イヤな予感というのは的中する。

 

僕はブログで「起こってもいないことを考えるのは時間の無駄だ」と言っていますが、

この場合は話が別です。

 

帰宅時に感じる一瞬の違和感やイヤな予感というのは的中することが多い。

 

どうか、このときだけはアナタの直感を信じてください。

 

「気のせいか」で済まさずにすぐにその場を離れましょう。

 

それから、仕事でつかれて「早く帰りたい」と思っているときや、

孤独感を感じているときにかぎって性犯罪に巻き込まれることも多いようです。

 

精神的、肉体的につかれているときは雰囲気に出やすく、

疲れから警戒心がゆるんで周囲のことが見えなくなっているせいで

「つけこまれやすいオーラ」になっていることが多いんですよ。

 

しかも疲れていることで歩くスピードも遅くなっています。

 

どうか、帰宅するまでの間はできるだけ気を引き締めておきましょう。

 

 

雨の日はさらに注意しよう。

 

天気が悪いと

「犯人もずぶ濡れになるからイヤなのでは」

と性犯罪が起きにくいと思われがちですが、そんなことはありません。

 

雨が降っている方が好都合だと考える性犯罪者もいるからなんですよ。

 




 

なぜなら、雨の音で被害者が犯人の存在が気づきにくいからです。

 

自分の足音も消せるし、犯行におよんだとき周囲の人間に気づかれにくいという理由がありますね。

 

なので、雨の日こそ帰宅時はいつもより後ろを振り返るようにしてください。

 

 

護身術は習いに行くまではしなくてもいいかもしれないが、知っておいて損はない。

 

表題のとおりではありますが、

護身術に興味がある女性はならっておいて損はないでしょう。

 

下記にリンクを貼っておきますね。

 

ためしてALSOK 暴漢&変質者から身を守れ!

女子のための 正しい人の殴り方■最低限の ストーカー対策 護身術 まとめ

 

ご覧になっていただいた方なら分かると思いますが、

護身術にまったく馴染みのない女性からすると

「こんなのいきなりできたら世話ねえよ」という感じで

相当ハードルが高いものになっています。

 

実用的なのは、

「バラ手でなぐる」「指一本をつかんで返す」「耳たぶを引っ張る」「脇の下をつねる」

この4つぐらいでしょうか。

 

しかし、上記のような方法だと実践できたとしても

犯人を足止めするほどの時間はかせげないので、

余計に怒りを買って興奮させてしまうことになりかねません。

 

ではここで、実用的かつ効果的な方法をお伝えさせていただきます。

 

今からお話するのは複数人相手には使えない方法ですが、

対個人には絶大な威力を発揮する方法です。

 

もし犯人と対峙してしまい、

下半身を露出され今にも犯されてしまいそうなとき、

まだ諦めないでください。

 

忘れてませんか?

 

男性には急所があるのです。

 

そう、

男にはみんな付いてる、あの2つのおいなりさんだ。

 

そのおいなりさんを渾身の力をふりしぼって、

握りつぶしにかかってください。

 

ものすごく嫌な感触かもしれないけれど、

そんなこと言ってる場合じゃない。

 

全力で握りつぶしにかかってください。

 

ヒットすれば、男はこの世のものとは思えない地獄を味わうことになり、

一定時間その場から悶絶してうごくことができません。

 

そして、犯人がうずくまったらさらに

思いっきり顔面を蹴り上げてください。

 

あとは即刻その場から退散です。

 

それからすぐに通報しましょう。

 

全力で握りつぶしたり思いっきり蹴り上げることに抵抗があるかもしれませんが、

よほどの怪力をお持ちの女性でもないかぎり、

殺すつもりでいっても自分で思っているほどの破壊力はありません。

 

手加減するというのは、

実力がある者が自分よりない者に対して行う行為であり、

体格や力の差で勝る男性に手加減する必要はないんですよ。

 

だから、全力で思いっきり攻撃しないといけないんです。

 

とくにおいなりさんへのダメージは相当なものでして、

僕も今これを書いてて痛みを想像してしまい、ちょっと内股になっています。

 

なので、どうかギリギリまで諦めないでください。

 

アナタが窮地に立たされたとき、

ピンチを脱出するためにつかむべき栄光のボールは

2つのおいなりさんだということを忘れないようにしましょう。

 

 

平和ボケするな。得体の知れない相手に「自分は大丈夫だろう」とノコノコついていくんじゃない。

 

前回の記事で、

加害者の多くは被害者女性の知人や友人であるとお伝えさせていただきましたが、

最後まで身体を許すつもりはないのに「この人は大丈夫そう」という理由で

簡単に自宅に招いたり相手宅に行ってはいけません。

 

相手の男性が根っからの草食系であればそんな心配はいりませんが、

アナタに人を見る目がないのであれば、中には豹変する人間もいます。

 

とくによく知らない相手にノコノコついていって犯された場合、

厳しいようだけどそれは自業自得です。

 

肉食系の男性であれば、

どちらかの家で2人きりになるシチュエーションができたとき、

「あわよくば精神」はさらに加速します。

 

押し倒されてアナタがいくら拒んだとしても、

相手からすれば興奮状態で冷静な判断ができてないことが多いですし、

「いやよいやよも好きのうち」という都合のいい解釈に変換されてしまう恐れがありますね。

 

男性からするといまだに「どちらかの家で2人きりになる=今夜OK」と

思っている人って本当に多いんですよ。

 




 

なので、その気がないなら最初から気を持たせるようなことをしてはいけません。

 

あと、あるクライアントさんから聞いて衝撃的だったのが、

婚活パーティにレイプ常習者がいるということ。

 

奴らの手口としては、

おとなしそうな女性を狙い最初はすごく紳士的に振る舞うらしいのですが、

2人きりで会う約束をして食事をしたその帰り、人通りの多い駅で豹変するらしいです。

 

背後から女性の耳元で

「俺の家に来い、ついてこなければどうなるか分かってるだろうな。」

と脅し文句をかけ、おとなしい女性が人目を気にしてさわがないのをいいことに

無理やり自宅に引きずり込んで犯行におよぶそうです。

 

クライアントさんが聞いただけでも、

こういった事例が2件もあったんだとか。

 

ということは、これはまだまだ氷山の一角ということで、

実際はもっと多く犯行がおこなわれていると思っていいでしょう。

 

なぜなら、被害者がおとなしい女性なので

ほとんどの場合、泣き寝入りするからです。

 

写真や動画を撮られていた場合、

流出をおそれてなにも言えない女性が多いようですね。

 

ちなみに、

なぜ会ってから食事をするというプロセスを挟むのかについてですが、

これはおそらくターゲットにされた女性が

本当におとなしいかどうか判断するためだと思います。

 

あってはならないことですが、

万が一こういうシチュエーションに出くわした場合、

決して脅しに屈しないでください。

 

たとえ「殺すぞ」と言われたところで、

無差別殺人を起こそうとしている人間でもないかぎり

さすがに人通りが多いところで犯行におよぶ人間はいないでしょう。

 

すぐその場から立ち去り駅員さんに助けを求めるか、

はっきりと拒絶の意志を示してください。

 

「通報しますよ」と言いましょう。

 

いくら逆上されてもこの場合不利になるのは相手です。

 

どうか、ここ一番の勇気をだして卑劣なレイプ犯に屈しないでください。

 

 

自分の直感を信じろ。イヤだなと思った相手にはかならず原因がある。

 

よく知らない相手と接触しているとき、

なんでそうなるのかよく分からないけど

悪い意味でやたら心がざわつくときってありますよね。

 

こういった場合、日本人は危機管理能力が足りない人が多いので、

心がざわつく人間と接しているときに感じた違和感を

「でもこの人はなにも悪いことしていないし憶測で判断するのは悪い」

という思考に切り替えて、気のせいだと思うようにします。

 

しかし、こういうときの漠然とした「なんかイヤだな」という直感は

決して気のせいではないんですよ。

 

詐欺師とヤクザは笑顔で近づいてくると言いますが、

なにかしらの下心をもって自分に近づいてくる人間の悪意は

どれだけ巧妙に隠しているつもりでも、

よほどの役者でもないかぎり悪意がもれる瞬間はかならず存在します。

 

理由が分からないけどなぜか心がざわつく相手は

かならず「ざわつきの原因」があるのです。

 

どうか、アナタの直感を信じてください。

 

「なんかこわい」「なんか変」

自分の感じた「なんか」を否定せずに感じた瞬間から

一歩引いて相手と距離を取りましょう。

 

 

女友達の防犯意識が高かったので参考までに。

 

僕の女友達でJという子がいるのですが、

彼女の防犯に対する心構えはなかなか大したものでした。

 

暗い夜道を歩くときはかならず後ろを警戒するのは当たり前で、

人通りがすくないときに前方から男性が歩いてきたら

かならず近くを通り過ぎないように距離を取ると言ってましたね。

 

すこしでも人通りが多い道を選んで歩くのは当たり前だと言っていました。

 

しかもJは、万が一襲われたときのことを想定して

攻撃された場合のシミュレーションをするらしいです。

 

もし襲われたら、カバンをフルスイングで顔面にヒットさせる、

つかまれたら指を折る、それも難しければ躊躇なく急所を狙いにいく、

そう言ってました。

 

彼女がすばらしいのはシミュレーションだけにとどまらず、

カバンが武器になるようにある程度の重さを常に確保しているというところ。

 

その甲斐あってか、今まで生きてきて

痴漢をふくめた性犯罪の類には巻き込まれたことはないそうです。

 

Jは別にブサイクではないしむしろスタイルがよく可愛いのですが、

性犯罪者も警戒心がつよい人間をターゲットにはしにくい部分があるのでしょう。

 

性犯罪にかぎらず、「自分だけは大丈夫」という平和ボケ思考が

犯罪に巻き込まれる事態につながることがあるのです。

 

どうか、最低限これぐらいの危機管理能力は持っておいてください。

 

飲み物にも注意しよう。

 

もう1人、防犯意識が高かった女性がいるのですが、彼女は

「人からもらった飲み物には絶対に口をつけない」と断言していました。

 

とくにクラブなどナンパが盛んに行われるような場所では、

男女問わずいくらドリンクをすすめてこられようとも

絶対に飲まないことを徹底しているそうです。

 

彼女はほかにも、

プライベートや仕事を問わずそれほど親しくない男性と

食事や飲みの席に一緒になった際は、

ドリンクを飲み干してからじゃないとトイレに行かないんだとか。

 

「なにもそこまで・・・」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、

世の中には平気で薬を盛ってくる悪いヤカラが存在するんですよ。

 

そして、そういう人種は日常的に

そのような卑劣な手段を行っているので

罪悪感の欠片もないし、中には

「気分良くなるから別にいいでしょ?」的な感じで

悪いことと微塵も思っていないことがよくあります。

 

とっくの昔に縁を切りましたが、

僕の周りにもそういった知人が実際にいました。

 

なので、飲み物にも細心の注意を払っておくと

性犯罪を未然に防げる確率は上がりますね。

 

万が一、被害にあってしまった場合の対処法。

 

とにかく病院に行きアフターピルを処方してもらいましょう。

 

72時間以内に服用するば、望まない妊娠を避けることが可能です。

 

そんな気力がないという女性もいらっしゃるかもしれませんが、

自分の身を守るためには必要なことではないでしょうか。

 

病院に行かずあとになってもしも妊娠が発覚した場合、

受けるダメージは何倍にも積み重なるはずです。

 

それから、通報する勇気がなく誰にも相談できず1人で抱え込むのが苦しいのであれば、

女性スタッフが対応してくれる無料の専門機関に相談することも可能です。

 

レイプクライシスセンターTSUBOMI

東京強姦支援センター

 

もちろん、泣き寝入りしたくないという女性は通報しましょう。

 

事件当時身につけていた衣類は洗わずに

すべて袋に入れて保管しておいてください。

 

犯人が見知らぬ人間だった場合、

被害者が着ていた衣類には犯人のDNAを特定する体液が付着していることがあり、

犯人逮捕につながる重要な証拠にもなるからです。

 




 

とはいえ、警察に行ったらたらい回しにされて同じ話を何人もの警察官にしたとか、

逆に「そんな場所に行く方がわるい」という説教を受けたという話を聞くと

まだまだ日本の警察はレイプ被害に対する体制が不十分であることは否めませんが、

そういった背景を考えると通報するときは

「次の被害者を増やさない」という強い気持ちも必要かもしれません。

 

アイドルの、はのはなよさんという方が性犯罪の被害にあった際、

被害にあわないように女性に注意してほしいことや、

警察でしてくれたことを以前にTwitterで拡散されたので参考にしていただければ幸いです。

 

自身の実体験を拡散する事で女性を守る。

 

ちなみに彼女のツイートの中で、

下記の項目が非常に参考になったので

共有させていただきます。

 

女性が注意すべきこと・その1

SNS等で男性が女性に成りすまし、

個人情報を引き出す事例が多発しているとのこと。

女性の皆さん、相手が同じ女性であったとしても、

顔写真や個人情報を送ったり、ましてや会ってはいけません。

相手は女性に化けているだけかもしれません。

 

女性が注意すべきこと・その2

手帳等を落とした際に、「預かっているので取りに来てください」と

電話がかかってきたとしても、行ってはいけません。

そういった手口で事件に巻き込まれるケースが、実際にあるとのこと。

「お近くの交番へ届けてください」と返答してください。

 

 

もしも友人や家族が性犯罪に巻き込まれてしまったらどうすればいい?

 

レイプ被害にあった女性をさらに傷つけてしまうのは

助けを求めた周囲の人の無意識な言動によるものが大きく、

これを「セカンドレイプ」と呼びます。

 

被害にあって心が折れてしまった女性を

さらに周囲の人間が傷つけてしまうことはよくあるようです。

 

では、接する際にどういった点に注意しなければいけないか、

3点ありますのでお話させていただきます。

 

1・被害者を責めたり、被害の責任を転嫁しない

 

「あのとき○○していなければそんなことにはならなかった」といったような、

被害者に責任の一旦があるような発言は避けてください。

 

どんな背景があるにせよ、レイプをしていい理由なんてどこにも存在しないのです。

 

心がボロボロの人間に対してこれ以上、

責任を感じさせるようなことは言わないでおきましょう。

 

 

2・腫れものを触るような接し方をしない

 

被害にあった友人や家族に同情をして

ずっと変な気のつかい方をしてしまう人がいるようですが、

これはどうやら逆効果のようです。

 

腫れものを触るように接することで

「私はレイプされて変わってしまったんだ」

という追い打ちを与えてしまいかねないからです。

 

どうやって接すればいいか分からないのを重々承知のうえでお話しますが、

被害にあったことを友人や家族が話してくれたときはしっかりと受け止めたあと

事件があったことを受け入れつつ、

翌日からはできるだけ今までどおりに振る舞ってください。

 

ちなみにこういった場合、

心配のあまり過剰に「大丈夫?」と声をかけることは

ある意味攻撃になるので注意しましょう。

 

というか聞かない方が無難です。

 

 

3・本人の意見を無視しない

 

これは本人が拒んでいるのに、

無理やり警察や病院に連れていこうとすることを指します。

 

本人が拒んでいるということは

体験した出来事を思い出したくないという心の表れでもあるので、

「付いてきてほしいときは一緒に行くからいつでも言って」と

助けを求められたときに手を差し伸べることができる距離感を

保つことが重要です。

 

被害にあったことを話してくれたけど、

「誰にも会いたくない」ということであれば

無理に心をこじ開けようとしないことが大切。

 

できるだけ本人の意見を尊重しましょう。

 


 

以上が、性犯罪に巻き込まれないための心構えです。

 

ちなみに、

ところどころ冗談めかして書いてる部分はありますが

扱うテーマがさすがに重いことなので、

読んでる方の気が滅入らないための

配慮のつもりでそうさせていただきました。

 

正直、今回の記事をアップするかどうか

すごく迷っていた部分があったので

記事自体は1年以上前に完成していたのですが、

デリケートな話題のために公開することを

ずっと躊躇していたんですね。

 

実際に複数の女友達に公開前の記事を見せて

女性ならではの意見を仰ぎつつ何度も何度も推敲しました。

 

彼女たちの中には実際に被害に遭った女性もいたのですが、全員が口を揃えて

「日本人女性は危機管理能力がなさすぎるから、公開した方がいい」

という意見だったんですね。

 

実際、日本に住んでたり観光に来ている外国人の男性の多くが

「なぜ、日本人女性はこんなに警戒心がなく断れないのか」

と言ってるそうです。

 

中には、

「俺の国だったら襲ってくれと言ってるようなものだ」という意見も。

 

たしかに、ここ日本は世界的に見てもダントツで平和な国ではあります。

 

しかし、だからといって平和ボケしていいという理由はありませんし、

日頃から防犯意識を高く持って生活することは大事なことではないでしょうか。

 

レイプは「心の殺人」と呼ばれるぐらい非情な行為になりまして、

被害にあった多くの女性の多くはいまだ心に傷を抱えています。

 

大事なことなのでもう一度言いますが、

どうか「自分だけは大丈夫」という考えはなくしてください。

 

どうか、1人でも多くの女性が被害にあわれないことを

心より願っております。



スポンサードリンク


■あなたの人生と恋愛に革命を起こす!リアライフマネジメントはこちらから■

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
【電話で】リアライフマネジメント1H【skypeで】

30分コース
【電話で】リアライフマネジメント30min【skypeで】

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
『LINEで』リアライフマネジメント1H

30分コース
『LINEで』リアライフマネジメント30min

90分の対面式カウンセリング

対面でリアライフマネジメント90min
※カウンセリング場所は東京都新三河島駅付近になります

強み診断はじめました

初回
藤本流・強み診断カウンセリング1H

2回目以降
継続強み診断カウンセリング1H(2回目以降)

お水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

1時間コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング1H

30分コース
キャバ嬢さんと風俗嬢さんのためのカウンセリング30min

リアライフマネジメントをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

本当の彼氏のつくりかた

恋がうまくいかない理由、愛を育てる方法、伝授します!

「いつも数ヶ月で別れてしまう」
「好きな人が振り向いてくれない」
「関係の深め方がわからない」
本当に向き合える彼氏を探しているあなたへ贈る、悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキによる超・本質的恋愛指南バイブル!

幸福のための人間のレベル論 ~気づいた人から幸せになれる!~

自分と相手のステージがわかると人生が変わる!

「キレイ事言うてる場合とちゃうやろ。そんなキレイ事に縛られてるから、いつまで経っても生きづらさが消えへんねん」

人気恋愛カウンセラーが豊富な人生経験と鋭い洞察力を基に社会を俯瞰し、たどりついた独自の人間考察本。

友達をつくるように、彼氏ができる本

男女の心を知り尽くした悲恋改善アドバイザーが、オクテ女子たちへ、テクニックを超えた“本当に幸せになれる恋愛哲学"を説く!

本命になる技術

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

電子書籍版だまされない女のつくり方

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

FB・Twitterはコチラ!

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ