ネタ切れ起こしてる女性にその先の恋愛関係はないんだよ論。前編

好きな男性のテンションが下がったとき、焦って行動しても無駄な件。

 

「以前と比べて彼のテンションが下がってきたような気がします。」

 

「前まで好き好き言ってくれてたのに、

最近ではそれがなくなってきました。」

 

「最初は猛アプローチをかけてくれたのに、

今となっては私の方が追いかけるようになっちゃったんです。」

 

日々カウンセリングをしていると、

クライアントさんからこういったお悩みを

打ち明けられることが結構あります。

 

相手の男性の気持ちが降下した理由は

大きく分けると3つありまして、

1つ目の理由は世間でよく言われる

「釣った魚に餌をやらない」状態なんです。

 

これはその男性の元々の性質と習慣に戻っただけで

普段の人付き合いの癖が交際面でも出てきたということなんですが、

この理由の場合は相手の気持ちやテンションが

下がったというわけではありません。

 

2つ目の理由は、

「元々の相性が合わなかった」ことに

相手が少しずつ気づいてきた状態です。

 

これはよくありますね。

 

驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

相性が最悪なのに交際していたり結婚していたりする

男女が世の中にはめちゃめちゃ多いです。

 

そして最後、

3つ目の理由はひどく残酷だけども

「飽きてきた」ということです。

 

では、

交際相手や追いかけてる男性の気持ちが下がって飽きてきたとき

一体どういった対処をすればいいのでしょうか。

 

ほかの男性の影をちらつかせて

ヤキモチ妬かせる?

 

連絡を減らして気持ちが再燃するまで放っておく?

 

接し方を変えて、

いつも以上にほめたり頼ったりしてみる?

 

彼のお気に入りファッションに身を包んで

デートに行ってみる?

 

それとも、

彼の機嫌をとるためにマッサージしてあげたり

大好物のご飯を作ってあげたりする?

 

アホか。

そんなもんいくらしたところでただの突貫工事や。

一時的に相手のテンション上がることあっても

なんの解決にもなってないで?

 

では、そんな恋愛におけるマンネリ、

いわば「飽き」はどういう現象で起きるのか

お話させていただきましょうか。

 

3部作でお届けさせていただきます。

 

「飽きられる=ネタ切れ」という定義を忘れてはいけない。

恋愛における「飽き」とは

「ネタ切れ」のことを指します。

 

この「ネタ切れ」が起きるとき

飽きられた相手の状態は例外なくと言っていいほど

次のようになってますね。

 

・ルックスの劣化

・一緒にいて刺激(発見、驚き、新鮮さ)がもらえない

・身についた素養と習慣で使い回せるものがもうない

・話すことが世間話ばかりで引き出しがない

・人間に深みがない

・性格が薄っぺらい

・パートナーに指摘されたことをいつまで経っても改善していない

・趣味も将来の目標もない

・仕事も頑張っているわけではない

・自分ばかり要求して相手には与えない

 

ようは、

一緒にいて「おもんない」「つまんない」というこです。

 

一緒にいて相手のポテンシャルを感じず

底が見えてしまったとき

そこから一気に「飽き」が加速していきます。

 

厳しい現実として、

付き合わないまま先に身体の関係を持ってしまい

どんな働きかけをしても一向に相手が振り向いてくれない場合、

実は関係を持ってしまった時点で女性側がすでに「ネタ切れ」を

起こしていることは決して珍しいことではありません。

 

こういった女性ほど、

「関係を持たないともう会えないかもしれない」とか

「セックスしたら付き合えるかもしれない」といった感じで

考えていることが多く、これってどれだけ認めたくなくても

「自分にはもう戦える武器がないから、こうなりゃ切り札使っちまおうぜ」

ということになってしまうんですよね。

 

しかも、切り札であるセックスをすでに使っているのに

相手が一向に振り向いてくれないのは残念ながらそういうことであり、

もし女性側のネタ切れじゃなかったとしたら

それはハマる相手ではないことを意味し、

適材適所じゃなかったということになります。

 

☆適材適所論シリーズはこちら☆

適材適所論シリーズ

 

人は環境適応能力があるので

同じ刺激がずっと続くといずれそれに慣れます。

 

この飽きとは恋愛だけじゃなくて仕事にも言えることでして、

毎日毎日単調な仕事ばかりさせられていては

その仕事に対して飽きがくるのは当然なんですね。

 

でも、仕事内容に変化があったり新しい刺激が加わったりすると、

人は飽きを感じにくくなるというわけです。

 

それは恋愛でもまったく同じで、

飽きられる女性は出会った頃のまま

なにもアップデートしていません。

 

すでに完成された変わらない味を売りにしている

老舗の和菓子屋さんでも生き残るために

新商品を開発したり新しいキャンペーンを行ったりしているのに、

自分を高めるための努力をなにもしようとせず

好きな異性に飽きられないようにしようとすること自体がおこがましい。

 

僕の仕事でもそうですが、

僕が開業当初となにも変わらないままの文章を書いていたら

もっと早い段階でネタ切れを起こしているはずですし、

このブログを長期にわたって読んでくださっている読者さんは

きっとすでに離れていってるはずです。

 

結局、人はアップデートを繰り返して進化しないと

飽きられるのは当然なので、

その努力をしない人は恋愛にかぎらず人生でも淘汰されていくのは

当たり前といえば当たり前というわけですね。

 

なぜ人は、起こった良い出来事がずっと続くという前提で物事を考えるのか。

テレビ番組などで

「あの人はいま」系の企画ってあるじゃないですか。

 

そう、過去に売れた芸能人で現在はメディアから姿を消した人の

「今」を追うあの企画のことです。

 

たとえば、

過去にある持ちネタで社会現象を起こすまで一世風靡したにもかかわらず、

それ以降は鳴かず飛ばずになってしまい

現在では「一発屋」と呼ばれてしまった芸人さんたち。

 

彼らに対して

「なぜ新しいネタを考えなかったのか?」とか

「どうして売れなくなったときのことを考えなかったのか?」と

インタビュアーは辛辣な質問を投げかけます。

 

すると、ほとんどの人たちがこう答えるんですよ。

 

この売れ方がずっと続くと思ってた。

 

彼らのこういった発言を聞いて視聴者は

「そんなことあるわけないでしょ!」なんて思うわけですが、

自分がその当事者になったとき

大勢の人が一発屋と呼ばれた芸人さんたちと同じことをしてしまいます。

 

どういうことかと言うと、

人は良い出来事が起こったときに

その幸せがずっと続くという錯覚をするということです。

 

女性にとって分かりやすい例を出すと、

好きな人との恋愛成就や

ずっとしたかった結婚がそれに当てはまりますね。

 

「やっと好きな人と付き合えた!」とか

「やっと結婚できた!」ということなんですが、

多くの女性がいまだに恋愛成就と結婚を

ゴールとして考えています。

 

そして、ゴールだと考えている女性はかならずと言っていいほど

目標達成したときの幸福がずっと続くものだと錯覚し、

そこから自分を高めるための努力をせず成長していません。

 

しかし、恋愛成就も結婚も

ゲームでたとえるならただ「一面クリア」しただけにすぎず、

彼女たちは言うなれば一面クリアした状態で

ずっと喜んでいるようなものなんですよね。

 

ゲームだったら一面だけじゃなくて

二面も三面も登場するわけですし、

そもそも一面しかないゲームをずっとやっていても

かならず飽きがやってきます。

 

一面クリアするのが激ムズと言われる「魔界村」でさえも、

何度も一面クリアしてたらそのうち飽きます。

 

長きにわたって男性から愛される女性は

来るべき二面をクリアするための努力を

一面クリアしたときかその前から既にしてますし、

二面をクリアしても三面、四面もクリアする努力を怠らないわけです。

 

どれだけ過去に愛し愛された過去があったとしても、

「今」愛されてないんだったら、それは

「愛されるための努力」を放棄した自分の責任か、

もしくは最初から向き合ってくれない相手をパートナーに

選んでしまった自分の目利きのなさが原因になるわけで、

どちらに転んだとしても「自己責任」なんですよ。

 

ようは、

どんなに良い過去を相手と共有していたとしても

「今」起こってることがすべて現実なんです。

 

恋愛にかぎらず飽きられたくないのであれば、

「日々どうやって自分を成長させていけるか?」を

考えなければいけません。

 

実際、僕が開業した当時に

僕よりはるかに売れていた起業家の多くが

現在は表舞台から姿を消していたり

会社員勤めに戻っていたりすることを考えると、

恋愛も仕事もネタ切れしてしまった人たちの末路は

元の人生に戻るしかないという現実が待ち受けていることが

周りの人を見ていてよく分かります。

 

それが絶対に嫌だから、

僕は進化することを選ぶんです。

 



 

会話のレベルについていけないと、話すことがどんどんなくなってくる。


人間のレベル論シリーズ
でも書きましたが、

気づいてるステージの人たちと

気づいていないステージの人たちが

円満な人間関係を形成することはできません。

 

その最大の理由がなにかと言うと

「話が合わない」からなんです。

 

上位ステージの人から距離を置かれてしまった経験がある

下位ステージの人からすると、

「自分のなにがいけなかったのか」を考えても

一向に答えが出ないことがよくあるのですが、

その理由はどこまでいっても

「気づいてるステージの人が話す会話レベルについていけなかった」

ことが大きな原因になります。

 

では、このステージ違いの者同士で生まれる

「話が合わない」という漠然とした理由について、

著書 「幸福のための人間のレベル論」から

ステージ別の根本的違いについてお話させていただきたいと思います。

 

気づいていないステージ

・感情論が多い

・物事を見る観点が主観

・期待と理想の中に生きている

・人や環境のせいにする

・自分にとって都合のいい選択肢がどこかにあると思っている

気づいてるステージ

・統計に基づいた客観的論理

・物事を見る観点が多方面からで客観的

・現実も自分も見据えている

・すべては自己責任であり選んだのは自分だと思っている

・人生は二択であると思っている

 

両者を比較してみると、

まったくの真逆であることがよく分かりますね。

 

気づいていないステージの人は、

これまでの人生経験に基づいた

「自分の中だけ」の狭い価値観や考え方が元になっていて、

「世間体や人の評価」が生き方のベースになっています。

 

気づいてるステージの人は、

これまでの人生経験に基づいた上で

「自分と自分以外の人」の価値観や考え方から

「真理」を学び取り、

「自分がどうしたいか」が生き方のベースになっています。

 

話が合わないのは当然というわけです。

 

実際にクライアントさんの中でも、

人間レベルのステージがアップしたことにより

旦那さんと一切話が合わなくなり会話ができなくなったという

お悩みを抱えた方が何人もいらっしゃったのですが、

結局どうやっても夫婦仲が改善ができなかったため

8割の方が離婚に踏み切るという選択をされました。

 

あと、結婚してから会話がなくなる夫婦って

そのほとんどの理由がお互いが日々の生活から

なにも学んでいないということが大きな原因としてあります。

 

だからお互いの「持ちネタ」が枯渇してしまい

話すことがなくなってしまうというわけです。

 

そのほかの原因としては、

話の噛み合わなさや繰り返される否定的な返答による

「どうせ、うちの旦那(嫁)に言っても聞いてくれないだろう」的な

諦めから会話がなくなることも多いですね。

 

価値観の相違や性格の不一致が

離婚の原因で一番多いと聞きますが、根本をたどってみると

「お互いが向き合った状態での話し合い不足」が

大きなウェイトを占めていると言っていいでしょう。

 

バンドマンや芸人が売れてきたら、今までの交際相手から新しい女性に乗り換える理由。

それから、バンドマンや芸人さんが売れてきたタイミングで

今まで付き合ってた彼女と別れて

違う女性と付き合って結婚したという話はよくありますよね。

 

世の女性たちからすると、

「今まで支えてくれた彼女を振って違う女性に乗り換えるなんてひどい!」

という事例ではありますが、

今までの恋人が交際時からなにも成長していなければ

振られる理由としては至極当然だと思います。

 

ミュージシャンや芸人さんに限らず

自分を取り巻く環境が良いように変わってくると、

そのときの自分のレベルに合わせた人たちが

周りに集まってくるようになるので、

会話レベルも必然的に高くなってくるんですね。

 

ストイックに夢を追い続ける人は

そうやってどんどん環境が変わっていくので、

今の自分の成長をさらに促してくれるような

会話レベルが高い女性にある日ばったり出会うと、

一瞬で心が奪われてしまうことがよくあります。

 

「支える」って、

パートナーの世話をすることだけじゃなくて

何気ない会話の中から相手の気づきを促すような発言をすることも

「込み」だということを忘れてはいけません。

 

それに、こういう女性ほど

見た目に手を抜いていないので、

ビジュアルの良さもセットなんですよね。

 

ちなみに彼女たちが気をつけてるのは

メイク技術の向上やスタイルの維持だけじゃないんです。

 

「大人の女性として」すでに身につけている

磨かれた品性や高まった人格を

さらに向上させる努力をいまだにしているんですよ。

 

なので、表面的な美しさだけじゃなくて

内面からにじみ出る美しさも兼ね備えているので、

まとっている雰囲気自体がすでに別格なんですよね。

 

そういう女性が目の前に現れたとき、

交際相手がなにも成長していない

もしくは、成長速度がゆっくりすぎると

ストイックな夢追い人の男性は、

自分の今後の人生においてどちらの女性を

パートナーに選ぶべきか考えるまでもなく、

新しく登場した女性を選ぶことが多いです。

 

こういった大きな決断をすぐにくだせる人間は

決断力があるので成功しやすいんですよね。

 

そこで、振られてしまった女性は

「自分よりキレイな女性に彼氏を奪われてしまった」

と思ってしまうことが多いようですが、

恋人である男性が心変わりしたのって

相手のルックス「だけに」惹かれたわけじゃありません。

 

振られた女性にとってはひどく厳しい現実だけども、

「すべてにおいて」負けてしまったというわけです。

 

もちろん、相手の男性の人間レベルが

元恋人の女性よりもずっと低い位置にあり、

新しく出てきた女性がその男性と似たようなレベルで

「同レベルの者同士」でくっついたというケースもよくあります。

 

この場合、振られた側の女性が

「私に魅力がなかったからだ」

と自分のことを責めまくることが多いのですが、

しっかり自分と元カレのことを俯瞰して分かっていないと

「私よりレベルが下の女の人と彼はくっついたんだ」

という事実に気づくことができません。

 

ちゃんと自分のことを知っていれば、

もしこういう事態になっても

冷静に考えれば事実に基づいた答えはすぐに出てくるので、

やはりどこまでいっても「自分を知る」って大事なんですよ。

 


前編は以上になります。

 

中編では、

「成長する人としない人の徹底的な差」を中心に、

「成長する人間でいるために必要なこと」と

「人の見抜き方」についてお話させていただきます。

 

 

☆中編はコチラ☆

 

✩喜びの声多数!あなたの人生と恋愛に革命が起きる!リアライフマネジメントはこちらから✩

 

☆リアライフマネジメントQ&Aはコチラ☆

ネタ切れ起こしてる女性にその先の恋愛関係はないんだよ論。前編” に対して48件のコメントがあります。

  1. t より:

    もっと自分自身のために成長して
    強くて前向きな女性になりたいです!
    続き楽しみにしております(^^)

    1. >tさん

      ありがとうございます。

      共に強くなっていきましょう。

  2. なお より:

    藤本さん、

    更新ありがとうございます☆

    女性だけがネタ切れするわけでもないですね。
    男性も、ネタ切れしてる人がたくさんいます。

    また不倫男から連絡あったんですょ。
    仕事の携帯に。
    もう嫌な感情もなかったので、久々に普通に話しました。
    「やっぱり俺たち離れられないんだなぁ」
    とか言われて、はぁ?って思いましたけど。

    半年経っても、何ひとつ変わってない彼に、
    むしろ同情すら感じました。
    こんな奴に自分の時間使ってなくて、
    やっぱり良かったわって心底思いました^^;

    言ったところでどーせ気づかないだろうし、
    言うだけ労力の無駄なので相手にするのやめました。

    1. >なおさん

      後編でも書いているのですが、仰るとおり、男性もネタ切れしている人が沢山いるんですよね。

      >半年経っても、何ひとつ変わってない彼に、
      むしろ同情すら感じました。
      こんな奴に自分の時間使ってなくて、
      やっぱり良かったわって心底思いました^^;

      人ってそんなに簡単に変わらないんです。

      しかも、「そういうところやで?」が多い人だと、ほぼ変わらないと思った方がいいですね。

      それでも相手を変えたいんだったら、絶縁覚悟でぶつかるしか道がないというわけです。

      1. なお より:

        藤本さま、

        変える気はないですが絶縁でいいとは思います。
        自分から連絡しといて、じゃー元気でって本当になめた男だなぁとつくづく思いました。

        半年経って、あーこんな奴だったなぁとは思い出しましたが、そんな奴を相手にしてた自分がアホらしいですね。

        別れるとか嫌いとか、そんな事でしか自分に関心を向けられない幼稚な人はこっちから願い下げです。
        反応する事すらめんどくさい。

        拒否するのすら不愉快なので、無視することにしました。

        でも、彼のおかげでくだらない男のレベルに自分が近づかなければいいんだなってわかりました。
        ちゃんと私が納得して好きになる理由を持ってる人に
        いつか出会えるんでしょうか。

        1. >なおさん

          >でも、彼のおかげでくだらない男のレベルに自分が近づかなければいいんだなってわかりました。

          こういった気づきは、自分で経験しないと分からないことも多いので、過去を乗り越えたときに無駄ではなくなるんですよね。

          >ちゃんと私が納得して好きになる理由を持ってる人に
          いつか出会えるんでしょうか。

          毎日を誠実に向上心を持って生きていればちゃんと出会えますよ。

  3. エム より:

    いつもお世話になっております。先日もカウンセリングありがとうございました。
    12/9にお話しして頂いてから私がこれから真剣にやっていくべきことを考えておりましたが、今回の記事もいつもの如く本当にタイムリーで嬉しいです。どうもありがとうございます。

    結局彼と電話で話せたのは初めにLINEしてから6日後でしたが、忙しいとこ申し訳ないけどできれば早めにお願いと伝え、以前よりも少しずつ言いたいことが言えるようになってきました。

    今回のカウンセリング後から藤本さんの書籍も読み返して、「ないものねだり」について考えていたのですが、相手の無い物ねだりしているものを知るには、相手に褒めてもらえたところで相手にないものを考えていきそこを伸ばしていくという方向で合っていますか?

    今までの恋愛についても考えていたのですが、自分自身なにをないものねだりしているのか気づいていない部分が多いので相手の無い物ねだりしているとこを知るのはさらに難しいなと思いました。

    今回のカウンセリングは厳しいアドバイス頂きたいなあと思っていたので、今までよりも厳しめにお話いただけて嬉しかったです!これからもっと頑張ろうと思えました!また次回もよろしくお願い致します!

    1. >エムさん

      僕の方こそ先日はありがとうございました。

      記事を参考にしていただき大変光栄です。

      >相手の無い物ねだりしているものを知るには、相手に褒めてもらえたところで相手にないものを考えていきそこを伸ばしていくという方向で合っていますか?

      間違ってはないのですが、相手を基準に考えるのではなく自分がなにを伸ばしたいかを考えた方がいいです。

      ないものねだりと言っても目に見えないものなので、相手を振り向かせるために自分が伸ばした部分を思うように受け入れてもらえなければ、なんのために努力したのか分からなくなりますし、あくまでも自分が基準じゃないといけません。

      自分のないものねだりを知るには、「もっと自分が○○だったらなあ」と思っていることの、「○○」がなにかを考えることですね。

      1. エム より:

        自分を基準に考えるのはこの間お話頂いた私にまだ足らないところですね。今後の課題はそこを中心に物事を考えることだなと気がつくことができました!

        お返事頂きありがとうございました!

  4. 美穂 より:

    藤本 様

    >ネタ切れ

    そうですね。
    男も女も、底の浅い人間だとすぐにネタは切れてしまうでしょうね。

    となると、とにかく奇をてらったことばかり
    言ったりやったりしようと思いがちですけど、
    きっとそうじゃないんですよね。

    自分で言っちゃいますが、
    私はたぶん全然ネタが切れない人間じゃないかなあと思います。
    それは別に、わざと新しいネタを探そう探そうとしているからではなくて、
    日常の些細なことにも、いつも新しい視点と興味を持って、
    向き合おうと思っているからです。

    ですけど、人間関係を長い目で見たら、
    面白くネタが切れない人っていうより、
    噛めば噛むほど、滋養があって味わいのある人の方が、
    長くお付き合い出来るような気がしますが……

    なので、私は、年々品質改良し続ける白米のような人でありたいなあと思います。

    続編も楽しみにしています。

    1. >美穂さん

      >とにかく奇をてらったことばかり
      言ったりやったりしようと思いがちですけど、
      きっとそうじゃないんですよね。

      そうじゃないですね。

      奇をてらったことをするにも、独創性という強みが必要になりますし、作り込んだ奇策って意外性がないです。

      >人間関係を長い目で見たら、
      面白くネタが切れない人っていうより、
      噛めば噛むほど、滋養があって味わいのある人の方が、
      長くお付き合い出来るような気がしますが……

      ネタ切れにならない人って、例外なく味わい深い人でもありますよ。

      これはシリーズ中編以降でお話させていただきますね。

      1. 美穂 より:

        藤本 様

        >ネタ切れにならない人って、例外なく味わい深い人でもありますよ。

        そういう感じの『ネタ切れにならない人』なんですね!
        とっても共感いたします!

        続編が今から楽しみです😊

  5. りこ より:

    はじめまして。いつも参考にさせていただいております。
    この3つの見分け方とかはありますでしょうか?また、付き合う前から釣った魚に餌はやらない状態になることもあるのでしょうか…。
    これまで友人としてよく2人で飲みにいったり出かけたりいい感じだと思っていた人がいたのですが、私の気持ちが知られてしまったのと相手の中距離の転勤以降なかなか会えなくなり連絡もへり、私も意地を張ってしまって前ほど気軽に連絡できなくなってしまいました。仕事を忙しくして忘れようと思ってもなかなか忘れられずもやもやした日々を過ごしています…。

    1. >りこさん

      はじめまして。

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      >この3つの見分け方とかはありますでしょうか?

      見分け方は残念ながら、相手の変化から読み取るしかないので、その人のことを理解しておくことが大事なのですが、

      >相手の中距離の転勤以降なかなか会えなくなり連絡もへり、私も意地を張ってしまって前ほど気軽に連絡できなくなってしまいました。

      これが原因ではないでしょうか。

      距離問題は関係を進展させる上で大きな弊害になることが多いです。

  6. キジバト より:

    こんばんは
    私にとってとてもタイミングの良い記事です!
    実は今、彼と長いこと連絡が取れていません
    理由は本人から聞かないことにはわかりませんが、とりあえず生きていることだけは確かです
    これはかえってチャンスだと思い、今までの付き合い方を省みてみました

    私側の原因で思い当たることはいくつもあります
    私と彼とではポジティブ度に相当な差があり、最近私は特に登り調子なので、彼についポジティブの押しつけをしてしまいました
    これで彼は疲れてしまった可能性があります
    私だってかつてはネガティブな性格で、落ち込んでいるときにこれをやられたらイヤだったのに、自分が元気になったらすっかりあの時の気持ちを忘れてしまってたのです
    というよりかは、彼を見ていて昔の自分に引き戻されそうで怖かったのかもしれません
    そういう意味では私は本当のポジティブにはまだまだなれていないです

    付き合ってから彼には寄り添いが出来てなかったなと気づかされました
    他の人には結構出来ていたのですが、彼には甘えてしまってましたね
    考えてみれば私たちは恋人としての土台がまだ不安定で、甘えるのはまだ早かったです!
    人間レベルの話とは違うと思いますが、熱量の高い側が接し方を考えないといけないなと思いました
    次に彼と会うまでに、自分に磨きをかけたいと思います
    この時のことも、恰好の話のネタに昇華できるようになりたいです

    1. >キジバトさん

      ありがとうございます。

      >私だってかつてはネガティブな性格で、落ち込んでいるときにこれをやられたらイヤだったのに、自分が元気になったらすっかりあの時の気持ちを忘れてしまってたのです

      人はこうやって自分を振り返り、ちょうどいい自分を作り上げていきます。

      >熱量の高い側が接し方を考えないといけないなと思いました

      これはその通りかもしれませんね。

      熱量が高いとどうしても自分のことばかりになりがちで、相手への配慮がなくなることもよくあります。

  7. プー より:

    仕事でもそうなのですが、最初はとてもいい感じなんです。
    でも、時間が経つにつれて、ネタ切れしてくる。
    今、会社を辞めていないのも、そういう自分を変えたいからかもしれません。

    恋愛もそうですね。

    次回も楽しみにしてます!

    1. >プーさん

      今回のシリーズは、恋愛だけではなく仕事でもプライベートでもまったく同じなんですね。

      クライアントさんから教えていただいたのですが、郷ひろみさんが「変わらないためには進化しつづけること」と仰っていたそうで、なるほどと思いました。

  8. えりこ より:

    藤本様
    お世話になっております。
    いつも楽しく読ませて頂いております。

    今回の記事も大変興味深く拝見しました。

    どつぼに嵌まっている時はそんな事はないなどと思いながら記事を読んでいる時もありました。

    しかし、最近はあぁこういう事かと納得できる事ばかりです。前と同じ記事を読んでいるにも関わらず、自分の解釈が急激に変化をしました。正直この変化に自分でも驚いています。

    あの負のスパイラルから脱け出す事ができ、藤本さんに感謝しております。本当にありがとうございます。
    日々焦る事もあるのですが、今は自分がどうしたいのかに重きをおいて生きて行きたいと考えています。

    寒くなりましたのでどうぞご自愛くださいませ。

    1. >えりこさん

      僕の方こそお世話になっております。

      いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

      >前と同じ記事を読んでいるにも関わらず、自分の解釈が急激に変化をしました。正直この変化に自分でも驚いています。

      気づきの連鎖が生まれると、経験したことがない感覚になっていき、それが怖いと言う方もいらっしゃいますね。

      でも、それでいいんです。

      >どつぼに嵌まっている時はそんな事はないなどと思いながら

      この状態のときは自分にとって都合のいい答え探しをしていることが多いですね。

      1. えりこ より:

        藤本様
        お忙しい中返信ありがとうございます。

        今まで納得出来なかった事が
        こんなにも納得できるようになった自分を正直気持ち悪く感じます(笑)なんなのでしょうね本当にこの感覚は(笑)

        更なる活躍を応援しております。
        ありがとうございました。

  9. チハル より:

    藤本さん、おはようございます。
    そしてちぃたん☆
    永遠の0歳お誕生日おめでとうですっ☆
    ちぃたんの夢は世界中の人に笑顔になってもらいたい☆との事なので、藤本さんと志が一緒ですね☆藤本さんはシルバニアといい2.5頭身キャラがお好きなのでしょうかっ?☆

    こほん。
    このトピックは恋が終わる理由3選ですね。
    藤本さんがいつも仰ってる通りですが、人間関係にもまんま当てはまるなぁと思います。

    また飽きっぽい自分は棚に上げてなのですが、ネタ切れ感と話が合わないと相性の合わなさを感じて見切りもマッハなんです。
    なのに私自身が甘えん坊であっても、男性から甘えたいって思われる率が高杉くんなのはちょっと嫌だなぁと思ってます。

    でもおおむね成功ですっ☆(無理矢理)

    1. >チハルさん

      おはようございます。

      ちぃたん☆誕生日だったんですね。

      >藤本さんはシルバニアといい2.5頭身キャラがお好きなのでしょうかっ?☆

      好きですね。

      >ネタ切れ感と話が合わないと相性の合わなさを感じて見切りもマッハなんです。

      モテる男女に共通していることなんですが、彼らは恋愛関係に進展するのも早いですが、見切りをつけるのも早いですね。

      これ以上一緒にいても無理だろうなというセンサーが働くのが普通の人より早いです。

  10. 匿名 より:

    友人関係にも言えることですよね…
    会話っていうと、職場の愚痴とかしか言ってなかった過去がある、自分にとっては耳が痛いです…

    1つのことを突き詰めてバージョンアップするのもいいし、色んなことをつまみ食いしてバージョンアップするのもそれぞれ人として素敵かもしれないですね。

    続き楽しみにしています!

    1. >匿名さん

      仰るとおり、友人関係にも言えることです。

      >会話っていうと、職場の愚痴とかしか言ってなかった過去がある、自分にとっては耳が痛いです…

      僕にもこういった経験はありますが、過去からしっかりと学んだとき人は成長します。

      なので、どんな恥ずかしい経験でもすることが悪いのではなくて、そこから学び取らず向き合わないことが悪いんですよね。

  11. ゆゆ より:

    逆に聞きたいのですが、男の人はどうやってネタ切れしないようにしてるんですかね?
    男の人は皆会話上手だろうと思いますので、きっとさぞかし素晴らしい努力をされているんですよね?

    1. >ゆゆさん

      >男の人は皆会話上手だろうと思いますので、きっとさぞかし素晴らしい努力をされているんですよね?

      してる人はしてますし、してない人はなにもしてませんね。

      女性にかぎらず男性も努力しない人はなにもしてないです。

  12. wm より:

    藤本様

    ご無沙汰しております。
    11月頃から、自分と他の女性を比較されることが多くずっと悩みの中にいます。
    自分は自分、と思おうとしても、好きな人や周りが勝手に比較していくので悪く言われているわけではないのに苦しくてたまりません。

    また数々の記事を読み直し、元気をもらいに来ました。
    一つの記事を拝読すると、やっぱり心をリセットできる場所だな、と思います。

    1. >wmさん

      お久しぶりです。

      >自分は自分、と思おうとしても、好きな人や周りが勝手に比較していくので悪く言われているわけではないのに苦しくてたまりません。

      自分の価値って人が決めるものじゃなくて自分でしか決められないものなんです。

      そうするためには、流されないよう普段の自分作りが必要になってきますし、自分のことをさらに深く知ることが大切です。

      それとコミュニティによっては、比較することで他者の価値をはかろうとする人種が集まっていることもよくあるので、その人たち自身も比較される中にいるということになります。

      1. wm より:

        藤本様

        お返事ありがとうございます。

        そういうことですね、周りから褒められたり好意を示されても、ただ嬉しいだけで何の自信にもならないのは、自分の価値は自分でしか決められないからなんですね。

        結局、自信を持てるまで努力しないことには、人からの言葉や好意を素直に受け止められない。
        愛も感じられない。

        自分のことを深く知ることそれを受け入れることってすごく難しいです。

        また私の職場は男性社会で、派閥とかテリトリーとかに敏感です。
        その中の少数派の女性の先輩もすごく敏感で、とても気を遣います。
        これも社会勉強であり、自分のことを知るいい機会だったのかなと思うようにします。

        ありがとうございます。

  13. しろ より:

    初めてのコメント、失礼します
    ちょうど今、自分が相手から冷めた態度をとられていたため、この記事を読みハッとしました
    お付き合いしている方ではなく、体を許してしまった関係の方ですが、相手が冷めて他の人といるということが自身のネタ切れに問題があると気づかされました
    こんな時、相手からの連絡が来た場合、ここで終わらせるためにはどんな風に伝えるのが良いのでしょうか
    心の底ではもう一度会いたい、と思いつつもここで終わらせなければズルズル続いてしまうことを頭では理解してるため、相手にしっかりこの関係を終わらせることを伝えたいのです 宜しければご意見お願いします

    1. >しろさん

      はじめまして。

      >こんな時、相手からの連絡が来た場合、ここで終わらせるためにはどんな風に伝えるのが良いのでしょうか

      自分が言いたいと思ってること、感じていることを素直に言うことです。

      人としての道を踏み外してはいけませんが、終わらせたいのであれば、相手がどう思うかばかりを考えていては中途半端になってしまいます。

      そのためには、決断力と覚悟も必要になってきますね。

  14. H.O より:

    藤本先生
    16日に通話カウンセリングで
    お世話になった者です。
    あの時は状況を説明することに必死になってしまい、ずっと私ばかり話す形になってしまいました…
    耳を傾けて下さり
    ありがとうございました。

    ブログ拝見しました!
    特にネタ切れを起こしておらず
    人間として心から尊敬する
    一緒にいてとても楽しい
    という状況で別れを切り出されたのですが
    彼の仕事が忙しいという部分以外に
    どういう所に原因があると考えられるでしょうか…?
    恋愛対象ではなくなった
    などでしょうか…?

    少し気になったので
    追加で質問させていただきました。
    宜しくお願いいたします。

    1. >H.Oさん

      先日は僕の方こそありがとうございました。

      >彼の仕事が忙しいという部分以外に
      どういう所に原因があると考えられるでしょうか…?
      恋愛対象ではなくなった
      などでしょうか…?

      精神的な余裕がなくなったことが派生しているので、根本の原因は相手のキャパオーバーではないでしょうか。

      上記が原因の場合、別れの理由を告げられていたとしても、別れるために考えた後付の理由であることが多いです。

  15. チハル より:

    藤本さん、お疲れ様です。
    改めて読んでみたら、あれ?この感じ読んだことあるな?と思ってましたが、2017の「飽きられる女性と飽きられない女性の決定的な違いを教えてやんよ。」の、加筆みたいな視点ちょい替え版みたいな感じかなと思いました。

    私は理解されない人にとってはネタ切れどころかネタ皆無、またはわかっちゃないなと思われてるかも?と思ったりします。俺の何を知ってんだ⁈とか、何もわかっちゃいない可愛げない女っていう感じになるので更に面倒です。

    藤本さんに何度か伺ってる女性脳の男性の方が私には合ってる所以かもなと思い出しました。

    また、当然ですが気がついてるステージの男性からはそういった扱いは受けません。
    素敵だなと思う男性は、総じて品があってお茶目で謙虚だよなと思いました。なので私も出会う人からそこをもっともっと学ばせて頂こうと思います。

    彼とは、お店チョイスは俺に任せてねのクリスマスに会えるお誘いがありました。
    約束も守ってくれたし楽しみです。

    1. >チハルさん

      >2017の「飽きられる女性と飽きられない女性の決定的な違いを教えてやんよ。」の、加筆みたいな視点ちょい替え版みたいな感じかなと思いました。

      お察しのとおりでして、書きたいことが増えたので、新たに執筆した次第です。

      >素敵だなと思う男性は、総じて品があってお茶目で謙虚だよなと思いました。なので私も出会う人からそこをもっともっと学ばせて頂こうと思います。

      そうなんですよね。

      男性にかぎらず気づいてるステージの人と話すと、話す度になにかしらの発見や驚きがあるので、学び放題です。

  16. ゆきこ より:

    藤本さん

    いつもお世話になってます。

    最近、自分作りの重要性に気付きました。

    私は、上品で色っぽい人が好きです。だから、そういう人達が住んでいる世界へ行けるように、自分がそうなろう、と思いました。
    そうすれば、何もしなくても、自然の流れで、そういう世界へ自然と行けるのではないか、と。

    だから、どうしたら上品で色っぽい自分を作れるんだろう?と考えて、その結果、今週から英会話と加圧トレーニングの体験へ行くことにしました!それで、自分に合ってたら、それをスタートさせようと思います。

    あと、見た目も、上品だけど柔らかい雰囲気になろうと思い、マツエクのスタイルと本数も変えることにして、今週、サロンへ行く予定です。
    服装も清楚なものだけにして、ケバい・セクシー・キャバクラっぽい・毛玉ついてる・ボロい、ものは全部年内に処分して、洋服棚も整理しようと思います。

    今のままでも特に問題ないから、このままでいいやと思っていたけど、時間は過去から未来へではなく、未来から過去へ流れていくんだ、ということに最近気付いたので、日々進化していかないとヤバい、と思って、考えを改めました。

    1. >ゆきこさん

      僕の方こそいつもお世話になっております。

      >今のままでも特に問題ないから、このままでいいやと思っていたけど、

      変わらない自分でいるためには、進化し続けることが大事と郷ひろみさんが言ってたそうですが、まさしくそうだなと思いました。

      なので、仰るとおり進化していかないとどんどん取り残されることになるんですよね。

      >だから、どうしたら上品で色っぽい自分を作れるんだろう?と考えて、

      こういう視点で考えちゃんと実行に移す、本当にすばらしいことです。

  17. ゆきこ より:

    藤本さん

    お世話になってます。

    最近、他人と状況はコントロールできない、ということを彼と付き合ってから、悟りました。
    あぁ、こういうことか・・・と。

    彼のことが心配だけど、仕事のことも体調のことも、私にはコントロールできないし、それによって彼自身の内面が変化してしまう可能性や、それが私たちの恋愛に及ぼす影響について心配したけど、それも私が心配したところで、どこまでいっても彼自身の問題に行き着くので、私にはどうしようもできないと思い、その瞬間に、悟りました。

    私は先読みする癖があり、未来の展開をいつも考えてて、最近その能力を意識的に上げようと努力してたら、職場でも年下の人から、仕事の相談や進め方、これから先どうなるか、こうするとどうなると思うか?という予測の相談を持ち掛けられることが増えました。
    私の予測はだいたい当たるので、自分でも他人にも、その点は頼られるのですが、だから、それに頼って今まで生きてきたところがあるけど、彼と付き合ってからは、先読みの限界を感じました。

    だから、こうなったら、自分作りを徹底的にするしかない・・・と思いました。

    1. >ゆきこさん

      >私の予測はだいたい当たるので、自分でも他人にも、その点は頼られるのですが、

      ゆきこさんも繊細さの強みがあるようですね。

      この能力は、物事の2~3手先を読める能力で、さらに特化したら4~5手先まで読めるようになります。

      しかしお察しのとおり、「こうなるかもしれない」という予測は立てられても、その通りに人と状況をコントロールすることは不可能なんですよね。

  18. ゆきこ より:

    藤本さん

    お世話になってます。

    たぶん、世の中には他人や状況をコントロールできる人は存在するのだろう、とは思います。並外れた洞察力と人心掌握術、独特の性的魅力や特殊なカリスマ性があれば、それが出来るんでしょうが、これは持って生まれた才能なので、私には無いから無理だと思いました。
     
    >この能力は、物事の2~3手先を読める能力で、さらに特化したら4~5手先まで読めるようになります。

    どうしたら、この能力を特化させて、物事の4~5手先まで読めるようになりますか?

    もし良かったら、教えて頂きたいです。

    宜しくお願い致します。

    1. >ゆきこさん

      >世の中には他人や状況をコントロールできる人は存在するのだろう、とは思います。

      これは、自己愛性パーソナリティの性格を持つ小悪魔タイプの人や、サイコパスだったら可能ですね。

      それか、メンタリストのDaiGoさんぐらい研究してそれを人に実践している人か。

      >どうしたら、この能力を特化させて、物事の4~5手先まで読めるようになりますか?

      僕はある人から4~5手先まで読めてるよねと言われたことがあって、まったく無自覚だったのですが、僕の場合は日々の業務やいろんな物事をできるだけ多角面から見るようにしていたらそうなりました。

  19. ゆきこ より:

    藤本さん

    お返事ありがとうございます!
    とても参考になりました。

    私は思い込みが強いところがあり、こうだ!と決めつけたら、それ以外の可能性が見えなくなって、そのまま突き進んだ結果、最初の時点で読みを間違えていた、ということが何回かあったので、これからは、物事を多角的に見ることを習慣にしていって、この立場からみるとこうなるけど、これを他の立場からみるとどうなるんだろう?とか、こうだ!と思ったけど、それ以外の可能性はないのか?とか、1つの物事をサイコロに見立てて、立体的に考えてみようと思います!

    今までは点と点を線で結ぶ思考だったけど、これからは、図を描くような視点で物事を見て最終的にどんな絵になるのかを考えていこうと思いました。

    ありがとうございます!

  20. みなみ より:

    いつもお世話になっています。先日はカウンセリングありがとうございました。
    実は、誕生日に婚約ではないけど、来年中に結婚したいと思ってると言われました。まだ迷っているのではないかと聞いたところ、もう迷ってないよと言っていましたが、時期は未定とのことでした。これはこのままズルズルになる予感がするのですが、前回のカウンセリングでアドバイスもらったように気長に待つべきでしょうか?向こうの両親へのあいさつは流れたので行っていません。

    1. >みなみさん

      僕の方こそいつもお世話になっております。

      先日はありがとうございました。

      >これはこのままズルズルになる予感がするのですが、前回のカウンセリングでアドバイスもらったように気長に待つべきでしょうか?

      こういった段取りを組むのが下手な人がいるので、もうちょっと具体的に進めたいときはちゃんと話し合った方がいいのではないでしょうか。

      流れに身を任せてもいいとは思うのですが、結婚にかぎらず段取り不足でイライラすることはよくあるので、できる人がやるかサポートすればいいと思います。

  21. みなみ より:

    お返事ありがとうございます。
    わたしの希望は伝えることができたのでもう少しだけ騒がずに待っておこうと思います。彼が話をしてきたら具体的に進めてみたいと思います。わたしは思い込みが強く、すぐ悲観的になってしまうので、成長できるよう飽きられる女にならないようにブログをしっかり読んで勉強したいと思います。いつもありがとうございます。来月の挨拶もがんばります。

  22. アセロラ より:

    ご無沙汰しております。
    2.3年ほど前に電話で相談させていただいた者です。

    コメントや相談するのはストップしておりましたが、
    記事、書籍は全部読ませて頂き見るたびに自分の生活、恋愛、仕事等のモチベーションを保つのにも本当に助かっております。
    アプリで最新刊の記事の内容も少しずつ解説してくださってるのも
    読むたびに身が引き締まる思いです笑

    自分はある程度実行し少しずつ成長してきているつもりでした。ですが、未だに当時相談した彼とセフレ状態が続いており、好きな気持ちを抑えようと空回りな会話ばかりをしてしまいます。飲みに出かけた時はお互い楽しく会話をしたりしていますが、家で会った時などは用を済ました後はほぼ無言になり話しかけてもスルーなども最近あるようになりました。 正直今回の記事を見て、ネタ切れや仕事環境などものすごく当てはまる点がありました。まだまだ成長が足りないようです。
    感想をうまくお伝え出来ず申し訳ありませんが普段の生活は本当に相手に伝わってしまうんだなと実感させられました。本当にたくさん気付かさせてくれる記事をいつも書いて頂きありがとうございます。予約が開いていましたらご相談に乗って頂きたいので、また連絡させて頂きます。

    1. >アセロラさん

      その節はありがとうございました。

      ブログや書籍をご覧いただき本当にありがとうございます。

      >普段の生活は本当に相手に伝わってしまうんだなと実感させられました。

      人間が自分のことをよく見せることができる擬態能力の期間というのがありまして、これは持って1ヶ月なんです。

      それ以降はどれだけ隠そうとしても相手にはしっかりと伝わってるんですよね。

      次回カウンセリングの際は何卒よろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。