どうやって切れている縁を断捨離するのか?

 

カウンセリングでも

「人間関係を断捨離するにはどうしたらいいですか?」

といったご相談をよく受けますね。

 

人間関係を断捨離なんて言うとひどく聞こえが悪いですが、

前述したように切れている縁をそのまま放置して

関係が薄くつながっている場合、

前述のようにアナタにとって良いことはありません。

 

なので、6つのケースごとに

縁の断捨離方法をお話させていただきますね。

 

 

1・長期間攻略しているのに一向に振り向いてくれない男性の場合。

 

残念ながらそういうことです。

 

引き続き攻略をしたところで

違う結果になることはないと思った方がいいでしょう。

 

関係がズルズル続いているのであれば、

もう会わないと宣告してそのままLINEをブロックするといった感じで

向こうから連絡を取れない状態にしてください。

 

こちらから働きかけてるのに、

まともな対応をしてくれない場合は

何も言わずにブロックです。

 

どうしても筋を通したいと言うなら話は別だけど、

人としての対応をしてくれない相手に

こちらが礼儀をもって対応する必要はありません。

 




 

というか、こちらから働きかけてるのにちゃんと取り合ってくれない時点で

相手には信頼関係を築くつもりがないということですし、

いきなり拒絶したところで相手にとっては痛くもかゆくもないんですよ。

 

それに、人として不誠実な対応をしているのは向こうですからね。

 

いきなり相手を拒絶するのはかなり勇気がいることでしょうし

過去に特別扱いしてくれたことを忘れられずに期待が止まらないかもしれませんが、

そろそろ現実と自分のことをちゃんと見ましょう。

 

 

2・忙しくてなかなか連絡が取れないし会えない彼氏候補の男性の場合。

 

このケースもよくありますね。

 

なんでか分からないけど、

出会いがアプリだったという場合が圧倒的に多いです。

 

なかなか連絡が取れず会えないのは

単に相手の仕事が忙しいだけかもしれないけれど、

アプリというある意味あと腐れがない出会い方をしたこともあり

今までの経緯がどうであれ、

相手が急に心変わりをしたというケースが結構あります。

 

その場合、

相手の心変わりに気づかずに女性側がなんとかつながろうと

定期的に連絡をしていることもよくありますね。

 

相手が忙しいか心変わりしたかはさておき、

進まない状況をコントロールすることは不可能なので

アナタから連絡をして返ってこないのであればもう放っておきましょう。

 

だって、

忙しいのだとしたら相手の男性ですら

その状況をコントロールすることはできないし、

心変わりしたのであればその変わった気持ちを

アナタがコントロールすることはできません。

 

さっさと次に行きましょうとは言わないけれど、

まだなにも始まってもいない相手に執着してもいいことはないので

相手と状況をコントロールしようとしている自分にそろそろ気づいた方がいい。

 

なぜ、こういう状態になってしまうかと言うと

「選択肢がこの人以外ほかにいないから」執着を生んでしまうんですよ。

 

ここで選択できる男性がほかにもいる女性だと

「あー、この人とはもう無理だなー。」とか

「まあ縁があったらそのうち連絡くれるでしょー。」

ぐらいの気持ちでものすごく楽に考えてます。

 

そこで連絡が返ってくればふつうに返せばいいし、

返ってこないんだったらそこまでの関係だったということです。

 

というか、

相手の男性がただ忙しすぎるだけなんだとしたら、

もし付き合ったところで連絡や会う回数が増えるわけではないので

その辺りはお忘れなく。

 

 

3・音信不通になった彼氏の場合。

 

数ヶ月におよぶ音信不通の場合、

考えられる理由としては以下の3つです。

 

 

1・自然消滅ねらい

2・相手のメンタルがやられまくっている

3・相手の時間軸が異様なほど長い

 

3の場合だと

出会った当初から相手が連絡無精であることが多いのですが、

残念ながら数ヶ月の音信不通状態は自然消滅ねらいである可能性が一番高いです。

 

この数ヶ月の期間の目安は

ケースバイケースではありますが大体2ヶ月ですね。

 

ちなみに、交際相手と音信不通になり、

【現代人って】仕事が忙しすぎる彼との付き合い方。後編【大変ね】

に登場したMさんのエピソードで

励まされている女性が結構いらっしゃるのですが、

元も子もない言い方をしてしまうと

自分をこのケースに当てはめて期待しない方がいい。

 

なぜなら、彼女の場合は特殊である上に

僕が客観的に判断してお伝えしMさんが彼を待った結果論であり、

そのケースに自分を当てはめて考えてしまうと

どこまでいってもそれはただの期待にしかならない上に

いつまで経っても現実を直視することができないから。

 

それに、Mさんのケースをお話したのはあくまでも

「こういう人もいるんですよ」という

忙しすぎる男性の一例を紹介しただけであり、

「連絡がなくても待ってたらなんとかなりますよ」

ということをお話したわけではありません。

 

今までの関係性がどうであれ、

もし相手の男性が自然消滅を狙っているのだとしたら

残念ながら待つだけ無駄だと思った方がいいです。

 

相手に対してなにか言いたいのであれば、

最後だと思って今まで言えなかったことを

LINEやメールなどメッセージでかまわないので

ちゃんと伝えてスッキリするのがいいのではないでしょうか。

 

人の本性が一番でるのは、

「離れていくとき」と「怒っているとき」なのでお忘れなく。

 

別れ話ができない人は

高確率で都合の悪いことに向き合うことを避ける

逃げ癖がある人ということですね。

 

 

4・話が合わなくなった友達の場合。

 

このケースは、

自分の人間レベルのステージが上がったことによりよく起こる現象ですね。

 

こういった場合、友達はなんの悪気もなく

今までどおり色んな場にアナタを誘ってくるでしょうが、

気乗りしないのであれば徐々にフェードアウトしていくといいでしょう。

 

どういうことかと言うと誘われたら

「最近いそがしくてさー。せっかく誘ってくれたのにごめんね。」

といった感じで断るのを繰り返していくことです。

 




 

そうしていくと、いずれ誘われなくなります。

 

なんだか悪意ある行為をそそのかしているようで

ちょっと心苦しくなってきましたが、

いくら今まで友達だったからと言って

話が合わなくなったのに無理して合わせる必要はありません。

 

自分の時間は自分の寿命なんです。

 

罪悪感と良心の呵責にとらわれて

自分を押し殺してもいいのであれば

僕は止めることはできませんが、

前編でもお話したとおり

気づいていないステージの人と気づいてるステージの人が

本当の意味で円満な人間関係を作れることはありません。

 

気づいてるステージに上がりたての人が陥りがちなこととして

「友達が減るのが怖い」というものがありますが、

友達というのは数ではなく、信頼関係の濃さです。

 

そんな僕もステージが上がってから

しばらくすると友達が激減したことに気づきました。

 

実際に、京都で気軽に遊べる男友達って

親友の吉田くんぐらいなんですよね。

 

一つ言えることは、

話が合わなくなった友達から得るものって

パーソナルな情報ぐらいしかないけれど、

その時間を自分に費やしたら様々なものを得ることができ、

アナタの成長につながります。

 

別に今までの友達を冷酷に切れと言っているわけではないので、

一旦距離を置いて相手のステージが上がったら

また付き合いを復活させればいいだけです。

 

 

5・付き合いが長いからという理由で遊んでいるが、一緒にいて疲れる友達の場合。

 

意外に多いのがこのケースです。

 

「学生時代からの友人だから」という理由で

現在も友達関係を続けている人は多いでしょうが、

大人になった現在その人と一緒にいて疲れを感じるのであれば

残念ながらその相手はアナタにとって

すでに必要な存在ではなくなっています。

 

というか、

一緒にいて疲れるってもう友達ちゃうやんという話で。

 

ちなみに、疲れの原因で多いのは下記のようになります。

 

 

・学生時代は気にならなかったことがやたら目につくようになった

・とにかく自分語りが多いし会話に中身がない

・人の悪口が多い

・会えば愚痴ばかり

・なんでもかんでも人や環境のせい

・自分の考えを押し付けてきて否定してくる

・やたら自信がないから接し方に困る

・収入格差がありすぎて一緒に行くお店のグレードが低い

・行動も思想も幼稚

・お礼も謝罪もできない

・常識もモラルもない

・親しき仲にも礼儀なし   etc・・・

 

ハッキリ言うで?

アンタが友達と思ってる相手、

ただのエネルギーバンパイアやで?

 

だって、一緒にいて疲れるってこと自体がそうだから。

 

ここで、

「昔はすごく仲良かったから」とか

「過去にいろいろ助けてもらったから」とか

「昔はそんなじゃなかった」とか

色々な意見があるかもしれないけれど、「昔は昔、今は今」です。

 

過去がどうであれ、今接していてしんどい相手って、

残念ながら今後も変わることなくしんどいままなんですよ。

 




 

それにこういった場合、

相手にはなんの悪気もなく友達という関係を盾に

良くも悪くも自分を全開にしているのに対し、

接する人が言いたいことを言えず色々な我慢を強いられています。

 

だからその時点で友達じゃないって。

 

この場合も、話が合わなくなった友達同様に

フェードアウトしていく方がいいでしょう。

 

 

「でも、向こうは私のこと親友と思ってるし、

連絡がしょっちゅう来てどうしたらいいか分からない!」

 

 

厳しいようだけど、それは相手のせいだけじゃなくて

今の関係を作ってしまったアナタにも大きな原因があります。

 

たとえば、

なにか不愉快なことや不義理をされても

言いたいことを言わなかったから

相手が調子に乗ったわけですからね。

 

この場合は、

大喧嘩覚悟で徹底的に戦うか

現状維持でいくかのどちらかでしょう。

 

もし前者を選ぶのであれば、

相手に対して怒りや悲しみを感じた時点で

「前から思ってたけどアンタのそういうところ、本当にイヤだ」

とハッキリ伝えることです。

 

ここで、「やんわり言ったらダメなのか?」

という疑問を抱えた人もいるかもしれませんが、

アナタが今まで相手に対して言いたいことを言えなかったのであれば

やんわりと言ったところで相手には響かないでしょうし、

むしろ、言い返される、すねられる、キレられる、泣かれるといった

反撃をされる可能性が高いですね。

 

相手に嫌われることや

ケンカしたことで周囲にあることないことを

言いふらされるのは怖いかもしれないけれど、

かわいそうなのは拒絶される友達じゃなくて

しんどい思いをしてまで接している自分なんですよ。

 

色々なしがらみはあるかもしれないけれど、

一緒にいてしんどい相手というのは友達だけじゃなく

自分の活力を奪うエネルギーバンパイアだということを忘れないでください。

 

ちなみに、

「でも相手にも良いところはあるし!」と言う人がいるかもしれませんが、

それを上回る悪い部分ですでに良いところが帳消しになっているのではないでしょうか。

 

 

6・関係が上手くいってない家族の場合。

 

家族関係、とくに親との関係で悩んでいらっしゃる方は結構多いですね。

 

さすがに血がつながっているので

縁が切れる切れないはないのですが、

ずっと折り合いがつかない家族との接し方はただ一つです。

 

一旦、距離を置きましょう。

 

中には

「自分の親だから」とか「今まで育ててもらったし」とか思って

躊躇してしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、

今から僕がお話することをあくまでも一つの考え方として

頭の片隅に置いていただければ幸いです。

 

 

まず、「自分の親だから」という視点について。

 

自分を産んでくれた親の年齢に自分が達したとき、

アナタは自分が「大人になった」という実感を

得ることが出来たでしょうか?

 

おそらくほとんどの人が

「○○歳になったけど大人になれてないな」

と思っていたはずです。

 

それに、人間のレベル論シリーズでもお話したとおり、

世の中のほとんどの人たちが

気づいていないステージ以下の住人なんですよ。

 

ようは、自分の親が気付いていないステージの人間である

可能性が高いということです。

 

 

それから「今まで育ててもらったし」という視点について。

 

断言いたしますが、

親が子を育てるのは当たり前です。

 

だってよく考えてみてください。

 

僕たちがこの世に生を受けているのは

どこまでいっても親の勝手な都合です。

 

それは人の親である僕も同じですし、

子が産んでくれと親に頼んだわけじゃありません。

 

親が子供をつくりたかったから、

僕たちがこの世に生まれたわけです。

 

まあ魂の話の観点だとちょっと違うんだけれども、

今はその話は置いときましょう。

 

なので、親は子供が自立できる年齢になるまで

子を育てる義務があるんですよ。

 

ずっと前から、

「誰のおかげでご飯たべれてる思ってんの!」

って言うような大人に対して、

「いやいや、自分らの都合で産んだんやから

ご飯たべさせるの当たり前やん。」

と思ってました。

 

うちの親はそんなことは言ったことないけれど、

いまだにこんな反論の余地がばりばりにあるような

物言いを子供にする大人って結構いますからね。

 

それに、親との関係にどうしても折り合いがつかない場合、

「育ててもらったし」という「与えられたもの」だけに目を向けるのではなく

一緒に生活をしてきた中で「奪われたもの」を考える必要があります。

 

僕はブログでも何度か、人のせいにするな的な意味で

「すべては自己責任」と言ってますが、

恋愛においての突き放しと同じで折り合いのつかない親との関係は

距離を置いて一度冷静にならないと見えてこない部分がたくさんあるんですよ。

 

なので、親との関係で悩んでいらっしゃる方は

勇気を出して一度離れてみてください。

 

クライアントさんの中でも

毒親と呼ばれる親に育てられた人たちは

自分の親に対し数年間にわたり、

着信拒否やLINEブロックをされた方が結構いらっしゃいますね。

 

まともな親に育てられた人の

「親を許しましょう」的な戯言にとらわれず、

自分の精神を健全なものにするために一旦離れましょう。

 

距離を置いても生きづらさが消えない場合、

最終的には徹底的に親とやりあう必要がありますが、

それはまた別の機会にお話させていただきます。

 

親との関わり方についての記事は

下記リンクを参考にしていただければ幸いです。

 

☆参考記事☆

親との関わり方シリーズ

 

 

番外編・久々に絡んだ知人からネズミ講まがいの仕事に勧誘された場合。

 

そんなもん速攻切れ!

 

そこで、

「イヤだなあ」と思いながら話を相手の聞いてる人は、

「人に嫌われたくない」という心の弱さであることを

ちゃんと自覚しましょう。

 

勧誘にかぎらず人につけこまれるのって

そういうところやで?

 




 

以上が

「縁が切れるのはれっきとした理由があるし、

切れてる縁をつないでも良いことないんだよ論。」です。

 

宇宙や仏教的視点から見ると

僕たちはみんな1つであるとされていますが、

それは縁ではなく「つながり」であると僕は考えます。

 

元々1つのものから万物が誕生したという「つながり」であり、

たとえば僕たちが着ている服や食べているものを

ずっと遡っていけば会ったことがないだけで、

その背景には様々な人たちが関わっているという「つながり」です。

 

そして縁とは目に見えないものでありながら非常に奇妙なものであり、

切れるときは何しても切れるし切れないときは何しても切れません。

 

今現在、切れてしまった縁を

必死につなぎ合わせようとしている方がいらっしゃるかもしれませんが、

どれだけ頑張ってもどれだけ願っても

関係が変わらずどうにも出来ないのは、残念ながらそういうことです。

 

「もうこれ以上、自分をいじめるのは止めなさい」というサインであり

「アナタにもうその人は必要ありませんよ」というサインでもあります。

 

現実を知るのは怖いかもしれないけれど、

自分から決断するのは勇気がいるかもしれないけれど、

精一杯つらい思いをしたのだから

そろそろ自分を開放してあげましょう。

 

そして、切れてる縁を断捨離して

新しい縁を呼び込みましょう。

 

よく、

「この人を逃したら、もういい人に出会えないかもしれない」

と言う人がいますが、それは大きな勘違いであり

自分が思い込もうとしている「ただのウソ」です。

 

ていうか、「その人」とつながろうとしているから

新しい縁が入ってこないんだってそろそろ気づきましょう。

 

 

 

☆初の書籍が完成しました!☆

【本命になる技術】

◆「2番手」からでも大逆転し、彼から溺愛される方法
「都合のいい女」から卒業したいあなたへ
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、
彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

 

✩電子書籍版「だまされない女のつくり方」はコチラから!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

☆悲恋改善カウンセリングQ&Aはコチラ☆

「悲恋改善カウンセリングQ&A」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします

Skypeか電話を使った個別カウンセリング

1時間コース
電話・Skypeで悲恋改善バナー

30分コース
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

LINEトークを使ったカウンセリング

1時間コース
LINEで悲恋改善バナー

30分コース
LINEで悲恋改善バナー30分

90分の対面式カウンセリング

対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は原則京都市内限定です

人生相談カウンセリング

人生相談カウンセリング

水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービス

キャバ嬢カウンセリング

悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから

悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ