前回の記事ではバリキャリ女子の恋愛傾向として、

付き合った男性にライバル視されてしまうことや、

ダメ男を選んでしまったりダメ男を育ててしまったりと、

悲恋の道を選んでしまいやすい傾向にあることをお話しさせていただきました。

 

☆前回記事☆

 

バリキャリ女子の中でも、

うまく男性を誘導して出世街道を歩ませたり、

独立した男性を上手にサポートしたりする女性がいるのにも関わらず、

同じタイプの女性でも極端に恋愛傾向が分かれてしまうのはなぜでしょうか?

 

その答えを明らかにすべく、

悲恋に陥りやすいバリキャリ女子の落とし穴をまとめてみました。

 

1・自分目線でパートナーのケツを叩く。

彼女たちの収入や役職が彼氏や旦那さんと同等かそれ以上の場合、

「もっとがんばってほしいから」という理由で

無駄に男性のケツを叩こうとする女性がいます。

 

ここでケツを叩いても結果は見えていまして、

「コイツにぜってえ負けねえ」とライバル視されるか、

「俺もうお前に勝てねえわ」とダメ男街道に足を踏み入れるかのどちらかになります。

 

後者である場合、

付き合った時点ですでに男性のプライドが傷ついていることも珍しくなく、

そこを奮い立たそうとしてもとっくに戦意喪失しているので

発破をかけるだけ無駄だと思った方がいいでしょう。

 

「貴方ならできる!さあがんばって!」

なんて言われても余計にプレッシャーを感じ、

プライドはさらにズタズタに。

 

男性にとって収入や地位というのは

自分のプライドの拠り所である場合がほとんどで、

そこを女性に越されてしまうと

アイデンティティを失うと言っても過言ではありません。

 




 

ちなみに知らない女性が多いようなので

お話しさせていただきますが、

男性に下手な励ましをしない方がいいです。

 

「がんばればなんとかなる」という

精神論の持ち主である女性もいるので、

こういったタイプの女性がむやみやたらと

「がんばって!」を連呼しても

「うっせーこの松岡修三女が。」と思われるのがオチでしょう。

 

「ほらなにやってんの!しっかりして!」

なんて言いながら女性が男性のケツを叩きそれに応じる男性がいるのは、

女性のケツの叩き方が上手いのではなくただ相手の男性が超ドMなだけです。

 

勘違いしないように。

 

2・頼りになるのは自分だけ。

自分でキャリアを積み重ねてきた自負があるので、

社会人になって物心がついたときから

「自分の人生は自分でつくるもの」と考えているのも

バリキャリ女子の特徴であります。

 

とくに男社会で揉まれてきた女性であるならば

男性をライバル視して日々を送ってきたため、

「男性に頼る」という習慣がないまま

現在に至る女性も多いことでしょう。

 

すぐに自分と相手を比較することも多く見受けられ、

「私はできたのになんでこの人はできないの?」と

思ってしまうことも。

 

この状態から、

「やっぱり私がしっかりしないと」という思考に変換されるまで

そう時間はかかりません。

 

「私は今まで1人で戦ってきたから、今さら人に頼るのは抵抗がある。」

「だって相手が頼りないんだからしょうがない。」

 

なんて思ってしまうと男性の面目丸つぶれだし、

女性にも可愛げがないしで結果的に誰も得をしないことに。

 

男性は頼られることで力を発揮する生き物だと言われています。

 

自分の彼女や奥さんに頼りにされることでやる気を見出し、

がんばれる生き物でもあるのです。

 

相手がダメ男だったら頼りにされて

も「あーはいはい分かりましたよ」といった感じで

「むしろお前が頑張れよ」と思ってしまうところでしょうが、

まともな男性は頼りにされれば「俺がなんとかしなきゃな」と思って

テンションが上がるんですよ。

 

多くの男性にはヒーロー願望があるので、

「俺が○○したった!コイツには俺が必要!」という状況を好む傾向にあり、

このヒーロー願望を巧みにくすぐることで男性は女性のことを好意的に思います。

 

女性が思っている以上に多くの男性は、

「○○してあげたい」「必要とされたい」と思っているので、

ここはひとつ頼ってあげてください。

 

甘える頼るはコミュニケーションの一環なので、

アナタが甘えられなかったり頼れなかったりするのは、

性格のせいではありません。

 

練習すれば誰だって甘え上手頼り上手になるのです。

 

甘え方練習法。

練習法としては、

小さなことから頼っていくことが望ましいでしょう。

 

「ねえちょっとそこの○○取ってくれない?」

「この瓶のフタ開けてほしいな。」

「前に言ってた○○、今度貸して!」

 

などなど。

 

些細なことから頼っていきましょう。

 

どんどん甘えることと頼ることに

耐性をつけていくというわけです。

 

基本ができていないのに、

いきなり大きく甘えたり頼ったりはできません。

 

最終的には、

「貴方だけが頼りなの。」という台詞を

困り顔ですんなり言うことができれば、

もう立派な頼りのスペシャリスト。

 

それでもやっぱり頼りになるのは自分だけかもしれないけれど、

せっかくなら上手く転がしてみてはいかがでしょうか。

 

その方が女性の負担がすくないですから。

 

3・どうしても相手を尊敬できない。

これもよく陥ってしまう傾向です。

 

なんなのこの人?

口ばっかりで全然大したことないじゃない!

 

相手の男性が同等かそれ以上のキャリアを積んでいても、

尊敬されないことがある悲劇。

 

彼女たちは自分の歩んできた道と相手を比べ、

「よくこの人、こんなんでここまで来れたな。」

と思ってしまうことがあります。

 

よく考えてみれば、

男性がキャリアを積んできた事実は決して運だけではなく

様々な要素が起因しての結果なのですが、

男尊女卑な環境で仕事をして勝ち上がったバリキャリ女子には

「ケッ、男はいいよな。」という思いもあり、

素直に認められない部分もあるのでしょう。

 

この場合、彼女たちも相手の男性のことを

ライバル視しているのかもしれませんね。

 

男性が上に立とうとしてきたとき、

マウンティングされまいと容赦なく反撃にでるのも特徴的で、

主導権争いには超がつくほど敏感。

 

張り合う相手を間違えてはダメです。

 

相手の男性が自分より収入や地位が下の場合は、

世話焼き母ちゃんに変身してしまうことも珍しくないバリキャリ女子ですが、

「彼のことを尊敬しているか?」と聞かれると

「う~~ん・・・?」と首をかしげてしまう女性が多い。

 

やはり「頼りになるのは自分だけ」という考えが、

男性を尊敬する対象として見られない原因でもありますね。

 

たしかに相手がダメ男か予備軍からダメ男になってしまった場合、

「どこを尊敬すりゃいいのよ!」と思われるかもしれませんが、

ダメ男を選んだのは自分だし、

ダメ男にさせてしまった原因は自分にもあるわけです。

 

ダメ男とダメ男予備軍を惹きつけてしまっている女性にも

残念ながら責任の一旦はあるんですよ。

 

頼って褒めることの重要性。

悔しければ彼らの「男の本能」を呼び覚ますためにも、

今日から尊敬(しているふり)の念をもって接してあげましょう。

 

そのためにはやはり日頃から「頼る」ことを習慣化せねばいけません。

 

前述したように、男性はヒーロー願望がある人が多い。

 

重い荷物をもってもらい、

「ありがとう!本当に助かったわ!

やっぱりここ一番では頼りになるわね♪」とか

そんなのでいいのです。

 

そして、ちゃんと相手の男性のことを

「正しく」知ろうとしてください。

 

どんな人間だって掘り下げていけばかならず尊敬できるポイント、

もしくは感心するポイントというものがあるはずです。

 

とくに自分の知らない仕事や世界の話を相手から聞き出すことで、

その2つのポイントが見つけやすくなります。

 

「いやいや、うちの人にそんなポイントありませんから。」

なんて言う女性がいるかもしれませんが、

じゃあなんでそんな男と付き合ってんだという話になるわけで。

 

もしかしたら本当に尊敬ポイントがないのかもしれないけれど、

ほとんどの場合が正しく相手を知ろうとしなかったことで

尊敬できる部分がなかっただけでしょう。

 




 

そしてしっかりと尊敬できる部分が見つかれば、

ちゃんと声に出して褒めてあげること。

 

「今まで知らなかったけど貴方ってすっごく○○なんだね。

私にはない部分だからすごいなって思ったよ。」

 

こんなふうにね。

 

褒め言葉って言うのと言わないのでは、

今後の関係性が本当に違うから。

 

私にゃ無理だと思わずにぜひやってみてください。

 

なんでも練習です。

 


以上がバリキャリ女子がおちいりやすい落とし穴になるわけですが、

多くの男性は頼って褒めて自尊心を満たしてあげれば、

「頼られたいがために行動する」ようになると言っても過言ではありません。

 

現在交際している男性がいて

思うような関係性を築けていないのであれば、

やってみる価値は十分にあるでしょう。

 

もちろん、

バリキャリ女子である有能な女性にとっては

「ちょっとはましになったけど、あんまり変わらないじゃん。」

と思われることがあるかもしれないですね。

 

だけどそこが自分の可愛げのなさであることを

素直に認めなければいけません。

 

上から目線でみてしまっていること、

そして自分と比較してしまっていることで、

相手の些細な変化を喜べないのです。

 

しかも、頼って褒めて自尊心を満たすことで

関係性が変わるのは恋人や旦那さんだけではなく、

ほかの男性に対してもかなりの効力があるんですよ。

 

断言できますが、

職場の人間関係もおどろくほど改善されます。

 

今まで突っ張って生きてきたバリキャリ女子の方がいらっしゃるのであれば、

ここら辺で方向転換してみましょうや。

 

びっくりするぐらい生きやすくなるから。

 

それでは次回、

彼女たちが幸せになるための理想の男性について

お話しさせていただきます。

 

 

【続きはこちらから】

 

☆喜びの声多数!あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから☆

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

 

☆藤本シゲユキ・著書一覧☆

■あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

ビデオ通話カウンセリング60分

対面でリアライフマネジメント90min
※対面カウンセリング休止中のため、コロナウイルス終息までの代替サービスになります

強み診断はじめました

藤本流・強み診断カウンセリング1H

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

悲恋改善ってなに?

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが僕の励みにつながります!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ