以前、

【閲覧】男性が恋愛に踏みこめない「でも○○だしなあ」の種類を教えてやんよ。【注意】

でも書いたのですが、

まだ交際にいたっていない段階で思うように関係性が進まない場合、

一度、相手の男性を突き放さないといけないとお話させていただきました。

 

今回の記事では

「突き放しの流儀」に関してお話したいと思います。

 

 

なぜ突き放さないといけないのか?

 

人は当たり前にいる人間やある物に対して

感謝の気持ちを忘れてしまう生き物です。

 

単純に、実家でしか暮らしたことがない人が

当たり前に世話をしてくれる親のありがたみが分からないのと同じで、

この場合、一人暮らしをしてはじめて

親のありがたみを身をもって実感できるのと同じ。

 

離れて暮らしてみて

「ああ、うちの親ってこんな大変な手間を自分にかけてくれていたのか。」

と分かるわけです。

 

なので、

意中の男性が本当の自分の気持ちに気づくためにも

最終手段として突き放すことが必要になってくるんですよね。

 

 

突き放すと相手にどんな変化が訪れるのか?

 

それでは突き放したことによって、

相手にどんな変化が訪れるかお話させていただきましょうか。

 

その変化は以下の3パターンになります。

 

 

1・めっちゃ追いかけてくる

2・とくに変化ナシ

3・様子伺いの連絡が頻繁にくる

 

では1つずつお話させていただきますね。

 

 

1・めっちゃ追いかけてくる。

 

突き放し大成功のケースになります。

 

アナタが目の前からいなくなったことにより、

大切な人を失った気持ち、

いわば「喪失感」を相手に与えることができて

強制的に相手の男性が自分の恋愛感情に

気づいたパターンになりますね。

 




 

ちなみに、

めっちゃ追いかけてくると言っても、

「お前のことが好きだと気づいた!付き合ってくれ!」

というレベルのものじゃないと

これに該当しないと思ってください。

 

 

2・とくに変化ナシ。

 

突き放し失敗のパターンです。

 

というか、

元々なんとも思われていなかったことが

現実的に証明されたことになり、

これ以上はなにをしても無駄と思った方がいいでしょう。

 

相手がアナタに恋愛感情を抱くことは

これから先もないということです。

 

 

3・様子伺いの連絡が頻繁にくる。

 

「1」の状況と類似しているのですが、

決定的に違うのは

「1」は恋愛感情で追ってきているのに対し、

「3」はそのときの気分です。

 

ようは、

「いなくなったらいなくなったで、ちょっとさみしい」

といった感じですね。

 

この、「さみしい」という気持ちが恋愛感情に昇格するかと言うと

ほとんどの場合がそのときの気分で終わることが多く、

相手の気分を恋愛感情だと錯覚してしまった女性が

元通りの関係に戻ってしまうケースがよくあるのですが、

結局、以前となにも変わっておらず、

突き放した意味がなくなってしまったケースが多々あります。

 

突き放したあと、

相手が以前と同様の関係性を求めてきたり

突き放された事実をなかったことにして会おうとしてきたりしたら、

時間を無駄にしないためにも

「私と付き合う気はあるのか?」という確認をして

それに乗ってこないようであれば、

そこで関係性を終わらせた方がいいでしょう。

 

 

どういった状況で突き放しが適応できるのか?

 

ひとえに突き放すと言っても

さまざまな状況があります。

 

どういった場合に突き放すことが必要になるのか、

ケースごとに詳しくご説明させていただきますね。

 

 

付き合わないまま、身体の関係だけが何ヶ月もズルズルと続いている。

 

相手との関係性が良かろうが悪かろうが、

残念ながら付き合ってくれないのが現時点での答えです。

 

とくに関係性が良好な場合だと、

「このまま側にいれば付き合ってくれるかもしれない」

という期待を抱いてしまうのですが、

現実的には攻略する側の女性と付き合う決め手が足りないだけです。

 

しかも、

「付き合うなら私を選んでくれるはず」と思っていたら

いつの間にか彼女ができていたというケースは多々あります。

 

こういった場合、

相手の男性の前にドンピシャでタイプの女性が現れて

なんとかなりそうだったから心変わりした場合が多いのですが、

ようはルックスで負けてしまったということになるんですよね。

 

しかもほとんどの場合が、

相手の女性の内面をあまり見ずに顔が好みだからという理由で付き合ったこともあり、

自分が思い描いていた女性像と違うと分かるにつれしばらくすると、

元々関係を続けていた女性の元に戻ってきて

今度は浮気相手として元々いた女性と関係を再開することも多いです。

 

そうなると、攻略に費やす時間がまた増えてしまうだけではなく、

今度は「彼女という相手がどう動くか分からない第三者の存在」も増えてしまうことになり、

攻略する側の女性の努力だけではコントロールできない領域に入ってしまうんですよ。

 

そんな事態にならないためにも、

関係性が良好なときにこそ相手の男性を突き放すことをオススメします。

 

なぜ、あえて関係性が良好なときに突き放すのかと言うと

他の理由としては「今」は良好だけれども「未来」はもしかしたら

関係性が後退していることも考えられるからです。

 

後退してしまったときに突き放しても

相手は本当の自分の気持ちに気づきにくいだけではなく、

「別にアイツがいなくなっても何も変わらない」と

思われてしまう可能性が高くなるんですよね。

 




 

では逆に、

身体だけの関係がズルズル続いていて

とくに関係性がいいわけではない場合。

 

厳しいようですが、そのまま側にいてもなにも変わりませんし

相手に気になる女性がほかに出てくるまでの関係性です。

 

離れるのはつらいかもしれませんが、

さっさと突き放した方がいいでしょう。

 

 

相手に彼女がいてなかなか別れてくれない。

 

彼女持ちの男性を攻略する場合、よく聞くのが

「私のことをちゃんと好きと言ってくれるし

彼女より大切にされていると思うけど、

でも彼女と一向に別れる気配がない」

というケースです。

 

こういった場合、

なぜ別れてくれないのかと言うと

相手の男性が不倫をしている男性と

同じような思考になってるからなんですよね。

 

「別に労力つかって別れなくても、

今のままの関係が楽だしこのまま続けばいいなあ。」

みたいな感じです。

 

女性がよく言う、

「本当に自分のことが好きだったら彼女と別れてこっちに来てくれるはず」

という台詞は分からなくもないんですが、

別れ話って告白よりも精神力を使います。

 

しかも、相手の男性が同棲でもしていたら

家のこともありますしもっと精神力を使いますよね。

 

誰だって恋人を振ったことによって

自分が悪者になりたくはありません。

 

アナタのことがどれだけ好きであっても、

それでも恋人との別れを選択しない男性は存在するんですよ。

 

たとえるなら、

「この電子レンジそろそろ買い替えたいけど、

でもまだ壊れてないしなー。どうしようかなー。」

というのが、彼女のポジションだと思っていいでしょう。

 

むしろ、

「壊れてくれたら買い換える理由ができるのに」

と考えている可能性が高い。

 

ということはこれを彼女の存在に置き換えると

「自分から別れを言うのは気まずいから

彼女の方から言ってきてくれないかなー。」

となるわけです。

 

残念ながら、

その別れはいつまで経ってもやってこないことが多く、

決断しきれないまま時が過ぎて

結局彼女とそのまま結婚してしまったというケースは

決して珍しいことではありません。

 

なので、そうなる前に離れることを選択した方がいいでしょう。

 

 

突き放してはいけない相手。

 

次に、突き放してはいけない相手について

お話させていただきます。

 

 

相手が草食系である。

 

基本的に草食系と呼ばれる男性は

女性を追ってくることが少なく、突き放したとしても

「もう自分に対して興味がなくなったんだな」と認識して

追いかけてくることはほとんどないと思った方がいいでしょう。

 

側にいて関係性が進展しない場合、

それ以上できることがないのであれば

告白をするか関係性を今後どうしていきたいかハッキリとさせて、

思うような答えが得られないのであれば身を引いた方がいいですね。

 

結局、突き放すことにはなるのですが、

それで相手が自分の恋愛感情に気づいて

追いかけてくることも稀にあるものの、

これはその男性の性格にもよるので人によると思ってください。

 

 

相手が女性不信である。

 

相手が女性不信である場合、

突き放したときに相手が思うことは

「コイツもどうせ俺の元から去っていく女だったんだな」

といった感じで突き放した女性のせいにするので

それ以上追いかけてくることはほぼありません。

 

このタイプの男性は、

目の前に広がっている現実が自分の責任であると

受け止めきれていないこともあり、

追いかけてくるどころか女性が自分の元から離れていったことを

自分にとって都合がいいように正当化する傾向にあるので、

突き放した時点で関係性が終わると思っておいた方がいいです。

 

 

相手が「去る者追わず」を豪語している。

 

この場合も突き放したところで追ってこないことが多いです。

 

なぜならその男性にとって

「去る者追わず」というのはある種の美学であり、

自分ルールだからなんですよ。

 

そのルールを曲げてまで追ってくるかどうかは

相手がどれだけ自分の恋愛感情に従順で、

自分の信念を曲げることができるかにかかっていると思った方がいいでしょう。

 

 

相手があまのじゃくタイプの男性である。

 

相手があまのじゃくな男性であるということは

自分の気持ちに素直になれない男性ということなので、

たとえ恋愛感情を抱いてくれたとしても

強がって追いかけてこないケースがほとんどです。

 

その場合、1ヶ月~3ヶ月ほど時間を置いて連絡をして

そこから関係性が復活すると、

以前より優しくなっていることが多いので

相手が恋愛感情を抱いてくれた場合にかぎり、

そう考えると突き放す意味があるのかもしれません。

 




 

しかし、

関係性にとらわれない恋愛でもかまわないと思うことができないと、

また以前のように「付き合えない」ことにモヤモヤする羽目になるので

そういった点はよく考えた方がいいでしょう。

 

 

突き放しても意味がない場合。

 

相手の男性と長期的にわたって関係があり

その間に数ヶ月~年単位のブランクがあった場合、

残念ながら突き放しても意味がありません。

 

なぜなら、

「何ヶ月も会えなくても平気だった」ということなので、

相手がこの先に恋愛感情を抱くことは

ほぼないと思った方がいいですね。

 

昔セフレだった相手から何ヶ月ぶりかに連絡がきて

それでまた関係が再開したというケースがよくあるのですが、

連絡してきたのは単なるそのときの気分であり

「そういやアイツ、俺のこと別に嫌いじゃないだろうし、

連絡したらもう1回ぐらいできるかなー。」

程度の感覚です。

 

決して恋愛感情を抱いたうえで追いかけてきたわけではないので、

そこは勘違いしないように気をつけましょう。

 

 

ではどうやって突き放せばいいのか?

 

突き放すと言っても、

相手に暴言を吐いたり言いたいことを言ったりしてから

離れるわけじゃありません。

 

よく、恋愛指南書やコラムで書かれているような

「生きてるか死んでるか分からないような状態にする」

という突き放し方も効果があるとは言われていますが、

この方法の弱点はアナタと連絡がとれないことに対して

相手が「失礼だな」と思って不快感を示した時点で

まったく意味をなさなくなるということです。

 

そうならないためにも、

「突き放し方の流儀」をお話させていただきますね。

 

 

付き合っていない状態で、数ヶ月にわたり身体の関係がある場合。

 

このケースでの突き放し方はこうです。

 

 

「なんかこの関係を続けていくのにちょっと疲れちゃった。

 

私と付き合う気がないなら、もう終わりにしたいんだ。

 

今までありがとう。急でごめんね。」

 

 

このメッセージはLINEでもメールでもかまいません。

 

突き放しのメッセージを相手に送り、

相手が焦って関係を続けたいと言ってきたとしても

「付き合おう」という言葉がないかぎりは

相手の要求に応えてはいけません。

 

突き放しの注意点としては、

相手と会ってから言うのは避けた方がいいでしょう。

 

なぜなら、関係性が良好であればあるほど

相手が引き止めてくる可能性が高く、

そうなったときにアナタの「突き放す決意」が

グラついてしまうからなんですよ。

 

相手がどれだけいいことを言ってきたとしても、

「でもそれって結局は付き合うまでじゃないし、

私のことをもう一度都合よく扱いたいってことでしょ?」

と言ってしまってもOKです。

 

 

相手が彼女と別れてくれない場合。

 

このケースでの突き放し方は以下のようになります。

 

 

「もうこの関係をつづけるのに疲れちゃった。

 

急で申し訳ないんだけど、

アナタが彼女と別れるまでもう連絡もしないし会わない。

 

だから、彼女と別れたら連絡してきて。

 

いつまで待てるか分からないけど。

 

楽しかったよ。今までありがとうね。」

 

この場合も、

突き放しのメッセージはLINEかメールで送りましょう。

 

そして、相手がどれだけいいことを言ってこようが

彼女と別れていない状態で相手の要求を受け入れてはいけません。

 

身体だけの関係が数ヶ月にわたりある場合同様、

好きな男性と離れるのはつらいことなのは重々承知のうえですが、

ここで戻ると元の木阿弥になってしまうので

しっかりと覚悟を決めて突き放しましょう。

 

 

突き放してから、どれぐらいの期間を待てばいいのか?

 

ケースバイケースではありますが、

3ヶ月が限界かなと思っています。

 

その期間を待ってみて、

相手が追いかけてこなければ残念ながらそこでゲームオーバーです。

 

注意点としては先ほどもお話しましたが、

「さみしいから」という理由で相手が一時的な気分で追いかけてくるのは

恋愛感情ではないので、

「自分と付き合う意志はあるのか」という確認をして

思うような答えが得られなければ身を引いた方がいいでしょう。

 

それから、待つといってもなにもせずに待っていいわけではありません。

 

時間は誰にでも平等に与えられた貴重な財産であり、

ただ待つだけに時間を費やすのは時間の無駄づかい以外のなにものでもないですし、

待つという姿勢でいると、どうしても相手に期待することになってしまいます。

 

何もできない時間だからこそ、

自分のためにしっかりと時間を使うべきですね。

 

 

結婚を迫るときでも突き放しは効力がある。

 

「私と結婚するか、別れてもう二度と会わないか、今すぐ選んで。」

 

 

本気で別れるつもりはないけれど、

相手の男性に結婚を決意させるとどめの台詞です。

 

ものすごく古典的な駆け引きとしてこの方法は有名ですが、

実はこのトラップに引っかかって結婚している男性ってかなり多いんですよ。

 

雨上がり決死隊の宮迫さんもそうですし、

実際に僕の周囲にもそういう男性が何人かいました。

 

この突き放しは

「今すぐ決断させる」というところがポイントでして、

唐突に切り出して相手に考える時間をあたえないことで

正常な判断能力をうばうところが恐ろしいです。

 

ただ、この方法をつかって結婚できたとしても

結婚できたことにあぐらをかき、

女であることと主婦の責務を放棄し

旦那さんに口うるさく言う女性は、

浮気されるか離婚を切り出される未来が待っています。

 

この突き放しを実践したとき、

ほとんどの男性が頭を抱え込むはずなんです。

 

ここで勘違いしてはいけないのが

もし相手が結婚することを選択したとしても、

それは「彼女を失いたくないから」という理由ではなく

「別れるのはイヤだし結婚もイヤだけど、

こんなんで関係が終わるのもあれだし、

それだったら結婚する方がまだましかな。」

といった思考なんですよ。

 




 

なので、

「彼女を失いたくないからどうしても結婚したい」

というわけではありませんし、

そこまで強い感情ならとっくに向こうから

結婚しようと言ってますからね。

 

そこを勘違いして結婚したことにあぐらをかいていれば、

旦那さんにウンザリされるのも当然というわけです。

 

そうならないためにも、

この突き放しを実践して成功したのであれば

今以上に気を引き締める必要があるでしょう。

 


 

以上が「突き放しの流儀」ですが、

突き放して関係が終わってしまうことを恐れて

なかなか言えないでいる女性は多いはずです。

 

しかし、

ある程度そばにいて関係が変わらない場合、

突き放しの時期をあとにしたところで結果が変わるわけではないですし、

もし、関係が終わってしまう未来であれば

それは遅かれ早かれそうなっているということになります。

 

ようは、

自分で悪い未来を延命しているだけにすぎず、

突き放しの時期をあとにすればするほど

時間を無駄にすると思った方がいいでしょう。

 

そして、突き放したことによって

アナタ自身も冷静になれるんです。

 

渦中にいる間は、

自分のことも相手のことも分からなくなっていますが、

一旦離れて冷静になってみると

今まで気づかなかった自分の感情に気づくことも多々あるんですよ。

 

実際に突き放しを実践したクライアントさんの多くも

「なにがそんなに好きだったのか分からなくなってきた」とか

「離れて冷静になって考えてみるとしょうもない男だと気づいた」とか、

執着していただけで、それは恋愛感情ではなかったと気づかれることがよくあります。

 

相手のそばにいればどうしても期待をしますが、

それは「相手の気分に期待しているだけに過ぎない」とそろそろ気づくべきです。

 

というか、

何ヶ月もそばにいて一向に関係性が変わっていない状況は

「それ以上その相手とはどうにもならんで?」という啓示でもあるので、

突き放して追いかけてこない場合はちゃんと現実を受け入れてください。

 

その人にとって必要じゃないことは

良いことも悪いことも絶対に起こらない

それが人生というものです。

 

 

 

~藤本シゲユキソロセミナー・ラブズカフェ~

平成29年11月5日(日) ラブズカフェ1st@福岡

平成29年11月25日(土) ラブズカフェ1st@名古屋

 

~テーマ~

「人生に最短ルートはあってもショートカットは存在しない。」

 

・自分に合う人、合わない人の見分け方

・なぜ好きな人にモテないのか。それは自分の強みと弱みを知らないからだ。

・異性との距離感についての考察

・対人コミュニケーションを深く掘りさげて考えてみた。

・自分に引け目を感じる必要はない。価値観と感性の幅が恋愛と対人関係に大きく作用する理由。

・引き寄せの法則は実在する。その理由を論理的に紐解いてみた。

・潜在意識の使いこなし方

・自信をつけるための最短ルート

・教えて!藤本先生♡

 

 

平成29年11月26日(日) ラブズカフェ2nd@東京

 

~テーマ~

「イイ女になって、選ばれる女性から自分で恋も人生も選ぶ女性になる。」

 

・恋愛指南書ばかり読んでいて恋愛が上手くいかない女性と読まないけれど上手くいく女性の違いとは?

・恋愛視点で自分を意識してもらうための法則

・モテる女性に共通している8つのこと

・恋愛7大原則の1つ、「理解する」は実はもっと奥が深い。

・相手の内面に踏み込むための12の質問

・断捨離と部屋の掃除は自信をつけるための第一歩。その理由を量子力学的に教えてやんよ。

・毎日楽しそうに過ごしている人と、生きづらさを抱えて過ごしている人のベースにあるものの違い。

・過去の失敗や出来事から立ち直れない女性へ。それは「神様の再テスト」と「神様トラップ」なんだよ論。

・教えて!藤本先生♡

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

「失恋は、神様が「そんな男はアンタに合わへんからやめときなはれ」と言って別れさせてくれたんやで論。」

「ダメ男に期待してもなにも変わらないし時間の無駄なんだよ論。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ