middle_1159913550

現在意中の男性に対しさみしさを感じ

不安に駆られたり執着してしまうのは、

人として当然のごとく湧き上がる感情です。

 

ですがこういった感情を放っておくと、

自爆行為をしてしまうことにつながりかねないので、

できるだけ早急になんとかせねばなりません。

 

負の感情をぬぐい去ることに役立つ方法で

僕がいつも言っていることは、

「暇つぶしできるものを見つける」ということ。

 

暇つぶしをとおして、

今まで苦手だと思ってやらなかったことや、

面倒くさそうだからと敬遠してやらなかったことにチャレンジし、

価値観の幅を広げ感性を豊かにし、

自信と余裕までつけるということに発展させるわけです。

 

☆参照記事☆

自分を幸せにできない女性は相手を幸せにはできない件について。

 

 

実はこの「暇つぶし」以外にも、

不安や執着を取りのぞくために効果的な方法があるのです。

 

それは「ほかの男性も確保しておく」という方法。

 

いわば保険をかけておくという行為になるわけですが、

この方法に関して否定的な意見を持つ女性もいらっしゃることでしょう。

 

 

「彼のことが好きなのに、

 ほかの人をみることなんてできない!」

 

「彼と付き合っているのに、

 なんだか浮気しているみたいでイヤ!」

 

「そんなズルいことをするのは、

 卑怯な女のすること!」

 

 

こんなふうに考える女性も多いはず。

 

しかし、

あくまでもひとつの方法としてお伝えさせていただくだけですから、

この記事を最後まで読んで「自分にはできないな」と思ったら、

暇つぶしをすればいいだけですよ。

 

まずは読んでいただければ幸いです。

 




 

この「ほかの男性を確保しておく」という方法を、

僕は「さみしさの分散」と呼んでいるのですが、

言葉の意味のとおり1人の男性に集中していた気持ちを

ほかの男性にも目を向けることで気持ちや意識を分散し、

不安や執着を減らすという方法になります。

 

実際に僕のカウンセリングを受けられた女性の中には、

「さみしさの分散」を実行してつらい気持ちから立ち直り、

恋愛を謳歌している女性が何人もいますね。

 

それぐらいこの方法は効果があるものなのです。

 

 

勘違いしないでいただきたいのは、

なにも浮気相手をつくれと言っているわけではありません。

 

あくまでも、

「さみしさを紛らわせる相手」を作るということです。

 

もちろん結婚さえしていないければ

自由恋愛ができる国に僕たちは住んでいるわけですから、

浮気相手にしたければしてもかまいませんし、

そのまま「さみしさを紛らわせる相手」に気持ちを

シフトしても問題はありません。

 

とくに現在、

好きな男性がいてまだお付き合いをしていない場合、

思うように関係が進展しないのであれば

さみしさの分散はさせるべきだと僕は考えます。

 

1人の男性を追い求めてしまうとどうしても執着は生まれますし、

平常心でいられなくなることが多々あることでしょう。

 

そういうときに

「さみしさを紛らわせる相手」を確保しておけば

本命候補への不安や執着を減らすことができ、

連絡自体も余裕をもってすることができるので、

自分の気持ちも落ち着かせることができるし

本命候補の彼との関係もスムーズにいくしで、

「さみしさの分散」は一石二鳥の方法なんですよね。

 

 

「でもアンタ、前に線引きできない女はダメって言ってたじゃん!」

 

 

ああ、この記事のことですか。

 

☆参照記事☆

大丈夫?勘違いされても文句は言えない!男と線引きができない女。

 

よく覚えていましたね。

 

素晴らしい。

 

そんなアナタには500フジモトあげましょう。

 

大盤振る舞いや!

 

 

この記事でお話ししている線引きができない女性というのは、

距離が近すぎるために悪気なく意図せず

男性を勘違いさせてしまう女性のことをお話ししていますが、

この場合は「そういうつもりはないのに勘違いするのはおかしい」という女性の言い分を

「それはアンタのエゴだし、そう思わせること自体がダメなんだ」と指摘しています。

 

「さみしさを紛らわせる相手」を見つけるということは、

言うなれば、選ばれた特定の異性とだけ距離を近づける行為です。

 

誰でもいいわけではありませんし、

「さみしさを紛らわせるためなら勘違いをさせてもしょうがない」

というのがさみしさの分散なので、根本は全然ちがいます。

 

 

「でもそんなことをしたら相手の男の人がかわいそう。」

 

 

たしかにそんな意見もあるでしょうが、

このブログは女性に幸せな恋愛をしてほしいという思いが詰まったブログです。

 

男のことなんか知らん。

 

と言ってしまえばなんとも突き放しているように聞こえますが、

相手の女性のことを好きなのであれば

頑張って振り向いてもらえるように努力すればいい。

 

男なんだったら欲しいものは自力で手に入れやがれというわけです。

 

それができないのであれば、

それはただ当人の能力不足。

 

罪悪感を感じる必要なんてありません。

 

言い方がすごく悪いけれど、

「私のさみしさを紛らわせるためにアンタが犠牲になってちょうだい。

私のことを奪いたければどうぞ頑張ってくださいね。」

ぐらいに思っていてもいいでしょう。

 

 

「別にその相手にはなにも思わないけど、

 ほかの男の人と会ったりとかしたら付き合ってる彼にわるいし・・・。」

 

 

もちろん、

交際相手がいる女性がさみしさの分散を行うには、

彼氏にだまってしなければいけないので

罪悪感を感じてしまうこともあるでしょう。

 

ただ、アナタを不安にさせた彼はわるくないんですか?

という話になってきます。

 

浮気の定義は人それぞれではありますが、

別にセックスを前提でさみしさの分散をするわけではないので、

「自分の気持ちを落ち着けて彼との関係をより良いものにするため」

という意識をもつことも大切です。

 

 

ではそんなさみしさを紛らわせる相手を

どうやって見つければいいのでしょうか。

 

僕のカウンセリングを受けられた女性が

さみしさの分散ができる相手と出会う場として活用しているのが、

「婚活パーティ」や「仕事上」、そして「バー」です。

 

そこで出会った男性と食事に行ったり健全なデートをしたりと、

彼氏や本命候補の男性に対する不安や執着を上手に解消していますね。

 

ちなみに、

出会い系サイトを活用してほかの男性を見つける女性も多いですが、

身体目的の人ばっかりでイヤになるという意見もチラホラ。

 

もちろん、カウンセリングを受けたすべての女性に

「さみしさの分散」を勧めているわけではありませんが、

できそうな女性にはかならずおすすめしております。

 

 

「でも好きな人がちゃんといるのに、

 ほかの人でさみしさなんて埋められない。」

 

 

もちろん、こう考える女性がいて当然です。

 

ただ、それは出会う男性のことを

「恋愛対象としてアリかナシか」だけで見るから

急に窓口が狭くなってナシになってしまうだけで、

「人としてアリかナシか」という目線で見ると、

窓口は一気に広がります。

 

人として相手のことを見て「アリ」だと判断した場合、

純粋な興味を持って接することができるので、

あとは仲良くなって「気軽に話せる男友達枠」に

なってもらうことができれば言うことはありません。

 

しかもその相手がアナタの好みであった場合、

さみしさを分散させる相手としてはうってつけなわけです。

 

 

このように「さみしさを分散できる相手」が1人でもいると、

意中の男性に不安や執着を感じたとき

「ねえねえ、ちょっと飲みにいこうよー。話聞いてよー。」と

気軽に誘うことができるわけです。

 

もちろん、中には悪いヤカラも存在するので、

さみしさを紛らわせるための男性にするには

相手のことをよく見極めないといけませんが、

そこは男をみる目を養うつもりで訓練しましょう。

 

 

そしてさみしさの分散を行うことによって

得られるメリットが3つあるのです。

 

 

1つ目は、

新しく出会った人と接することによる価値観の幅の広がり。

 

Androidのキャッチコピーでもあるように、

「みんなちがうから、世界はたのしい」というわけです。

 

純粋に興味をもって相手に接していくと、

「へえ。こんな考え方もあるんだな。」ということに

気づかされることは本当に多いです。

 

最初は「ちょっと面倒だけど、さみしさを紛らせればいいや」

と思って会っただけなのに、

終わってみればすごく有意義な時間だったということは

なにも珍しいことではありません。

 

 

2つ目は、

意中の男性に対して持てる冷静な視点。

 

さみしさを分散できる相手がすぐれた人間力をもっている場合、

「この人と比べるとあの人なんて大したことないな」と

思えてしまうことがしばしばあります。

 

ここで、

「この人はいい人なんだけど、やっぱり彼がいい・・・。」

なんて思ってしまうのは、ただの執着。

 

目の前にいる男性のことをまだまだ恋愛対象として

アリかナシかと見ている証拠でもあります。

 

そうではなく、

さみしさを分散している相手のことを1人の人間として接し、

その人の価値観や考え方を深く知ろうとするつもりで話をするのです。

 

そうすれば新しい気づきを得ることもできるし、

おまけとして感性も豊かになるというわけですね。

 

☆参照記事☆

【磨けるもんは】感性を磨くと綺麗になれるってホント?【磨いてまえ】

 

 

最後、3つ目は話を聞いてもらえる。

 

女性は話すことで発散できるストレスもあるので、

そういった場合さみしさの分散ができる相手がいると、

「ちょっと聞いてよ!」なんて気軽に言えちゃうんですね。

 

もし相手の男性がクソみたいなアドバイスをしてきても、

無視しとけばいい。

 

思う存分、話し相手になってもらえばいいのです。

 

もちろん、ただ話し相手になってもらうだけであれば

女友達でも可能なんですが、

さみしさの分散をするためにはやはり異性がいいでしょう。

 

「大丈夫だよ。俺がついてるよ。」なんて

甘い言葉を言われた日には、

「ああ、私は1人じゃないんだな。」と

自己肯定することもできるので。

 




 

このようにさみしさの分散ができる相手を見つけ、

実際に不安や執着が解消されると

「なんで私は彼にばかり固執していたんだろう」と

思わずにはいられなくなります。

 

「男」という生き物を知るにもいい機会ですからね。

 

すべての女性に勧められる方法ではありませんが、

もしできそうなのであればぜひ一度ためしてみてください。

 

世界が変わる女性も多いですよ。

 

 

とはいえ、勘違いしないでいただきたいのは、

「さみしさの分散」とは言っても

依存先を増やすということではありませんのであしからず。

 

あくまでも、不安や執着をできるだけ解消し、

1人の男性に依存しない自分をつくることが

「さみしさの分散」だと思ってくださいね。

 

 

 

✩初の電子書籍が完成しました!✩

【だまされない女のつくり方】

◆月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!

大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

 

✩喜びの声多数!
元ホストクラブオーナーの藤本がお答えする、個別恋愛相談はコチラから✩

「悲恋改善カウンセリング」

 

✩コチラの記事も読まれています✩

【ポジティブな方が】自ら不安を的中させてどうすんだという件について。【人生楽しいじゃんか】

「アナタが奥手なのは親の育て方が原因かもしれない件について。」



スポンサードリンク


■悲恋改善カウンセリングはコチラ!■

アナタの辛い恋のお悩み、すべて解決いたします。

『カウンセリング1時間コースはこちらから!』

✩Skypeか電話を使った1時間5,400円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー

✩LINEトークを使った1時間4,320円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー

『新サービスを開始いたししました!』

✩90分の対面式カウンセリングです✩
 ↓↓↓
対面で悲恋改善
※カウンセリング場所は京都市内になります

✩水商売にたずさわるすべての女性の売上向上コンサルティングサービスです✩
 ↓↓↓
キャバ嬢カウンセリング

『カウンセリング30分コースをご用意いたしました!』

✩Skypeか電話を使った30分3,240円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
電話・Skypeで悲恋改善バナー30分

✩LINEトークを使った30分2,700円の個別カウンセリングです✩
 ↓↓↓
LINEで悲恋改善バナー30分


✩悲恋改善カウンセリングをもっと詳しくお知りになりたい方はこちらから✩
 ↓↓↓
悲恋改善ってなに?

■本命になる技術■

✩「都合のいい女」から卒業したいあなたへ!
浮気相手やセフレのような「2番手」の立場から逆転し、彼に「本命彼女」として愛されたい女性、必読!

■電子書籍版だまされない女のつくり方■

✩月間PV数120万超えの女性向け恋愛指南ブログ、「だまされない女のつくり方」が本になりました!
大幅修正大幅加筆でさらにパワーアップ!

■FB・Twitterはコチラ!■

✩友達申請、是非よろしくお願い致します✩
「藤本 シゲユキFacebookページ」

✩相互フォロー大歓迎です✩
「藤本 シゲユキTwitterアカウント」」
『✩人気ブログランキング✩』
アナタの1クリックが、
僕の励みにつながるんです!
何卒よろしくお願いいたします!
↓↓↓

恋愛 ブログランキングへ