クライアントの皆さま、

だまされない女のつくり方の読者の皆さま。

 

お世話になっております。

 

藤本シゲユキです。

 

いつも、カウンセリングや記事を参考にしていただき

本当に本当に、ありがとうございます。

 

おかげさまで今日で無事に

4年目を迎えることができました。

 

これもひとえに皆さまのお力添えがあったからこそです。

 

これからも感謝の気持ちを忘れずに

日々精進していきます。

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

そんな4年目もすでになかなか濃い1年になってますね。

 

そんなわけで、ちょっと振り返ってみましょうか。

 

 

ありがたすぎる計2冊の書籍化。

 

5月16日(水)

「友達をつくるように、彼氏ができる本」が

大和出版さんから発売。

 

そして9月6日(木)

「幸福のための人間のレベル論~気づいた人から幸せになれる!~」が

さくら舎さんから発売されます。

 

まさかの2冊刊行、

ありがたいことです。

 

大和出版の葛原さん、

さくら舎の戸塚さん、

この度はめちゃめちゃ気持ちの良い仕事をさせていただき

大変感謝しております。

 

僕に執筆依頼をしていただき

本当にありがとうございました。

 

「友達をつくるように彼氏ができる本」は

おかげさまで売れ行きも順調です。

 

奥手女子に向けた恋愛指南書という名目ではありますが、

書いてある内容は「恋愛の教科書」と言えるものでもあり

幅広い層の女性に読んでいただける内容となっております。

 

恋愛で常識とされていたことを理詰めで全否定してたり、

「こんなこと誰も教えてくんねえぞ」的なことや人生全般において大切なこと、

信頼関係を築くコミュニケーションの取り方など僕の売りである関西弁を交えつつ

ときにスパルタでときに愛にあふれた盛りだくさんな内容になっているので、

多くの女性に読んでいただきたい自信を持っておすすめできる一冊です。

 




 

そして、人間のレベル論ファンの皆さま、

お待たせいたしました。

 

僕自身がずっと書きたかった幸福論を

書籍という形をつうじて来月6日に

ようやくお届けすることができます。

 

「幸福のための人間のレベル論」は

人が真に幸せになるためになにをすればいいのかを

余すところなく書いた一冊となっておりまして、

従来の自己啓発本が書かないようなことまで踏み込んで

キレイ事を一切抜きにして書きました。

 

なので、裏表紙の帯にも

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。

そんなキレイ事に縛られてるから

いつまで経っても生きづらさが消えへんねん。」

という文言が書き記されています。

 

この文言、担当者の戸塚さんがものすごく気に入っていて、

「この本の中で私が一番好きな言葉で、多くの人に届けたい言葉です!」

と言ってくださいました。

 

攻めるねえ。

 

まさか帯にこの台詞を持ってくるとは。

 

こういう攻めの姿勢、大好きです。

 

ちなみに、本書のあとがきにも書いたのですが、

幸福のための人間のレベル論は読み終わったあと

「よーし、頑張るぞ!」みたいな内容ではなく、どちらかと言うと

「マジか・・・ここまでしないといけないのか・・・」

といった内容になっていると思います。

 

ただ、僕の持論では

「人はしんどいことをしないと楽をして真の幸福を得ることはできない」であり、

本当の意味で幸せをつかんでいる人は例外なくと言っていいほど

この本で書いたようなことを実践していますね。

 

人は痛みをともなわずして幸せになることはできないんです。

 

日本人が書いた自己啓発本の多くは、

日本という小さな島国でつくられたシステムの中で

いかに人生を謳歌していくかに焦点があてられたものが

多いような気がします。

 

しかし、残念ながらそのシステムの中で人生を謳歌しようとしても、

先人が作った根性論や精神論がいまだ深く根付き

人と同じことが美徳とされているこの日本では

従来どおりの方法を使って幸せになるには限界があるように思えるんです。

 

もちろん、最近ではそういったシステムを打破するべく

「やりたいことをしよう」「やりたくないことはしなくていい」と

声高々に宣言している書籍も数多くは存在するのですが、

「なんで?なんでそれするのがいいの?」といった部分や

「分かっちゃいるけどそれができたら苦労しないんだよ」という

カウンターの意見に対しての答えまで踏み込んで書いていないように思えます。

 

そこで、常識や「そういうものだから」とされていることを

徹底的に疑って屁理屈をこねまくり言語化する男。

 

その名も藤本シゲユキ。

 

幸福のための人間のレベル論は、

想像しえるかぎりの読み手の疑問やカウンター意見に対しても

踏み込みまくって書き上げました。

 

その結果、256Pというボリュームある一冊になったわけですが、

自分で言うのもなんだけど、非常に読み応えのある本だと

自信を持っておすすめすることができます。

 

一生ブレない幸せを手に入れたい人、必見です。

 

ていうか、

「常識やそういうものだからとされていることを

徹底的に疑って屁理屈をこねまくり言語化する男」

って、自分で書いててめっちゃかっこええやんって思いました。

 

 

同業者さんたちの体たらくが因果応報で返ってきていて怖いんですが。

 

タイトルを見て

「なんのこっちゃ」と思われた方が多いと思いますが、

カウンセリングをしているとたまに

「この人の言ってることなんか違うと思うんですけど、藤本さんはどう思いますか?」

と特定の同業者の方についてクライアントさんに聞かれることがあるんですよ。

 

聞かれた際はおこがましいのを承知の上で、

対象になる人のブログ記事などを読みつつ

僕の思想に基づいた事実や真理のみをお伝えしています。

 

ちなみに、ここでお話する同業者とは

僕のような恋愛カウンセラーだけではなく、

心理カウンセラーやスピリチュアルを

生業にしている人たちのことも指します。

 

その中で、たまに「ん?」という違和感を覚えることが

クライアントさんに聞かれた同業者の人に対してありまして、

気になるのでその人の文章をカウンセリング後に

改めてじっくり読むことが稀にあるのですが、

「この人マジか・・・」と悪い意味で驚きを隠せないときがあるんですよ。

 

悪い意味の驚きとはこんな感じです。

 

・とにかく文章に内容がない上に、

言葉足らずすぎてなに言ってるかさっぱり分からない

・引き寄せを売りにしているのにその人自身なにも引き寄せてない

・思想がブレすぎていて一貫性がない

・子宮系ビジネスなどで人体に悪影響が出るものを高額で販売

・人道に外れたことを平気で推奨している

・すぐメルマガや有料サービス、セミナーに誘導

・感謝感謝言ってるくせにその人自身なにも感謝できてない

・自己顕示欲がつよすぎてクライアントのことを考えてない

・特定の人種を馬鹿にするような文章を炎上を無視して後先考えず投下

・そしてあとで「ヤバい」と思ってすぐ削除

・お金儲けしたいだけ

・クライアントを依存させることが目的の信者商法

・どう見てもその人自身幸せそうじゃないし無理してる感がすごい

・顔に変な相が出ている    etc・・・

 

なんだかただの悪口みたいになってしまいましたが、

悪口というかただの事実です。

 

だってひどい人は本当にひどいし

詐欺まがいのことやってるんだもん。

 

中身のないキラキラ起業女子にだまされない女のつくり方。

でも書きましたが、

びっくりするぐらい基盤がなってないだけではなく

人としておかしい商売のやり方をしていたり、

人間性自体もおかしい人たちが結構いるんですよ。

 

現に、そういう人たちは

過去にいくら売れていて有名だったとしても因果応報の法則に則り、

今や2ちゃんでボロカス叩かれていたり

実名を挙げられて個人ブログで糾弾されていたりします。

 

ボロカスに叩かれてる人たちのスレッドや糾弾ブログを見て、

笑えるどころかむしろ恐怖を感じたのですが

「うわ・・・これめっちゃ怖いなあ。自分も気をつけよう。」

といった感じで彼らを反面教師にして自分を戒めるいいきっかけになりました。

 

ようは、下手なことしてたらネットを通じて

すぐに吊るし上げられる時代ということですね。

 

なので、テレビ出てるからとかその道の権威だからというのは関係なくて、

この情報社会で個人が生き残っていくにはどこまでいっても

「人柄と人間性」が重要だなと改めて痛感しました。

 

あるクライアントさんが、

「これからの時代は正直者が馬鹿を見ない時代がやってくるって、

会社経営の方が言ってました!」と仰ってましたが、

まさしくそのとおりだと思います。

 

逆に面白いなと思ったのは、

人間ってどれだけ隠そうとしても自分の悪い部分を自覚してないかぎり

それを隠し通すのは不可能だということ。

 

「文は人なり」と言われているとおり、

ダイレクトにその人の人格が出ますからね。

 

とはいえ、こういった悪徳業者はある意味

言い方は悪いですが必要悪と言っていいかもしれません。

 

なぜなら、人は弱っているときであればあるほど

自分の見たいことや聞きたいことしか受け入れられないので、

そういうときに人が求めるのは自分にとって都合のいい生易しい言葉や

間違っていても自分の考えを肯定し後押ししてくれる人物なんですよ。

 

その弱っている人を

「おいでおいで~こっちの水は甘いよ~」

と受け入れてくれるのが、悪徳業者ということです。

 

そういった意味で、需要と供給が一致しているとも言えるのですが、

詐欺同然のような怪しい業者に引っかかってしまう人って

自分も現実も見えてないからそれに気づいてないんですよね。

 

前述しましたが、

しんどいことしないと自分が望む幸せなんて手に入らないのに、

「どこかに自分にとって楽で都合がいい答えが隠されているに違いない」

という前提を抱えてしまっているため、

お金を払い続けることで恋が叶ったり成功したりした

何者かになれる自分への期待と理想が止まらないわけです。

 

断言しますが、

いくら神様を拝みたおそうと

いくら引き寄せの法則を実践しようと

いくら子宮の声を聞いてみようと

いくら宇宙の法則を信じようと

現実に生きてるのはどこまでいっても

「今の」自分でしかないので、

なにかに頼って何者かになれるわけがないんですよ。

 

この今の自分と向き合って

そこからなりたい自分に向けてレベルを上げないことには、

望むような幸せも未来も永遠にやってこないんです。

 

自分探しって、

認めたくない自分をしっかりと自覚して地に足をつけることであり

「あの山の向こうにすごい自分がいるはず」という

「絶対に」居もしない自分を探すことではないですからね。

 

ちょっと話がズレてしまいましたが、

調子に乗らず身の丈をわきまえた上で

自分に恥じない生き方をしようと再認識した出来事でした。

 

 

ギターテクが覚醒しすぎてさらにヤバいことに。

 

もうほんとに皮肉なことに、

バンド辞めてから今が一番ギターが上手いです。

 

とくに、下記の2曲をコピーしたことが

さらなる覚醒の大いなるきっかけになったと言っていいでしょう。

 

 

 

とくに「Through The Fire and Flames」については、

YouTubeを見るかぎり日本人で最初から最後まで

完全にコピーした人はそれほど多くないんじゃないかと思います。

 

だって、こんなに覚えるのが大変な曲を

「完コピしたい!」と思ってずっと練習するとか

ある意味頭おかしいですからね。

 

僕自身、この動画を見た友人たちから

「すげー!ようこんなん覚えたなあ」って言われましたし、

そこには賞賛と同時に良い意味での呆れもあったことと思います。

 

弾いてみたを通じて、

技術は昇華させればさせるほど

誰もが到達できない域に達することができるけれど、

その裏には多くの試行錯誤やトライアンドエラーが

絶え間なく介在しているという真理を改めて痛感しました。

 

 

藤本が最近好きなもの。

 

人が幸せに生きる上で、

できるかぎり多くの「いいな」と思えるものを

日常に散りばめることは大事でして、

僕自身もその「いいな」を増やすべく

日々いろんな情報をできるだけ仕入れるようにしています。

 

その中で、最近「いいな」と思ったものや人を

3つご紹介させていただきます。

 

 

1・ちぃたん☆

 

コツメカワウソの妖精で秋葉原観光大使の

無茶するゆるキャラ「ちぃたん☆」です。

 

なんでこんなに身体張るのか分からないぐらい、

ちぃたん☆は毎日泥んこになっていろんな遊びをしています。

 

ちぃたん☆のTwitterは衝撃動画が結構おおいのですが、

個人的に爆笑したのはこのツイートですね。

 

 

おデコをなんかの角にくっつけて冷やしたり。

 

 

そしてちぃたん☆が好きすぎて、

この間東京に行ってきたときに

有楽町のちぃたん☆カフェにも行ってまいりました。

 

一人だったのでものすごく入りづらかったけど、

そこはネタを増やすためなら気にしない男、藤本シゲユキ。

 

ばっちり満喫してきました。

 

それにしても毎日暑すぎるから

遊ぶときは熱中症には気をつけてな。

 

ちぃたん☆。

 

の中の人。

 

 

2・内田理央さん

 

久しぶりに芸能人の女性を見て

思いっきりテンションが上がりました。

 

だーりおこと内田理央さんです。

 

ドンピシャすぎます。

 

彼女を知ったのは話題になった人気ドラマ

「おっさんずラブ」からなんですが、

ちず役である内田理央さんが画面に映るたびにガン見してました。

 

しかもだーりおさん、演技も上手いんですよね。

 

もうハマりすぎて彼女の主演映画である

「血まみれスケバンチェーンソー」まで見てしまいました。

 

映画の内容はさておき、

だーりおさんをずっと見れて幸せを感じ

思わずキュン死しそうになる42歳の中年男。

 

その名も藤本シゲユキ。

 

どうやら僕は唇に色気がある女性にめっぽう弱いみたいです。

 

それにしても、

「おっさんずラブ」は同性愛を扱っているドラマなのに、

劇中でそのことについて誰も否定的な意見を言わない

すごく優しいドラマでしたね。

 

吉田鋼太郎さん演じる部長がたまに子犬みたいな顔をするので、

その度に腹抱えて爆笑してました。

 

 

3・PassCode

 

久々に音楽聞いて衝撃を受けたのがこのPassCode。

 

4人組のアイドルグループなんですが、

たとえるならFear, and Loathing in Las Vegasの

アイドル版といったところでしょうか。

 

アイドルなのにデス声でシャウトする子がいるわ

曲もラウドロックでテンポチェンジや転調が激しいわ

ライブ映像は熱く本気だわで、一気にファンになりました。

 

最初に彼女たちのPVを見て

「なんじゃこりゃ!」と衝撃を受け、

ライブ映像を見てその一生懸命さに心打たれ、

気がつけば夢中でPassCodeの動画を見漁ってたんですよね。

 

このライブ映像とかすでにアイドルのライブじゃないし、

メンバーの一人である南さんが客席に向けて

「今日ここを選んだこと、絶対間違いがないって証明してやるよ!」

と叫んでるのを見たとき本気すぎて鳥肌がたちました。

 

彼女が客席をあおるときの目もマジだし。

 

デスボイス担当の今田さんも

デス声が板についてるとかそんなレベルじゃなく圧倒的だし、

しかも人を惹きつける天性の才能まで感じましたね。

 

BABYMETALを初めて見たときも衝撃的だったんですが、

彼女たち3人を見たときと同じ感覚がPassCodeを見て甦ったんです。

 

だって、BABYMETALもPassCodeも、

メンバー全員最初は自分がこれからやる音楽のことを

ほとんど理解してなかったと思うし、

PassCodeに関してはデスシャウトをメンバーの一人が担当していることもあり、

最初やるときにものすごく抵抗があったんじゃないかって思うんですよ。

 

おそらく、みんな最初はAKBやハロプロ系の

王道アイドルになりたかったんじゃないかなって。

 

実際、PassCodeのインタビュー記事にも

そういったことが書かれてましたね。

 

そこから葛藤を乗り越えて、

自分たちの音楽であることを受け入れ

ステージで一心不乱に自分たちの役割を最大限に活かそうとする

BABYMETALやPassCodeには僕の心を揺さぶるものがありました。

 

独自の道を追求し、

一生懸命に何者かになろうとしている人は例外なく美しいです。

 

 

しかも、PassCodeは2ndシングルである

「bite the bullet」がホンジュラスの総合チャート1位、

タイ、台湾、シンガポールのロックチャート2位を獲得。

 

早くも海外で話題になっているようですね。

 




 

さらに、世界的フェスである

「WARPED TOUR」の日本公演にも出演。

 

インタビューの際、海外のビッグネームとの共演について

意気込みを聞かれたPassCodeメンバーの一人である

高嶋さんは自信満々にこう語っていました。

 

「とりあえず見てくれっ!

私たちも発表をTwitterで見たんですけど、

「PassCodeには早いわ」とか「アイドルなのに出るなよ」とか書かれていたから、

そういう人たちには絶対見て欲しいですね。」

 

自分の道を自信持ってちゃんと歩んで

日々の努力を積み重ねている人じゃないと

この発言は絶対に出てこないです。

 

たしかに、PassCodeは一部の人たちに

「ラスベガスのパクリじゃん」と揶揄されることもあったり、

高嶋さんがインタビュー中に言ってたアンチ発言もあるようですが、

誰かに迷惑をかけてるわけじゃないのに

一生懸命になにかに取り組んでいる人を馬鹿にしたり

見下したりしていい権利は誰にもありません。

 

そんな偏見に負けず彼女たちには

どんどん進化していってほしいものです。

 


 

そんなわけで。

 

5年目に向けて感謝の気持ちを忘れず調子にのらず、

さらなる進化を遂げられるようこれからも精進していきます。

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします。



スポンサードリンク


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ