしなくていいよと知人は

言ったらしいのですが、

ホテルへの誘いを断られたことにありえないぐらい落ち込み、

うかつにも彼女は「ちょっとかわいそうなことしたかな」と思ったそうです。

 

しかし、これぐらいで身体を許すわけにはいかないので、

その場はお開きにして帰ることに。

 

人通りがすくない道に差し掛かったころ、

隣で「うっ!ごふっ!」と声が聞こえたので

慌てて男性のいる方を見てみると、

口に手をあててボタボタと口から血を流していました。

 

 

「どうしたんっ!?」

 

「いや、ごめん、持病でさ・・・。

 実は言ってなかったけどたまになるんだよね・・・。」

 

「大丈夫!?」

 

「・・・。」

 

「えっ、どうしたん?具合悪いん?」

 

「あんまり長くないんだ。」

 

「!?」

 

「だから最後ぐらいキミみたいな綺麗な女性と

 一緒に過ごせたらって思ったんだけど、

 やっぱり俺じゃ無理だよね。ハハハ。」

 

「・・・。」

 

「ああ、心配してくれてありがとう。

 こうなってしまったらちょっと帰れないから、

 近くのホテル泊まっていくよ。

 それで悪いんだけど、ホテルまで肩貸してくれないかな?

 自力で歩くとふらついてしまって・・・。」

 

「じゃあそれぐらいなら・・・。」

 

 

という流れで、あれよあれよと言う間に、

身体の関係を持ってしまったそうです。

 

 

「ほんま自分でもアホなことしたなあって思ってるねん。

 でもな、目の前で血を吐かれたらビックリすんで?

 ウソやと思ってても、ほんまやったら大変やん?

 うっかり同情してしまったわ。

 

 でも病気も余命すくないのもウソやってん・・・。

 

 Hが終わったあとな、

 その人はシャワーを浴びてはってん。

 

 服を脱ぎ散らかしたまんまやったから、

 シャツとかズボンをたたんで、

 その人の上着をハンガーに掛けてたらな、

 内ポケットが血で汚れててんか。

 

 そやし拭いてあげようと思って、

 内ポケットの中の物を出してたらな、

 血のりらしき物が入ってた空のビニール袋が出てきたわ。

 

 も~ほんまにやられた。マジで腹立つわ-。」

 

 

彼女は見事に罪悪感をあおられ、

恋愛詐欺師の術中にかかってしまったというわけです。

 

この血のりを使った男性の場合、

初犯ではなく過去にいくつもの成功例があったからこそ、

「もうすぐ死ぬ」という設定をセオリーとして使っていたのでしょう。

 

しかも知人の言うとおり、

「余命すくない設定」で血を吐くという行動は、

嘘か本当か分からないけれど、

本当だったらさらに申し訳ないと思ってしまうという

状況を作り出すにはうってつけです。

 




 

ほとんどの女性が、

「たかがヤリたいだけで血のりを使うまで身体は張らないんじゃ・・・。

服も汚れてしまうし・・・。」と考えてしまうことでしょう。

 

 

だけど、

男の性衝動を舐めてはいけない。

 

やる奴はもっと身体張りますから。

 

 

この場合は一晩の関係で終わったので、

知人には申し訳ないですが、

被害は最小限で済んだということになります。

 

ですが、これが長期的な支配となると話は別です。

 

結果的に色々なものを搾取されてしまうことになるので、

早々に見極めて関係を切らなければいけない。

 

それでは次回も、

恋愛詐欺師の手口についてお話ししたいと思います。

 

 

☆後編はコチラ☆

搾取される前に逃げろ!こんなに怖い恋愛詐欺師の手口。後編

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【モラハラ?】見誤るな!ソイツは教祖系男子のヒテ男だ!前編【いや違うかも?】

【閲覧注意】メンヘラ男子と付き合う上で覚えておいてほしいこと。



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ